FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2006年02月11日 (土) | 編集 |
yu0211.jpg


排泄時に痛みで鳴くことはなくなったし薬は昨日で終わり。
でも原因を取り除いた訳ではないからきっとまた痛みは出る。
どの程度の痛みかがわからないのが飼い主の辛いところだ。
愛犬の介護と飼い方に、痛みを和らげる方法で
入浴、温湿布なんかも載ってたなー。
原因を取り除くことはゆうの場合はもう無理だから
痛みを和らげる方法、薬以外で家で簡単に出来る事を
やってみるのもいいかもしれないね。

ゆうは今日も猫たちのご飯を狙って
部屋中をくまなく歩きまわってそりゃもう大騒ぎな1日でした。
寝ている時に私も寝ないと寝れなくなるよ。
さて、今は寝てくれたところだし私も寝たいと思います。


2006年02月11日 (土) | 編集 |
椛と息吹をワクチンに連れて行った。
猫風邪といわれる「猫ウイルス性鼻気管炎」
「猫カリシウイルス感染症」は出来るだけ感染予防を
しておきたいからワクチンは打っておかないと不安。
完全室内飼いの猫は打ってない子も結構いるみたいだけど
うちは北斗の事もあったしねー。
あれも多分、猫風邪→鼻炎→副鼻腔炎という経過を
辿った可能性が高いらしいから…。
小さな頃に猫風邪をひいたはずと病院で言われたけど
それは記憶には全然残ってはいないんだけどね。

さて、今日。
息吹の体重増加の事やお腹の膨らみの事を先生に話した。
触診した感じでは脂肪だろうということで
もし腹水が溜まったりしたら食欲や元気が
なくなりますと言われたの。
確かに、本を見てもそう書いてある。
その時は「そうか」って聞いていたんだけど
でも考えてみたら、子宮蓄膿症ってわかったその日も
手術当日の朝も、普通にご飯を食べて
高い所にも平気でのぼって、他の猫たちとも遊んでって
してた猫だったんだー。痛みとかに鈍いんだったよ。
術後もすぐにご飯を食べるような猫なんだよ!

病院、獣医さんによって診断や治療方法もいろいろ。
手術をした時の息吹の腹水。
その時の病院では腹水や膿を検査に出してはいないと
思うんだけど(その後何も聞いてないので)
今の病院では、それをしないと何でそうなったかという
正確な診断が出来ないと言っていた。そう…だよな。

ibu0211.jpg

 『ビョウインはつかれるよー』


momi0211.jpg

 『コワクてナミダがでたよ…』