2008/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
最新記事
カテゴリー
ブログについて
● 限定記事に関して
パスワードをお知らせできるのは
ある程度のやり取りがある方のみと
させていただいています
FC2ブログの方はブロとも申請、
その他の方はメールフォームにて
パスの問い合わせをお願いします
(パスは定期的に変更します)

● コメント、メールに関して
コメントは承認制にしています
内容によっては承認不可、削除の場合も
あるのでご了承ください
アフィリエイト系のブログからのコメントは
承認、返信致しませんのでご了承ください
メールでのお問い合わせについても
内容によってはお返事できない事もあります
ログ

10月 | 2008年11月 | 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク
ブログリスト

最新コメント
SOS

CATNAP

ピースハウス

多摩センター動物被害者の会

++Dear.こげんた++

日本にアニマルポリスを誕生させよう!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
まーくん&もこちー お日様にあたる
旦那がベランダに出たら将也と息吹が後ろについて行った。

もこちーの顔が面白いので今回の写真は大きくなります。
もこちーが私に向かってずんずん歩いてくるよー。

くりっく

masaibu20081130.jpg

masaibu20081130-2.jpg

masaibu20081130-3.jpg

masaibu20081130-4.jpg


ちなみに私は猫をベランダに出すのはNGです。
若い時は絶対に出さなかったし、スキを見て出ないように
それはそれは気をつけていました。
普段はしない行動を猫はしかねないと思っているし
今まで大丈夫だから大丈夫・・とは思えない。
預かりニャンがいた時は、網戸を開ける時にはベランダに背を向けて
ニャンたちの動きをしっかり見て出ていました。

でも、今はシニア猫ばかりなのでユルイです。
我が家のベランダの壁は高めでうちの猫たちがもうジャンプを
できる高さではないとわかっているのと、ついて来た時は
絶対に目をはなさないようにしているから。
まー、それでも怖いから2~3分で部屋に戻すけど。
今日も写真を撮るだけ撮って部屋に入れました。

転落死の話を聞いたこともあるので、若い子は注意してください。
シニア猫でも身軽な子は要注意です。
スポンサーサイト


 
シャンプーDay
今日はびっちゃんシャンプーの日。
シャンプーの前にベランダでちょっと遊ばせる。

chibi20081030-21.jpg

お日様の光をいっぱい浴びて、そろそろ中に入りたい様子。
後ろでもフサポメが伸びてますよ


 
抗生剤変更
ibu20081129.jpg


今朝は投薬後にフードをあげなかったけどやっぱり吐いた。

病院に電話をし、抗生剤を変更することになり夕方行ってきた。
息吹は具合が悪そうにしているわけではないから連れて行かず
眼の症状が落ち着いている今ワクチンを打ってしまおうと思い
同行したのはモミさん。
(ステロイド内服時に3キロ超えたモミさん、2キロ台に戻った)


抗生剤はセファレキシン(セフェム系の抗生物質)から
アモキシシリン(ペニシリン系の抗生物質)に変更。

現在あげているのは以下の5つの薬。

肝臓
グリチロン・ウルソ


ファモチジン・メトクロプラミド

抗生剤
アモキシシリン


18時半に飲ませたけど今のところは吐いてはいない。
1時間ほど前にドライフードを数粒食べていたから
そのうち吐くかもしれないけど・・・。
お願い!!吐かないで~~~~。



 
チビはね、びっちゃんっていうんだよ
びっちゃん、ご飯待ち中~。真剣!!
chibi20081129.jpg

もう少しお待ちください。
chibi20081129-2.jpg

ついでに羽交い絞めにしてみたり(笑)
chibi20081129-3.jpg


 
吐くぞ
ibu20081128.jpg

今日は3回吐いたー。

1回目はまだ私が寝ている早朝。
ケポケポっと吐く音がしたから起きたらもこちー。
茶色い液体を少し吐いた。

そして、7時に錠剤の薬を4つ口にポイってして
その後に粉の抗生剤を少量の水(1ml)で溶いて飲ませて、
この段階で「気持ち悪い・・」って顔をするからウェットフード少量で
口直しをさせるんだけど、30分後に全部吐いた。

朝吐いたから夜はウェットフードをもっと少なくしたけど
1時間15分後にまたまた吐いてしまった。

いつものようにグッタリはしていないし病院には行っていない。
明日の朝は薬のみで、投薬後にウェットフードをあげるのをやめてみる。
小さじ1杯も食べてないし、今までは普通に食べて吐いてもいなかったし
これが原因ではないと思うんだけどなー。

薬が合ってないのかもしれないし、昨夜薬を無駄にしてしまって
火曜日まで薬がもたないからどっちにしても明日は病院行きだ。


 
モミの変化
先週、リオンママことMちゃんが遊びに来てくれた。
最初は椛以外のみんながワラワラと寄って行ってたけど…
wannyan20081121.jpg

モミーってしつこく呼んだら普通にソファーの下から出てきて
今まで隠れてたのは何?ってくらいにスリスリ。
momi20081121.jpg

Mちゃんが前回来てくれた時は夏でひまがツートン犬になっていた頃。
そして今回はフサフサ犬。肥満犬に見えるくらいな見事なフサっぷり。
あれを見て、次がこれじゃ驚くよね~(笑)

