2009/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
最新記事
カテゴリー
ブログについて
● 限定記事に関して
パスワードをお知らせできるのは
ある程度のやり取りがある方のみと
させていただいています
FC2ブログの方はブロとも申請、
その他の方はメールフォームにて
パスの問い合わせをお願いします
(パスは定期的に変更します)

● コメント、メールに関して
コメントは承認制にしています
内容によっては承認不可、削除の場合も
あるのでご了承ください
アフィリエイト系のブログからのコメントは
承認、返信致しませんのでご了承ください
メールでのお問い合わせについても
内容によってはお返事できない事もあります
ログ

06月 | 2009年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


リンク
ブログリスト

最新コメント
SOS

CATNAP

ピースハウス

多摩センター動物被害者の会

++Dear.こげんた++

日本にアニマルポリスを誕生させよう!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
お水とご飯
びっちゃん、ここ数日、自分でお水をよく飲んでいる。
サークルの中のお水入れは陶器製。
これだとあまり飲まないのに、リビングに置いてある
ヘルスウォーターボウルでよく飲むようになった。

我が家のワンニャン移動スペースはリビングと和室なんだけど
4ヶ所でお水を飲めるようにしていて、1つがびっちゃんサークルの
陶器製の容器、ひまサークルの中はステンレス容器。
そして、リビングと和室にヘルスウォーターボウルを置いている。
確実に、ヘルスウォーターボウルは減りが早い。
美味しいのだろうか・・。

びっちゃん、入院時からずっと続けていた整腸剤をやめた。
月曜日の朝に飲ませたのが最後。
入院中、下痢が酷かったし、私が見ていないときに下痢を
してしまったら大惨事!!って状態になってしまうし
ストップするのは怖かったけど・・今のところ下痢はなし。

ご飯は今現在は入院時に病院側があげていたフードにしている。
これも、少しずつ変えていこうと思っている。
びっちゃんが入院する前に調べまくって見つけたびっちゃんにも
ひまにも合いそうなフード。届いたのが、びっちゃんが入院した翌日で
まだあげていないんだけど・・・。これ↓シニアには良さそう。
ドライだから、お水でふやかしてからあげるよ。

ボッシュ ハイプレミアムスペシャルライト

そして、超偏食っこの、まーくん。
普段から食べるものが限られている。
ウェットフードを食べてほしくて色々あげてみたけど駄目で、
やっと見つけたのが、これ

びっちゃんのセレクトプロテインと、まーくんのFKWは必需品で、
ペットショップで2缶ずつ・・という買い方をしていたんだけど
それだとしょっちゅう買いに行かなくてはいけないし、
この間久しぶりにネットで注文をしたの。
そしたら、こんなオマケがー(フードボウル)

大型犬用?(笑)
food20090730.jpg


今日はもふもふ数回更新しています。
あっちはのんびりまったり、みんなの呑気な姿。
良かったら見てくださいね~。


 
まーくん@通院8日目・血液検査
ブラッシング後の誰か(ムツイブのどっちか)の毛を狙っていたから
嗅がせてあげようとしたらバクッ。
毛で見づらいけど、前足まで出ちゃってますよ。
masa20090729.jpg

こんな事もするようになったまーくん。
前回の投稿後に2回皮下輸液に通い、
病院に行かない日は1日2度内服薬を飲ませていた。
(行った日は1日1度だけ内服薬)
毎日の輸液から1日おきの輸液になって
数値は維持できているか。

昨日はドキドキの通院日でした。
今回も採血は何事もなく終わり。

しばし待ち。
結果は以下の通り。

ALP(正常値 ~165) ※これは正常値内
7/17→142  7/21→135  7/28→79

GPT(正常値11~50)
7/17→939  7/21→253  7/28→99

GOT(正常値8~30) 
7/17→689  7/21→59  7/28→23

GGT(正常値1~10) 
7/17→15  7/21→11  7/28→
 
ビリルビン(正常値0、1~0、4)
7/17→3、5  7/21→0、7  7/28→0、5

WBC(正常値6500~19500)
7/17→37400   7/21→9800  7/28→5900

今後は通院は週1程度で輸液にくればいいとのこと。
内服液は1~2ヶ月続けて再検査。
その間にまた様子がおかしくなったりしなければそれで終了。

ただ、肝臓の数値以外でちょっと気になるところも。
まずはPCV、正常値が24~45のところ、今回26でした。
シニアになると低い子は多くなるというけれど
あーちゃんが赤血球を造れなくなって20いけばいい位だったし
びっちゃんが逆にこの数値が高い為、最近はBUNやCRE以外にも
ここに目がいくようになった。通院を開始した17日には30あったし。
あと、白血球が今回は低かったな。色んな数値を要観察な年齢だね。


