2006/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
最新記事
カテゴリー
ブログについて
● 限定記事に関して
パスワードをお知らせできるのは
ある程度のやり取りがある方のみと
させていただいています
FC2ブログの方はブロとも申請、
その他の方はメールフォームにて
パスの問い合わせをお願いします
(パスは定期的に変更します)

● コメント、メールに関して
コメントは承認制にしています
内容によっては承認不可、削除の場合も
あるのでご了承ください
アフィリエイト系のブログからのコメントは
承認、返信致しませんのでご了承ください
メールでのお問い合わせについても
内容によってはお返事できない事もあります
ログ

12月 | 2006年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク
ブログリスト

最新コメント
SOS

CATNAP

ピースハウス

多摩センター動物被害者の会

++Dear.こげんた++

日本にアニマルポリスを誕生させよう!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
歩きまわる
今日は私の体調が悪く、ほとんど布団の中にいた。
自分の体調が悪い時はいつものようにみんなをみれないし
お願いだから具合悪くならないでーっと思う。

特にゆう。
ゆうが起き上がるたびにドキドキする。

起きる=吐く 

私の中ではこれが1番強くインプットされている。
急いで起き上がってマット類の上で吐く事が多いから。

最近は、歩きまわるのかなというのもあるんだけどね。


起きた…何か考えてるぞ
yu0131.jpg


テクテク歩いている
yu0131-2.jpg


水だった
yu0131-3.jpg



この後はまたちょっとウロウロと歩きまわっていました。
落ちていた何か(猫トイレ砂か猫毛)を口にも入れちゃうし
本当に目がはなせない。寝ている時は色んな意味でホッとする。
認知症になった子の話をネットで色々と検索してみる。
ゆうが今現在している行動を笑ってなんていられない。
冗談で話す事も出来ない。
あー、初期症状似ているなって思う事が多い。
夜鳴きが酷い子に睡眠導入剤を使っている人もいたなー。

ここ数日、ちょっと気になる行動をする事がある。
脳の病気に強い獣医さんがいないかなーと調べ中。


 
猫たち
neko0130.jpg


ここ数日、朝から夕方までソファを窓際に移動させている。
配達時に底部に傷防止フェルトをつけてもらったから
重い物だけどスルスルと動かせる。
窓際だと普段見えない所も見えるし猫たちも楽しそう。
見てるのは最初だけでそのまま寝ちゃうんだけどね。

+++

最近、睦月の甘え方が凄い、異常なくらいに甘える。
甘え下手な猫で、グイグイ甘えてくるタイプではなかった睦月。

私が起きるとダーっと走ってくる。
私が横になるとダーっと走ってくる。
誰かに話しかけるとダーっと走ってくる。
寝転んでパソコンをしているとそばにいる。
夕方はヒトリで走りまくっている。

常に楽しそうだ。どうしたんだ、いったい。。

そばに来てスリスリしたり抱きついてきたりはいい。
でも、1つだけ困ったことがある。

夜中に私の指を噛むこと

指先をチューチューしているなーと思っていると
そのうち指先をパクっと口の中に入れてハムハム。
可愛いし面白いんだけど、たまに犬歯にあたって痛い。

リビングにいる私の元にウネウネしながら近づいてくる。
起きて歩いてくれば早いと思うけど(笑)
mutsu0130.jpg



 
感情まるだし
今日は9時半頃からイトコが遊びに来ていたんだけど
ゆうがもの凄かった。ぐずりすぎ…。
話をしている私たちの所に来て何かを訴える。
何かって、まー、ご飯なんだけどね。
私の横でプープープープー。
前にイトコが来た時はこんな事はなかった。
約3ヶ月で認知症と思える症状が進んだって事かな。
これがただの我が侭ならいいんだけど
食べた直後にすぐ食べたがるのは我が侭だとは思えない。
徘徊、夜鳴きが始まったら認知症確定だ。

お昼ごはんをあげても又すぐにぐずる。
そこで声をかけるともっと酷くなるからひたすら無視をする。
怒るか無視するか、どちらしかないから、無視を選ぶ。
ひたすら無視をしていたらやっと寝てくれた。
yu0128.jpg


