2006/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
最新記事
カテゴリー
ブログについて
● 限定記事に関して
パスワードをお知らせできるのは
ある程度のやり取りがある方のみと
させていただいています
FC2ブログの方はブロとも申請、
その他の方はメールフォームにて
パスの問い合わせをお願いします
(パスは定期的に変更します)

● コメント、メールに関して
コメントは承認制にしています
内容によっては承認不可、削除の場合も
あるのでご了承ください
アフィリエイト系のブログからのコメントは
承認、返信致しませんのでご了承ください
メールでのお問い合わせについても
内容によってはお返事できない事もあります
ログ

07月 | 2006年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


リンク
ブログリスト

最新コメント
SOS

CATNAP

ピースハウス

多摩センター動物被害者の会

++Dear.こげんた++

日本にアニマルポリスを誕生させよう!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
地震
夕方の地震、この辺りは震度3だったみたいだけど
結構揺れたよ~。まだ明るいのに鳥たちも暴れてたし。
でも猫たちはあれくらいじゃ何とも思わないね。
椛が「ん?」ってちょっとキョロキョロしてたくらい。

しっかりとベッドのフチにつかまってます。
momi20060831-1.jpg


起き上がる事なくそのまま体勢を変えて寝ちゃったけど。
momi20060831-2.jpg


大地震がきて避難しなくちゃいけなくなった時の為に
用意してある非常(防災)グッズ。
そういえば、もうゆうの物はいらないんだなー。
シーツ、療法食、薬、洋服…まだ入れたままだ。
スポンサーサイト


 
下痢
朝起きたらリビングのあちこちにウンチ染み。
誰かがウンチをお尻につけたまま座った痕…。
恐る恐る1匹ずつチェック…睦月でした。ベッタリ。
トイレをチェックすると、水のような下痢まではいってなくて
形は少しあるものの、かなりやわらかい下痢便。

お尻が汚れても我が家では洗わない。
1人だと、暴れてうまく洗えなくて他の部分にまで汚れがついたり
濡らしたくない部分まで濡れるのが嫌だから。
ティッシュ、ウェットティッシュである程度拭きとってから
細かい部分はハサミで切っちゃう。
長毛猫の下痢は本当に恐ろしいよ~
お尻まわりの毛にベッタリくっついているのを見ると
「闘いだ…」と思ってしまう。ティッシュとハサミでやろうが
結局は嫌がってギャーギャーいうし。

どうして下痢しちゃったかなー。
続くようなら病院に連れて行かなきゃ。
ひとまず今晩はAさんに貰ったお腹の薬を飲ませた。
フードに混ぜたんだけど、苦味がないのか普通にペロリ。

明日は普通のウンチが出ますように。。


 
ゆうがいない生活
49日に書こうと思っていたけれど今の時点での
気持ちを残しておこうと思う。

ゆうが逝って3週間ちょっとたちます。
3週間前の今日はゆうを荼毘にふした日でもあります。

ゆうがいない生活を少しだけど受け止める事が
出来るようになっています。
一時期ちょっとまずくて「ペットロスになる?」と
思ったんだけど、今はそれを乗り越えました。
ゆうを思って泣く事はあるけれどあの時とは違うかな。

今は最後のゆうを思い出す事が多いです。
最期の日も朝ごはんを食べてくれたこと。
a/d缶やおやつに限りだけど、食べてくれていたということは
ものすごーく辛いという状態ではなかったって事だよね。
本当に具合が悪い時は北斗のようになるはずだからね。
午後からは辛くはなったと思う、立てなくなったしね。
だけどね、介護が必要になった5月からの事をよく考える。
寝る事1つをとっても必死に体勢を整えていた。
横にはなるのに目は開けて一点をずっと見ていた。
日々の生活が本当に不快だったはず。
だからこそ、苦しい体から抜け出して今は楽で
いてくれることを嬉しいと思うようになってきているの。
それはゆうの事を考えるとで、私は寂しいけどさー。

最期の瞬間が近づいた時。
お腹が苦しそうだったし私たちはそれまで抱っこはしなかった。
それでも最後にちょっとずつ抱っこをした。
今まで以上に意識が朦朧としている中で、
ゆうが私たちをしっかりした目で見た。
わざわざ顔を上に向けて…アイコンタクトがとれた。
あれはバイバイの挨拶だったね

ゆうの気配を感じる?という話を旦那とした。
亡くなって2日ほどはゆうがいるような感覚が旦那には
あったらしい。それは私も同じ。
今私におこる不思議な事は1つ。
放鳥中に旦那の部屋に行くとリビングのドアの所で
私たちを呼んでいたあの「キャン」って声が聞こえるの。
3週間ちょっとの間でハッキリ聞いたのは2度。
旦那は聞いていない。


 
キャティースクラッチポスト
tume20060829.jpg


縦にバリバリやるのが好きな将也と息吹が使うかなと思って
前から欲しかったキャティースクラッチポスト(爪とぎ)購入。

届いてみて笑っちゃった。パイロンみたいだよ~
「裏面に滑り止め加工がしてあります」と書いてあるけれど
4箇所に小さなゴムがついているだけ。
滑り止めの役目を果たさないんじゃ??と思うほどの小ささ。
案の定、バリバリとやって爪がひっかかったまま将也は
爪とぎごとひっくり返ってました