Mちゃんはトールペイントを趣味で(え?趣味でいいのかしら)
やっているんだけど、北斗の顔を描いてくれましたー。
時間を聞いてびっくり、、そんなに時間をさいてくれてありがとう。
北斗を選んでくれたのが不思議で、そして幸せです。

私のブログに載せている数少ない写真しかないし
Mちゃんは猫飼いさんではないし難しかったのでは・・と思う。

hoku20081121.jpg

hoku20081121-2.jpg

ヒゲ袋あたりのプックリ感やヒゲがカワイイ

------

そして、一昨日はじゅんちゃん、昨日はジョイが遊びに来たのだけど
2日とも、途中でモミを呼んだらやっぱり出てきて普通にしてたよ。
ビビリ椛、なんだか人が平気になったもよう。
我が家に来つつ椛を見れなかった友達たち!次は会えるよー

じゅんちゃんもジョイも、睦月の噛み噛み攻撃にあってました。
私が覚えさせてしまった悪いクセです。
噛むわ舐めるわ絡むわ・・すんません。

ジョイとまーくん(ジョイのデジカメで撮った写真)
joy20081128.jpg

まーくん、カワイイカワイイ言ってもらえて嬉しいね


 
内服薬になったよ
昨日は休診日だったけど予約で皮下輸液に行った。
火曜日にだいぶいいと書いたけど、熱は同じくらいを保っていた。
(火曜日は38、7℃、昨日は38、5℃)
このまま内服薬にしてほしかったけど昨日は当直の獣医さんだったし
今回は院長診察なので今日息吹を連れて病院に行ってきた。

今日も熱は38、5℃。体重は4、54kg。
食欲も出てきたし、今日は診察のみで皮下輸液なし。
今日から内服薬で様子をみて、来週火曜日に検査。

それまでの間にまた何かあれば病院行きだけど
何もなければ私も少し休めるー。
我が家は現在睦月を抜かして全員がお薬組だし
2ワンはともかく猫は抵抗しまくりだから苦痛なのだけど
本当の意味での「休める」というのはずっとないわけだ。
ひま、将也、椛は一生涯お薬組だしさ。

でもそれは私の日常にはなっているから、具合が悪くて
どうかなってしまうかも・・・という状況を脱したのは嬉しい。
もこちー、内服薬めちゃくちゃ大変だけどね。
薬、5種類だし・・・・・・初日の今日で「もうイヤ!」だよっ。
5種類もあれば粉にするとかなりな量。
朝はフードに混ぜたけど、怪訝な様子でチビチビ食べていた。
だけど夜はもう警戒しまくりで口もつけず。
1回分の薬がパー
猫に錠剤の薬をあげる時は口の中にポンと入れちゃうんだけど
もこちーはこれをまた凄い力と声で抵抗する猫で・・・。
これがちょっと続くと思うともう既に気が重いわたし。

うぎゃーと抵抗しまくりなもこちー。
新種の生物ではありません。
もこもこしたちいさい猫です(だから、もこちー・笑)
ibu20081127.jpg

もこちー回復は、北斗も同じ処置であれば回復してたのかなと
思ってしまうワタシでした。今更意味ないけど後悔になっていることは
どうしてもこうした時に思い出すね。

見たことがない人もいると思うので・・・
そっくり父娘の北斗と息吹。
ベタベタ父娘は私の取り合い中。
この約2週間後に北斗他界・・。

(クリックで拡大します)
hokuibu20081127.jpg


 
ひまたんゲー
hima20081127.jpg

数日前に咳ゲボ。
そして今日もケーケー始まって大量ゲー。

ジョイが遊びに来ていて、ご飯中のゲーでした。
すまん。

これからの季節、ひまの咳ゲボ増えます。
心臓、気管支が弱い子は苦しい季節だね。



 
ドキドキの肝臓チェックの日
今日も9時過ぎに息吹を病院に連れて行った。

■ 体温 38、7℃

■ 体重 4、60kg

■ 皮下輸液 
フィジオ(酢酸リンゲル液)120ml

■ 注射(皮下投与)
セファメジン-セフェム系の抗生物質
ファモチジン-消化性潰瘍用剤
ネオミノファーゲンシー-肝・循環機能改善剤
タチオン-肝臓障害用薬

------

熱が下がったからか、今日はいつもより動く。
朝は旦那のお見送りもしたようだ(私は夢の中)
昨日まではキャリーバックの中でもグッタリと寝ていたけど
今日は待っている間も中でモゴモゴ動いたり
ニャーニャー鳴いたりする元気もあった。

そして、今日は肝臓のチェックの日。

ALP(正常値 ~165) 
土曜日→559 今日→254

GPT(正常値11~50)
土曜日→491 今日→85

GOT(正常値8~30) 
土曜日→338 今日→33

かなり下がりました。
そして、前回は1、1だったビリルビンも今日は0、5
(正常値は0、1~0、4)

前回17900だった白血球(WBC)も今日は6200でした。
子宮蓄膿症になった時ですら13700だったので今回は相当辛かったはず。

でも、ここで安心ではありません。
血液内の好酸球のパーセンテージが今回は高かったのです。
また何処かで炎症がおこる可能性もあるということです。

今後は、食欲が戻るまでは毎日の通院、食欲が戻ったら内服薬。
そして1週間後に再度血液検査をすることになりました。
それは息吹が今の状態だった時の場合で、また嘔吐を繰り返すようだったら
その時は検査、入院になるかもしれません。
ただ、今の段階では原因はわからないものの、一過性の肝障害の線が強い。
明日は休診日だけど、処置の予約を入れてあるのでまた行ってきます。

