2007/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
最新記事
カテゴリー
ブログについて
● 限定記事に関して
パスワードをお知らせできるのは
ある程度のやり取りがある方のみと
させていただいています
FC2ブログの方はブロとも申請、
その他の方はメールフォームにて
パスの問い合わせをお願いします
(パスは定期的に変更します)

● コメント、メールに関して
コメントは承認制にしています
内容によっては承認不可、削除の場合も
あるのでご了承ください
アフィリエイト系のブログからのコメントは
承認、返信致しませんのでご了承ください
メールでのお問い合わせについても
内容によってはお返事できない事もあります
ログ

05月 | 2007年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク
ブログリスト

最新コメント
SOS

CATNAP

ピースハウス

多摩センター動物被害者の会

++Dear.こげんた++

日本にアニマルポリスを誕生させよう!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
やっと
上下行動もするようになってきました。
ソファーやケージではまだ寝ないけどね。
でも今朝、テーブルの上に乗っていたの
普段は毎日のようにこうしたことをする子が全くしなくなって
そしてご飯も食べない、お水も飲まないとなって…。
記録をしたいし、そこで不安な気持ちを発散もさせたいし
こうして書いていたけど、すっごくすっごく不安だったさー。
まだいつもの将也ではないけど、今朝のこの出来事は
本当に嬉しくて「やった~」って声が出ちゃったし
泣きそうにもなった。自分で思っている以上に不安だったのかも。

masa20070626.jpg


旦那の部屋が好きなのに、この10日間ほどは行こうとも
しなかった。でも今日は「まーくん行くよー」って声を
かけたら、ウニャンって鳴いて走って後ろをついてきた。
あーん、もう可愛いじゃないか!嬉しいじゃんか!!

「まーくんどう?」と心配してメールをくれた友人たち、
本当にありがとう。自分からは言わないタイプなので
聞いてきてくれると私も話せるから助かりました

抗生剤をやめたからと言ってすぐに副作用がなくなるわけでは
ないからまだ下痢はしていますが、それ以外は普通です。
(元気です!とはまだ言えませんが・・)
スポンサーサイト


 
肛門腺
くっさいお尻の息吹さん。
いつだったか、ブラッシングをしていたら液がタラ~
暴れ方が半端じゃないからうまく絞る事が出来ないし
いつも獣医さんまかせ。

最近は垂れることはなかったし、ウンチと一緒に出ちゃったかなと
思ったけど、いつもカスのようなものが出てくるし
耳垢検査もしてもらいたかったし将也と一緒に連れて行った。

恐怖のお尻絞り。病院でも暴れっぷりはスゴイ。
ibu20070624-3.jpg


耳垢検査は異常なし。
最近、耳垢がよく溜まるから何かいる?と思ったんだけど
単純に脂っけがあって汚れが溜まるだけでした。
マメに耳掃除をするだけで良しということ

熱を測られて怒って、お尻を絞られて怒って…。
でもそれ以外は診察台でゴロゴロいぶちんでした。

帰宅後は私の上でくつろぎ中。上に乗られるとアッチイよー。
ibu20070624-2.jpg



 
レントゲン、超音波検査
今の状態のチェック、そして今後の相談。
どっちにしても8月の頭ころにはレントゲンをしないと
いけないと思っていたし(前回から半年経過ということで)
状態が悪かった今、ついでにやっちゃえと思って
今日はレントゲン、そして超音波もしてもらった。
超音波は、この1週間あまり食べなくて背中側の骨が
一部ゴツゴツした感じになったのに体重は変わらなくて
お腹がポヨポヨした感じになっていたから。
獣医さんに「これ腹水じゃないですよね?」という話から
念の為チェックをするということになった。

結果、腹水は認められず。
レントゲンの結果もやはり肺周辺は不鮮明に写るものの
ちゃんと空気は通っているし大きな変化は無し。
抵抗力などが落ちた時に炎症をおこしたりしてしまうのは
もうこれは仕方がないみたい。
ただこれに関してはA動物病院に行っていた時からのこと。
2003年以前のデータがないから何とも言えないけれど
元々こういった状態の子なのかもしれない。
我が家で唯一ペットショップ出身のネコ将也。
当時はペットショップで犬猫を買う事に疑問も感じず
ましてや悪徳ブリーダーの存在だって知らなかった。
今思うと、相場よりかなり安く売られていた将也。
うちに来て数日、お腹だけが大きいことに疑問を感じて
動物病院に行ったらナント腹水が溜まっていた。
どう考えても、ちゃんとした繁殖をした子ではない。
その当時から下痢続き、今でもすぐに下痢をするけれど
今がマシだと思うくらいに下痢ばかりで痩せていた将也。
その頃からきっとこんな感じだったんじゃないかとも思う。
そうそう、お腹のポヨポヨは脂肪みたい。
去年4月に撮ったレントゲンと比べると厚みが違う
今年2月に撮ったやつは貰ってきていないから病院で
見ただけだし厚みはわからないけど・・。

