FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2008年04月12日 (土) | 編集 |
一昨日の夜、ミントの異常に気付いた。

放鳥が終わって、カゴに戻したミントがエサを食べていた時に
お腹のラインに沿って赤くなっているのにまず気付き
よーく見るとお腹(下腹部)が少し膨らんでいた。
そして昨日、カゴ越しに羽毛を掻き分けてみてみたら
ポッコリした何かがある・・・っぽい。腫瘍なのかな・・。
オスのセキセイインコは精巣腫瘍になる子が多いと
本やネットで見たけれど、今の段階では何かわからない。

ひとまず、鳥の専門病院に電話をし、無理無理予約を入れてもらった。
鳥はやっぱり専門病院じゃないとわからないことが多いし
すぐに近くの病院へということは出来ない。

以前、ハムスターを病院に連れて行った時のこと。
猫飼いの友人に「ハムスターにそこまでするの?」と
言われたことがある。きっと「鳥にそこまでするの?」と
思う人もいるかもしれない。
鳥好きな鳥飼いさんにはごく自然なことだと思う。
でも、犬猫飼いさんの中にはごく少数であれそう思う人もいる。
犬猫に対してだってそう思う人もいるように。

でも、自分がこの子を家族にした以上、出来る範囲ギリギリまではする。
どこまでも最大限の事をするという事ではない。
限度はあるし、それによって小さなミントが苦痛をあじわうだけで
完治しないのであれば、穏やかに過ごさせることを優先する。

パッと見はわからないし、普通にエサも食べていて元気はある。
でも、鳥って犬猫以上に病気を隠して、いきなり落鳥・・
それが多いのがわかっているからコワイ。

とにかく、明日病院に行ってきます。