■ 体重 2、72kg

■ 皮下輸液 
生理食塩水 120ml

■ 注射(皮下投与)
ファモチジン-消化性潰瘍用剤
ネオミノファーゲンシー-肝・循環機能改善剤
タチオン-肝臓障害用薬


 内服薬
抗生剤(パセトシン)が終わり、今後は肝臓の薬のみ。
・グリチロン(1日2回)
・ウルソ(1日2回) ←家に大量にあるのでそれを使用。


 
チビ@病気のこと、退院後5度目の通院(限定記事)
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
みんなの気持ちは?
今の私のブログを見るのは怖いとよく言われる。
容態が急変していないか、ドキドキしてしまうようだ。
あーちゃんの時なんて私たち夫婦も驚くような急逝だったし
それを考えると身近な人は不安に似た気持ちをもつのだろう。

病気関係の事ばかりだもんなー。
でも、病気を持ちつつ、症状もたまに出つつ、
毎日みんなで楽しく暮らしてますよ。

ただ・・・
ひまは、本当にこのところ我慢をしている。
ぐいぐいと甘えてこない。
びっちゃんにかける時間はどうしても多くなるわけで、
それを気に入らないか、我慢をしているのか。。
ちゃんと毎日ひまとの時間も作りつつ、気になるひまの変化。

ひまちゃんの事をどうでもいいと思っているわけではないよ。
大好きだよ、可愛いねーと話してるうちにご機嫌になる。

himamomi200907192.jpg

mutsu20090719.jpg

ibu20090719.jpg

介護が始まった頃からか・・
夜中、寝ている時の恒例だった息吹の絡みがなくなった。
寝ている私の顔を覗きこんだり、前足で触ったり、顔を舐めたり。
そんな行動を毎日していたのにピタっと止まった。

私がいっぱいいっぱいなの・・もしかして悟ってる??
昼間はおかまいなしに甘えまくりだけど(笑)

ブログをつけている今、リビングでメス軍団が走りまくってます。
いいねー、元気な姿にホッとする。


 
チビ@退院後4度目の通院(瀉血)
増血のスピードが早いため、血検の結果をみての瀉血ではなく
瀉血は出来るだけしたほうがいいとの事で昨日も病院へ。

■ 皮下輸液
ラクトリンゲル(乳酸リンゲル液) 180ml

■ 注射(皮下投与)
ファモチジン-消化性潰瘍用剤
ビクシリン-合成のペニシリン剤

■ 瀉血 60ml


前回は苦労したけれど、今回はうまく首の血管に
針がさせたので1回で瀉血がすんだ。
ただ・・あの我慢強くて、吠えることも、うなることも、
噛み付くこともなく処置に耐えたびっちゃんが・・
今回は瀉血開始直後に「んー・・・・・・」って声を出した。
2日前は最後のほうで声を出したけど、その時は
何度も針をさされているしわかる。
だけど今回は、最初から嫌がっていた。
でも、そこで抵抗するわけではないだけに・・
嫌だけど我慢をしているのがわかって辛かった。
終わったらすぐに起き上がり、クルっと向きを変えて
お尻側にいた私の元にやってきた。。切ない。
瀉血で抜いた血で調べたところ、PCVはまた上がっていた。

今後のことを先生とも話す。
このペースで輸液や瀉血をしても増血には追いつかない。
入院中に静脈点滴をしている時だってPCVは上がっていた。
処置をする事で元気になってくれるならいい。
だけど、元にある腎腫瘍がある限りはそれは無理で・・。

このペースで通院を続けることの意味は?とも考える。
病院から帰ってくると、直後に下痢をするようにもなった。
今後は、ただ病状は進んでいくだけで、もっと酷い症状が出てくる。
何処にどう出るかはわからない。
でも最終的には多臓器不全ということになるだろうということ。
最後の最後、本当に辛い状態になった時には通院も増えると思う。

それを考えると、その時にびっちゃんにかけるお金も必要で、
今の段階で、ここまでストレスをかけて通院をさせるべきかが
わからなくなってくる。今、先生に言われるままに通院を
していたら、いざという時には病院に行けなくなってしまう。

血検は無しでも5千円近くかかる通院を1~2日に1度続けて
そしてびっちゃんにもストレスをかけて・・。
当事者であると、冷静に判断というのが出来なくなって
何が1番かがわからなくなる。
だけど、私は「穏やかな生活」を1番に望んでいる。
それは、イコール、通院ばかりの生活にしたくはないということ。

瀉血をすることで、数値が高いなりに維持できていればいい。
だけど、毎回上がる数値を見るとね。。
瀉血はメリットだけではなく、当然デメリットだってあるわけだし
治らないという以上は私のやりかたでいいかな。