病院から帰宅後。
洗濯物を干す私のそばでウロウロ。う・・・うれしい
ibu20081125.jpg

ibu20081125-2.jpg

夕方はモミと一緒に外を見てたよ。
カメラの用意をしている間にモミはイブのニオイを嗅いでたけど。
ibu20081125-3.jpg

ずっとこんな調子ではないし、ちょっとだるそうだなという時もまだあるけど
土曜日からずーっとグッタリだったし、こんな顔が見れるだけで幸せ。
そして、イブちゃんどう?とメールをくれた友人にも感謝です。
弱っていたので(私も)とても嬉しかったです。
メールをもらって「怖い」「不安」と吐き出せたのは助かりました。


 
医療費明細
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
まーくん15歳!!
本日2度目の投稿です(まだ続きます)

masa20081125.jpg

左サイドバーのプラグイン。

将也は今日で15歳です♪
★Happy Birthday!!★


将也は確実にパピーミル出身の猫です。
うちに来た時から問題が多かったまーくん。
1番短命だと思っていたまーくん。

無事に15歳を迎えてくれました


将也は先日やったホルモン検査で異常はなく
ホルモン異常からくる肥大型心筋症ではありませんでした。
心臓の問題だけの肥大型心筋症でした。
一生薬は続くけど、少し楽になるために頑張ろう。
薬を飲み始めてからゼーゼーが減った気がする。

金曜日の夜からは抗生剤も内服中(これは1日2度)
鼻水ビービーがまた始まったのです。



 
ついでの検査&爪切り
息吹の診断書を書いてもらうために夕方動物病院へ。
チビの散歩がてら~と思い、カートではなく歩き。
さすがにチビには遠く、最後はヨチヨチくんでした。

待っている間に「ついでに爪切りをしてもらおう」と思い
手帳&診察券を持って行ってなかったけどお願いをした。
そして、そのついでに、肝臓のチェックもしてきた。

採血の時も、爪を切っている時も、足裏カットをしてもらっている時も
皮膚チェックをしてもらっている時も…チビくんボケ~。
爪切りの時はどうしても安定が悪くなるからちょっとイヤイヤをするけど
噛もうとするでもなく、声を出すでもなく。

チビの足のでかさ(毛の多さ)が気になっていて
うちでは「ゾウさん」と呼んでいるんだけど、カットをしてもらっている時に
「この足スゴイですよね」「足だけボンってでかくて変なんですけど」と
アホな事を言ってたら獣医さんオオウケ。
「少し小さくしますか?(笑)」「でもこれもチビちゃんの個性で(笑)」と
言うから可笑しくて可笑しくて。大爆笑してしまった。

皮膚はまだ赤いところ、カサブタがあるところもあるんだけど
抗生剤が終わって約10日たって、シャンプーだけでここまで
保てているのはかなり良い傾向だということだった。
このまま皮膚はシャンプーで様子見。

帰りは旦那の仕事終わりと重なったので動物病院前でひろってもらった。
チビくん、旦那を見て大喜びー。

検査結果は明日ここに追記します。


首のところの毛も少し伸びてきた。
chibi20081125.jpg




 
息吹の容体
ibu20081124.jpg


発熱は続いてグッタリしているけれど通院で処置中。
近所の病院はメンタル面でのストレスを重視するので
出来るだけ通院での処置がのぞましいと考える。
明日また血液検査をするので、その結果次第でもっと突っ込んだ検査
治療法の変更(入院をして静脈点滴をするか)について話す事になっている。

私がまだめまいがあって辛い時間帯もある為、通院での2時間ほどの
外出もきつく、結果が悪ければ入院させてもらうかもしれない。
今の息吹は周りが気になる状態ではないし、毎日通院して
毎回針をさされるほうがきっとストレスにはなると思う。
椛のような子は入院は出来るだけさせたくないけれど
息吹はそれがストレスになる性格ではないからなお更。
その点も明日院長に伝えるつもりでいる。

前回書いたけど、北斗と似た状況。
北斗は違う病院に毎日行っていて、いま息吹が行っている
近所のかかりつけ病院には最期の日に連れて行っている。
その時はもう酷い状態でその日に北斗は亡くなっているし
昨日はその事も伝えてきた。
北斗も酷い高熱というほどではなく今の息吹と同じ状態だったこと。
急変してあっという間に悪くなったこと。
1度診ただけだけど北斗の事は院長も覚えていたし
わかってくれたと思いたい。
今日は休診日だから当直の獣医さんだったんだけど
その獣医さんにも私がした北斗の話は伝わっていて
「同じ後悔はしたくないですもんね」と言われた。
その通りなのです・・・・。

北斗が毎日行っていた病院とは全く処置が違うし
容態が似ているだけで原因も違うと思うから
急変ということにはならないでほしいというだけ。。

息吹自身は、ほとんど寝ています。
たまに寝る位置を変える為に動くけど起き上がる時も
移動する時もゆっくり。。移動と言っても1~2メートル。
トイレが和室にある為、昨夜から和室で私は寝ることにした。
私がリビングにいると息吹もリビングに来てしまうし
そこから和室までの移動は無理なため。
今は爪とぎの上で横になっています。