2千円以下で買った物だし、こんなもんだよね。
倒れない工夫さえすればきっと猫たちは好きなはずだし
旦那に何かいい方法を考えてもらおうっと。

もう1匹、キャティースクラッチポストを使って
くれるはずのムッチリイブちん。

毛が今中途半端な長さでね~。
ウォンバッドみたいになってるよ。
ibu20060829.jpg



 
間違ったトイレの使い方
今までで1番長くシーツのトイレを使っていない椛。
確か今週は1度だけしかしていないはず。
気付くと砂(エバークリーン)トイレで用を足している。
前に書いたような理由でまだこのままシーツトイレも
置いておくつもりでいるんだけど…

椛さん、最近ここでくつろいでいるのよね(笑)
水曜日の朝はここで寝ていたし(起きて何気にここを
見たら白い物体。寝ぼけているし驚くよー)
そして木曜日の朝もこんな。
momi20060826.jpg


毛づくろい途中のようです。
まさかここを寝床にしようとしているのでは…


 
ひよこベッド
赤ちゃんベッドのようなこのペットベッド。
誰も使わないと思っていたけれど買ってすぐに椛が使い
その後も椛がよく寝ている。椛専用ベッドになったようだ。

でも先日、睦月が珍しく中に入っていた。

mutsuki20060822.jpg


mutsuki20060822-2.jpg


猫より犬の方が似合いそうだなーと思ったベッドだけど
なかなか猫でも可愛いかもね。


 
エバークリーン&ターフエチケット
トイレの1つをおからの砂からエバークリーンに替え
飛び散り防止にターフエチケットを敷いたと14日に書いた。
あんなに細かい砂なのに、その後も飛び散りは気にならないほど。
朝起きるとまず私がする事は、クイッ○ルワイ○ーでリビングの
砂や毛を集め、カーペット部分の毛をスーパーブラシで取る事。
その時に集まる砂は…耳かき1~2杯分くらい。

大きいサイズにしたらもっと少なくなるのか?と思い
ターフエチケット(大)を購入。14日のと比べてみてください。
(上の↑赤字からリンク貼ってます)結構大きいです。

最初は横向きに敷いたんだけど、勢いよく出てきて
飛び越えられたら意味がないし、縦に敷いてみた。
トイレの出入りを見ていると、トイレを出てからすぐに
横に行く事はなくまっすぐ歩いているし、多分この敷き方が
我が家では1番いいんだと思う。
nekotoire20060822.jpg


飛び散り、ニオイ(消臭)などの面でもなかなか良いし
フード付きトイレの砂はエバークリーンにする事に決定。
椛がたまに使うようになったし完全に砂でしてくれるように
なれば、ペットシーツのトイレを撤去できるのになー。
まだ今は1~2日に1度はペットシーツの方でやっているし
撤去は出来ず。シーツでやりたいのにシーツがないと
マット類の上でおしっこしちゃう猫だしね


 
肛門腺
息吹がお尻の辺をまた舐めてるなーって思っていて
スリスリ甘えに来た時、お尻周辺を目の前でチェック。
…と、膣周辺の毛がちょっと濡れてる。

見た瞬間に頭の中で色々考えた。
前に睦月が膣炎をおこした時に膣から分泌液が
いっぱい出ていたし、もしや膣炎??
だけど睦月は白血球も高くなってグッタリしていたよ。
目の前にいる息吹は全然普通にしているしなー。
でも息吹は子宮蓄膿症で捻転までしていても走ったり
ご飯を食べたりしていた猫だし…いやー、何~??

その時、頭の中で色んな事を考えている私の目に
うつったのは、お尻からタラ~と垂れてきた分泌液でした。
肛門周辺を舐めているから膣周辺も濡れていただけみたい。
でもこの間も搾ってもらったばかりなのになー。
今まで猫で溜まってしまう子っていなかったけど
息吹はマメに搾ってあげないと駄目なんだな。
家でやるようにしようと思って早速今日やってみたけど
ギャーギャー怒って凄かった。
でも、垂れるほどじゃ出さないわけにいかないし
2人がかりで搾ったけど、部屋の中が暫く臭かった(笑)

このニオイにつられて息吹の後ろをゆうがよくくっついて
歩いてたんだよなー。お尻の辺をクンクンしながら必死にね。
亡くなる2~3日前にも息吹にくっついて歩いていて
「そんなになってもそのニオイが気になるのかー」なんて
言ってたんだけどね。今ゆうがいたら又あのニオイを
嗅ぎに来てただろうな。


 
輸液セット
この日に病院で買った輸液セットは使う事なくまるまる残った。
リンゲル液や注射は医療廃棄物として処分してもらわないといけないし
針とシリンジは未開封のままだから返品という形になるという事で
このまま病院に持って行った。
スタッフが多い病院だから皆で食べられるようにお菓子も
今まで(北斗とあーちゃんの時)より多めに持って行った。
本当によくしてもらったし今までより気持ちのプラス分も多くあり。

病院に長居をするのはまだまだ辛そうだったから
先に電話をして、返品分の計算をしておいてもらった。
ゆうはBアニマルクリニックに数度しか行っていないけど
それでもね…。死後に、通院していた病院に行くのって
私はどうしてもダメ。あそこにいたな、ここでこうしてたなって
すぐに思い出して涙が出てきてしまう。
でも今日行ったからもう次回は平気だと思う(多分)
来週は息吹の検査があるからねー。
息吹闘病が今度は始まるのかしら…。
あの異常な高数値はやっぱり気になる。
次回まだ高かったらもっとつっこんだ検査をしないと
いけないしね。そうならないといいけど…。