でも眠りは浅く、すぐに起きてきてこんな顔で寄ってくる。
眠いなら寝なさいよー。
yu0128-2.jpg


又ぐずる、また無視をする…リビングで寝た
yu0128-3.jpg



 
動物病院へ
フォルテコールを買いに動物病院に行って来た。
その時にゆうの今後を相談。
まず、自宅での輸液に関しては延期。
食欲もあって水も飲んで、嘔吐下痢も酷くしていないし
具合が悪そうにしているわけではない。
そして、数値もBUNが高い以外は安定しているし
まだいいって事になった。
嘔吐や下痢を酷くするようになったり、数値の上昇が
見られた時には間隔をあけてやっていく事になると思う。

血液検査も、ゆうの状態に何も変化がないのであれば
頻繁に血を抜く必要はないと言われた。
ほぼ毎回同じような数値だし、数値がちょっと悪くなる時は
必ず嘔吐や下痢が続いたり、食欲も落ちたりしている。
そういった体調の変化があれば別だけど、ないのであれば
ストレスになるだけだし頻繁にしなくていいということ。
過剰な検査、過剰な投薬は避けたいし、気分的に楽だわ。

腫瘍の事はあえて突っ込んだ話をしていないけど
このまま手術をしないでいきます。
D病院は、B病院でマイナス点と思っていた部分は
全てクリアしているしこのまま通おうと思っている。
ただ思うのは、変わらないで済めば1番って事だなー。
それは獣医師側もきっと同じじゃないかな。
慢性疾患を抱えて通院していた動物が転院してきた場合
それまでやってきた事、それまでの経過、いくら飼い主が
それを話した所で、細かいことまでは話しきれない。
最初に通っていた病院の時は入院して輸液をしていた事
嘔吐下痢が酷い時もあった事、認知症っぽい症状が
出てきた事…まー、そんな所だ。
悪い時がありながらもゆうが安定しているというのもあるし
あとは先生のやり方なんだろうけど、自分のやり方を
押し付ける先生ではないようだ。

B病院に転院した時は、A病院でやっていた事は最初から
全て無視という状態で、B病院のやり方でスタートしたから
私も特に何も感じなかったんだけど、D病院はそうじゃないし
もしかして困ってるんじゃないかなーと感じる。

転院しないで済めばそれが1番だし今まで「??」と思う事が
あったとしてもそれは目をつぶっていた部分がある。
院長が動物にもう少し優しく接してくれたら
B病院に通っていたと思う。
D病院、やっぱり歩きで行けないのはゆうの場合は
キツイなと感じる。薬を買いに行くのは自転車で私だけ行けるし
検査だけなら旦那の休みの日に行ける。
でも、急に何かあった場合はどうしようかなと思う。
その時はその時…、なんとでもなるだろうけど。

D病院は先生1人、看護士さん1人のような気がする。
A病院もB病院も獣医師は5人以上、看護士5人以上いたし
D病院はすごーく静かな雰囲気。
これはこれで、夜はどうなるんだろう?と不安もある。


 
デジカメ動画@ゆう
ご存知のように何でも食べたい状態になっているゆう
目の前に差し出した物はニオイも嗅がずにいきなりバクッ
元々は偏食気味で食べさせることに苦労していた犬だし
こんな姿は以前のゆうからは想像も出来ません

ちなみに、食べているのは人参です。



 
1つハードル越え
hokua0123.jpg


北斗が他界して9ヶ月
あーちゃんが他界して5ヶ月

当然の事だけど、2匹が生きていた時の事が
日々思い出に変わっていく。

悲しい気持ちは変わらないし
会いたいという気持ちも変わらないのに
一緒に生活をしていた時の2匹の姿やニオイは
どんどん薄くなっていく。

甘えていた時の北斗の顔や仕草
怒っていた時のあーちゃんの顔や仕草
それが薄れてきちゃった。

2匹がいなくても、時はどんどん過ぎていく。
いつまでも悲しい悲しいじゃ困るんだけどね。
でも、ずっと鮮明に覚えていたい私はこれが寂しい。

今日は、あーちゃんが大好きだったモナークを買った。
病気発覚後、ご飯を今まで以上に食べなくなって
ご飯を食べさせるのに苦労していたあの時、
モナークだけは、他のフードよりは食べてくれていた。
私の中ではモナーク=あーちゃんで、お店でモナークを
見るだけで胸がしめつけられるような感覚になっていた。
見るのすら嫌だったモナークをやっと買えた。
こうしてどんどんと立ち直っていくんだなー。