何だ?この点は?と思ったらマイクロチップでした。
masa20070624.jpg


将也の今後に関しては、本当はもう少し抗生剤を内服で
続けてしっかり鼻炎のような症状を抑えたほうがいいんだけど
下痢をしてしまうということがあるし、下痢をすることで
また抵抗力も落ちて呼吸器系のほうもおかしくなってしまうし
いったんここで薬を切って様子をみることになった。
輸液も終わり。ただ、まだ完全に元の状態に戻ってはいないから
ご飯を食べなかったりお水を飲まなかったりしたら
それは飼い主判断で輸液をしていいという事だった。

将也自身は、ご飯を食べるようになったくらいで
走ったりもせず、高いところにものぼらず1日のほとんどを
寝て過ごしています。

+++

将也の事ではないが、まだひっかかっている北斗の事。
かかりつけの動物病院はCTがある病院で本院にはMRIもある。
そういった病院だと北斗の麻痺の原因となるようなことが
わかるかもと思い、どんな時に顔面の麻痺が出るかを聞いてみた。
そこで言われたいくつかのこと、北斗には当てはまらないことも
あったんだけど、その中で「あ~、それかも」というのがあった。

自分の知識の無さ、行動力のなさが腹立たしい。
同じ薬(抗生剤)を延々と出された北斗。
効かないと言っても同じ薬。効かない時は注射。
私はそれを続ければ改善されると思ってしまっていた。
獣医師の言う事を信用し、そして獣医師がだす薬にも
何の違和感も疑問も感じずにいた。
病気について、薬についてを学ばない駄目な飼い主。
北斗の死後に、あの投薬の仕方はおかしかったと気付き
そして今日も「○○を何ヶ月も飲んでいた」と言ったら
その薬自体が耐性菌を作りやすいものだし、長期間それを
服用させていた事に驚かれた。病院単位で考えるのではなく
同じ病院に勤める獣医師でも、獣医師によって考え方は
違うと思う。主治医の先生は「獣医によって考え方は色々
でしょうけど私はその薬を鼻の症状に使う事はないですね」と
言っていた。過去に戻って北斗を取り戻す事は出来ない。
だけど北斗の死を無駄にしたくはないから今でも考える。
それは後悔という気持ちだけではなく学ぶため。


 
しこいわし
スーパーで刺身用のしこいわしを見つけたので猫たち用に購入。

iwashi20070623.jpg


グリルで焼いて、少しだけそのままあげてみた。
椛と睦月は魚が好きなんだけど、将也と息吹は魚にはあまり
興味がなく、ちょっとだけ食べてみようかね…という感じ。

これに手を加えたらもっと食べないよなーと思いつつ
野菜のスープ煮にしてみた。

iwashi20070623-2.jpg


魚&野菜数種のみだから食べないよなーって思ったけど
でもね、睦月なら食べてくれるって思ったのよ。
いつも私の期待にそえてくれるむっちゃん。
手作り食は1皿だけ、あとはウェットフード。

猫たちを呼んでご飯タイム。
私の読みどおり睦月は手作り食をモグモグ
neko20070623.jpg


もう1袋ウェットフードを出したらみんなはそこに群がる。
でも睦月はまだ手作りご飯を食べてくれてるよ
neko20070623-2.jpg


息吹なんて1回見に行ってスゴスゴ戻ってきたよ!