 
お花を買いに
お店が閉まる30分前にお花屋さんへGO!
やっぱり一周忌だからお花は買ってあげようって思って
作ってあったアレンジメントを選び、花を少し変えてもらった。
一応、節目のお花は白系にしようと思ってね。
女の子だからそれにピンクを入れてもらった。
okotu20060815.jpg


まとまりがないんだけど、でも1番好きな部分。
ここの前で話をしたり、泣いたり(これは本当はいかん)。
okotu20060815-2.jpg


 
あーちゃん命日
あーちゃん、2003年の写真です。
a2003-1.jpg


あーちゃんが亡くなって今日で1年。

去年の15日は旦那がお休みの日だった。
以前どこかに書いたかもしれないが
北斗、あーちゃん、ゆう
3匹とも旦那と2人で看取ることが出来ている。
死の瞬間、特に苦しんで死んでいく瞬間は
いつまでたとうが脳裏にやきついているし辛い。
だけど、その時にそばにいてあげられた事は
本当に良かったと思うし、そういった時を
選んでくれてありがとうって思う。

家にいる時間が少ない旦那。
それなのに、看取ることが出来てるんだよなー。

死の瞬間、そこから数時間…数日。
哀しみの形がどんどん変わってくる。
かなりの月日がたってくれればだいぶ落ち着くが
今が1番辛いかもしれない…。
日を追うごとに哀しみが増している。
でも一生今のままの喪失感が続くわけではない。
今は哀しむ、ゆうを想う、そして耐えるしかない。

記憶や想い出って年月がたつと曖昧になってくる。
大まかには覚えていても小さな部分って忘れてくる。
それは、愛犬、愛猫との想い出だけではない。
北斗とあーちゃんを失った時も大きな哀しみの中に
いたこと、家にいたくなかったこと、そういった事は
しっかり覚えているんだけど、日々どうやって
過ごしていたかを覚えていない。。

ゆうの夢をよく見る。
ゆうと遊んでいるとかではなく、ゆうが遠くで私を
見ている夢、そして、ドアの外から私を呼ぶ声。
ゆうが今私を見ていたら、駄目な飼い主だなーって
思ってるだろうね。

昼間から睡眠薬や安定剤を飲まないと辛いんだわ。
もしかして私、ペットロスになる??
ちょっと…自分でまずいなーと思っている。

あーちゃんと北斗、
2匹ともゆうの事は好きだったから。
特に北斗とゆうはよく一緒に遊んでたからね。
本当に本当にお願いよ、
ちゃんと迎えに来て一緒にいてあげてね。


 
友達から届いた絵
友人Yちゃんからハガキが届いた。

そこに書かれていたのは…

ほんわかやわらかな絵とメッセージ。
すごくすごく素敵な絵とメッセージ。
見た瞬間に涙がダ~~~

そうだよ、今はもう苦しくない、痛くない世界なんだよね。

y20060814.jpg


y20060814-2.jpg


Yちゃん、本当にありがとう。


 
猫トイレ
ゆう亡き後、
ペットシーツで用を足す椛用に半分サイズの犬トイレを
購入し、猫トイレ置き場に置いていた。
そこには2つしか置けないから、砂のトイレは1つに
なっていたということで、デオトイレだけだった。

でも今日は週に1度の猫トイレ丸洗いの日。
もう1つのフード付きトイレに、買ったままで
納戸に置きっぱなしだったエバークリーンをセット。
もうずっとこの手の砂!って感じのやつを使っていない。
うちは猫トイレの場所がリビングだし、砂が落ちているのが
凄く気になるし、どうなのかなーって思って使ってなかったの。
トイレの前に置いているのはターフエチケット
これも、買ったままクローゼットの中にありました。

表面は人工芝の柔らかい判という感じ。
この感触が嫌で飛び越えられたらどうにもならないけど
今のとこ気にせずターフエチケットの上を歩いて
トイレの出入りをしている。これの効果がアリなのか
砂はあまり散らばっていない。全くではないけどね。
これがないとどの程度散らばる砂なのかなー。

nekotoire20060814.jpg


今日から、砂の猫トイレはまた2個に戻し、シーツ用は1個。
ゆうがいた時と同じでトイレは3個のまま。


 
いかちー
甘えてるくせにいかつい息吹ちゃん。
勘違いされがちだけど、女の子です(笑)

ibu20060813.jpg



 
思い出の場所
外でゆうを思い出し哀しくなる事が増えてきた。
それは、北斗やあーちゃんの時と同じ。

北斗とあーちゃんの時。
2匹の時は自転車で病院に通っていたから
マンションの駐輪場が一時期苦手な場所になった。
いつもその場で「ごめんね、すぐだからね」等
声をかけていたから…。

北斗の時。
帰りに小僧寿しに2~3度寄ったことがあった。
だから小僧寿しに行くと北斗を思い出してウルっとなった。

そして今。
エレベーターに乗ると「おろせ~」ってグズグズと
鳴いていたゆうを思い出す。
駐車場に行くとあのゆうを思い出してたまらなくなる。
ゆうは車酔いする子だったから思い出の場所は少ない。
これがあちこち一緒に行った子だったらもっときつかったかな。

