FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2007年05月10日 (木) | 編集 |
2年4ヶ月と長かったゆうの闘病生活。
その間に具合が悪い事は何度もあり入退院も繰り返していた。
それでも、喜んだり、自分で歩いたり、
調子が良い時はご飯もちゃんと食べてくれたし
最悪な状態というほどまではいってはいなかった。
そこから脱出して元気(に見える)ゆうに戻っていたから。

だけど、死を現実のものとして実感した去年の今頃。
「明日をむかえることは出来ないかも」と思ったこの日
ここからが本当の意味での最後の闘いだった。
感情がなくなって、輸液をする時に鳴く事もなくなって
ゆうだけど、ゆうじゃない違う子みたいになった

ほとんど毎日嘔吐があって、ここからは意識を失う事が
どんどん増えて、最期までの3ヶ月は辛かったと思う。
具合が悪いうえでの嘔吐はさらに体力を消耗する。
せめて嘔吐だけでも少なくなってほしいと思っていた。
吐かない日が凄く嬉しい日になるくらいに
嘔吐は恐ろしかったしゆうも辛そうだった。

ゆうが起き上がって歩きだす時は、トイレに行くか
吐くか、失神するかだったから、ゆうが起きるたびに
私も起きて急いでゆうのそばに行っていた。
私の中でも気が抜けない日々だったけど
だけど、、ゆうといれて幸せだったなー。
幸せではあったけど、あの時のゆうに「頑張れ」とは
思わなかったし、楽になれればいいなと思う気持ちもあった。
それほどに辛そうな毎日だったから…。


ちょうど1年前のゆう。
嫌いなサークルの中に入っている・・
yu20070510.jpg



今はゆうを想って泣くことはほとんどない。
「いい子だったね」とゆうの思い出話をする事が多い。
自分がへこんでいる時に思い出すとそりゃウルウルと
くるし、会いたいなーと思うけどね。
でも、普段の私の気持ちはこれだけ。

ゆうがあの苦しみから解放されてよかった。