22日(土曜日)

 17時頃

■ 体温 39、1℃

■ 体重 4、64kg

■ 皮下輸液 
フィジオ(酢酸リンゲル液)120ml

■ 注射(皮下投与)
セファメジン-セフェム系の抗生物質
ファモチジン-消化性潰瘍用剤
ネオミノファーゲンシー-肝・循環機能改善剤
タチオン-肝臓障害用薬

------

■ 水分
自力では摂らず

■ ご飯
食べない

■ 嘔吐
夕方からは無し

------

23日(日曜日)

 9時過ぎ

■ 体温 39、77℃

■ 体重 4、68kg

■ 皮下輸液 
フィジオ(酢酸リンゲル液)120ml

■ 注射(皮下投与)
セファメジン-セフェム系の抗生物質
ファモチジン-消化性潰瘍用剤
ネオミノファーゲンシー-肝・循環機能改善剤
タチオン-肝臓障害用薬

■筋肉注射
メロキシカム-解熱鎮痛消炎剤


 19時頃

■ 体温 39、42℃

■ 体重 4、72kg

■ 皮下輸液 
フィジオ(酢酸リンゲル液)120ml

■ 注射(皮下投与)
セファメジン-セフェム系の抗生物質
ファモチジン-消化性潰瘍用剤
ネオミノファーゲンシー-肝・循環機能改善剤
タチオン-肝臓障害用薬

------

■ 水分
自力では摂らず

■ ご飯
ドライ(腎臓サポート)10粒ほど
ウェットフードを3口ほど

■ 嘔吐
無し

------

24日(月曜日)

 10時半

■ 体温 40、2℃

■ 体重 4、68kg

■ 皮下輸液 
フィジオ(酢酸リンゲル液)120ml

■ 注射(皮下投与)
セファメジン-セフェム系の抗生物質
ファモチジン-消化性潰瘍用剤
ネオミノファーゲンシー-肝・循環機能改善剤
タチオン-肝臓障害用薬

■ 筋肉注射
メロキシカム-解熱鎮痛消炎剤

------

■ 水分
自力では摂らず

■ ご飯
ドライ(腎臓サポート)4粒
ウェットフード 小さじ1/2ほど

■ 嘔吐
朝方5時前(茶色の液体)


------

おしっこは出ているけど(1日2~3回)便は土曜日から出ていない。
ほとんど食べてはいないけど体重減少は無し。
単純に、輸液した量が増えて、おしっこで出た分が減っているという計算。


 
入院するかも・・
息吹が今朝から嘔吐。

今、息吹のカテゴリーを見ても、息吹といえば嘔吐という感じだ。
嘔吐をしてその後グッタリするのはいつもの事だから今日も様子見。
吐いたのは朝9時前に2度、その後14時過ぎに1度の計3回。
いつものように具合が悪そうで反応はほとんどない。
今夜一晩この状態は不安だし夕方になっても動きがなければ
病院に行こうと思っていた。

明日、明後日と旦那はいるけれど、通院が必要になるかもと考えて
近所の病院のほうへ行く事にした。

嘔吐がいつもの事なのもあって皮下輸液と注射、そして内服で
様子をみましょうと言われたんだけど、何か他に原因があるんじゃないか?と
思って血液検査をお願いした。その時の細かいことは今回は省き・・
結果、肝臓の数値が高数値なうえに、黄疸反応も出ていました。

数値は以下の通り・・

ALP(正常値 ~165) 
559

GPT(正常値11~50)
491

GOT(正常値8~30) 
338


ジワジワとあがっていたのか、今回の嘔吐で一気に上がったのかは不明。
(去年の9月にした健康診断では異常なし)

熱もあって今もグッタリしています。
この状態が明日の朝になっても変わらなければ入院させて24時間点滴します。

北斗の娘で顔も似ていて、今の状態は北斗の最後の一週間にそっくりで
たまにあげる顔はあの時の熱っぽい北斗と同じ顔・・・
昨夜までは全然普通だったのにな。
北斗の時だって突然だったし、突然なのは多いと思うけど
親子だけにどうしても結びつけてしまって恐怖を感じる。

でも、メソメソしていて伝染したら困るから気丈に気丈に。。
チビ部屋で、チビにも気付かれないようにコソっと泣いてます。


 
久しぶりのチビくん
今日はお散歩なしなので日中ベランダで日光浴。
ベランダに出すとずっとウロウロしています。
落ち着かなくてウロウロではなく楽しそうにウロウロです。

20分ほど遊ばせた後、猫たちを和室&ソファーの上に避難させ
リビングで少し自由にさせていたら、ひまのシーツを発見して
そこにおしっこをジャー(しっかりシーツにおさまった)
その後ウンチをしたので、そのままお風呂場に直行。
今日は薬用シャンプーの日でした

