2006/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
最新記事
カテゴリー
ブログについて
● 限定記事に関して
パスワードをお知らせできるのは
ある程度のやり取りがある方のみと
させていただいています
FC2ブログの方はブロとも申請、
その他の方はメールフォームにて
パスの問い合わせをお願いします
(パスは定期的に変更します)

● コメント、メールに関して
コメントは承認制にしています
内容によっては承認不可、削除の場合も
あるのでご了承ください
アフィリエイト系のブログからのコメントは
承認、返信致しませんのでご了承ください
メールでのお問い合わせについても
内容によってはお返事できない事もあります
ログ

02月 | 2006年03月 | 04月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


リンク
ブログリスト

最新コメント
SOS

CATNAP

ピースハウス

多摩センター動物被害者の会

++Dear.こげんた++

日本にアニマルポリスを誕生させよう!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
食いしん坊
ご飯を用意している時からこの2匹はもう我慢が出来ず
カウンターにあがってくる(マサイブ)

2匹はこのままここでご飯。
neko0331.jpg


いちいち隣をのぞく。同じですから~(笑)
neko0331-2.jpg


 サイトに「カリカリ食べ比べ」追加です。


 
輸液日
今朝も粘液便が出た。

粘液が出た時の便は検査をしていないし
これだけ軟便が続くと下痢止めも飲ませた方がいいかも
しれないから、すぐに便を容器に入れ動物病院へ行って来た。

便の検査結果はやはり虫などもいないし異常なし。
腫瘍で圧迫されている事や腎臓の影響などで
こうして胃腸の調子を崩している可能性が高いって事だった。
下痢止めと胃を保護する薬を処方してもらってきた。

朝は催促がなかったからご飯をあげなかったし
帰宅後、ご飯を食べたそうにしていたから低脂肪食に
下痢止めを入れてあげたんだけど少し残してしまった。
食べるスピードも遅かったしあまり食欲はないみたい。

腎臓からきているかもしれないし調子が戻るまでは
3日に1度ペースで輸液をしようと思う。
輸液の間隔は獣医さんとの間で決めるのではなく
あくまでも飼い主判断。

輸液直後。
テーブルから降ろしてすぐにご褒美をパクパク。
今日はいつもより多めに輸液。ラクダのコブのようになった

yueki0331-2.jpg


 本日の輸液:130ml


 
粘液便
夜中(2時過ぎ)ゆうがトイレに行く音で目が覚めた。
見に行くとでっかいウンチ、粘液入り
まだこの後に出そうだなーと思った。
直後のゆうの様子でそれはわかる。
辛い時はお座りの姿勢で頭だけ下げて
暫くそのままの体勢でいるから…。
見ているだけで切なくなるその姿。
痛いのを必死で耐えている様子。。

痛いね…ってお腹を撫でてあげる。
こんな事しか出来ない無力な飼い主。

4時前にまた物音がして目が覚めた。
目を開けて見てみるとゆうはトイレの所にいる。
和室の電気スタンドは毎日朝までつけているから
姿は見えるんだけど、トイレの中までは行かなきゃ見えない。
もしかしておしっこかもしれないし音だけを聞いていた。

出たり入ったりを繰り返す。
これはウンチの時にする行動。

その後リビングを歩きまわりトイレにまた入る
これは下痢をしている時にする行動。

また出たんだってわかったから起きてトイレへ行く。
案の定トイレには点々と粘液便があった。
2時過ぎに便自体はかなりの量を出していたから
便の量は少ししかなく粘液が多かった。

今日は朝晩と整腸剤を飲ませておいた。
食欲はあるんだけどね。


 
スメルキラー
我が家で3個目のスメルキラー。
遂にXLサイズを購入。
今までのサイズと比べるとこんなに大きい。

XLはガラスの容器付き。
こーゆう大きくて浅い容器を買わないと駄目よね。
小さい方は100均で買ったお皿に入れてるんだけど
大きさがないから毎日水を付け足してる
sumeru0329.jpg