北斗とあーちゃんの事を忘れることはないし
家でずっとこうして一緒に暮らしていくけど…
アナタたちの母は強くなっていってるよ。


 
違う病院へ
ゆうを違う病院に連れて行きました。
順を追って書くのではなくわかりやすく記録します。

A病院
去年の3月まで通っていた病院。
腎不全と診断され処置を始めたのはこの病院。
腫瘍が見つかったのもこの病院です。
ここには15年近く通っていました。

B病院
去年の3月から先日まで通っていた病院

D病院
今日初めて行った病院


 今日やった事

今までの経過を話す

腎不全と言われてからの2年近くの血液検査の結果を
プリントして持って行った。


レントゲン検査

腫瘍に関しては形として記録になるものがないからそのチェック


血液検査は無し。
8日にB病院でチェックをしているし
またあえて今日しなくても良いということ。
何度も血を抜きたくないし良かった。


腫瘍に関して

去年3月まで行っていたA病院では余命1ヶ月と言われた。
これは一昨年の12月のこと。
A病院でもB病院でも腫瘍は悪性(癌)だろうと言われた。
そして今日行った病院では、これだけの期間をこうして
転移もせずにいる事やレントゲンをみた感じで、
勿論、お腹を開けないとわからない事だけど
悪性の可能性は低いんじゃないかという事だった。
私もこの「悪性」って事にちょっとひっかかっていた。
1年以上もこうして転移もせずにいるんだろうかと疑問だった。
元の腫瘍がもの凄い大きさなのに…。
大きさはかなりのもので、胃も小腸も押しやられているし
かなり重いだろうということを今回も言われた。


腫瘍に関しての今後

心臓も雑音はあるし、肥大もしているけれど
「この状態では手術はしない方がいいでしょう」
というほどでもないという事。
この腫瘍が何かを判断するのに方法は2つ。
お腹を開けて確認をする(摘出をする)
CTがある病院に行ってCTを撮りながら針をさして
細胞の検査をする。ただ、この検査には血液検査やら
全てを含めて10万ほどかかる。
手術に関してもリスクがあるのは確か。
その辺は飼い主の決断になる。


腎臓に関して

今までの経過をみて、クレアチニンが高い時期も
あったし、慢性腎不全と考えていいという事。
そして、悪くなってから皮下補液をするのではなく
今の段階から週に1度程度していくことを勧められた。


心臓について

心臓弁膜症(B病院で病名は言われてなかった)
肥大もしているし雑音もある。
しかし、もの凄く酷いという状態ではない。


フードについて

フードに関しては、とにかく食べさせる!
ゆうは幸い療法食を食べてはくれるけど
過剰にタンパク質や電解質を制限しすぎると
反対に良くないらしい。
今は心臓サポートは1ではなく2をあげているんだけど
ゆうの状態なら1で良いという事だった。


薬について

毒素吸着剤に関しては
これはもうあげた方が絶対にいいですって事だった。
今も1日2回はあげているしこれはこのままでいいかな。
そういえば、B病院に10ヶ月行ったけど、毒素吸着剤に
ついては1回も言われてない。あげてたのも知らないかも。
A病院では腎不全と言われた時にすぐに言われたから
その時からあげていたんだけど。
B病院では腎臓に関してはあまり重要視されてなかったのかな。

利尿剤は心臓への負担を楽にする為に毎日あげたほうが
いいとB病院では言われていたんだけど、
私は脱水の事を考えると毎日は不安だった。
心臓には良いかもしれないけれど…。
それについて今度の病院では、腎臓への負担を考えると
咳をする時だけでいいだろうって事だった。
私もこれはそれがいいって思う。


足について

この間B病院での診察中に激痛で鳴いたゆう。
その事を伝えて触診をしてもらった。
「こっちの足ですよね」と言われたのはまさしく痛がる足。
B病院では関節が腫れていると言われたんだけど
なーんと、膝のお皿がはずれてしまって、ずれたまま
固まりかけているらしい。だから足も歪んでいると
言われたんだけど、その通り。
パッと見はわからないけどゆうの後姿を
ちょっと離れた所から見ると変な形なの。
それに、そっちの足だけが筋肉が細くなっているみたい。
でも、これに関しては、14歳という年齢を考えても
整形外科で手術をして…とまでは考えずに、症状がある時だけ
痛み止めを使うということでいいみたい。