乾かす時も大はしゃぎをして今日はテンション高かったなー。
原因は・・先週からの私の体調不良でいつも以上に
かまってあげる時間が少なくなっているからだと思う。
一緒にいて嬉しかったんだろう・・。

chibi20081120-2.jpg

パッと見、じーっとしているように見える写真ですが。。
これ、大はしゃぎ中(笑) 左耳を見るとちょっとわかるね。
ちょっと止まった瞬間に何とか撮れた1枚。

チビくん、保護当時から応援をしてくださっている方に
洋服のご支援をしていただき衣装持ちになりましたー。
ありがとうございます


 
研修
昨日は午前中は私の通院日で、そして午後からは研修でした。
久しぶりに朝から夕方までの外出で今日はまた目の前グラグラ

でも、今年の「この時だけは寝込めない」という予定は全て終了。

pet20081119-2.jpg

研修会場は↑ここでした。
カメラ好きな旦那が「いつか写真を撮りたい」と言っている建物。
つい先日も前を通った時に言っていて、その日の夜に研修会場を
確認したらここでびっくり。近いとなかなか撮りに行かないのよね。
早朝に行かないと人や車が写りこんでしまうし。
この写真は私が帰りにデジカメでパチリ。

無事に受講証明書も貰って帰宅。
pet20081119.jpg

でね、ちょっと驚いたことが・・。
会場での受付、区ごとに分かれているんだけど
自分の区のところに行ったら、前に居た人に声をかけられて・・。
それが、2つ前の将也の記事で書いた病院の院長…。
あの記事に書いたのは他の獣医師のことだし、院長に対しては
特別なにも思っていないんだけど気まずいー。
北斗の件以来当然会ってもいないし3年半ぶりということか。
あの時の事を思い出したばかりだし、私も「あー…」としか言えず
それ以上会話はしなかった。
院長も思わず声が出てしまったという感じで気まずそうだったし;

ま、でも無事にこの日を終えることが出来てよかった。


 
肥大型心筋症
昨日の検査、続き。

将也を預けてから6時間、
また発作をおこして電話がこないかが気がかりだった。

随分前の話になるが、北斗の闘病中のこと。
発熱(でも、これは今思えば異常に高いわけではない)
食欲不振で、毎日病院に通っていた時のこと。
それが数日続き、注射ばかりしても全く変化がない。
何の意味があるわけ?と思った私は検査を頼んだ。

そして、血液検査のための採血、その後にレントゲン。
この時にトラブルがおこった。奥で獣医師や看護婦がゴチャゴチャしている。
今思えば、ここがこの病院のおかしいところで、一切慌ててない。
「様子がおかしい」と言いながら笑顔なんて出ちゃってる・・
そして淡々と「急に容態がおかしくなって」と説明している。
それまでグッタリだった北斗は、ヨダレをダラダラ流して意識混濁状態。
「このまま預かることも出来るけどどうなるかわからない」と言われ
「夜中に急変したらどうすればいいですか?」と聞けば
「夜間の動物病院に行ってください」と言われた。
あの時は冷静さを失っていたけど、今思えば変。
ここの病院、友達に聞いたところ、こういった「容態急変」が今多いらしい。

前置きが長くなりましたが・・・
こういった事があったので、将也を預けるのが怖かったのです。
(注・北斗が行っていたその病院ではありませんよ、念のため)


そして将也。

病名:肥大型心筋症

昨日の発作は心臓の不整脈が原因でおきたと考えられる。
甲状腺機能亢進症によって心筋症になったことも考えられる為
外注で現在検査中。
この検査は去年12月にもやっているけれどその時は正常。
今回は心筋症とわかった時点ではどうなっているかを知る為の検査。

去年の12月の検査時、カルテでは心異常はない状態にはなっているけれど
当時の主治医の先生は、一般的な聴診の仕方しかしていないし
今の主治医の先生しか見つけられない雑音などがあるのが現実で
今まで私が出会った獣医さんの誰もが将也の雑音は聞き逃すと思う。
聴診の仕方がもう違うので・・。

まーくん、昨夜から薬も開始。
これは一生涯続く薬です。
薬が合っているかを見るために要観察。
何も変化がなければ合っている証拠。

ただ、まーくんの投薬は神経つかう。
椛も毎日内服があるけれど椛はウェットフードに混ぜれば平気。
だけどまーくん、ウェットあまり食べないのさ。
口にポイっも出来るけど、大人しくさせてはくれないし
まーくんにはストレス。それを一生?と考えるとねー。
食べ物混ぜが1番ストレスがないし、いいものを探さなきゃ。
まーくんは何でも食べる猫ではないし難題ですな。

---

 肥大型心筋症

心臓の筋肉が規則正しく収縮を繰り返すことによって
体全身に血液を送りこみ細胞に酸素や栄養を供給しています。
その心臓の筋肉、いわゆる心筋が次第に厚くなって心臓の収縮機能が低下すると
血液中の酸素も栄養も正常に送り届けることができなくなってしまいます。
酸素や栄養は各器官が正常に働くために必要なものなので
その障害は全身症状として現れます。

また、心臓の収縮機能が低下すると、同時に心臓の循環不全が起こり
心臓内に血栓が作られてしまいます。
その血栓が心臓から流れ出て動脈に詰まるとそれ以降の血液が
流れなくなり突然死することもあります。


 将也の薬

アムロジン

筋肉が刺激を受けるとカルシウムが細胞内へ移動し筋肉が収縮します。
カルシウム拮抗薬は,カルシウムが細胞内へ移動するのを抑制して
筋肉がゆるむのを早めます。
そのため心臓へ栄養を送っている冠状血管や末梢血管を拡張させ
血圧を下げることにより心臓の仕事量や心筋の酸素消費量を減少させます。