いつもびっちゃんを見ている私には、病院を嫌がっているのもわかるし
実際に診察台にのぼれば声を出すようになっているし、
辛い思いはそんなにしなくていいじゃんね。
あくまでも、食欲もあって、症状(下痢嘔吐)も軽ければの話。

そういった事も話し、次回は土曜日か日曜日に瀉血という事になった。
まーくんが明日、そしてその次は土曜日か日曜日の予定だし
一緒に連れて行こうと思う。

今日は、朝の検温時にウンチをして、その1時間後に下痢をした。
刺激によってウンチが出る事が多いんだけど、
時間がたって下痢をしたのは初めて。
また消化器官に症状が出やすくなっているのかな・・。
幸い、すぐに発見したから片足の汚れのみで済んだ。
気付くのが遅れると大変なことになります(シャンプーが出来ないので)

なかなか予定が合わずのびのびになっていた友達とやっと会えた。
びっちゃんに会ってもらえて良かった。
また会いに来てね。
chibi20090722.jpg

今の私の状況を読んで「大変そうだし・・」と思う人もいるかも
しれないけれど、動物病院に行く以外は家にいるので
お近くの方は遠慮なく遊びに来てください。

[追記]
土日は動物病院以外に、平日に出来ない用をたすため、
今現在はなかなか都合がつきませんが、平日は通院以外は家にいます。


 
まーくん@通院5日目・再検査
17日から、毎日皮下点滴と注射(皮下)に通い、
今日は肝機能と黄疸、CBCのチェック。
おしっこの色が変わってきたし、下がってくれ~と祈りつつ、
雨の中をびっちゃんとまーくんの2匹連れでの通院。
(でかいカートにでかいキャリーで凄い移動でした)

2匹連れの時は、1度診察室に入ったらそのまんま。
先生が途中で変わるので、待合室に戻ることなくボーっとできる。

今日もまず、まーくんの採血と皮下点滴。
17日はグッタリしていたから簡単に採血が出来たんだけど
今は元気にはなっているしドキドキの採血の瞬間・・。
でも、私が両手で顔を押さえて私の胸にまーくんの顔を
うずめる形にする事で、まーくんは落ち着くことが出来るので
それですんなり採血終了。
処置も終わり、検査結果が出るまでの間は
S先生に代わってびっちゃんの処置。
(びっちゃんの事はびっちゃんのカテゴリで書きます)

びっちゃんの処置が終わってからは、再びI先生を待つ。
そして、少し待ち結果が出た。

以下、17日との比較。

ALP(正常値 ~165) ※これは17日も正常値内
7/17→142  7/21→135

GPT(正常値11~50)
7/17→939  7/21→253

GOT(正常値8~30) 
7/17→689  7/21→59

GGT(正常値1~10) 
7/17→15  7/21→11

ビリルビン(正常値0、1~0、4)
7/17→3、5  7/21→0、7

WBC(白血球)
7/17→37400   7/21→9800

皮下点滴と注射だけでかなり下がりました。
肝臓の数値もだけど、ビリルビンがかなり下がったのが嬉しい。
ここまで下がったし、これからは2日に1度の通院です。
そして1週間後に再度血液検査をして、今日よりも下がっていれば
今度は3日に1度・・というふうに間隔をどんどん開けて
最終的には内服薬だけに切り替えて終了。
間隔を開けることで数値上昇がないといいな。


 
まーくん@通院4日目
今日は休診日だったけど、皮下輸液&注射をしに病院へ。
夕方に行くと伝えていたので、朝は内服薬。
(昨日は朝行ったから夜だけ内服薬)

具合が悪くなったと同時におしっこの色がまっ黄色になった。
うちはおからの砂を使っていて、おしっこをした部分は
固まるだけで色が変わることはない。
それが「何?この黄色??」と思うくらいの色だった。

通院2日目の時に先生に行ったら「黄疸が出ていると
粘膜が黄色くなる以外におしっこの色も黄色くなるんですよ」と
言われた。息吹の時はおしっこの変色までいかなかったし
今回初めてだ・・。

でも、昨日からはおしっこの色が普通になってきた。
横にある取り残しの砂、何粒か黄色いのがわかります。
酷い時は固まり全部が黄色でした。

(小さく表示します。クリックで拡大)
masa20090719.jpg

明日は検査。
少しでもいいから数値が下がっていますように。
通院も毎日じゃなくなるといいなー。


 
イブちゃん、13歳
右プラグインを見たら・・
あー!今日はイブちゃん誕生日だった。。

ibu_20090719215249.jpg

息吹@チンチラゴールデン
♀ 北斗と睦月の娘

息吹は今日で13歳です♪
Happy Birthday!!