動物たちがいる空間は私の生活空間でもあるし
人が来た時に使う空間でもあるからニオイが気になる。
猫トイレも置いているし鳥もいる。
独立型キッチンではないからキッチンのニオイも気になる。
前から大きいのが欲しかったんだけど、なかなか買えず。。
でも遂に購入ボタンクリ~ック 購入ですよ。

ここに置いた。デカイ(笑)
sumeru0329-2.jpg



 
粘液便
昨日の朝の事。
シャワーを浴びて洗面所で体を拭きながら部屋を見たら
ゆうが床にお尻をつけてズリズリと移動していた。
下痢したんだーっと思ってトイレを見たら粘液便
トイレ以外の場所にもポチポチっと粘液が…。
急いで体を拭いてオレンジエックスで粘液をふき取り
パルエックスをシュシュっとして除菌。

夜、ご飯をあげる時は食欲がなかったのかニオイを嗅いで
そそくさと部屋に戻ってしまった。
エースワーカーは飲ませないといけないから少量のフードで
薬をつつんで食べさせたんだけど、そしたらそれで火がついて
そのまま全部完食。食欲がない時に食べると嘔吐をする事も
あるし、それが心配だったんだけど、嘔吐もしなかったし
その後のウンチは普通のウンチだった。
でも、体調はそんなに良さそうじゃない。

またこんな表情。
yu0329.jpg


 
体重増加
何度か書いている息吹の体重増加。
手術前はほぼ同じ体重を常にキープしていた。
でも、12月の手術の後、すっごい勢いで体重が増えて
それで私は「腹水?」と思ってしまったんだけど
ただの肥満だというのが最近よくわかるようになってきた。

お腹だけじゃなくて全体に丸い!

短毛だったら丸いのバレバレになるとこだったね。
ibu0328.jpg


手術からもうすぐ4ヶ月。
術後に2kg台になったのに今は3、5㎏をサクっと超えた。
ウェイトコントロール、真剣にやらないと駄目だ。

ibu0328-2.jpg



 
ぬか喜び
昨夜のネコ写真。

輸液の為の針をガサガサとしていたら
おやつを貰えると勘違いしたネコたちがすっごい勢いでやってきた。

ご飯を貰ってないかのような喜びっぷりでその勢いに驚いたよ!
勘違いしたまま輸液中にテーブルに乗られても困るから
(輸液はゆうをテーブルの上に乗せてやる)
みんなにガサガサはこれだよと見せてあげた。

mutsuibu0326.jpg


masamomi0326.jpg


食べ物じゃないとわかったらアッサリ去っていった。
わかりやすいネコたちだ。


 
不調
今日は朝からゆうが不調。
買い物に出る時も上半身をあげてこっちを
見ているだけですぐにコテンと寝てしまう。
いつもは追いかけてきて凄いからわかりやすい。
昼間もご飯催促がなく、出されれば食べますという感じだった。

粗大ゴミに出すコタツ布団の上でひたすら寝ていた。
寝ている時はまだいいんだけど、こうして目が開いている時は
寝る事も出来ないのかなとか、起きていたいのに苦しいから
横になっているのかなとか気になってしまう。

yu0326.jpg


yu0326-2.jpg


そして、今日は輸液日。
前回の輸液から1週間以上たってしまった。

輸液後のご褒美のニオイを嗅がせたら元気(に見える)ゆう。
yu0326-3.jpg


冷たい輸液剤を入れて鳴かれるのが嫌だから念入りにチェック。
どれくらい温めるとちょうど良くなるかがまだわからない。
今日は電子レンジで温度設定をしてやってみたけど
全然適温にならなくて、結局お湯で温めた。
yueki0326.jpg


 本日の輸液:100ml
   今日は輸液剤の入りも吸収も悪かった。


 
モコモコ母娘
最近週末になると偏頭痛が出てくるワタシ。
今日も朝からズキズキとしていたんだけど全然治まらず
夕方になったらかなりな痛みになってきた。
ちょっとの音でも響くからテレビも携帯も音を切って
ロキソニンを飲んでソファでゴロン。