 
転院先
yu2001.jpg


え~?ゆう?と思われるでしょう。
4年前のゆうです。若いなー。

ゆうの転院先をどうしようか悩み中。
用意しなくてはいけない事もある。
ここ最近の血液検査の結果をプリントして
そして、腫瘍の事、心臓の事、腎臓の事、咳の事を
うまく伝えられるようにまとめないといけない。
10ヶ月前に今までの病院(もう過去形にします)に
転院した時も、色々持って行ったんだけど
今度はその時よりも問題が増えているし…。
最近検査をしたばかりだからできれば検査はすぐには
したくないし、口頭での説明ですめばいいんだけどな。
血液検査は数字で出ているからいいとしても
腫瘍はやっぱりレントゲンを撮られるんだろうか。
急変した時の事も考えてすぐに病院を見つけないといけない。
今週末にでも病院に行ってみよう。
何処に行くかをそれまでによーく考えなきゃ。


 
将也@検査
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
久しぶりに吐いた
yu0125.jpg


今、私の布団の上で寝ているゆうを撮影。
部屋は暗いから、ストロボをたいて撮ったんだけど
鳥温室の中でバナナが「ぴゅい…」って小さく鳴いた;
いくら遮光カーテンをひいてても隙間から光が入るよね。
バナナごめんよ~。

ゆうは、昨夜、ずーっとずーっと動きもせずに寝ていた。
すぐに起きちゃうことが多いのに爆睡しているの。
深い眠りという訳ではなくて、具合が悪いんだなと思って
何度も寝息をチェックしていた。

朝起きたらラグの上に500円玉大の黄色の吐き痕。
猫はこーゆうのを吐かないしゆうだろうなー。
腎臓からきているのか、腫瘍で圧迫されて胃がむかつくのか。
これが続くようだったら血液検査をした方が良いかも。
昨日まで元気だったのにというのは今までに何度もある事。
でも、やっぱりウツラウツラと寝ている姿ってドキドキする。
午前中はそんな感じで、朝ご飯を食べた後もすぐに寝ていたけど
昼頃からはちょっと動きだして、夜はご飯くれくれが又凄かった。
このまま落ち着いてくれるといいんだけどな。


 
我が家はゆうを中心にすすむ
横になっているゆうを後ろから撮ろうと思ったら
どうやら気配に気付いている様子。
カメラ好きのゆうは写真を撮られている事に敏感。
yu0112.jpg



あらら、こっちに来ちゃったよ。
yu0112-2.jpg



ゆうが寝ている時は起きてしまうような事を
しないようにしているから、起きてきたついでに
昨日届いた猫フードを箱から出した。
早速ゆうのチェックが入る。
ご飯を前にしたゆうが怖いのを知っている猫たちは
けして近づかない。猫たちも学習している。
yu0112-4.jpg



 
レメディ
本格的に勉強をしようと思っているホリスティックケア。
簡単にいうと、動物の本来の自然治癒力を高めて
心と体のバランスをよくしてあげ、病気にかかりづらい
体づくりを目的にしているということでしょうか。
食、メンタルケア、スキンケア、環境なども含まれています。

西洋医学では、症状をおさえているだけで
病気は治ってはいないケースも多いと思う。
一時的によくなったように見えるけど根本的な治療が
されたわけではないからすぐにまた同じ症状が出たりもする。
北斗がいい例だ。
抗生物質で症状をおさえつけていただけで
あれはけして治す為の処置ではなかった。
いや、副鼻腔炎を治す為の薬というのはないんだと思う。
色々調べていた時に、どこを見ても「使用する薬は抗生物質」
と書いてあった。でも抗生物質で体は痛めつけられて
良い細胞まで殺してしまう。
もっともっと、病気に勝てる体を作ってあげないといけなかった。

そして、今はゆうにホリスティックケアの必要性を感じていて
今日からゆうにはレメディを飲ませています。

re0114.jpg



ゆうにあげているのは4種。

■ レスキュー
■ チェリープラム
■ オリーブ
■ クラブアップル

これらをミネラルウォーターで希釈して与えます。
ゆうにはフードにかけてあげてみました。

レメディを口にしてもらう為なのでフードは5gだけ
re0114-2.jpg


ほんの少し香りがあるから食べてくれないかと思いきや
バクバクと食べています
re0114-3.jpg


完食~
re0114-4.jpg



 
おばあちゃん
ゆうが凄い寝方でマザーボールの上にいた。
思いきりはみ出してますよー。
yu0110.jpg


私の所に来たゆうを写した1枚。
腫瘍でボッコリになっているお腹がよくわかる(丸部分)
お腹はこんななのに背骨が浮き出ているのが
服の上からでもわかる(矢印部分)
触ると、ちょっとゴツゴツというレベルではなくて
すんごいゴツゴツ。小さくなったなー。
毛も薄いし見るからにおばあちゃんになった。
yu0110-2.jpg



