FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2008年12月11日 (木) | 編集 |
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


2008年12月11日 (木) | 編集 |
びっちゃん、今日も歩いて病院まで行って来ました。
安定剤が効いていたからか、病院まで旦那と携帯で話していたからか
私もその頃にはだいぶ気持ちが落ち着いていた。

病院では腫瘤の中の細胞を注射針で採取して検査してもらいました。
しこりの形状、そして顕微鏡で診た感じでは肥満細胞腫の可能性は
低いのではないかということでした。
しかし、脂肪腫というわけでもなく、悪性のものである可能性は低い
という診断でした。「悪性ではないですね」という感じではないようです。
今回採取した細胞は専門の検査機関に送り
専門家からの診断を待つということになりました。
結果が戻ってきしだい、病院に行って話を聞いてきます。

今日は動物病院で異常に元気なワンコがいて、びっちゃんが気になるようで
その方が会計している間にこっちにグングンやってきて
びっちゃん思いきり戸惑って(びびって)いました。
こりゃイカンと思い、びっちゃん抱っこしましたが、私の膝でガリガリしたり
若いなーという感じ。ただ、飼い主さんが「駄目よー」とやんわり言うだけで
びっちゃんにガンガン寄ってきている時も「すいません」の一言もないのが
ちょっと私は「違うんじゃない?」なんて思いつつ見てましたが。

ちなみに、針で細胞の採取をされている時、びっちゃん無反応。
今のところ、何をするにも楽ちんワンコです。

夕方前にはシャンプー。
しばらくシャンプーを肌に馴染ませておくし1時間がかり。
ドライヤーをあてている時は、私の足の間にびっちゃんが治まり
私の太ももに顔をちょこんと乗せてうっとりしていました。
甘えん坊さんです。

びっちゃん、乾かしただけで、まだブラッシング前。
クルクルリン。
chibimomi20081211.jpg

ブラッシング終了。
私をとにかくよーく見ます。
ちゃんとココにいるから大丈夫。
chibi20081211-2.jpg

シャンプー後はしばらくリビングにいさせたんだけど
やっぱり自分の部屋が落ち着くらしく、30分ほどで帰りたがり退散。

あとは検査結果が悪いものではないのを祈るだけです。

 今日の先生 S先生(女医さん)