ヨレヨレしながらでも帰宅すると寄って来てくれたゆうが
いないっていうのは、やっぱり寂しいもんです。
いつもゆうがいた場所は見ずに、先にお骨を見て
「ゆう、ただいま」って声をかけています。

ゆうを思い出す場所にどんどん行って、その場所に
慣れようとしている。荒治療っぽいが…。

でも、でも一言で言えば。

寂しいんだよー


 
立ち直る努力
ゆうがいなくなってもう丸5日もたっちゃった。

死の直後ってどうしても元気だった頃を思い出しがちで
それで泣けてたんだけどね。
だけど、ずっとずっと辛そうだったあの姿や
目を思い出すようになってきているの。
今はあの長かった苦しみから解放されたんだよね。
哀しんでいたらゆうが心配するし立ち直る努力をしている。
とことん哀しもうとは思っていない。
またいつか会えると信じて…現実をしっかり見る。

哀しくないわけではない。そんなの当然だけど。
いつもゆうがいた場所を見て涙が出てきたり
大きな音をたてちゃった時に「あ、ゆうが起きちゃう」って
ゆうがいるかのようにまだ思ってしまったりね。
1日の間でも私の気持ちも色々。
前向きになれる時もあれば、ゆう~って声を出して泣いたり。
でも、この事から逃げずに自分の中で処理をしていく。
立ち直るまでの方法なんて人それぞれ。
私はあえて向かうことを選ぶ。だから、写真も動画も
バンバン見ている。泣きながらいっぱい見ている。

私が大好きだったショボショボ顔。
2003年の写真だからまだ若い。
yu2003natsu.jpg


 
ひよこベッド②
私にとって記録するのが辛かったことを書き終わりました。
2時間かかった~ いつも遅いな、私は。
ここで、この数日の他の事も書いておきましょう。

先日購入したというペットベッド。
到着しましたよ、これ

右は去年買ったヒヨコベッド。
誰も使わないししまったままだったけど最近また出した。
左が今回買ったやつ。赤ちゃん(人)用っぽくてカワイイ。
b20060810.jpg


横から見るとこんな感じですよ。
b20060810-2.jpg


まーね、置物になるなと思ったの。
うちの猫たち、だいたいがベッド類って使わないし。
なのに!!モミが~~~~入ってる~~
momi20060810.jpg


今も暗闇の中のそのベッドを見たら椛が寝てる。
いつまで使ってくれるかわからないけど、嬉しいわ。


 
お礼
友人、知り合いの方、そして初めての方。
メールをいっぱい頂き感謝しています。
すぐにお返事が出来ずにごめんなさい。
今は、どう言葉にしていいかわかりません。
来週あたりから少しずつお返事させてもらおうと
思っているのでお待ちくださいね。

お礼をもう1つここで書かせてください。
ゆうの荼毘の時間帯に手を合わせてくれた方たち、
ゆうを思ってくれた方たち、お線香をあげてくれた方、
あの日のあの時間にゆうを思ってくれた方が
多かったのをメールで知り本当に感謝しています。
ありがとうございました。


 
ゆうとお別れの日
北斗とあーちゃんを火葬したところではなく今回は
東京都にある動物霊園に行きました。

今までの所は、あーちゃんの火葬の時に気になる事があり
次回は違う所にしようと思っていたのです。
ネットで知り合ったMさん宅の子がここを利用し
とても良い感じだと思っていたので、次回はここで…と
決めていました。


当日は雨…ナミダ雨だよ…。
段ボールに寝かせていたゆうを連れて玄関を出た時。
この時がどうしようもなく哀しかった。
外に行きたくて仕方がなかったゆう。
特に最近はヨロヨロしながらも外に行きたいのが
わかっていた。だけど、歩く事は無理。
抱っこやカートでの外出も興奮してしまうから無理で
そうなる事を避けたかった私はベランダで外の空気を
吸わせてあげることしか出来なかった。
やっと外に出れたゆう…でも、もう歩く事も
クンクン匂いを嗅ぐことも出来ない。
そして、ゆうの形で戻ってくる事はもうない…。
色んな思いが一気にそこで頭をよぎって涙が出た。

11時予約だったから9時15分に出たんだけど
首都高速は大渋滞で途中から霊園に連絡を入れた。

yu20060808-2.jpg


結局着いたのは11時20分頃。
座敷で順番を待つように言われ、すこで数分待つ。
その間に渡された用紙と小さなお塔婆に名前を書く。
座敷には私たちの他にも3~4組の方たちがいた。

哀しい思いをしているのは自分たちだけではないというのを
目の前で見て、その瞬間だけは哀しいという気持ちが薄れた。
しかし、順番が来て火葬場に入った途端に現実に戻された。
ゆうを台の上に乗せ、持って行ったおやつやお花を上に置き
ゆうと私、ゆうと旦那で写っている写真を一緒に置いた。
裏には住所とゆうへのメッセージを書いた。
そして最後のお別れでナデナデして声をかけた。。
この時は涙が止まらずグダグダ。。

