FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2008年08月24日 (日) | 編集 |
夕方預かりさんからのメール。

チビの具合が悪く、おしっことウンチもせず、今朝からは立つ事も
出来なくなったという報告。明日病院に…という事だったんだけど
今日は旦那が休日で家にいるし、首都高、第三を使えば診療時間に
間に合う!と思い、急いで駆けつけた。

預かりさんのお家にいたチビ。
キッチンで横たわっている…。預かりさんが抱いたら
圧迫されてかウンチは出たけど、おしっこは出ない。
想像以上にぐったりしているチビを目の前にして言葉も無い。

とにかくチビを受け取り、旦那と病院に急ぐ。
抱きあげても体に力も入っていなくてぐったり。
おまけに、病院について車を停めた直後に嘔吐。

病院で早速、検査。
まず、やはり膀胱がパンパンだったのでカテーテルを
尿道に入れておしっこを出す(一部は検査にまわした)
カテーテルを入れてすぐにおしっこが出てきたから
結石や結晶の可能性は低いと言われたが、結果もマイナス。
診断結果は、急性腎不全、急性肝不全。


前回のチビの検査時の数値、腎臓に関しては、
BUNは27、7 基準値は9、2~29、2
CREは0、4  基準値は0、4~1、4

しかし、今日の検査では、
BUNが75、8で、CREは3、1になっていた。

うちはゆうが慢性腎不全だったし、この数値がどれだけ今
腎臓に負担をかけているかは嫌でもわかる。

そして、前回の肝臓の数値。
ALTは35  基準値は17~78
ALPは493 基準値は47~254
※ 検査をした時に1つだけ高かったというのは、このALP。

そして、今日の結果。
35だったALTが1000超、ALPが885になっていた。

この段階で、緊急入院決定です…。
自宅で皮下輸液が出来る状態ならばうちに連れて帰ろうと思ったけど
そんな事が出来る状態ではなく、24時間点滴が必要な状態に
なってしまいました。

昨日のお昼からおしっこが出ていなかったようなので
今日病院に行けて良かった・・

獣医さんが驚くほど尿が溜まっていたので、
チョビチョビも出せない状態だったらしいです。
立てなくなってグッタリしていたのは、老廃物が体内に
まわってしまった証拠。急性腎不全の典型的な症状です。

そして、車の中で触ったチビの足が異常に冷たいことに
驚いたんだけど、病院でも獣医さんがそれに気付き、
急いで保温も開始。

今の状態は、回復するかはわからないということです。
とにかく、24時間点滴をすぐ開始し、毎日血液検査をし、
回復するかを待ちます。

まさか、こんな事になるとは思いませんでした。
預かりさんには、預かりっこのトライアルで幸せな中、
心配な思いもさせてしまいました・・・。

ペットヒーターで保温中
chibi20080824-2.jpg

カテーテルから出るおしっこ、1枚じゃ足りず、途中でもう1枚追加。
一応小さくしておきます。クリックで拡大します。
chibi20080824-1.jpg

チビの容態については、変化があり次第、携帯からでもアップします。
どうか、今はチビの回復を祈ってほしいです…。