 
今日の様子
あーちゃんの闘病時、あーちゃんが通っていたB動物病院で
「上下運動をする時はまだ大丈夫」と言われていた。
あーちゃんの病気の場合か全般に言えることなのかは
わからないけど、でも私はそれを1つの目安にしている。

先日書いたように、今は高いところにのぼらないで床にいる。
今までのようにソファーの背もたれ部分の上や猫ケージで
寝るようになればだいぶ楽になっているかもと思えるけど
今の時点では相変わらずに床の上で寝ている。

でも今日はa/d缶ではない皆と同じウェットフードを食べた。
体重チェックもしているけれど、大きな変化は無し。
ワンニャン用体重計は50gきざみのベビースケールだし
病院で量るほど細かくはないけどね。

マメな体重測定が必要な時以外は猫ケージの上に
置いてあるんだけど、今はひまたんの体重測定も必要だし
リビングに置いてある。

 メモ

皮下輸液@2回(50ml×2)
抗生剤注射2回、胃薬注射1回


ベビースケールの上。
同じシロだけど将也ではなくチビシロ(椛)です。
momi20070622.jpg


み・・・見てる~~~ コワイ
momi20070622-2.jpg


 
皮下輸液延長
鼻水等はだいぶ軽くなったんだけどだるそうな様子は変わらず。
普段が「もうやめなさい~」と言わないと駄目なくらいに走る猫。
(確実にゼーゼーなるからあまり走らせないようにしている)
それが全く走らない、同じ場所でジッとしているのは
倦怠感などがあるんだろうなーと思う。

昨日、主治医の先生に今の状態を伝え、もう少し輸液を
する事になり、仕事帰りの旦那にそのまま私をひろってもらい
動物病院へ点滴セットを買いに行ってきた(5日分)

昨日の昼間、
ブログを読んでメールをくれたお友達のうちの猫ちゃんが
以前ポララミンを飲んだ時にずっと寝ていたという話を聞いた。
そういえば同じ薬を飲んでいるひまたんもよく寝ている!
私はその手の薬で眠気がこないから、全くそこに繋がらなかった。
(がんばるたん、教えてくれてありがとー)

点滴セットを買いに行った時に主治医の先生にその話をし
抗ヒスタミン剤の副作用でこんなにだるそうなのかも
しれないし、ちょっとだけやめていいかを聞いてみた。
そして、今は鼻炎のような症状も落ち着いてきているし
薬が完全に体から抜ける事を考えて2日間だけ
抗生剤と胃薬の注射のみでいいという事になった。

昨日の朝飲ませたきりだから明日の朝で丸2日間。
ん~、動かないのは今の時点であまり変わりないかも。
だけど、今日の夜は猫たちのご飯の用意をしていたら
ワラワラとゲートの向こうに集まる猫たちの中に将也もいた。
その後は変わらずにずっと寝ているんだけどね
(寝ているというよりグッタリというのが正しい)


 メモ

抗生剤の副作用(いつもの事)で下痢。
ビオフェルミンRを処方してもらうといいと教えてもらい
病院に問い合わせたがその薬は使用していなかった。
他の病院にも何軒か聞いてみたが使用している病院なし。
なので、普段家でウェットフードをあげる時には入れている
ビオフェルミンSを将也にはいつもより多めに入れておいた。
ご飯はa/d缶、そしてセレクトプロテインをたまに食べている。

昨日1日だけ輸液なし。
今日からまた朝晩の輸液スタート。
朝といっても早朝。明日も3時の輸液です

この場所でほとんど横になっています(洗面所)
masa20070621.jpg


軽くブラッシングをしていたら起き上がり指のニオイをくんくん。
これだけ見ると普通に見えるのになー、マサくんよ~
masa20070621-2.jpg


将也を気にしつつ、他の子たちもいるし当然それ以外は
いつもどおりに時間は過ぎていく。
グッタリ将也を見てはドヨ~ンとはするんだけど
それで他の子の異常を見逃すのもコワイし目を光らせますよ。

ひまたんはいつもどおりこんな顔で過ごし(笑)
hima20070621.jpg


ソファーでゴロンとしていたら目の前に箱入り娘がいたから
私は写真を撮ってみたり。モシャモシャ娘も写ってるね。
ibuhima20070621.jpg


少ししたら中は娘ではなく母になっていたり。
mutsu20070621.jpg


そして、その母は夏になるとチビ耳が生えてきます(クリック)
冬にはないここの毛。うちではチビ耳と呼んでいます。
mutsu20070621-2.jpg


椛だけブレブレ写真ばかりだったのでお気に入りの1枚を。
おそ松くんのイヤミに似ている寝顔写真です
momi20070621.jpg



箱入り娘写真の空き箱はわざとあそこに置いています。
ひまたんがあの辺でチーを数回続けてしてしまい
クルクル防止の為に1日置いておいたのです。
空き箱だとさすがに見た目がアレなので今はここに
ひまたんのおもちゃを置いています