ゆう、やっと苦しみから解放されたね。
サヨナラだけど、永遠のサヨナラじゃないからね。
ちゃんと戻ってくるんだよ。
yu20060808.jpg


スタッフの方の「またゆうちゃんが○○さんの元に戻って
これますようにお祈りします」という言葉の後に黙祷。
ゆうが中に入って行く時は本当に本当に哀しかった。
動かなくてもいいから家にいてほしいと思った。

30~40分かかるということで、また座敷に戻った。
火葬場にいる数分の間に新しい方たちも来ていて
窓際でタオルにくるんだワンちゃん(多分)を
抱いた女性の方がずっと泣いていて切なかった。
otera20060808.jpg


暫く待った後に呼ばれ、火葬場に移動。
そこにはもうゆうの形はなく、骨だけになったゆうがいた。
何処の骨かという説明をしてくれて、爪と永久歯は
カプセルに入れてもらえるということだったので
それは骨とは別にもらうことにした。
ki20060808.jpg



今回、お寺さんだったし位牌もお願いした(これは別料金)
北斗とあーちゃんは位牌がなかったし、他で火葬した子でも
位牌を作って魂入れは出来るということだったので
全員の位牌(計3個)をお願いしてきた。
毎月18日に合同慰霊祭をやっていて、その時に魂入れを
してもらえるそう。でも今月の18日には位牌の製作が
間に合わないから、9月18日に魂入れをしてもらえるので
それ以降に受け取りに来てくださいということだった。

これは今日の写真。
北斗とあーちゃんと同じように迷子札を注文した。
迷子にならずにここに戻ってこれるようにね。
(注文したのはごえんだま
ゆうがつけていた首輪、イフ、去年友達がプレゼント
してくれたアクセサリー(首輪?)もここにつけたよ。
yu20060810.jpg



お花を送ってくださった方たちのおかげでとても華やかな
中でゆうは眠っています。本当にどうもありがとう。
yu20080810-2.jpg



今日はかかりつけの動物病院に電話をし、ゆうが他界した事を
報告しお礼を言った。北斗とあーちゃんの時は病院が近かったし
ちょっとした品(菓子折り)を持ってすぐにお礼に行ったけど
今回はすぐに行ける距離ではないし、ひとまず電話でお礼だけ
して、後日行った時に何か持って行こうって思っていたの。

そしたら…
今までで初めての経験なんだけど、病院からお花が届いた。。
「ゆうちゃんのご冥福をお祈りします」って…。
長い闘病生活の中でゆうがここでお世話になったのは3ヶ月。
電話でも優しい言葉をかけてもらえて、本当にここに
行って良かったって思っていたんだ。なのにお花まで…
申し訳ない…と思う気持ちと感謝の気持ちでいっぱいになった。
今まで動物病院では嫌な目にあうことが多かったしね。。
猫たちもこれから色々あると思う。
でも猫たちもこのままこちらでお世話になるつもり。


 
ご飯の時間
朝起きてすぐに「ゆうにご飯あげなきゃ」って思う。
室内を歩きながら「ゆうは何処に寝てるんだ?」って思う。

そして、ご飯の時間がくると哀しくなる…。

ご飯を温めて、薬を入れて、まぜまぜして
「ゆう、ご飯だからちょっと起きようね」って
声をかけて起き上がるのを待つ。
そして、少しずつ手で食べさせる。

今の時間にそれをしている事が多かった。
でも、もうそれをする事はない。切ない。。。
時計を見た瞬間に、ゆうが手からご飯を食べている時の
顔を思い出してしまって哀しくなった。

こうして色んな事を乗り越えていかないといけない。
いないという現実を受け止めないといけない。

思い出がいっぱいの家にいるのが辛い。


 
ゆうがいないって…
ゆうがいなくなって丸2日。

毎日ゆうの事で始まりゆうの事で終わると言っても
おかしくない状態だった。
睡眠時間も減ったし、ゆうが歩きだせばどんな状態でも
私も起きてゆうのそばに行っていた。
それでも、それを大変だなんて思わなかった。
誰かにゆうを押し付けられたわけではないし
自分で欲しいって思って一緒に暮らし始めた子だもん。
自分で選んだこと、選んだ道は、何があろうと「大変」なんて
思いたくもないし、言いたくもない。

何だかね、やる事ないなーって思う。
ゆうにかけている時間ってこんなに多かったのかと
ちょっと自分でも驚いている。

これは毎日のゆうの様子をつけていた記録ノート。
no20060808.jpg


ご飯、嘔吐、うんち、発作…
それらの時間を記録していました。
no20060808-2.jpg


北斗やあーちゃんの物が入っている宝箱に
これも一緒にしまっておこうと思います。


 
最期までのこと
最期までの数日のこと。
私の心はまだ乱れまくりだし文章も変かもしれません。
でも今覚えているまま、思うままに書きます。

+++

7月10日からゆうにおこるようになった失神、虚脱。
これが8月1日から毎日おこるようになり
そして1日の間に失神する回数も2日以降多くなった。
起き上がるまでの時間も30分くらいになったりと
だんだん酷くなってきていた。

それでもa/d缶とおやつだけは食べてくれていた。
すすんでバクバクと食べるわけではなかったけれど
手であげれば必死に食べていた。
食べてくれているうちは大丈夫、私の中ではそう思っていた。