上を見れば睦月がいる
mutsu0325.jpg


右を見ればタワーのハウスで息吹がこっちを見てるよ
ibu0325-2.jpg


目があえば絶対息吹はこっちにくるんだよね~
横になっている私のお腹の上に乗ってきたよ。ぬくぬく、暖かい。
ibu0325-4.jpg



これは、お昼すぎの息吹。
パパ(北斗)のお骨の前でボーっとしていた。
イブちゃんモコモコだね。
ibu0325.jpg



 
皮膚の赤み
ゆうのお腹の赤み部分、今日はこんな感じ。
yu0324.jpg


ちょっと黒っぽく見えるのはシミだから赤みはほぼ消えている。
写真のように真っ赤なのは1日程度で2~3日で消えた。
前回も確かそれくらいだったはず。

前回はブログをつける前だと書いたけど違った。
ブログ移行でコピペを延々としている時にその時の記録があった。
前回は首で(そうそう、今回のもう少し上辺りだったわ)
それで内臓からきているかもしれないって言われて
炎症止めの注射を打ってもらってたわ。


 
ゆうの様子
咳は酷いし、脚もかなり痛そうで歩こうにもなかなか前に進めない。
今日の夜、私が納戸で梱包作業をしている時にリビングで
変な声が聞こえて、急いで見に来たらゆうがびっこをひいてたし
ひねったか何かしたのかもしれない。
今はちょっと様子見中。

21日、ゆうの胸元を見てびっくり。こんなになってたの。
yu0321.jpg


2004年、まだこのブログをつける前にも1度なってるんだ。
その時はもっと下の方だった気もするんだけど…。
別に気にもしていないし痒がってもいない。
ただ赤いだけ。何なんだコレ。
2日たった今日はもうだいぶ薄くなっているんだけど。。


 
コタツ布団
古いコタツ布団を粗大ゴミに出そうと思って申し込みをした。
出すのは4月初め。それまでは部屋に置いておいて
みんなに寝床として使ってもらうことにした。

masayu0322.jpg


気をつけないと中にもいるから危険。
momi0322.jpg



 
yumomi0318.jpg


私の枕元で寝ている2匹。
くっついて寝ていて一瞬仲が良さげ。
シロ猫。でかく見えるから将也のようで、実は椛。
椛はちっこいのに、ゆうのそばにいるとでかく見えるなー。
ゆうはミニヨーキーではないんだけど、写真で見て
想像しているよりは小さいらしい。
「もっと大きいかと思った」とよく言われるのよ(笑)
腫瘍でお腹ぽんぽこで抱くと重いけどね。。

今日のゆうは朝から咳が酷くてずっとゲホゲホ。
夕方には喉に何かがひっかかっているように
カッカッってしていたし、調子が悪そう。
利尿剤を飲ませている時と飲ませていない時で
かなり状態は変わるなー。
獣医さんによってその辺の判断も違うし悩むところだ。
利尿剤をしっかり飲ませたほうがいいって言う獣医さんと
利尿剤は飲ませないほうがいいって言う獣医さんとがいる。

でも、ゆうの場合はもう飼い主判断でいいかって思ってしまう。
いかに楽に過ごさせてあげるかが大事っていうか。。
利尿剤を飲ませたらその分輸液で水分補給をしてあげて
脱水をふせぐ。それでいいかな~って。


 
ベランダ探索
昨夜は風が強くて窓ガラスがガタガタ音をたてていて怖かった。
植物が気になって夜中に小さな植物を下に降ろしたんだけど
朝起きて見てみたらしっかり倒れていた…。
ベランダはあちこち土だらけ 

掃き掃除中、ゆうもベランダをウロウロ。
最近ベランダに出たがるようになってきているの。
yu0317.jpg

 『まぶしくて目がショボショボしちゃうよ~』


掃除中、ゆうもずっとベランダにいて
外のニオイを嗅いだり、植物のニオイを嗅いだり
隅から隅までしっかりニオイを嗅いでチェックをしていた。
何かあれば口に入れちゃうしベランダに出ている時は
部屋にいる時以上に目がはなせない。