あまりの毎日のバタバタっぷりに忘れちゃってました。
一昨日「明後日誕生日だなー」と思っていたのに。
あとでイブちゃんの好きなもの、でも普段はあげないおやつを
ちょっとだけあげるね。

パパの年齢を2歳も越しちゃいました。
パパのところに行くのはまだまだ先でいいからね。

おめでとう、イブちゃん。


 
チビ@退院後3度目の通院
びっちゃん、やっと今日から自力で普通のお水も飲むようになりました。
おしっこの時は立って教えてくれるから失敗も少なくなって、
元々賢い子なので、その点で助かっています。
それは、立ち上がる元気はあるという事でもあり、嬉しいこと。
退院してわかったのは、熱がなければ身体は楽なのかなーと。

靴下履いてリビングを歩きます。
chibi20090719.jpg

chibi20090719-2.jpg

4本履かせたんだけど、ちょっとサイズが大きくて次々に脱げる靴下(笑)
後ろ脚が滑らなければ歩けるので、後ろ脚だけにした。
身体を拭いたばかりでクシャクシャなびっちゃんです。

------

今日は夫が休みなので、車で動物病院へ。
先生とのやり取りは全て私がするから夫には待っていてもらうだけだけど
車で連れて行ってもらえるのはとても楽。
今はまーくんも毎日病院だし、歩きじゃないのは助かった。

動物病院に着いたらカートに移動。
私のほぼ日手帳を枕にしています。
chibi20090719-31.jpg

びっちゃん、今日も血液検査をしてもらった。
肝臓の数値と腎臓の数値も気になったのでそっちも検査。
結果は重要視する数値ではありませんでした。
腎臓は正常値内で肝臓はALPが高かっただけ(でもいつもより良い)

問題のPCV。
13日には62だったのが16日には65になり今日は69でした。
15日、16日には皮下輸液をしているし、家ではご飯時の水分と
ポカリ類などを薄めるなどして水分は摂らせているけれど
増血がかなり早いペースで進んでいます。

診断としては、腎腫瘍が原因として考えられる赤血球増加症。
もしくは、真性赤血球増加症ということです。
増加症自体の治療にしても、ここの病院では出来ないこと、
治療も抗がん剤と同じような治療になってしまうということで、
びっちゃんには元に腎腫瘍というものがあるから
どちらにしても、対処療法を続けていくしか手はありません。

先生の話では、短期間でのこれだけの数値上昇は
ペースとして考えるとかなり早く、腫瘍に関しても
高い確率で悪性腫瘍だろうということです。
(良性の場合はここまで早いペースで進行はしないそうです)

14日に38ml瀉血をしたけれど、ペースが早いため今日も瀉血。
でも、びっちゃんの血管がもうボロボロになってしまっていて
首からの採血が出来ず、脚から採ることになった。
(写真ではわかりませんが、あちこち内出血しています)
脚からだと一箇所から大量に採れないため、計5~6箇所
針を刺したかな・・。さすがのびっちゃんも最後はぐずりだして
今日は50mlの瀉血で終了(先生は60ml採りたかったらしい)

暴れることなく頑張りました。我慢強いですよ・・。
chibi20090719-411.jpg

というわけで、明後日又瀉血と輸液をしに病院です。
この日はまーくんも検査と輸液&注射があるし、
明日までにリュックタイプのキャリーを買わないと
2匹連れで病院に行けないー。

あ、今日は帰宅後に下痢をしちゃいました。
また始まった?と思ったけど、その時だけ。
次のウンチが形があるかドキドキです。

結果は想像していた通りなので、もうショックはありません。
びっちゃんの残りの時間を、私が出来る限りお世話するだけ。
他の子の事もあるし、100%は多分出来ない。
お金があり余っているわけではないし、本当に出来る範囲での処置。
だけど、その中で後悔はしないようにやっていく。

もうちょっと家族でいてね。
いっぱいいっぱい頑張ることはないけど、まだ家族でいよう。


 
医療費明細
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
退院後のびっちゃんの変化
 14日(火曜日) 退院日

chibi20090714-20090718.jpg

退院直後、サークルをびっちゃん部屋から持って来てもらい
夫に設置してもらっている時。
全く動けない状態&グッタリしていたのでリビングに
シーツを敷き、その上に寝かせておいた。
1日平均10回おしっこをする生活が始まる。