本当にもう終わりかもしれないと思ったのは最後の2日間。

5日(土曜日)
午前中は動物病院(薬の購入)と私の病院があり
3時間ほど留守にし、その後1度ゆうの様子を見に帰宅。
その時のゆうは特に変わったところは無し。
そして、用を足しにそのまま又45分ほど外出をした。

この日の朝はa/d缶をあげたんだけど、30gほどあげて
完食はしなかったものの20gは食べたと思う。
それでも、あまり食べたくなさそうな感じではあった。

留守にしていた時は失神等は多分していないと思う。
失神した後は足つきも目つきもおかしいしすぐにわかる。
でも、この日の午後から起き上がると倒れるというのを
数回繰り返した。この日の夜はご飯も食べなかったが
お水は自分で飲みに行っていて、おしっこもちゃんと出ていた。


6日(日曜日)
朝は20gほどa/d缶を食べる。
この日もイヤイヤ食べているような感じではあった。
お昼は全く受けつけずおやつも食べようとしなかった。

お昼過ぎから倒れる頻度が異常に増えた。
そして、横になりながら唸るようになった。
でも、この唸っているのは、便を出したいからだったと
その後わかった。暫く唸って苦しそうにした後に
寝ながら便を出していたから…。
つまり、この時はもう起き上がってトイレに行く事も
出来なくなっていたということ。
呼吸も今までと比べようがないくらいに荒くなって
夕方からは舌を出してハーハーしている事が多くなってきた。

それでも、この日も午前中はお水を自分で飲みに行き
おしっこもちゃんとしていた。
本当に一気に容態が悪化したという感じだった。

旦那とも「朝まではもたないかもしれない…」と
話をしていて、2人でずっとそばで見守っていた。

そして、22時すぎ。
横になりながら首を後ろにグ~っとのけぞらせた直後に
動きが止まった。腫瘍で膨らんでいたお腹のせいで
ゆうが呼吸をしているかは凄くわかりやすかったんだけど
それも全くなくなった。旦那と2人で「死んじゃった…」
と声にならないような声でつぶやいていた。
でも、その後、ゆうが動いたんだ。。
足をパタパタ動かしたり、顔を上下に動かしたり。
「まだ心臓動いてるの?」と驚き聴診器で心音を聴いてみたが
やはり全くドクドクは感じない…。お腹だって動いてない。
2~3分ほどこれが続き完全にゆうの動きは止まった。
まだ微弱ながらも心臓は動いていたのかもしれないね。
最後まで、本当に最後まで必死に生きようとしていたんだ。

ゆうの場合はもの凄く大きな腫瘍があったし毎日本当に
苦しかったと思う。5月からは一層辛さも増していた。
でも、あの「駄目かも」と思った日から3ヶ月。
頑張ったよ、本当にゆうは強い子だった。

死の当日も僅かでも食べてくれていた。
お昼過ぎまでは歩いてもいた。
最後の数時間は辛かったけど、それでもゆうの状態の
わりには、大きな苦しみではなかったんじゃないかなと思う。
1番恐れていた腎不全での尿毒症ではなかったと思うし
嘔吐をする回数も最近は少なくはなっていた。
最期の日は1度吐いちゃったけどね。
きっと、腫瘍が内臓を圧迫している事や、心臓の問題で
最期をむかえたんじゃないかと思っている。


実は、4日(金曜日)から認知症特有の症状が出ていた。
今までも軽く認知症気味ではあったけど、明らかな症状が
出だしていた。同じ場所をクルクルと回る。
30分~1時間ずっと回っているの。
そして、隙間に入り込んで出れなくなる。
この2つの症状は犬の認知症を調べた時によく読んでいたし
遂に…って思った。それだけじゃなく、老化現象も最近は
加速していたし、目もほとんど見えず、耳も聞こえずだった。
だからね、病死なんだけど、寿命でもあったんだと思う。
もうすぐ15歳だったゆう。とにかく頑張った、お疲れ様。


 
ゆうのこと
少し落ち着いてから書こうと思ったんだけど
まだ鮮明に覚えているうちにゆうの色々な事を
記録として残そうと思います。

先週からのこと
私の気持ち
そして今日のこと

写真も載せます。
でも、死後なので小さく小さく載せます。
本当は普通に載せたいくらいに安らかな顔で
眠っているだけのようです。

思うまま、感じるままにこの事は書いていきます。
暫くは頻繁に更新すると思います。


 
ゆうがいなくなり…
昨日の夕方、息を引き取る約6時間前。
生きているゆうの最後の写真になりました。
20060807223746.jpg


想像以上にゆうを失った喪失感、哀しみが大きくて
1日中、ほぼ泣いて過ごしています。
目が腫れて鼻も頭も痛い…。

ゆうは明日11時に荼毘にふします。
今日は何度もゆうを撫で撫でしていました。
もう動かないし硬いけど…このままでもいいから
一緒に居たいよって思ってしまう。

ゆうがいつもいた所を見ては哀しくなり
おしっこがついた足で歩くからフローリングの床には
足跡がペタペタ付いていて、それを見て泣いたり。
もう、時間が解決してくれるのを待つしかない。