部屋の中ではゆうが私の後ろをトコトコとついて歩くけど
ベランダでは私がゆうの後ろをついていく。
お互いに金魚のフン状態だね。


だいぶ満足したらしく、部屋に入るなり寝てしまった。
yu0317-2.jpg


ベランダ探索お疲れさん。


 
輸液
火曜日にやる予定だった皮下輸液。
クレアチニンは落ち着いたからどうしようって思ったけど
BUNが正常値と比べて異常に高いのは変わらないし
やった方がいいんだろうなと思って今日やった。

しつこくしつこく温度チェックをしてから開始。
今日は嫌がる事もなく今までで1番うまくいったぞ。

今日のご褒美は、かつおのたたきを湯がいたやつ。

お利口にしたらこれ食べようねyu0316.jpg


 本日の輸液:110ml


 
息吹の場所
朝、ソファの横に置いておいた洗濯カゴが邪魔だったから
ソファの上に置いてそのまま家事をしていた。
少しして何気なくソファの上を見たら
ほんの少しのスペースに息吹がチョコンとはまっていた。
朝はソファの上、昼間はタワーのハウスの中
夕方はソファの上、夜は床の上。
息吹は時間ごとにいる場所が決まっている。
朝はソファの上にいる時間だから、物があっても
そこが良かったんだねー。

写真を撮った後にカゴをどかしたらノビ~ってして寝てたよ。
ibu0314.jpg



 
ドッグファン4月号
yu0314.jpg


ゆうの記事。
わ~い、わ~いと思って見ていたら…
名前がちがーう!!
矢印部分、前のページに載っている子の名前だー。

「アレックス君のお食事拝見」
「アレックス君の一日のタイムスケジュール」

中身はゆうの事なんだけど…微妙な気分だ

でも、この本は宝物


 
昨日のこと
yu0313.jpg


最初に女医さんに今までの血液検査の結果や
レントゲンを渡し簡単に説明。
その後ゆうをレントゲン、超音波、血液検査の為に預け
私は待合室で待機。

それから院長先生と話をしました。
まずレントゲンの結果。
1月の時から腫瘍の大きさは変化がない。
やはり脾臓から発生している可能性が高いだろうという事。
胃も腸もかなり圧迫しているし、ゆうの身体で
この腫瘍の大きさ(8cm)はかなり重く辛いはずだと…。
そして、超音波で診ると腎臓が若干萎縮しているという事。

血液検査は、先月かかりつけの病院でやった時に
腎機能が高かったから、腎機能中心に調べたんだけど
BUNは118、4から78、6に下がっていて
クレアチニンも1、8から1、0に下がっていた。
重要視しているクレアチニン。
かかりつけの病院の機械は1、4が正常値。
今回の病院は1、8が正常値。
1、8が正常値の中での1、0だから数値的には良い感じ。


問題の腫瘍に関しての今後。
やはりどちらもリスクがあるという事だった。
開腹手術をする場合、2日ほど入院をして静脈点滴で
数値を1度グンと下げてしまう。
それでうまくBUNが正常値近くまで下がったら
そこで開腹手術をするらしい。
腎臓の問題があるから、その場合は30分など時間を決めてやる。
お腹を開けた時の状態によってはそのまま閉じる可能性もあるし
腫瘍全部が取れずに8/10ほどで少し残ってしまうかもしれない。
でも、腎臓の問題があるから時間を決めてやるということだった。

手術をしない場合は勿論今のままでいく。
腫瘍が破裂してしまう可能性もあるらしい。
こちらを選択する場合はお腹を圧迫しないなど
気をつけるように言われた。

「今この腫瘍を発見したのであれば私ならすぐに手術をすすめる」
と先生は言っていた。私も、見つかった時点ならそうしたと思う。
でも、発見から1年以上がたって、それでもこうして
ゆうは生きているから「手術をした方がいい」とはいえないみたい。
「今のままでもいいんじゃないかとも思う」と言われた。
それは、やはり手術のリスクがあるから…。
腎臓が悪いし1番怖いのはやはり尿毒症。
それに、ゆうの場合はこのまま腫瘍をほっておいても
先に腎不全や心不全で亡くなる可能性もある。
そういった事もあるから開腹がゆうにとって
最善という事ではないらしい。