 15日(水曜日) 退院して2日目

chibi20090715-20090718.jpg

ご飯時間には自力で立ち上がろうとするようになってきた。
身体を支えて立たせてみると、動けないけどそのままの
体勢を数分は保てる。この状態から座ることは難しく
私が伏せの体勢に戻してあげる。
横になっている状態でおしっこが出てしまうのは変わらず。
お腹まで濡れてしまうため、その度に身体を拭く。
そのおかげで、退院時のすえた臭いがどんどん消えてくる。
この日は夕方から発熱。
休診日だったけど、19時前に病院に電話をし、
皮下輸液&注射をしてもらう。


 16日(木曜日) 退院して3日目

歩いて通院。
9時前でも外は暑く、シーツ、クールマット、保冷剤を
カートに入れて病院へ。
動こうとは全くせず、横になったままの状態。
chibi20090716-20090718.jpg

chibi20090716-20090718-2.jpg

この日の昼間、びっちゃんが必死に起き上がり、
何をするかと見ていたら、おしっこの体勢でおしっこをしていました。
びっちゃんは寝たままおしっこなんてしたくないんだよね。
知らぬ間に出ちゃったりもするけど、起き上がってしようという意思は
しっかりあるようだ。

私たちのご飯中に反応するようになってきた。
ニオイをくんくんと嗅いだり、ちょっと鼻をならしてみたり。


 17日(金曜日) 退院して4日目

chibi20090717-20090718.jpg

chibi20090717-20090718-2.jpg

入院前はサークルの中に入れているトレイのない狭い方を
寝床にしていたびっちゃん。
昨日から、そっちに移動する事が増えた。
だんだんと元の生活スタイルになっているのかな。
午後、そっち側に元のようにタオルシーツで厚みを作ってあげた。
おしっこを必ずしてしまうと思い、下にもシーツを敷いているけど
タオルシーツの汚れが上1枚で済むように、折りたたんだ1番上の面の
下にペットシーツを入れる。これならここでおしっこは吸収する。
(今朝起きたら、やはりおしっこをしちゃっていました)

サークルの外に出たがるようになってきた。
でも、倒れてもおかしくない状態での歩行なので
外に出る事が当たり前になってぐずるようになっては困るし
外に出すのはひまシーツでのおしっこの時だけ。
(なるべく身体を汚さないようにと思い、1日に3~4回は
ひまのシーツまで連れて行って以前のようにおしっこをさせています)
おしっこの後、すぐにする事がなく、見ていられる時はそのまま
少しだけ自由にさせている。

昨日の写真の別バージョン。
カメラ目線は3匹だけ 
chibi20090717-20090718-31.jpg

現段階で、自分からお水は摂らず。
ご飯をお湯でヒタヒタにし、そして一昨日からはポカリなどを
水で薄めてあげている(獣医師の了解済み)
これだとかなり飲んでくれる。

今朝は、ひまのシーツまで連れていっておしっこをさせ、
そのままそこで検温、そしてご飯の用意。
ご飯もしっかり食べて今は寝ています。

以前からうちにある本。
これには介護の仕方も載っていて、写っているワンちゃんも
実際に介護が必要なワンちゃんたち。

あって助かった1冊です。
inu20090718.jpg


 
まーくん@毎日の通院が始まった・・
まーくんは水容器の前で横になり、たまに水を飲もうとして
水容器を覗き込み、でもそのまま又横になる。
そんな行動を何度かしていた。

3ヶ月後には16歳になるまーくん。
腎不全、糖尿病??それらを疑いつつ朝一番で病院へ。
受付でまーくんの状態を話し、女の先生を希望という事と
血液検査もお願いしますと伝えたところ、
ひまの歯石とりの時にいつもお願いするI先生が診てくれた。

体重・・2、76kg 軽すぎ・・。
昨日からの様子を話し、採血。
そして20分ほどで結果が出た。

「肝臓ですね」とすぐに言われ、椅子に座り結果を見ると
凄い高数値だった。高数値だったからという事で
ビリルビンも測定したところ、これまた高数値。
そして白血球も高い。

以前、息吹が高くなった時もかなり驚く数値だったけど
将也はそれを遥かに上回っていた。

 息吹の時(去年の11月)

ALP(正常値 ~165) 
559

GPT(正常値11~50)
491

GOT(正常値8~30) 
338

ビリルビン(正常値0、1~0、4)
1、1

これでびっくりしていたのに将也は・・

ALP(正常値 ~165) 
142 これは正常値内

GPT(正常値11~50)
939

GOT(正常値8~30) 
689

ビリルビン(正常値0、1~0、4)
3、5

WBC(白血球)
37400
将也は通常6000~8000くらい。

そんなわけで、暫く通院が必要な状態でした。
1番は入院して静脈点滴がいいらしいけど、
皮下点滴&注射に1日1回通い(今日は2回行った)
そして火曜日に血液検査でチェックをして、
下がってなかったり、逆にもっと上がっていたりすれば
入院を考えると先生に話をした。
黄疸がかなり出ているのが気になるところだけど
これは、下がりやすいものでもあるということで、
とりあえず毎日の通院。