 
記録
 今日の将也

輸液
4時半  40ml+抗生剤

19時半 50ml+抗生剤、胃薬


内服薬
朝、晩
ポララミン、塩化リゾチーム


ご飯
a/d缶を約1缶、セレクトプロテイン数粒


お水
輸液で足りているのか飲んでいるところは見ていない
(私が寝ている時に飲んでいる可能性はあり)


トイレ
おしっこ1回、ウンチ2回
朝は普通のウンチだったけど夜は下痢気味


元気は全く無し。
いつも走りまくりのまーくん、グッタリ寝ています。
普段はソファーの上、猫ケージの中、テーブルの上で
寝るのが好きなのに床の上で寝ている。
呼びかけにはたまに反応あり。
直腸での検温はしていないけど、肉球は熱くなっていないし
多分平熱だと思う(去年高熱が出た時はもの凄い熱さだった)
明日、起きている時に体重チェック予定。


 
一緒に病院へ
将也と一緒にひまたんも車に同乗し病院へ。
一昨日はひまたんも一緒に診察をうけたけど今日は付き添い。
待っている間にお散歩をしてもらう為に一緒に行きました。
一緒に行ける場所ならお留守番させる必要もないしね。

全く歩いてくれない時、数メートルくらい歩く時。
そして珍しくいっぱい歩く時があるひまたん。
ここ数日は結構ひまたんなりに歩いています。

歩く時と歩かない時の違いはわかりません。
歩かない時も外には行きたがるので
行きたくないのに外に連れて行かれちゃったって事ではないのです。

病院の前には大きな公園があるので、病院に来たワンコ
そして入院中ワンコのお散歩場所にもなっているようです。

歩いている写真はないけど、いっぱい歩いたらしいです。
hima20070617.jpg


何処にいるんだ、コレ。
hima20070617-2.jpg


病院の中を見ている。
手を振ったら喜んでいたけど私だと気付いていたかは不明(笑)
hima20070617-3.jpg


 
自宅で皮下輸液開始
朝になっても変わらず調子が悪そうな将也。
くしゃみをすると黄色い鼻水も出てくる。
くしゃみとか鼻水とか、軽く思う人もいるかもしれない。
だけどそういった症状がある病気で命を落とす子もいる。
我が家は北斗の事があるし、この症状は楽観視出来ない。

やっぱり血液検査も必要かも…と思い、病院に行く事に。
通うとなれば、皮下点滴+注射という処置になるのはわかっているし
近所の病院に行くか、それともかかりつけの病院に行くか迷う。
どっちにしても病院に行く事はストレスではあるんだけど
嫌な思いをした病院は将也は嫌だろうなーと…。
でも、内服でどうにかなりそうな状態でもないし
かかりつけの病院は通えないし…。頭の中でぐるぐるぐるぐる。

悩んでいても仕方がないし、かかりつけの病院にひとまず電話。
一昨日からの状態を話し、血液検査をした上で自宅で輸液を
させてもらえないかを相談してみたら了解してもらえたので
かかりつけの病院まで行く事にした。

将也は年齢(今年で14歳)も年齢だし、ここ数年は
年に2回は検査をするようにしている。
でも、ちょっとずつCREがあがってきていて、
今日は正常値ギリギリの数値だった。
猫は腎不全になりやすいこともあるし、うちはもうみんなが
シニア世代だから、フードを腎不全の療法食に変更しても
マイナスになることはないという事。

獣医さんによって意見は色々だろうけど、今まで何人かの
獣医さんに聞いたがマイナスになるという獣医さんはいなかった。
でもこれはあくまでも、私が聞いた獣医さんたちの意見。


うちは猫多頭飼いだし、腎不全猫さんは多いというのは承知だし
変な話、腎不全にならずに歳をとったらスゴイなーと思っている。
腎不全は症状として出た時には腎臓の半分以上の機能が
失われている状態だし、他の病気の発見も含め、
具合が悪いから病院に連れて行く…ではなく、年齢を考えて
シニア世代になったら1年に1回は定期検診をするようにしている。
若い子でもしっかり年に1回は検査をしている飼い主さんは
エライなーと思う、、私は猫たちが若い(5歳以下)の頃は
2年に1回くらいだった
我が家で1番若い椛も9歳半。検査は去年の7月下旬が最後。
そろそろ検査をしないといけない…。
また腎不全と向き合う時期がきたのかもしれないなー。


