FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年08月07日 (月) | 編集 |
昨日の夕方、息を引き取る約6時間前。
生きているゆうの最後の写真になりました。
20060807223746.jpg


想像以上にゆうを失った喪失感、哀しみが大きくて
1日中、ほぼ泣いて過ごしています。
目が腫れて鼻も頭も痛い…。

ゆうは明日11時に荼毘にふします。
今日は何度もゆうを撫で撫でしていました。
もう動かないし硬いけど…このままでもいいから
一緒に居たいよって思ってしまう。

ゆうがいつもいた所を見ては哀しくなり
おしっこがついた足で歩くからフローリングの床には
足跡がペタペタ付いていて、それを見て泣いたり。
もう、時間が解決してくれるのを待つしかない。

いつかゆっくり書こうと思っているけれど
ゆうを見ていて「もう最期の日が近いかも」と思ったのは
8月1日。それが何かはまた書くとして…
実は、ゆうの状態と関係なく、その頃から私の身に
おかしなことがおきていた。
私の後ろにゆうがいて「あら?起きたの?」と思うと
いない。今ここにいたのに…と思い部屋を見ると
ゆうは寝ている。こんな事が数度あったんだ。
そんな体験をして、ゆうは体から放れていっているのかと
思っていた。実際そうなって、今ゆうは部屋の中を
昔のように走りまくってるんじゃないかな。
あ、こんな事を書いている今、私の後ろに誰かが
寄り添ってきた。振り向いても猫はいない、誰もいない。
ゆうだよね、きっと。一緒にいてくれてるんだよね。

+++

いっぱいメールをもらい、そしてお花も頂いています。
のちほどここで写真も載せさせてもらおうと思っています。
今は1人1人にお返事できませんが、落ち着いたら
お返事しますね。ゆうはいなくなってしまったけれど
これが縁で知り合った方とは、これで終わりには
したくないです。これからも仲良くしてくださいね。
そして、ゆうの事を頭の片隅でもいいので
「こんな子がいたなー」と覚えていてもらえると嬉しいです。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。