腫瘍に関しては、これだけの間、転移もせずにいる事を
考えると、良性の可能性が高い。仮に悪性だったとしても
悪さをしない癌だろうということだった。

気になっていたリンゲル液の事は、乳酸でOKという事だった。
乳酸は確かに腫瘍に良いわけではないが、皮下に輸液した場合
肝臓で吸収されて違う物質になるから、直接腫瘍に乳酸が
作用するわけではないという事だった。

手術をする場合にいくらかかるかを今日電話で聞いてみた。
担当の先生が細かく計算して折り返し電話をくれたんだけど
ウン十万(50万に近い)でした。
これがきっと良い結果になるだろうと思えばするかもしれない。
もっとゆうが若くて体力もあればね。
でも、院長先生ですら、ここまでこうしてきているから
絶対手術をした方がいいとは言えないって言ってたし
このままでいいやって思う。
昨日もゆうは大騒ぎで、車の中でもぐずって凄くて…
こんな状態のゆうが入院できるとも思えない。
どんな最期になるかわからないけど、今のままで
出来るとこまでするということで決心がついた。


 
ポカポカ陽気
今日はポカポカ陽気で気分も晴ればれ

シロシロコンビ、日光浴?
masamomi0311.jpg



…と、見せかけて。

ベランダで日光浴中の鳥たちを見ているだけでした。
masamomi0311-2.jpg


 
放鳥中のヒトコマ
私の手でくるまれているナナ。
冠羽もペタンと寝ているし面白い顔になってる。
いつも以上に今日は「撫でて」が凄かったわ。
頭をスリスリして「撫でて」ってする仕草は猫と一緒。
nana0309.jpg


小松菜を食べるミント。
すっかり落ち着いて面白い事はもうしてくれない。
ブキャって怒るだけ。そこが可愛いからいいけどねー。
min0309.jpg


レモちん、今日は放鳥なし。


 
のんびりマサくん
ソファにナナメに置いているデカデカクッション。
最近将也はここがお気に入りらしくいつもここで寝ている。
白いクッションに白い猫だから、たまによく見えなくて
尻尾を踏んじゃうんだ。うちのメス猫は尻尾を踏むと
シャーっていうけど、オス猫はモソモソ動くだけ(笑)
ホクもそうだったよな~。
masa0309.jpg



将也はキレイにご飯を食べられない猫デス。
メス3匹は外にこぼさず食べるんだけど将也はこんな。
いくらなんでもこぼしすぎ。
横着してマットを敷かず、おまけにラグの上であげた私も
いけないんだけど…わざと出したかのように出てるよ。
masa0309-2.jpg



 
利尿剤再開
粘液便と吐き気があったから月、火と利尿剤は
あげなかったけど、胃腸は落ち着いてきたし
昨日から利尿剤を再開。
昨日、今日とまだ2日。まだゲホゲホと咳をしている。
明日で利尿剤3日目だし、明日は輸液をする予定。

ゆうのカットをしたいよー。すっごいボサボサ。
でも立ってるのも座ってるのも辛そうだし切れない。
写真のような姿勢で切らせてくれればいいんだけど
この姿勢でいる時はゴロンと転がっちゃうから切れないし
どんどんステキな頭になっていってるよー。

yu0309.jpg



 
睦月@ワクチン接種
ゆうのレントゲン写真を借りに動物病院へ。
午後ウンチをしたから糞便検査もしてもらおうと思って
持って行った(結果は何も異常なし)

帰宅後、寝ている睦月を見て「ワクチン打たなきゃ!」と
突然思い(前回は去年の2月接種)また動物病院へ。
睦月は今かかりつけの動物病院はないし
近所の動物病院に行って来た。

むっちゃん、突然の災難
mutsu0307.jpg



 
サナギ…食べるよ
ミルワーム。
数匹サナギになっていた。プルンプルン動くよ。

tama0305-2.jpg

『ワタシが食べてもいいのですか?』



tama0305.jpg

『それはボクのエサ!!』


 
予約
腫瘍をみてほしくて先週電話をした横浜の動物病院。
今日、そこにまた電話をし予約を入れた。
その先生は腫瘍のスペシャリストだった!
横浜は分院(他にも分院アリ)で本院(三重県)には
CTだけではなくMRI、放射線治療器まであるとか。
私が持っている「二歩先をゆく獣医さん」にも
腫瘍のスペシャリストとして載っている。
この本を見た時に、この先生に診てほしいって思ったんだけど
三重だし無理だって思っていたんだ。
先週電話をした時、ゆうの状態を話したら
「院長診察の日がいいですね」と言われたんだけど
まさかその院長先生が本で見ていた先生だったとは!!
それを知ったのは昨日だったんだけど驚いたのなんのって。


