FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2007年11月26日 (月) | 編集 |
変な時間に起きてしまい2度寝。
起きたら8時過ぎで急いで出掛ける準備をして
銀行の残高を調べようとパソコンの前に来てすぐ…
後ろで吐く音がして振り向いたら将也だった。。

急いでペットシーツを広げてシーツの上に吐かせる。
時計を見たら9時ちょうどだったから動物病院に電話をし
嘔吐をしたことを伝え、それも持って行ったほうが
いいかを聞いてみた。
どんな物を吐いたか見た方がいいという事で
便と嘔吐物の両方持って行く事になった。

便の状態は、ここのところ真っ黒な便だったんだけど
今朝したのは茶色の便。それを伝えたら、整腸剤を
飲んでいると黒くなるということだった。
つまり、今朝は黒くないという事は飲めていないと
いうことらしい。錠剤の薬は口の中に入れるから
確実に飲ませられるけど、粉薬はフードに混ぜるし
警戒心が強くなっている将也に確実に飲ませるのが難しい。
昨夜は1/3ほど残してしまったし、ちゃんと飲めなかったのかも。

嘔吐したものは、胃から出たというよりも
もっと先にいっていたものが逆流する形で出てきている
可能性があるということだった。

抗生剤で下痢が余計に酷くなるのも嫌だったから
抗生剤をやめることが出来ないかを聞いてみた。
そして、前回高かった白血球を調べてみて
その結果でまた相談しましょうということになり
一般血液検査だけすることになった。
結果、前回12400だったWBCが今回は8000。
将也は普段6000台だから少しまだ高いけど
これくらいなら抗生剤をやめてもう少し弱い薬にして
様子を見ようということになった。

そして、整腸剤にロペミン追加。
ここの病院で出される整腸剤は粉薬で4種の薬が入っている。
(酵母・ミヤイリ酸・硝酸ビスマス・タンニン酸アルブミン)
単体で薬を出されるよりもこれが効くんだけど
今回の将也にはこれも効かない。
そこで、腸の動きを少し抑える為にロペミン追加です。

これでも下痢が止まらなかったら、
バリウムを使ってレントゲン検査をする事になります。
それでも駄目なら…ここに予約を入れてもらうべきか…。

犬に比べて、外自体が怖い猫。
行くだけでブルブル、そして今日は診察台で
シャーって怒って勢いあまって私の手をガブッ。
半端じゃない嫌がり方を見ているとバリウム検査も悩むところ。
確定診断が出来なければ本当に無駄に薬を飲ませるだけで
それもストレスでまた良くないのはわかっている。
これは今すぐ答えは出ないことなのだと思う。
将也の今後を見ていって、そのつど対処をしていく。
「もうやーめた」と投げ出せることではない。

下痢と一言でいうのはとても軽い言葉になってしまう。
これは病名でもなく、たんに症状でしかない。
他の子だって下痢はする。でもそれが薬で治まらないとか
こんなに長期間続くことなんてない。
一過性の下痢ではないという証拠。
何処かに何かの疾患(病気)がある。

+++

今日の処方

 ウルソ(利胆剤)
 グリチロン(肝臓を守る薬)
 フラジール(抗菌剤)
 整腸剤
 
+++

6時 下痢
9時 嘔吐


体重 3、68kg(1週間前より40g減)