そして、将也。
自宅で出来るから病院では輸液はせず検査のみ。
ゆうに最後の輸液をしたのは確か去年の7月。
約1年ぶりだと、手順を忘れていて、温めずに入れちゃった。
(マサ、ごめん・・)
冬じゃないし冷たくはないだろうけど、違和感あったかも。
ゆうの時も夏でも温めていたし、温めると温めないとでは
反応が違ったし、今の時期でも若干温めたほうがいいかな。

ビタミン剤のみリンゲル液に入れてもらった。
1日100ml。5日分です。
yueki20070617.jpg


注射薬はセファレキシン(セフェム系抗生剤)とガスター。
抗生剤は1日2回投与。注射薬は3日分。
yueki20070617-2.jpg


シリンジに針を刺しリンゲル液を吸う。。ゆうを思い出します。
yueki20070617-3.jpg


皮下注射をする時は翼状針です。
yueki20070617-4.jpg


2人じゃないと出来ないから、本当は1日2回がいいんだけど
旦那は夜中という時間帯に出てしまうし1日1回しか出来ない日も
あるかも。明日は5時前に出勤だしその時間にやるようかなー。


 ご飯
セレクトプロテイン数粒と鶏ムネ肉を湯がいたものを少し食べた。


 その他
まともに食べてないからかウンチは無し。
お水は昨夜飲んだのを見たきり(20時半現在)
朝、誰のかわからないが嘔吐あり。
鶏肉&カリカリが未消化で出ていたし多分将也。


マサ、頑張ろう。。
masa20070617.jpg


 今回の輸液は今の体調不良に対する処置です。


 
将也@動物病院へ
少し前から逆くしゃみ&くしゃみといういつもの症状が
出てきていた。でも将也は抗生剤で下痢をするし
少し様子見をしていた。
そのまま元に戻ることも多いし、自力で回復できない時は
元気消失、食欲不振になるからそうなったら即病院行き。

昨日はくしゃみやケーケーはするものの普通に元気。
今日も朝までは普通。…が、午後から急に様子がおかしくなって
口を半開きのまま動かなくなってボーっとしている。
こりゃ病院行きだーってことで、動物病院へ。
肺は2月にレントゲンで診ているし、血液検査もその時にしている。
視診、聴診をした感じでは、レントゲン、血液検査をしても
2月から大きな変化はないだろうということで
ストレスにもなるしまずは薬で様子をみて
その状態で今後どうするかを決めることになった。


 処方
ポララミン(アレルギー疾患治療薬)
塩化リゾチーム(消炎酵素剤)


 
満腹感サポート
避妊後に体重増加しているひまたん。
満腹感がないようで、食べた直後にはもうご飯催促。
今は1日3回にして、でも給餌量は体重にたいして
少なめにしているんだけど、増えてしまう
お散歩はあまり好きではないのはご存知のとおり。
たまーにひまにしては歩いてくれる時もあるけれど
ヨタヨタと歩くし運動にはあまりなっていません。
家の中では元気いっぱいに走るけど運動量は確実に足りない。

ひまは体格が大きめの子ではあるんだけど今の体重は多いです。
元々もっと太っていたのか、それとも出産経験が多いからかは
わからないけど、皮膚はタルタル。
触って「太ってる」という感じでもないんだけど
だけど600g減が目標です

「満腹感がないみたいなんですよねー」なんて話をしていたら
獣医さんが「満腹感サポートってフードが出たんですよ」と!
何だ、それ~、ひまたん用って感じの名前ですよ(笑)
療法食は出来れば使いたくはないんだけど、ひまは心臓のこと
そして足のこともあるし、ちょっと試しに使ってみます。
200g入りのサンプルを2袋くれたので昨夜からそれを
あげているけど、満腹感があるのか食後にグッスリ寝ます。
ついでに、当たり前だけど、この手のフードはもりもりです。
看護士さんのお家のワンちゃんもこのフードを食べていて
痩せてきたそうです。暫くこのフードで頑張ろう。


療法食には私が排除したい(している)保存料が使われている。
でも、場合によっては使わずにはいられない。
ただ思うのは1つ、、現在リコールされている商品のように
死に至るような毒になるものが入っていないでほしい。