今日のゆう、また不調
朝、粘液便をした後はずっと寝たきり。
この不調が腎臓からのものか腫瘍からのものかはわからない。


昼間、珍しくベランダに出た。
でも、めちゃくちゃ辛そうな表情。目が違う。
yu0306.jpg


遠めで見ても情けない顔になってるよー。
yu0306-2.jpg



 
輸液日
yu0305.jpg


今日は輸液の日。
始める前に、すぐに終わるからね、痛くないようにするね
体が辛くなるから少しだけ頑張ろうねとゆうに話す。

しかし、また1度目、失敗。輸液剤の温め忘れです。。
キャウンキャウン鳴かれて暴れたからやり直し。
温めて再度挑戦。2度目は鳴く事はなく終了。
輸液前の下準備、どうしても温めだけ忘れてしまう。
温めると鳴かないって事は冷たいのが違和感あって
嫌なんだろうなー。痛くないようにするって言ったのに
駄目だね。輸液後はささみを少しあげていっぱい褒めた。


納戸に保管中の輸液剤にメモを貼っておきました。
ここまですりゃ忘れないだろー。
yu0305-2.jpg


 本日の輸液:100ml


 
今日から利尿剤投与
朝、私がトイレに行き便座に腰をおろした時に
リビングからドスンって音とキャンって鳴く声が聞こえた。
慌てて駆けつけたらゆうがびっこをひいて歩いていた。
後ろ左足を体にピッタリくっつけるほどに曲げて
3本脚で私の布団に移動していた。
私が起きて猫たちが走りまくっていたから
タックルされて転んだ可能性もあるし
ゆうも喜んでいたから自分で転んだのかもしれない。
前の事があるし本当に焦ってしまった。
幸い酷くはならず(病院に行くほどではなく)
すんだから良かったけど…。

今日はエースワーカー錠を買いに行かないといけなかったから
ゆうと猫たちにご飯をあげて、トイレ掃除をした後に
すぐ出掛ける準備を始めたんだけど、出掛けることを
ゆうに察知されてしまった。

こんな感じでずーっと私を見てぐずり中。
yu0303.jpg


病院では、最近毎日咳が酷い事や水曜日に利尿剤を
飲ませたことも話す。そして、咳が治まるまで利尿剤を
使って、しっかり咳を止めてしまおうという事になった。
ただ、その間は嘔吐下痢などもなく食欲があっても
3日に1度ペースで輸液をする事になった。

肝臓の事も聞いてきた。
A病院に行っていた頃に数値が高めだったし
今でも気になっている部分ではある。
でも、A病院で頻繁に肝臓の注射を打たないと
いけない事に疑問を感じてB病院に転院をしたら
肝臓の数値がすっかり落ち着いたのよね。
これって過剰な注射で反対に肝臓を傷めつけてたのかな。
これは今の病院で聞く事は出来ないけどそんな気もしている。
B病院の時は注射は無しで内服薬を毎日飲んでいたけど
今はそれも無し。ひとまず、薬はあげずに様子を見る事になった。
これで数値が落ち着いたままだといいな。


 
自宅輸液開始
今日から自宅で輸液開始。

1回失敗。
針を刺した部分が悪かったのかゆうが暴れて針が抜けた。
そこで、輸液を温めていないことにも気付いた。
やり直すついでに輸液バックを湯煎で温めて再度挑戦。
2回目は成功しました。

暴れる犬猫の輸液を家でするのは結構大変。
小さいくせに暴れる力ってもの凄い。
ゆうも暴れる犬だから、押さえるのに必死。
絶対にゆうは1人で出来ないわ。
2回目は目の前にフードを置いてそっちに気がいくように
したんだけど、それでも逃げようと暴れてたし…。