 
血液検査
昨日はゆうを病院に連れて行った。
相変わらずぐずって凄かったんだけど
それよりも大変な事がおきた。
元々足が悪い上に今は加齢も加わって足はかなり悪い状態。
家にいる時はびっこをひいているし起き上がるのもひと苦労。
その状態の時は酷い痛みがあるという事ではないらしく
痛がる様子は見られない。
でもたまに、キャンって凄い声で鳴いて痛がる時がある。
足の激痛の時にしか聞かない痛そうで辛そうな声。
昨日は診察中にそれが出てしまった…
採血が終わって私が抱いている時。
帰りたくて暴れるしその時に足をひねったのかもしれない。
1度だけ鳴いておしまいという事は結構あるんだけど
昨日は何度も何度も痛そうに鳴いて焦ってしまった。
それを先生はシラっと見ているし困った

診てもらったら、膝の関節部分が少し腫れているらしい。
今後痛みを伴うことが増えてきたら痛み止めを使わないと
いけないけど今の時点ではまだ薬を使わなくても
いいだろうということだった。
昨日は旦那と一緒だったから検査結果が出るのを待っている間に
ゆうを家に連れて行ってもらったんだけど、下におろしてみたら
後ろの左足を下につくことが出来ずにヘニョヘニョと
座りこんでしまった。
昨日は1日その状態だったけど今日は足をついて歩いている。
昨日のような痛みはなくなったようだ、ひとまず良かった。
それにしても、こんな事があると一層病院に行くのが嫌になる。
興奮状態になる事だけではなく足を痛めるかもという不安。


血液検査は11月4日にしたのが最後だから約2ヶ月ぶり。
前回と比べて、腎機能に関してはBUNが82、4→66、8
クレアチニンは前回と同じく1、2でした。
もう少しクレアチニンが低いといいなとは思うけど
今の病院では犬の正常値は1、6までだし
療法食とネフガードだけで結構維持が出来ているかな。
点滴入院をしなくなってもうすぐ1年。
転院してから約10ヶ月だけどその間に皮下補液をしたのも
10回もないはずだし、そのうちのほとんどが嘔吐などの
症状があってしたものだから、数値が良くないからという理由で
補液をしたのは5回もなかったと思う。

心臓の方は悪い状態は変わらず。
そして腫瘍も大きくなってかなり後ろの方まで張りが
いっていて本当にお腹だけがパンパン状態。


 
不調な飼い主
数日不調続きの私、今日も下腹部痛と倦怠感があって
みんなと遊んであげる事が出来なかった。
横になると猫たちがワラワラ~とくるから
遊んであげようって思ったんだけど
体は思うように動いてくれず。。


横になっている私にはいつも通りに息吹がひっつき虫。
ibu0105.jpg



年末年始の間のプラごみを入れていた箱に将也が入っていた。
ちょっと面白い画だったから離れた所から撮ってみた。
masa0105.jpg



 
たまの玄米ごはん
猫たちにあげているドライフード。
今はアボキャットライトとサイエンスダイエットPRO。
でも将也のウンチがいつまでたっても緩めで
おまけに最近はみんなの喰いが悪い。
アボキャットライトは低タンパクだからこのままあげるとして
その他のフードをまたちょっと変えようと思う。
そして、こりもせずに又買いました、犬猫自然食本舗のフード。
ひとまず、犬猫自然食本舗で養生食お試しパックを注文して
快適ねこ生活でマザー(ドライ)と、たまの玄米ごはん(レトルト)を注文。
ドライ480gで1200円(+税)、たまの玄米ごはん1袋250円(+税)は
けして安くはなく…むしろ高すぎ!って感じなんだけど
でも、フードでは1番お気に入りで、猫たちに食べてもらいたい。
前にマザーを買った時は、睦月以外は食べてくれなかったから
たまの玄米ごはんもそのままになっていたんだけど
購入前にあげてみようと思って1袋あったのをあげてみた。
tama0104.jpg