中国産の原料で作られたペットフードを食べて犬猫が相次いで死亡し
原料から有機化合物のメラミンが検出された商品。
あれが日本でも販売されていたようだし・・中国産コワすぎる。
ちなみに、販売されていたのはアメリカのウォルマート社の
ドッグフード「オルロイ・ドッグ・フード・グルメ」。
賞味期限が来年11月8日~再来年3月7日の間の物です。
ただ、これ以外にも並行輸入で入ってきている可能性は
大きいみたいですね。私はいくら安かろうが並行輸入品は
買わないけど、正規輸入品であれば絶対に安全というわけでは
ないのがまた頭が痛いところです

満腹感サポート(ウォルサム)

粗タンパク質:28.0%以上
粗脂肪:7.5%以上
粗線維:18.5%以下
水分:9.5%以下
粗灰分:5.8%以下


 
携帯写真
以前はよく携帯でも写真を撮っていたけど今はほとんど撮らない。
私にとってカメラ機能は不要なものになっている。

保存してある携帯撮影の写真たち。
触れ合い写真がとにかく多かった。
抱っこしてカシャ、そばにいるからカシャ

今はサイズもかなり大きく撮れるけど私は小さなサイズが好きで
今も撮るとしたら1番小さなサイズで撮っています。

見ていたらとても懐かしい写真がいっぱいだったので
何枚か載せておこうっと


あーちゃん噛み噛み中。
20070612.jpg


ホクちゃんべったり。
20070612-2.jpg


ここでもべったり。
20070612-3.jpg


とにかくべったり。
20070612-4.jpg


息吹を押しのけてそばに来る。
20070612-5.jpg


ほにゃら~顔のホクちゃん。
20070612-14.jpg


チンチラだまり。
20070612-6.jpg


背中合わせで寝るあーちゃんとゆう。
20070612-15.jpg


ゆうのトイレで寝る椛。
20070612-7.jpg


ナナちんうっとり。
20070612-8.jpg


レモちん捕獲。
20070612-9.jpg


ミンも捕獲(爪切り中)
20070612-10.jpg


可愛かったまんじゅう(イエアメガエル)
20070612-11.jpg


熱帯魚もいましたよ。
20070612-12.jpg



いつもそばにいたからか、携帯写真は北斗が多い。
そして今見ても、ホクちゃん最高!って思う。


 
アップ
たまにはいつもよりちょっと大きな写真でも…。

 クリック

hima20070611.jpg

鼻の下の毛が白いのもチャームポイントです
角度によっては牛乳飲みました~の顔になるけどね。


ibu20070611.jpg


ふんわりもこちー。空をじーっと見ています。

猫のふんにゃりした体で甘えられて癒される。
つまらなくて「誰か相手してよー」って言うと
必ず2匹は走って来てくれる。
名前を呼ばなくても走って来てくれるのが嬉しい。

旦那が仕事を休んでいるから今日はリビングの戸を開けて
旦那の部屋にも出入り自由にしていた。
ひまも猫たちもワラワラ~と行くけど、私がリビングに
戻ると一緒になって戻ってくる。
旦那曰く、親分(私)を中心に我が家は成り立っているらしい。
まーね、納得ですけど

でも、ひまは遊び相手の旦那がいてくれて嬉しそう。
座れないから遊んではもらえないけどいるだけで嬉しいんだろうね。


 
お互いに反省しよう
旦那がギックリ腰になってしまい昨夜から動けずにいる。
その旦那の様子を見に旦那の部屋に行った10分ほどの間に
またまた悪さをしでかしたひまたん。
ほんの数分であろうとサークルに入れないと危険。
いる時はしないのに、私がリビングから出て行ったのを
見計らってそーゆう事をするのは…ある意味賢いな
でも、胃に負担をかけないようにしている今、これだけは
してほしくないという事をしてしまったから、自分も反省しつつ
ひまの事も怒った。多分、今までで1番キツク怒った。

私の中にある「飼い主に捨てられた子」という意識を
なくして暮らしていかないといけない。
猫は躾いらず(今まで一緒に暮らした6匹)。
怒られることをする事自体があまりない。
だけど犬は躾が重要。
私は多分、かなり厳しくするタイプの人間だけど
ひまには強く出れない部分があった。
それはひまの過去を考えて怒れずにいた。
でもそういった気持ちがあると我侭な子にしてしまう。
実は昨夜だけではなくここ最近ちょっとやりたい放題で
ここいらで〆るかって思っていたところだった。
怒られていじけるタイプではないのがまだ救い。