輸液後はご褒美にドライフード数粒。
輸液後には良い事があるってわかってもらうように
何か用意しておくようにしておこう。
今日は何もなかったからドライだったけど
それでもかなり嬉しそうだった。

yueki0302.jpg


保管は常温で平気だということなので納戸に。
納戸は暗いし涼しいし保管にちょうど良い場所だ。

 本日の輸液:100ml


 
今日のゆうは食欲はあった。
朝も昼も夜も催促してぐずりまくり。
咳は昨日ほどではないがまだ少しだけ出ている。


エースワーカー錠をドライフードと一緒に入れた。
なかなか口にしないぞ。
yu0302.jpg


しっかり残されてる~~~
yu0302-2.jpg


フードと一緒に食べちゃう事が多いんだけど
最近は薬だけをポツンと残す事が増えたなー。


 
yu0301.jpg


あまりに咳が酷くてずっとゲホゲホと
しているから利尿剤を飲ませた。
今はなるべく利尿をかけたくないんだけど
そんな事を言ってられない!ってくらいに咳が酷かった。
脱水が怖いからお水を飲んでくれるように
ご飯はウェットフードではなくドライフード。
ドライフードだといつもより飲水量がグンと増えるからね。
明日あたり輸液予定だったんだけど、咳が止まらなければ
週末にやる予定。


 
管理人@マホ

マホ

おちび達がいきがい。

マイケルジャクソンが大好き。
2010年の命日はLAに
行きました。

嵐の相葉ちゃん好き、
金爆のキャンさんLOVE。

34歳で子宮体癌になり
子宮卵巣摘出。
以来、卵巣欠落症状と闘う。

統失、PD、鬱もち。

2011年に離婚し
4にゃんと暮らしていましたが、
3にゃん他界。
現在は1にゃん+1ワンと生活中。

2014年5月
関節リウマチ発病。
現在動けない毎日。

マホ家のチビっこたち

もみじ
椛@シェーデットシルバー
♀ 里子に貰う

結膜下腫瘤


亡くなった子たち

ゆう
ゆう@ヨーキー
14歳 ♀ ペットショップ出身
慢性腎不全、心臓弁膜症、腫瘍
認知症気味、膝蓋骨脱臼
2006.8.6 PM10:10永眠


・・・・・・・・・・・・
ひまたん
ひま@ポメラニアン
♀ 保護犬(センター処分犬)
心臓弁膜症
2010.1.18 PM12:30永眠


・・・・・・・・・・・・
チビ
チビ@テリアMIX
♂ 保護犬(飼育放棄犬)
多血症、心臓弁膜症
2010.1.1 PM8:05永眠


・・・・・・・・・・・・
あーちゃん
あーちゃん@日本猫
16歳 ♀ 雨上がりの路上で拾う
2005.8.15 PM8:50永眠


・・・・・・・・・・・・
ほくと
北斗@チンチラゴールデン
11歳 ♂ ペットショップで貰う
2005.4.16 PM8:50永眠



将也
将也@チンチラシルバー
17歳 ♂ ペットショップ出身
慢性腎不全、肥大型心筋症
2011.8.17 PM6:45永眠



・・・・・・・・・・・・
睦月
睦月@チンチラゴールデン
17歳 ♀ 里子に貰う
2012.6.26 PM11:45永眠


・・・・・・・・・・・・
息吹
息吹@チンチラゴールデン
16歳 ♀ 北斗と睦月の娘
慢性腎不全、子宮蓄膿症(捻転あり)
2013.3.16 PM5:15永眠


・・・・・・・・・・・・
ミント
ミント@セキセイインコ
オパーリンブルーの♂
2001年11月24日購入
2008.4.20 AM4:40永眠


バナナ
バナナ@オカメインコ
パールパイドの♀
2002年11月1日生まれ
2010.1.4 PM永眠

幸せをつかんだ子たち
メイ
メイ(現@にぃにょ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
テン
テン(現@のわ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
レモン
レモン

2011年1月、里子に行く
里親様・横浜市のU様。
・・・・・・・・・・・・