シロシロコンビ。
もこちー尻尾も写ってますぞ。
masamomi20081117.jpg

帰宅後のまーくん。
まずご飯をモリモリ食べて、お水を飲んで、トイレに行って・・。
そしてベタベタ甘えっこ。カワイイ、らぶ


 
発作?
今日はひまの心臓の検査の日でしたが急遽将也に変更です。

というのも…。

寝ている時に横でドンという音がして目が覚め、横を見てみたら
将也が布団の下で仰向けになっていました。
寝ていて下に落ちる事はしょっちゅうだけど、何だか様子が変。
(落ちると言っても布団なので段差5センチくらい)
よーく見ると前足も後ろ足も力が入って強張っている。
将也の意識は・・薄い。でも呼吸は早くなっていて身体が冷たい。

思い出したのはあーちゃんのてんかん発作。
タイプは違うけど、とても似ている。
とにかく動かないように・・そして刺激を与えないようにしながら
意識が戻るのを待った。

夜中のことで私の記憶も定かではないけれど数分の出来事。
「あー、やだ・・死んじゃうよ・・・」と思いながら意識が戻るのを待った。
少ししたら動き出して、ポテポテ歩いて、ケポっと吐いて、その後は普通。
朝は「ご飯くれー」もあったけど、そんなんで安心出来る事ではない。

将也病院行き決定。
聴診を時間をかけてゆっくりやってもらったら不整脈もあるらしく
発作の原因はここにあるかもしれないということ。

朝から預けて今は検査中。
血液検査、レントゲン、エコー、心電図をやってもらっています。
15時過ぎに病院に行って先生の話を聞いてきます。

まーくん、もうすぐ15歳。
今の私にはまーくんは1番いなくては困る存在。
あぁ・・・へこむ、怖い。


 
ひまわり
昨夜、同じく保護活動をしているお友達から貰ったメールでこの歌を知りました。

バナーをクリックでリンク先にとびます。
himawarimusic.jpg

以前に載せた「奇跡の母子犬」のお話を元に作られた曲です。

ここで多くを語るのはやめておきます。
命を粗末にする人間が減ってくれること、
そーゆう人はどんな小さな命とも一緒に暮らしてほしくない。

それだけです。


 
外出中にチェックされるワンコ
1度は解約した「るす番モニター」をまた2ヶ月位前から契約中。
契約しつつなかなか使わなかったけど先月末からまたチェック開始。

ひまは軽い分離不安があるワンコなのでチェックです。
分離不安は困る事が多いので出来る限り改善をしたい。
最初は「この犬どうしたんだー?」と思うくらいにひまは酷かった。
部屋からいなくなるとギャンギャン鳴きだった。

でも今ではチビの部屋に行っていても静かにサークルで待っている。
お留守番も出来る(出来るというか、あえてさせる)

たまにこうしてウロウロしたり・・これ、カメラを見てる(笑)
hima20081110.jpg

ドアをジーっと見つめたり・・
hima20081110-2.jpg

だけど、たいていこんな感じで寝ています
hima20081110-3.jpg


ひまはうちに来た日から分離不安の症状があった(のちに気付く)
ゆうには全くその傾向がなかったし、暫くは私自身も参ったほど。
どんな環境にいたのだろうか?と未だにひまの分離不安の症状が出ると思う。

我が家はいわゆる過剰な愛情、過剰な接し方を一切しないし
ひまはそれに慣れてくれる子だったからまだよかった。
今はチビへの対抗心がちょっぴりあるけどね。


分離不安についてはここがわかりやすいです。


 
チビ部屋、冬支度
チビ部屋で一昨日から暖房(サンラメラ)を使い始めた。
脚の調子が悪いなと感じる時、そして天気が悪い時は400Wでつける。
(2~3時間つけておけば、その後暫く暖かい)

サークルの中にもブランケットを追加。
もう少し寒くなったらサークルにも屋根をつけて上に毛布をかける。

寝る時以外は室内フリーだし、いつもいる場所の後ろに置いた。
chibi20081109.jpg

そして、今日はチビくん2枚目の洋服購入。
前と同じ5号でも作りが大きい。
chibi20081109-2.jpg


防寒対策や皮膚ガードの為にしか洋服を着せないけど
どうせ着せるなら・・と選びたいが・・・・・
チビサイズの服ってあまり売ってないから選ぶ楽しみがない!

でもこれはこの間のより厚い生地だし暖かそう。
なかなか似合っていて、これまた可笑しかったり(笑)
毛むくじゃらばっちいワンコだったチビがこんな格好

何かでチビを釣っているのがバレバレな写真。
chibi20081109-4.jpg

もっとバレバレ。
chibi20081109-5.jpg

旦那の部屋を探索中、ドアのほうに行ってしまい固まっている・・
chibi20081109-3.jpg

この写真だけ見ているとヨーキーみたいだなー。
デカイけど(笑)


 
医療費明細
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
チビ@病院へ
日曜日に病院に行く予定だったけど、先日のレントゲン検査の結果で
聞きたいことがあって、明日明後日は診てくれている女医さんが
お休みなので今日行って来た。

皮膚に関しては、赤みがある範囲が広がっているけれど状態はよくなっている。
このまま週2のシャンプー、そして内服で様子見。
酷くなったらまた薬がきれた時点で診察にも連れて行かないといけないけど
今くらいであれば薬だけ取りに来てもいいということだった。