------

 9時過ぎ

■ 体重 2、76kg

■ 皮下輸液 
フィジオ(酢酸リンゲル液)120ml

■ 注射(皮下投与)
ビクシリン-ペニシリン系抗生物質製剤
ファモチジン-消化性潰瘍用剤
ネオミノファーゲンシー-肝・循環機能改善剤
タチオン-肝臓障害用薬
メロキシカム-解熱鎮痛消炎剤


 18時半過ぎ

■ 体重 2、90kg(輸液をしたからその重さが加わっている)

■ 皮下輸液 
フィジオ(酢酸リンゲル液)120ml

■ 注射(皮下投与)
セファメジン-セフェム系の抗生物質
ファモチジン-消化性潰瘍用剤
ネオミノファーゲンシー-肝・循環機能改善剤
タチオン-肝臓障害用薬

■ 水分・ご飯

自力では摂らず

■ 嘔吐

22時半現在無し

------

私はもうここのとこ毎日行ってるし、まーくんも毎日の通院が
これで暫く始まるし、仕事かよ!!というくらいに毎日通うことになる。
シニアばかりとの暮らしはこんなもんです。

昨日はグッタリだったまーくん。
今日の21時過ぎには、ご飯くれくれワンニャンの輪に
入っていました(あげたけど食べなかった)
ついでに言えば、キミたち(まーくん以外)食べたじゃん!なのですが。。

inuneko20090717.jpg

そして・・後ろにはびっちゃんがいたりもします。
多血症の検査結果はまだ聞いていないけど(日曜日に聞きに行く予定)
ヨロヨロしながらもここまで動けるようになっています。
病気は別として、びっちゃんは頑張って生きています。


 
まーくんの様子がおかしい・・
びっちゃんの事があり、他の子の事を書けずにいた。
びっちゃんの入院中、他の子が落ち着いていたわけではない。

1番心配が多いまーくん。
どんどん痩せていて、昨日体重を量ったら2、8kg
長毛猫なのに、真上から見ても薄さがわかる。
まーくんより体が小さい椛は2、6kg
でも、まーくんの方が軽く感じる。

しょっちゅう体調を崩すようになってきて、
でも検査上では特別な異常はない。
だから、ある程度の具合の悪さは様子見だったり
症状によっては薬を飲ませたりしていたけど
今日はかなり具合が悪そう。。

これはいつもの具合の悪さを超えたと感じたのが夜。
とりあえず、21時過ぎに自宅で皮下輸液60ml。
夕方から3度吐いているし、体が熱いから熱があるかも。
びっちゃんが帰ってきて、涼しくしないといけない中で
他の子が体調を崩すのを病院側から心配はされていたけど
今は日中は27~28度設定でエアコンをつけているし
それで体調を崩しちゃったかな・・・。
シニアたち、そして病気の子たちの共存は難しい。

今は和室にある、ひまのお留守番ケージの中のベッドに
まーくんを寝かせている。
ここならそんなに冷気はこないからね。

びっちゃんは若干微熱があるし、びっちゃんの熱は
冷やさないといけない熱だから、まーくんには
冷たい空気がこないところに居てもらわなきゃ。

明日になっても今と変わらない様子ならば病院に行かなきゃ。
検査は女医さん指名で近所の病院に行ってきます。

今年の夏はシニアたちに辛い夏だな・・。

-----

びっちゃんの事はまた明日書きます。
今日の通院のこと、自分の力で少し立とうとしていること。
今日の検査結果もいいものではなかったけど(多血症の結果はまだ)
病気と、びっちゃんが頑張っている姿は別物として考えている。
治療が出来ない以上は治る治らないは考えない。
治らないけどうまく付き合える病気ではないのもわかっている。
ただ、びっちゃんも、まーくんも、そして他の子も、
穏やかに苦しくなく、そして楽しい毎日を過ごしてほしい。