tama0104-2.jpg


ひとまずタッパに移し、お皿に少しだけ入れてあげてみた。
ふふ、やっぱり睦月は好きみたい。
tama0104-3.jpg

『うま、うま~♪』


 
食パン好き
ゆうが気になるのはみかん。
そして、睦月は何故かトーストにすっごく反応する。
食べていると絶対に横にいるんだよね~。

昨日焼いた食パンを旦那が今日食べていたんだけど
ふと見るとやっぱり睦月が横にいた(笑)
その姿が面白くて私は隣の部屋から写真撮影。

mutsu0101-1.jpg

 『ちょっと、ちょっと!パンちょうだいよ』


mutsu0101-2.jpg

 『くれないの~?』


mutsu0101-3.jpg

 『ねーねー、くれないんだけど


うん、くれないと思うよ。
パンにはむっちゃんが食べちゃいけない物が入ってるからね。


 
あけましておめでとうございます
yu0101.jpg



2006年、戌年です。
14歳の誕生日をむかえる事が出来、年越しを目標にしていたゆう。
無事に年越しをする事も出来ました。
2005年、一気に老化現象もすすんだ。
ここに全てを書いてはいないから、ここだけで想像をすると
落ち着いているのかなと思うかもしれない。
でも実際は確実に悪くなっているし、お腹はもうパンパン。
破裂しちゃうんじゃないかって思うほど…。
寝ている時間も、辛いんだろうなと思う時間も増えた。
だけど、一緒に年越しが出来たことを心から嬉しいと思う。

今日は下痢に近い便もしているし、咳もしているんだけど
でも寝たきりという事でもないです。

真剣!何を見ているかと言うと…
yu0101-2.jpg


yu0101-3.jpg


みかんでした
最近みかんが凄く気になるみたいでね。
腎臓が悪い子にみかんは良いのか悪いのかわからないし
はじっこを少しだけ食べさせてるの。
制限している事が多いから楽しみも少しはなくちゃね。
ゆうの楽しみは1番に食べる事だからね~。


 
管理人@マホ

マホ

おちび達がいきがい。

マイケルジャクソンが大好き。
2010年の命日はLAに
行きました。

嵐の相葉ちゃん好き、
金爆のキャンさんLOVE。

34歳で子宮体癌になり
子宮卵巣摘出。
以来、卵巣欠落症状と闘う。

統失、PD、鬱もち。

2011年に離婚し
4にゃんと暮らしていましたが、
3にゃん他界。
現在は1にゃん+1ワンと生活中。

2014年5月
関節リウマチ発病。
現在動けない毎日。

マホ家のチビっこたち

もみじ
椛@シェーデットシルバー
♀ 里子に貰う

結膜下腫瘤


亡くなった子たち

ゆう
ゆう@ヨーキー
14歳 ♀ ペットショップ出身
慢性腎不全、心臓弁膜症、腫瘍
認知症気味、膝蓋骨脱臼
2006.8.6 PM10:10永眠


・・・・・・・・・・・・
ひまたん
ひま@ポメラニアン
♀ 保護犬(センター処分犬)
心臓弁膜症
2010.1.18 PM12:30永眠


・・・・・・・・・・・・
チビ
チビ@テリアMIX
♂ 保護犬(飼育放棄犬)
多血症、心臓弁膜症
2010.1.1 PM8:05永眠


・・・・・・・・・・・・
あーちゃん
あーちゃん@日本猫
16歳 ♀ 雨上がりの路上で拾う
2005.8.15 PM8:50永眠


・・・・・・・・・・・・
ほくと
北斗@チンチラゴールデン
11歳 ♂ ペットショップで貰う
2005.4.16 PM8:50永眠



将也
将也@チンチラシルバー
17歳 ♂ ペットショップ出身
慢性腎不全、肥大型心筋症
2011.8.17 PM6:45永眠



・・・・・・・・・・・・
睦月
睦月@チンチラゴールデン
17歳 ♀ 里子に貰う
2012.6.26 PM11:45永眠


・・・・・・・・・・・・
息吹
息吹@チンチラゴールデン
16歳 ♀ 北斗と睦月の娘
慢性腎不全、子宮蓄膿症(捻転あり)
2013.3.16 PM5:15永眠


・・・・・・・・・・・・
ミント
ミント@セキセイインコ
オパーリンブルーの♂
2001年11月24日購入
2008.4.20 AM4:40永眠


バナナ
バナナ@オカメインコ
パールパイドの♀
2002年11月1日生まれ
2010.1.4 PM永眠

幸せをつかんだ子たち
メイ
メイ(現@にぃにょ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
テン
テン(現@のわ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
レモン
レモン

2011年1月、里子に行く
里親様・横浜市のU様。
・・・・・・・・・・・・