いつかゆっくり書こうと思っているけれど
ゆうを見ていて「もう最期の日が近いかも」と思ったのは
8月1日。それが何かはまた書くとして…
実は、ゆうの状態と関係なく、その頃から私の身に
おかしなことがおきていた。
私の後ろにゆうがいて「あら?起きたの?」と思うと
いない。今ここにいたのに…と思い部屋を見ると
ゆうは寝ている。こんな事が数度あったんだ。
そんな体験をして、ゆうは体から放れていっているのかと
思っていた。実際そうなって、今ゆうは部屋の中を
昔のように走りまくってるんじゃないかな。
あ、こんな事を書いている今、私の後ろに誰かが
寄り添ってきた。振り向いても猫はいない、誰もいない。
ゆうだよね、きっと。一緒にいてくれてるんだよね。

+++

いっぱいメールをもらい、そしてお花も頂いています。
のちほどここで写真も載せさせてもらおうと思っています。
今は1人1人にお返事できませんが、落ち着いたら
お返事しますね。ゆうはいなくなってしまったけれど
これが縁で知り合った方とは、これで終わりには
したくないです。これからも仲良くしてくださいね。
そして、ゆうの事を頭の片隅でもいいので
「こんな子がいたなー」と覚えていてもらえると嬉しいです。


 
ゆう永眠
サイドバーにつけていたプラグイン。

ゆうは14歳9ヶ月29日
★15歳の誕生日まで63日

14歳9ヶ月と29日、22時10分にゆうは逝きました。


ゆうの闘病生活は2年4ヶ月だった。
健康な子と向き合う2年4ヶ月とはまた違う濃い年月だった。
余命1ヶ月といわれながら1年半以上生きたよ。
本当に本当にゆうは頑張ったよ。

少し落ち着いたら今は書けないことや最期のことも書こうと思う。

yu20060806.jpg


心配してくれた皆さん、ありがとうございました。

とにかく、半端じゃなく辛いです。
向き合った時間の長さ、いつも横にいたワンコという存在。
泣きすぎて頭が痛い、しんどい。


 
ベッド類
ゆうと猫の為のベッド類、好きなのを使ってもらう為に
いくつか並べて置いてある。

『ねこのきもち』にも載っていたけど、ベッド類の
汚れ方(細菌の数)ってすんごいよねー。
ベッドに限らずだろうけどさ。

きっと何処のお家でもベッド類ってマメに掃除をすると
思うけど、私もそう。週に1度は洗濯をする。
だから洗えないベッド類を買う事はない。

今使っているのは5つ。

クールベッド、隣はただの座布団。
座布団はもうチビたち用にしていて上のマットだけ
2日に1度洗濯をする。
b20060804.jpg


ひよこベッドは相変わらず置物と化していて誰も使わん。
赤いのと青いのはゆうがよく使う。
2つとも今日洗濯したばかり~
b20060804-2.jpg



なのに、洗濯できるのか?清潔に使えるのか?って
思うようなベッドを買っちゃったのよ。
キャリーバッグを探している時に見つけたそのベッド。
一目ぼれ…今までで1番の一目ぼれ。
絶対これ欲しい!高くても買う!!
しかし、表示されている文字は在庫なし

他の店に売っていないか探したがない…。
やっと1店だけ見つけたがそこも在庫なし。
再入荷の予定もなし。ドンヨリ

でも、諦められない私はメールで問い合わせ。
そしたら1つだけ在庫があると!!
でも、それだけしかないので先にどなたかが購入したら
再入荷の予定がないので…という返信だった。
即効でパソコン起動。無事に購入できました~

でも、勢いまかせの衝動買いだったな、こりゃ。
届いたらここに載せます。



 
尿pHチェック
7月23日、将也がチン○○を舐めていた。
その日と翌日に何度か目撃をしビビル飼い主。

えぇぇぇぇぇ??

将也はオスだし石ができてもおかしくないよね。
メスよりその確率は高いよね。
おえ~、気になる気になる。

そこで、経験者のGANBARUNEKOさんに相談。
その中で、尿pHチェックの試験紙でオススメを教えてもらった。
早速買いました(到着したのは1日)

ph20060801.jpg


pHチェックなんて久しぶりだなー。
熱帯魚がいた頃は水のpHチェックをしていたからね。

猫のpHチェックはちょっと準備が必要だし
(システムトイレを利用しておしっこ採取をするつもり)
将也はあの後チン○○舐めをしていないから
今日はゆうの尿pHチェックをしてみた。

ph20060804.jpg


写真だと実際の色とちょっと違って写っているけど
pH6、5ってとこでした。
あれ?これって腎不全の子の場合どうだったっけ。
あとでちょっと調べよう。


 
2度の失神
今日は2度失神。

倒れた時の対応に慣れはしたけれど哀しくなる。
今日は私が酷いウツだったから、思わず号泣。
こんな時に泣いたら駄目だってわかってるけど
おさえ切れなかった。

それでも「写真を撮ろう」と思いしっかり写真を撮った。
以前、携帯で撮った写真は載せたけど今回はデジカメ写真を
載せます。ただ、見たくない人もいると思うし、写真は
続きに載せます。

続きを読む



 
虚脱
yu20060801.jpg


今日も倒れた。意識はあったし虚脱だろう。
今日は3分ほどで立ち上がる。

自分のご飯はあまり食べたそうじゃなかったけど
猫たちのl/dを狙っていて、みんなが食べている横で
フードに目が釘付け状態だった。
カリカリ食べたいのかなー。
久しぶりにカリカリを食べさせてみようかな。

あんなに毎日吐いていたのに最近は嘔吐が減っている。
(ぷりねこトップページのお皿アイコンをクリック)
下痢や粘液便は前より増えたけど…。


 
肝臓について
日曜日の夜に検索をしてみたら、あちこちで「肝臓の数値が
高かった」というのを読んだんだけど、息吹に比べりゃ
全然低い。息吹と椛が高いのはGPTとALP。
ALPはここ1~2年みんな若干高めではある。
当時の主治医に「特に気にしなくていい」と言われる程度。
でもこれ、その前に行っていた病院なら、肝臓の注射を
打たないと駄目だって言われる数値ではあったけど。
病院によって色々だよ、言う事も処置も。

でもね、息吹の今回のGPT値は、ネットで検索しても
なかなか出てこない数値なんですけどー!

