FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2009年03月16日 (月) | 編集 |
皮膚がピンと張っている部分のデキモノはすぐに見つけられるけど
皮がたるんたるんしている部分は「しっかりチェックしよう」という構えで
やらないと、見つけることが出来ない。

今まで、何度かリンパのチェックをしてもらっていたけど
してもらっていない首付近にまずコロコロとした塊を見つけた。
旦那が診察室で保定をしていた時に首元を押さえて偶然に見つけた。
かなりの大きさの球体に驚いた。

その後もその事にふれてはみたものの、
びっちゃんは皮膚の事、肛門嚢炎の事もあるし、
その時治療中(現在なら肛門嚢炎)の事がメインの診察になってしまうし
リンパの事も「他のところが腫れてなければ大丈夫ですよ」と言われていた。

そして今日。
図書館で借りた犬の病気の本に載っていた「リンパ腫」に目がとまった。
リンパの腫れ、たいてい飼い主さんはここで気付く(首が多かった)
体重減少など、びっちゃんのに似ている。
体重減少に関しては、フード制限もしているし、その影響かもしれないけど
ちょっと体調を崩した程度の症状で進行している事が多いというのも
気になるし、びっちゃんは免疫低下でそうなっても不思議ではない事もあり、
どうしてもそことつなげてしまった。
そして・・・服を脱がせて、念入りに念入りにチェック。

・・・・あった・・・左脇、お腹寄りに首くらいの大きさのものが。

でも、帰宅した夫に触ってもらっても、なかなかそれがわからない。
そして病院でも、獣医さんもその塊がなかなかわからず、
私が探して「これです」と指で押さえてわかってもらえたほど。
なかなかわからないという事はこれも前からあったと思う。
首のコロコロは今月初めよりも大きくなっている。
本やネットでみた色んな言葉。

「リンパの腫れが二ヶ所以上ある場合はすぐに病院へ」
「いつまでも腫れがひかない場合はリンパ腫の可能性あり」 etc・・

ひくどころか、大きくなっているびっちゃんのコロコロ。

今日診てくれた先生は「確かにリンパの位置ではあるけれど
脂肪腫がたまたまそこに出来た可能性もあるし
リンパが腫れるのが全てリンパ腫ではないですよ」と言っていた。

だけど、ずっとびっちゃんを診てくれている先生に
「他の部分にも出てきたらリンパ腫を疑うけど一ヶ所だし大丈夫です」と
言われていたから、どんどん不安になってきた。

とりあえず、結果は検査でしか出ない。
今日は、血液検査とレントゲンをしてきた。
明日は数時間預けて、超音波とニードルバイオプシー、
結果次第では、内臓のニードルバイオプシーもする事になる。
ニードルバイオプシーに関しては結果が出るまで一週間ほどかかるけど
他の検査でもある程度の可能性はわかるはず。
今日は終わりギリギリだったし、S先生がいないというのもあって
今日やった検査の結果も明日S先生から聞くことになっている。

とにかく明日も検査に行ってきます。
メールは出来ないと思いますが、ブログ更新はなるべくするので
チェックしてみてください。

昼間、仕事から帰宅し部屋をのぞいたら・・
相棒が下に落とされていた~。
びっちゃん、スミが良かったらしい。
20090317 (1)