 
介護生活の始まり
携帯から更新しています。
後日ちゃんと更新しますが、心配してくださっている方にお伝えだけしておきます。

びっちゃんの容態によい変化はありません。
ずっと横になったままですし水も飲みません。
夕方、様子がいっそう変だと感じ検温したところ
39、2℃まで熱があがっていました。
びっちゃんの平熱から考えて39、3℃を超えたら解熱剤を使うように言われてます。
その後もどんどん具合が悪そうになり、休診日でしたが電話をし、
帰宅した夫とすぐに病院に行ってきました。
その頃(19時近く)には39、58℃まで発熱。
皮下点滴120mlと抗生剤、胃の薬、解熱剤も皮下に投与してもらいました。
全く力が入らない状態なので実際の体重より重さを感じます。
ダランとしてしまうので抱きづらく、ひとりではかなりキツイ。
平日はひとりで通院だし、移動から何まで不安要素いっぱいです。
明日も9時には29℃まで気温があがるとか…。
保冷剤を入れて、太陽をなるべく遮断した状態で行かなくては。
治らないと言われている以上、対処療法の為のこの通院はびっちゃんには苦痛。
夫と車で移動、休診日だからすぐに処置の今日ですらびっちゃん限界だった。
ぐったりと夫に抱かれていた。

幸い、1時間ほどで38、8℃まで熱は下がり、ご飯もちゃんと食べた。
ご飯を食べるのはいいことだけど、体重の減り方が早過ぎる…。
夜ご飯は水分量を増やし、フード自体も10グラムだけ増やしてみた。

私自身も三半器官がまた乱れてきているのかフラフラ。
でも介護におやすみはない。
いい意味での手抜きが出来ない性格な為、自分を追い詰めているのがわかる。
寝れる時は寝なきゃと思って今日は眠剤を飲んだけど全く効かないし…。

義母の事も進めないといけないし、いつかパンクします。
でも手抜きはしません、諦めもしません。

とにかく、多血症の結果が早く知りたい。
そこで悪性とハッキリわかれば今後のことも違う方向で考えます。。

※ 投稿内容

日付がもう変わっています。
書いているのは15日のことです。


 
支払い額に驚く・・
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
チビ@退院しました
何も進展はないうえでの退院ですが、家にはいったん戻りました。

実際退院してきて、まさしく「介護」の状態でした。
ゆうや猫たちとは違い、重さも大きさもあって、
びっちゃんは重心が下にあるので、1人はかなりしんどいと
たった数分で感じる状態だった。

ゆう達みたいに、片手で抱いて、片手で何かをするという動作が出来ず
帰宅して2時間、夫と2人がかり。
でも夫は明日早いからもう寝たし、これからは私が何とか
やっていかないといけないし、だんだんとコツも覚えてくるだろう。
コツを覚えるというところまでいけることが願いだね。

とりあえず、経過としては厳しいそうだから・・。
主治医にも院長にもそれは言われた。

今日は、私は昼頃に話だけ聞きに行き、夫が帰宅してから
車で迎えに行ったんだけど、今後の通院は暑い中カートで
連れて行く事になる。待ち時間やら何やらで2時間前後か・・
それがハッキリ言って、今のびっちゃんにどうなのよ?って気分。
薬も解熱剤や整腸剤で、本当に症状を緩和させるだけ。
たまに瀉血(今日は夕方380ml抜いたそうです)は必要だけど
それ以外は皮下点滴だけの為に通うという感じ。
自分で出来るのに・・・びっちゃんもその方が楽なのに・・。
自力での飲水はそんなにしなさそうな状態だし
今日の16時に点滴を外したそうだから、すぐにまた脱水状態に
なりそうな気がする。

数時間後にはどうなっているかわからない。
本当にそんな感じのびっちゃん。

全く自力で立てなくなりました。
お座りも出来ません。
右後ろ脚も全く感覚がないようです(反応無し)
寝たままおしっこをしています。
検温中に刺激でウンチが少し出ました。
ご飯だけは食べました←これだけ嬉しい。

とにかく先は見えない。
今、この瞬間を一緒に生きていこうと思う。

ひまの乱入防止のゲートをズラして、和室側にサークルを置いた。
chibi20090714.jpg

chibi20090714-2.jpg

びっちゃん、体重が7、3キロまで落ちました・・。


 
チビ@入院8日目
診察時間外のほうがゆっくり面会も話も出来るといわれたけど、
9時過ぎに面会に行ってる私。
落ち着かないんだよ~、会いたいんだよ~。

びっちゃん、今日もちょっと発熱中。
でも、40℃以上ある時よりは若干楽そうだった。
私の腕に顎を乗せてたしね(それ以上の動きはないけどね)

chibi20090713.jpg

今日行った時には、多血症の外注検査も出し終わってました。
そして、1回退院をさせてみようかという話にもなっています。
家で過ごすとどうかというのもあるし、医療費がかなりいってるらしく
これ以上になると・・ということでした。
今日知ったけど、中型犬だと入院だけで高いのよねー。
「入院費と点滴だけで1日7千円くらい」と聞いてびっくり。
注射もしてるし、検査もしてるし・・そりゃ凄いだろうねー。
明細を出してみますか?と聞かれたけど、どっちにしても払うものだし
断った。金額に驚くのは退院の時でいいです。