今回の事でまた嘔吐をしないか心配だったけど
1晩たっても嘔吐はしていないし、たぶん大丈夫かな。
今日はDVDを借りに行った帰りに動物病院に寄って
一応報告のみしてきた。ひとまず通院終了。

hima20070610.jpg


hima20070610-2.jpg



 
内服薬は終わり
昨日の朝で薬が終わりその後は内服無しだけど今の時点では
嘔吐は治まっているし、今のままなら土曜日に病院に
連れて行こうかと思っている。
2月の食欲不振時、あの時は元気もあまりなくて今より
見た目(状態)は悪かったのに、それでも検査では異常なし。
あの時、ひととおりの検査、そして外注検査までしているし
今回もきっと一過性のものだろうと思う。

推定10歳近くたって、一緒にいる時間はまだ8ヶ月ちょっと。
こうしてひまがどんな子かわかっていくのかもしれない。
消化器官が弱い子というのは間違いないでしょう。

椛の時に処方されたガスターを使わずにとってあるし
もし吐いたらそれを飲ませよう。
我が家のワンニャン薬箱(引き出しだけど)には
抗生剤やら胃腸薬やらいっぱいだ。
北斗にあげていた抗生剤も捨てられずにいる。
さすがにこれはもう使わないけど・・。


ひまた~んと呼んでも来ない。ビビリ顔ひまたん。
hima20070607-2.jpg


場所を変えてチラチラと見ている。
hima20070607.jpg


何故私のところに来ないか・・
1枚目に正解は写っていますが。

私の横にある掃除機が怖いのでした
hima20070607-3.jpg


細かい部分のゴミを吸い取るので先を外した状態で
そのまま置いちゃったから近寄れないのです。
ク○ックル○イパー、そしてコロコロの持ち手など
細くて長いものが未だに怖くて近寄れないひまたんです。

たまに、テクテク歩いてヒトリでびびって逃げてるから
「何そんなに驚いてるの?」と思って見てみると
ひまたんの視線の先にはコロコロがあります。


 
奇跡の母子犬
もう見たことがある方は多いかもしれませんが…。

 奇跡の母子犬

とにかく見ていただきたいです。
可哀想な子たちがいるなーで終わらないでほしいです。
こういった子たちを引き取るのは世間ではまだまだ大変だと
いう印象もあると思います。
ペットショップの犬=安心と思っている方も多いです。

しかし、ブリーダー崩壊、多頭飼い崩壊など、
こういった現実を知ってほしいのでこういった情報は
今後も発信していくつもりでいます。

愛護管理センターもない地域、処分までの日数が短い地域。
都道府県によって環境も日数も様々です。
毎日毎日、多くの子が安楽死とは程遠い方法で処分されています。


署名だけでも…と思って動いてくださる方がいると嬉しいです。


動物愛護センター設置を求める署名是非お願いします。




 
ひまたん@その後
5月31日(木)は私の通院日だったから午前中は留守。
5時間ほどケージでお留守番だったけど
帰宅した時ひまたんはいつものとおりで嘔吐痕もなかった。

でも、、お水を飲んだらそのままゲーっと吐いてしまい
その後も合計6回ほど嘔吐。
吐く、水を飲む、吐く・・の繰り返しだから水は取り上げた。
出てくるものは透明のネバネバのもの、つまり胃液。
でも元気はある、食欲もある。ただの胃酸過多??
でもそれにしては吐きすぎる。

1~2回なら様子を見ようか…と思うとこだけど
2~3時間で6回も吐くのはいくらなんでも多いし
動物病院に連れて行く事にした。
旦那がいたからかかりつけの病院に行く事も出来たけど
通院という事になった場合に私だけでは行けないし
近所の動物病院に行く事にした。
家を出る少し前にも吐いたし、カートに乗りながら吐かないか
心配だったけどひとまず無事に病院到着。
その日は院長ではなく女医さん診察でした。
(途中で院長が入ってきて少し話はしたけれどね)

異物を飲み込んだ可能性はないか、生活の中で変わった事はないか
便は出ているか、食欲はあるか…などを聞かれ、
触診や状況で考えられるのは、胃炎じゃないかという事。
皮下輸液、そして吐き気止めの処置をしてもらい帰宅。

ちょっと驚いたのは、翌日(つまり金曜日)に
バリウムを使ってレントゲン検査をすると言われたこと。
血液検査、超音波、レントゲン。
そうした検査をした中で異常がなく、それでも嘔吐をするとか
便も出ないとかならまだわかるんだけど、この段階で
その検査?とびっくり。