昨日、主治医の先生に電話をしたんだけど
「息吹のこの数値って高いって言っても異常に高いですよね」
という話から始まり、心配だし2週間後に再検査&超音波を
する事にした。勿論、その間にダルそうにしていたりすれば
すぐに連れて行くけどね。

心配だし、次回検査の時には睦月も連れて行く。
去年、あーちゃんが血球異常だった時に全員を
次々にチェックした時と同じだ。
1匹おかしければみんな気になる。

ウルソだけではなく、もう1種類薬を飲んで変化を
見ることにしたから、郵送で送ってもらった(今日到着)
息吹はウルソとグルタチオンを今晩から服用。
他の3匹はウルソのみ。
今のとこ、療法食のl/dを食べてくれているから助かる。
薬をあげる時は普通のウェットフードほんの少しに
薬を混ぜてあげている。苦い薬だからバレないように
一般フードであげているんだけど、本当に少しなの。
小さじ1杯くらい。なのに今のところ薬はバレていない。

毎日アッという間に1日が終わるよ。でもつくづく思う。
健康な子と普通に暮らしている事だってそりゃ楽しいし
笑うことも多いだろう。うちだって若い時はそうだった。
でも今のような、私が色々してあげないといけなくて
私自身の生活も不規則になって…この状態がけして
嫌ではないんだな。疲れるのは確かだけどね。
多頭飼いでシニアになれば色々な事がおこるなんて百も承知。
うちよりもっともっと大変なお宅だって山ほどある。
これくらい乗り切れるさ、乗り切ってみせるさ。


今メールをもらったままになっている人たち、
そして、今日メールをくださったhさん。
数日中にお返事します。
「もらったからしなきゃ」とかそーゆうのは全然なく
私が返事をしたいからするだけなので気にしないでください。

ibu20060801-2.jpg



 
管理人@マホ

マホ

おちび達がいきがい。

マイケルジャクソンが大好き。
2010年の命日はLAに
行きました。

嵐の相葉ちゃん好き、
金爆のキャンさんLOVE。

34歳で子宮体癌になり
子宮卵巣摘出。
以来、卵巣欠落症状と闘う。

統失、PD、鬱もち。

2011年に離婚し
4にゃんと暮らしていましたが、
3にゃん他界。
現在は1にゃん+1ワンと生活中。

2014年5月
関節リウマチ発病。
現在動けない毎日。

マホ家のチビっこたち

もみじ
椛@シェーデットシルバー
♀ 里子に貰う

結膜下腫瘤


亡くなった子たち

ゆう
ゆう@ヨーキー
14歳 ♀ ペットショップ出身
慢性腎不全、心臓弁膜症、腫瘍
認知症気味、膝蓋骨脱臼
2006.8.6 PM10:10永眠


・・・・・・・・・・・・
ひまたん
ひま@ポメラニアン
♀ 保護犬(センター処分犬)
心臓弁膜症
2010.1.18 PM12:30永眠


・・・・・・・・・・・・
チビ
チビ@テリアMIX
♂ 保護犬(飼育放棄犬)
多血症、心臓弁膜症
2010.1.1 PM8:05永眠


・・・・・・・・・・・・
あーちゃん
あーちゃん@日本猫
16歳 ♀ 雨上がりの路上で拾う
2005.8.15 PM8:50永眠


・・・・・・・・・・・・
ほくと
北斗@チンチラゴールデン
11歳 ♂ ペットショップで貰う
2005.4.16 PM8:50永眠



将也
将也@チンチラシルバー
17歳 ♂ ペットショップ出身
慢性腎不全、肥大型心筋症
2011.8.17 PM6:45永眠



・・・・・・・・・・・・
睦月
睦月@チンチラゴールデン
17歳 ♀ 里子に貰う
2012.6.26 PM11:45永眠


・・・・・・・・・・・・
息吹
息吹@チンチラゴールデン
16歳 ♀ 北斗と睦月の娘
慢性腎不全、子宮蓄膿症(捻転あり)
2013.3.16 PM5:15永眠


・・・・・・・・・・・・
ミント
ミント@セキセイインコ
オパーリンブルーの♂
2001年11月24日購入
2008.4.20 AM4:40永眠


バナナ
バナナ@オカメインコ
パールパイドの♀
2002年11月1日生まれ
2010.1.4 PM永眠

幸せをつかんだ子たち
メイ
メイ(現@にぃにょ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
テン
テン(現@のわ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
レモン
レモン

2011年1月、里子に行く
里親様・横浜市のU様。
・・・・・・・・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。