聞きたかったレントゲン検査のこと。
まず、病名をつけるとすれば「変形性脊髄症」
そして、ところどころカルシウム石灰化もしているようだ。
レントゲンでは神経までは写らないし、神経が何処を圧迫しているかは
わからないけど、脚の状態が悪いのはそこからきている可能性はあるらしい。
腰からくるものだった場合に、動かしたほうがいいケースと安静にしたほうが
いいケースがあるだろうし、チビはどっちだろうと気になっていた。
どっちがいいのかをちゃんと聞いておきたかった。

先生が見ても、脚は半麻痺状態。
うちに来た当初は後ろ足を引きずっていて、足の裏をついて
歩くのではなく、足の甲の部分を下について引きずっていた。
(意味がわかるでしょうか・・)
リハビリが必要と言われて毎日やっていたという話をしたら
歩けるようになったのはリハビリの結果だろうと言われた。
間違ってはいなかったようでホッとした。

本当はCTやMRIをすれば状態を把握できるんだけど
もう麻酔をかけることは出来ないので現状維持を出来れば
いいかなーと思っている。

帰りはグルリとちょっと遠回りをして、チビも途中から歩いて帰宅。


 
2匹でポカポカ
朝晩は寒いと感じるくらいにやっとなってきた今日この頃。
昨日は将也とひまが肉球ベッドの上で一緒に寝ていた。

何気ない、一瞬なんとも感じないようなこの写真。

himamasa20081106.jpg

himamasa20081106-2.jpg

でも、私にとっては心の中でガッツポーズ
そしてニヤニヤな写真。

シニア年齢でうちにヒョッコリ現れたひまを受け入れた猫たち。
ひまも猫には無関心なおかげで争いがおこらず生活できている。
ひまが猫よりも下の位置関係だと認識していてくれるから助かる。
ゆうの事は怖がっていた将也もひまなら隣にきても平気。

でもひまは、白猫のそばにしか行かない。
同じ茶色のところには行かないんだよな~。
睦月はゆうにしていたのと同じように、歩いてると
前に行ってスリスリして進行妨害をするから
ひまは恐ろしいんだと思うけど(笑)

ゆうも睦月のその行動には困っていたっけ。
睦月からしたら愛情表現なんだけどね。


 
キー!!な出来事
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
シャンプーの日
週2のシャンプーになったチビ。

日曜日、そしてもう1回は水曜か木曜にする予定。
今週は今日、暖かい時間帯にシャンプーをした。

25℃くらいのお湯、そしてドライヤーも熱風禁止。
これからの時季は寒いよなー・・。
シャンプーの日は浴室暖房をいれて、まず浴室内を暖める。
それからチビを連れてきてシャンプー開始。

うちでは旦那がシャンプー係りなんだけど、
平日にする場合は私がすることになる。
猫は私なんだけど・・犬はお尻にうんちがついた時に洗うくらい。

そんなわけで・・ひまも洗ったことがない私がいきなりチビ!
でかいし!重いし!!

…と思ったら、楽ちん。
洗っている間ほとんど動かず。
乾かしている時はウロチョロ動くけど、洗面所内だから
私は動かずにチビに風をあてているだけ。

それにしても、フッサフサのひまはすぐ毛が乾く。
でも、ゆうにしろ、チビにしろ、テリア系(ヨーキー系?)の子は
毛が少ないのになかなか乾かない。
乾きやすい毛、乾きにくい毛があるのですかね。

チビ、お風呂場に逃げる
また洗うのかー??
chibi20081103.jpg

洗面所を覗く猫・・
mutsu20081105.jpg

もう1匹増えました
mutsumasa20081105.jpg


今日は、乾かした後に数分リビングにいさせてみた。

猫たちの顔が凄かった。
将也まで警戒、それを見てチビは逃げた。
息吹はモコモコポテポテ和室に隠れた・・

デカイ犬はコワイ・・
ibu20081104.jpg

やっぱり怖いよね~、お互いに。
チビはチビ部屋に退散ー。


 
パスワードのお問い合わせについて
限定記事のパスワードお問い合わせに関しては全て返信しています。
(悪戯メールはのぞき。まー、ありませんが)

メールフォームのメールはフリーメールに届くので
そのままフリーメールで返信しています。
受信拒否設定をしている方もいると思うので
24時間以内に返信がない場合はその旨お知らせください。

パスワードをお知らせできるのは、数回でもやり取りがある方のみに
させていただいています。読んで楽しい日記ではけしてありません。

FC2ブログをお持ちの方はブロとも申請をしてくださいね。
でもこちらも、全くやり取りがない方はすいませんが承認する事は出来ません。
内容が内容だけに・・ご了承ください。


 
ひまっぺ@心臓検査の日程決定
モミにくっついてひまっぺも行っていたから心臓の検査について話をしてきた。

心臓がどのような状態かをきちんと調べるのは何処でも
たいてい同じだと思うけど、レントゲン、超音波、心電図、血液検査をやる。
心筋症の将也もそろそろやらなくてはいけないんだけど、
2匹やると5万くらいになってしまうということなので今月はひまっぺだけ。
貧乏人は検査で1度にそんな額は出せないのである
かと言って、やらない!という事はしない。将也は来月だ。

