FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年06月07日 (水) | 編集 |
nana20060607.jpg


相変わらず放鳥中は私のそばから離れないバナナ。
うちに来た当初には旦那のそばにも行っていたけれどね。
今は旦那がちょっと近い距離に来ただけでクワっと威嚇。

オカメインコってオンリーワンになりやすくて
それはしつけの上であまり好ましいことではないらしい。

でも、私がいなければいないで旦那とふたりでも
同じ空間にはいられる鳥だしこれでいいかと思っている。
私がいればもう一切旦那の方には行かないし
間違って旦那の肩に着地した時なんて急いで戻ってきて
笑えるけど(笑)手におえないオンリーワンではないから
可愛いという程度ですんでいる。

慣らせようとしても犬猫のようにはいかないししょうがない。
スポンサーサイト


2006年06月07日 (水) | 編集 |
ずっと寝たきり。
起きてくる時は、お水かおしっこか吐く時。
全く食べないわけではないけれど、食べればほぼ吐いてしまう。
吐く体勢でいたまま、そしてバタっと倒れる事が増えた。
動く力もないまま、そのまま崩れ落ちるという感じ。

完治をのぞめる病気ではない。
ほんの少しの延命の為にゆうを苦しめることはしない。
皮下輸液はするけれど、あとは自然の流れのままいくつもり。
ゆうが食べたいならば、嘔吐するかもしれないことを
覚悟の上でご飯はあげるし、食べたくないならそれでいい。

腎不全の進行だけではなく、カリウムが低下した事や
腫瘍の成長、色んな事が重なっている。
今こうして生きていることが不思議なんだ。

ゆうの強い生命力。
これはある意味マイナスなのかもしれない。
それでゆうは苦しい思いをいっぱいしているわけだから。
この生命力のおかげで病気がわかった後も比較的長く
一緒の時間を過ごせてはいる。
でもそれは、ゆうにとっては辛い時間が長いって事。
だから私はその事を単純に喜ぶことは出来ない。

もう駄目だって思うような状況から何度も復活した。
でもそれは病気が良くなったわけではない。
元気に見える状態に戻ったというだけ。
だから、いつガクンとおちてもおかしくないって事だ。


+++++++

今日の記録

 皮下輸液@19時

胃腸薬、ビタミン入りリンゲル液60ml+抗生物質

 内服薬@なし

 便0回

 嘔吐4回

2時40分@6時@13時半@23時
 ※ 1度に数回嘔吐しているけれど時間ごとの記録です

 ごはん

7時半
猫用ウェット25g
ネフガード1粒

17時半
蒸しささみ3/4本くらい、ネフガード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。