FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2005年07月13日 (水) | 編集 |
a20050713.jpg


あーちゃんはやはり回復しない。
たまにフラフラしながら後ろを着いてくるから
ご飯をあげるんだけどニオイを嗅いで横を向いてしまう。
好きな物なら食べてくれるかなと思って
色んなご飯を用意して順番に前に出すけど駄目。

ご飯も食べていないし皮下注射(輸液)をしてほしくて
他の病院に行こうと思って電話をしてみた。
当然だけど他の病院に行けば貧血具合をみる為に
血液検査をするし、あーちゃんは明日検査をする日だから
私としては皮下注射だけしてもらえればいいし凄く悩んだ。
2日連続で血は抜きたくないし・・・。
その病院はちょっと離れているから自転車で連れて行くのも
あーちゃんに負担になるしなーと思って日中ずっと悩んでいた。

でも、18時頃に立ち上がったあーちゃん、
めちゃくちゃ弱々しくてその姿が北斗と思いきりだぶったの。
もうあーちゃんはここから持ち直すのは無理だろうって思った。
その日が明日か、それとも数日先か、もっと先か・・
それはわからない。
だけど、あーちゃんの体内でおきている事、16歳という年齢
脾臓が異常に腫れている事、ご飯も食べなくなっている事、
ここから元気になるなんて思えない。
諦めているとか前向きに考えられないとかでは決してない。
でも「大丈夫だろう」なんて軽くは思えないだけ。

とにかく、電話をした病院に連れて行こうと思って用意をした。
でも「休診日だけど誰かしらいるはず」と思って
かかりつけの病院に電話をかけてみた。
実は私こーゆうの苦手・・。
休診日や時間外に電話をするとか、入院中に電話をして様子を
聞くとか。忙しかったらとか迷惑だったらって考えてしまう。
勿論24時間受けつけOKならそうは思わないけどね。
今日もドキドキしながら電話。
2コールくらいで女の子が出たからあーちゃんの様子を話し
そして獣医師さんとも話をしたら「連れてきてください」って
言ってもらえたから即連れて行ったよー。
熱がどうかも心配だったんだ。北斗が最期凄い低体温に
なっていたしね。
1人じゃ測れないしどうしようって思っていたの。
でも熱は平熱だった。体重は凄く落ちていたけど・・。
皮下注射をしてもらって「お休みなのにすいません」って
何度も頭を下げ帰って来ました。