ひまっぺ検査は16日。
朝1番に預けて夕方お迎えに行く。
エースワーカーではない薬になる事はないけれど
結果次第では何かプラスになるかもしれないという事だった。

一応、胸の音を聴いてもらったけど、雑音は多少あるのみ。
でも、雑音があるから悪い、ないから良いという事ではないという事。
心臓が専門分野のその獣医さん曰く、聴診だけでは判断は出来ないと。。
悪化していって、逆に雑音が少なくなっていく事もあるから
心臓に関しては要点だけ(悪い部分のチェック)は3ヶ月に1度はするのがベスト。
状態によっては、それはトータルの検査になるのかもしれないけどね。
ひまは聴診は結構してもらっていたけど(これは近所の病院で)
トータルの心臓検査は1年半くらい前だー ダメじゃん、私。

血液検査をマメにしていても~、目にみえて症状がある子を
すぐに連れて行っても~、それだけじゃイカンよ!!!
心臓って末期にならないと目にみえて症状が出てこないから遅れがち。
2ワン4ニャン2ピヨ。完璧には出来てない私。


 
椛@眼の経過観察
ショビショビで診察をうけてちょうど一週間。
経過を診せにかかりつけの病院に行ってきた。

この一週間の椛。

1日1回(朝)のLリジン
1日2回のビブラマイシン
1日2~3回の点眼。

点眼に関しては液体と眼軟膏だったんだけど
処方された眼軟膏がうまく眼に入らなくて昨日今日は液体のみ。
この眼軟膏、押すとまっすぐに出ずにクルンとまわって戻ってくる;;
「ゆっくり押すとか、何かやり方はあるんですかね?」と聞いたけど
どうやら穴の大きさが関係しているらしく、それじゃーしょうがない。
指にとって眼に入れてもいいらしいけど、この数ヶ月の点眼で
椛はそんな事をさせてくれる余裕なんてなくなっていて
逃げるわ、顔をブンブン振るわで、指でなんてやったら眼球つっつく!
という事で、今日からは液体の点眼2種に変更してもらった。

角膜びらんに関しても、結膜炎に関しても、一生のものらしい。
結膜炎に関しては深在性(字が合っているか不明)なので
確実にこれはもう一生です。角膜びらんも、出たり消えたりの繰り返しでしょう。
Lリジン(眼のサプリ)はこの先ずっとあげたほうがいいと言われた。

角膜びらんは最悪、眼に穴が開いてしまうこともあるから
緊急時に行けない時は近くの病院に行くという事で了解を得た。

その時は…
深在性の結膜炎があること
角膜びらんを繰り返しおこしている事を忘れずに言うこと



今後もLリジンと点眼は続く・・・・・・・・


 
覗くネコ
mutsuki20081102.jpg

暗闇だったらビックリするよ・・


 
管理人@マホ

マホ

おちび達がいきがい。

マイケルジャクソンが大好き。
2010年の命日はLAに
行きました。

嵐の相葉ちゃん好き、
金爆のキャンさんLOVE。

34歳で子宮体癌になり
子宮卵巣摘出。
以来、卵巣欠落症状と闘う。

統失、PD、鬱もち。

2011年に離婚し
4にゃんと暮らしていましたが、
3にゃん他界。
現在は1にゃん+1ワンと生活中。

2014年5月
関節リウマチ発病。
現在動けない毎日。

マホ家のチビっこたち

もみじ
椛@シェーデットシルバー
♀ 里子に貰う

結膜下腫瘤


亡くなった子たち

ゆう
ゆう@ヨーキー
14歳 ♀ ペットショップ出身
慢性腎不全、心臓弁膜症、腫瘍
認知症気味、膝蓋骨脱臼
2006.8.6 PM10:10永眠


・・・・・・・・・・・・
ひまたん
ひま@ポメラニアン
♀ 保護犬(センター処分犬)
心臓弁膜症
2010.1.18 PM12:30永眠


・・・・・・・・・・・・
チビ
チビ@テリアMIX
♂ 保護犬(飼育放棄犬)
多血症、心臓弁膜症
2010.1.1 PM8:05永眠


・・・・・・・・・・・・
あーちゃん
あーちゃん@日本猫
16歳 ♀ 雨上がりの路上で拾う
2005.8.15 PM8:50永眠


・・・・・・・・・・・・
ほくと
北斗@チンチラゴールデン
11歳 ♂ ペットショップで貰う
2005.4.16 PM8:50永眠



将也
将也@チンチラシルバー
17歳 ♂ ペットショップ出身
慢性腎不全、肥大型心筋症
2011.8.17 PM6:45永眠



・・・・・・・・・・・・
睦月
睦月@チンチラゴールデン
17歳 ♀ 里子に貰う
2012.6.26 PM11:45永眠


・・・・・・・・・・・・
息吹
息吹@チンチラゴールデン
16歳 ♀ 北斗と睦月の娘
慢性腎不全、子宮蓄膿症(捻転あり)
2013.3.16 PM5:15永眠


・・・・・・・・・・・・
ミント
ミント@セキセイインコ
オパーリンブルーの♂
2001年11月24日購入
2008.4.20 AM4:40永眠


バナナ
バナナ@オカメインコ
パールパイドの♀
2002年11月1日生まれ
2010.1.4 PM永眠

幸せをつかんだ子たち
メイ
メイ(現@にぃにょ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
テン
テン(現@のわ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
レモン
レモン

2011年1月、里子に行く
里親様・横浜市のU様。
・・・・・・・・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。