FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2006年07月03日 (月) | 編集 |
ゆうに食べさせる為におやつ類を買うのが楽しい。
去年のあーちゃん闘病の時もそうだったけど
普段なら買わない物もいっぱい買う。
食べさせる事が先決だから添加物がどうの…って
言ってる場合じゃないし何でもOK。

前にも1度書いた事があるこの焼いわし。
iwashi20060703.jpg


いわし味の焼いわしって何じゃ?
前に買ったのは黄色のパッケージだったんだけど
あれは何味だったのやら。

そんな事はどうでもいいが…。
これ、気持ち悪いんだよー

というよりもという感じ。
煮魚、甘露煮…そんな感じで、切り口から開けて
魚を出そうとするとネチョ、グチャってする。

もっと焼きっぽかったらいいのになー。


2006年07月03日 (月) | 編集 |
数年前、もう5年以上は軽く前の事だけど
ゆうは膝蓋骨脱臼が酷くて一時歩く事が出来なくなった。
病院に行き、ギブスをしている期間も長かった。
布団の段差すら上れなくなって、その頃1度ゆうに
オムツを使った事がある。
だけど、凄く嫌がっていたのを思い出した。
お尻にオムツの違和感を感じるんだから当然だよね。
あの頃もゆうがトイレに行く気配を感じると抱っこをして
トイレに運んでいた。でも今はあの時と違って
抱っこをすると胸を圧迫されてゲホゲホと咳き込んで苦しそう。
かと言って、他の部分をおさえて抱き上げるのはもっと危険。

フト、そこで思いついた。
子供のおもちゃでもあるし、ガーデニンググッズでも
ありそうなアレ。車輪がついていて上に物が
乗せられるようになっているやつ(名前わからん)
あれを買って、そこにゆうを乗せてトイレまで
コロコロコロ~と移動させればいいじゃんか。
それなら足にも負担はかからない。
間に合わなくてそこでしちゃってもいいように
上にシーツも敷いておけばいい。
ちょっと見てこよう。

なるべくゆうには不快を感じさせずに過ごさせてあげたい。
ご飯を食べる量はまたグンと減って、食べるのはささみと
おやつ(ささみのおやつ、タマゴボーロ)くらい。
でも、くちゃくちゃと気持ち悪そうにしているのに
矯正給餌は出来ない。ただ食欲が落ちただけならする。
致命的な疾患もなく食欲が落ちただけならね。
でも、虫の息状態になっているゆう、
悪くなってからの2ヶ月ゆうをみていて、もうそれまでの
ゆうに戻る事はない、一歩一歩、ゆっくり死に向かっていると
わかるのにそれをする気はない。
最後の最後に辛い思いをさせる事は出来ない。

昨日も、一昨日も、ほとんど食べていない。
色んな物を出すものの、食べたのはおやつ類だけだった。
ニュートリカルだけは2日とも舐めさせたけど
これはまだ少し舐めてくれるから助かる。


頭ではわかっているのに、今私の中の不思議な感覚。

私は毎日寝たきりのゆうを看ている。
表情はすっかり消え、喜ぶ事も怒る事もない。
ゆうの人懐こさ、転がるようにお客さんを出迎えていた姿
それを知っている人が見たら「本当にゆう?」と思われそうだ。
飼い主の私ですら、ゆうの形をした違う子と感じるくらい。

病気がありながらも、元気で将也に怒って、ご飯をくれって
騒いでいたあのゆうはもういない。
ブログに載せている動画、あのゆうはもういないんだよ…
将也を遊ばせていても、もう見ることすらしない。

前置きが長かったが、不思議な感覚というのは…
元気いっぱいの子、もちろん外で見る子はほとんどが
そんな子ばかり。そういった子を見ると
「何であんなに元気なんだろう。凄いなー、跳ねてる~」
と、元気いっぱいの子を不思議な感覚で見ている事。
羨ましいとかそういった事じゃなく、元気なことが
不思議なの。年老いたり病気になったりしなければ
元気で当たり前って頭ではわかっているのにね。