食欲は落ちてないしウンチも出ているし
いや、それはまだ先でいいのでは?と思いつつ
金曜日も経過報告、皮下輸液&注射の為に病院へ。

その日は院長診察。
聴診でちゃんと腸が動いているのもわかったし
くしゃみをしている等のことから、何かが要因となって
弱い部分の症状が出てしまったのではないかという事。
この段階で検査をした方がいいとは言われず、
皮下輸液と注射のみで終わり。
その日の夜から内服薬をあげています。

・シンクル(セフェム系の抗生剤)
・ガスター(胃薬:胃酸の分泌を抑制する)
・プリンペラン(消化管のはたらきをよくする薬)


その後は、
土曜日21時過ぎに嘔吐(食後)
日曜日は嘔吐なし。
今日は今の時点で嘔吐1回(朝、空腹時)

今までは食後、お水を飲んだ後に前置きなしに
いきなりゲーっと出ていたけれど、今朝はウプウプして
今までとは違う液体を吐いていた。
胃の調子が悪いのは間違いないだろう。
ただ、食欲はあってウンチもいいものが出ている。

特別大きな変化がなければ木曜日か金曜日に病院に行く予定。
嘔吐をする回数が多かったり元気食欲が落ちたら即行きますが。

吐くという行為に私はかなりびびりそのつどガクンとなる。
猫の嘔吐は全く普通に対処できるのに犬は駄目。
これは、ゆうが腎不全の症状で嘔吐が酷い子だったというのが
大きく影響している。死を覚悟して過ごした2年4ヶ月。
何よりも嫌だったのが嘔吐する姿を見る事だったから。
そして、それを見る回数がとにかく多かったから怖い。


 
管理人@マホ

マホ

おちび達がいきがい。

マイケルジャクソンが大好き。
2010年の命日はLAに
行きました。

嵐の相葉ちゃん好き、
金爆のキャンさんLOVE。

34歳で子宮体癌になり
子宮卵巣摘出。
以来、卵巣欠落症状と闘う。

統失、PD、鬱もち。

2011年に離婚し
4にゃんと暮らしていましたが、
3にゃん他界。
現在は1にゃん+1ワンと生活中。

2014年5月
関節リウマチ発病。
現在動けない毎日。

マホ家のチビっこたち

もみじ
椛@シェーデットシルバー
♀ 里子に貰う

結膜下腫瘤


亡くなった子たち

ゆう
ゆう@ヨーキー
14歳 ♀ ペットショップ出身
慢性腎不全、心臓弁膜症、腫瘍
認知症気味、膝蓋骨脱臼
2006.8.6 PM10:10永眠


・・・・・・・・・・・・
ひまたん
ひま@ポメラニアン
♀ 保護犬(センター処分犬)
心臓弁膜症
2010.1.18 PM12:30永眠


・・・・・・・・・・・・
チビ
チビ@テリアMIX
♂ 保護犬(飼育放棄犬)
多血症、心臓弁膜症
2010.1.1 PM8:05永眠


・・・・・・・・・・・・
あーちゃん
あーちゃん@日本猫
16歳 ♀ 雨上がりの路上で拾う
2005.8.15 PM8:50永眠


・・・・・・・・・・・・
ほくと
北斗@チンチラゴールデン
11歳 ♂ ペットショップで貰う
2005.4.16 PM8:50永眠



将也
将也@チンチラシルバー
17歳 ♂ ペットショップ出身
慢性腎不全、肥大型心筋症
2011.8.17 PM6:45永眠



・・・・・・・・・・・・
睦月
睦月@チンチラゴールデン
17歳 ♀ 里子に貰う
2012.6.26 PM11:45永眠


・・・・・・・・・・・・
息吹
息吹@チンチラゴールデン
16歳 ♀ 北斗と睦月の娘
慢性腎不全、子宮蓄膿症(捻転あり)
2013.3.16 PM5:15永眠


・・・・・・・・・・・・
ミント
ミント@セキセイインコ
オパーリンブルーの♂
2001年11月24日購入
2008.4.20 AM4:40永眠


バナナ
バナナ@オカメインコ
パールパイドの♀
2002年11月1日生まれ
2010.1.4 PM永眠

幸せをつかんだ子たち
メイ
メイ(現@にぃにょ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
テン
テン(現@のわ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
レモン
レモン

2011年1月、里子に行く
里親様・横浜市のU様。
・・・・・・・・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。