びっちゃんの状態次第だけど、明日か明々後日に1度帰宅かも。
すぐに再入院になる気もするけれど・・・・。

みんな、いっぱいいっぱい心配の言葉をありがとう。
毎回書いちゃうよ、ホントありがとう。
コメントにしかお返事が出来ない状態でごめんなさい。
(ある程度落ち着いたらメールのお返事もします)
びっちゃん、ずーっと見守ってくれている方たちいっぱいだよ。
すごいぞ、びっちゃん、嬉しいね。

私も頑張ってなるべく報告をさせていただきますね。


 
ひとりごと
今の気持ちを吐き出す為に書かせてもらいます。
完全に吐き出しなので、ここで戻ったほうがいいかもです。

明日でびっちゃんの入院から1週間。
あまり入れない仕事と重なったこともあって、
動物病院に行くたびにしんどい気持ちになり、
そして苦手なバスに乗って仕事先のお宅に行き、
帰ってきてからはお家にいる子たちと向き合い・・
私が倒れたら何も機能しなくなってしまうし必死。
この一週間ですっかりボロボロ。
人前ではあくまでも気丈でいるようにしているし
その反動が一人になると一気にくる。

何かを察しているのか、ひまちゃん今日は私に寄って来ない。
夫の車の中では泣いたけど家では泣いてない気がするんだけどな。
(見てないすきに一瞬泣きはしてるけど)

びっちゃんの事。
悪性腫瘍がタチが悪いのはわかっている。
ゆうの時とは違うともわかっている。
だけど、簡単に逝ってしまわないと信じているよ。
お友達もいっぱい祈ってくれているし
びっちゃんは沢山の人に守られている。
そして、私がびっちゃんを守りぬいてみせる!!
それくらいの気持ち。
手術も化学療法も出来ないけど諦めはしない。

悪性腫瘍じゃありませんでした。

そんな言葉を聞けることを願う。
確定診断じゃないうちに言うな!と思うけど許す。
その言葉を聞きたいね。

びっちゃんは自分の部屋が好きだけど
あっちは目が届かないし帰ってきたらずっと一緒。

悪性腫瘍を長いこと持ちながら生還した私がいる。
びっちゃんにパワーを毎日送る。

目の奥が痛いー。
泣きすぎ。

今日、ひとつ嫌だったこと。
動物病院って診察が終わると診察台をアルコール消毒するでしょ。
でも、私が呼ばれて入ったら前の子の毛が診察台の上にあったの。
気になる量で「何?」と思ったけど、私が説明を聞く分にはいいかと思った。
だけど、今日に限ってびっちゃんが先に連れてこられて診察台の上に…。
いま、命を預けている以上は強く言うのもある程度セーブしている。
だけど、すごく嫌だった。そんな扱い?と思った。
混んでいて、午前中の診察時間も過ぎていたし忘れたのかもしれない。
だけど…頭にきた。びっちゃんグッタリで診察台に倒れこむ形だし。

いつか「もういい!」と思ったら言うと思う。
私も動物を扱う仕事をしていて思うんだけど
病気を移さないようにする事って当たり前でしょ。
ましてや、びっちゃん弱っているのに。

ここいらでやめておきます。
携帯から更新しているので読みづらかったらごめんなさい。


 
チビ@入院7日目・・悲
今まで、なんとかブログだけは更新しようと思って今日まできました。
でも・・少しだけスローペースでの更新にさせてください。

昨日の検査の結果、びっちゃんは高い確率で悪性腫瘍だと
今日告げられました。今日も40℃近い発熱が続いていて
点滴をしています。家に帰れるように、家での生活に近い状態
(点滴を少なくするなど・・)にしていくようですが、
今のびっちゃんはいつ容態が悪化してもおかしくない状態です。
下痢嘔吐だけであれば、家に連れて帰ってしまいますが・・
家で静脈点滴をさせてくれる病院があれば家で看れるのに。。
病院で知らぬ間に死んでしまったというのだけは絶対に嫌。
だけど、今のびっちゃんを家に連れて帰るのは不可能。。
どうしていいかもうわかりません。

明日、多血症の検査を外注でする事によって、
腫瘍が原因かがハッキリとわかるようです。
・・が、今の段階でもほぼ悪性と思って間違いないと・・。

書きたいことは色々あるけれど、今は報告として
ここまで書かせてもらいます。

体重もみるみる減ってきています。
今日はグッタリで顔すらあげることをしませんでした。

私も覚悟を決めるときです、強くなるときです。
でも・・初めて病院を出て泣きました。。

コメントの承認、お返事は少しだけお待ちください。
ほんの少し時間がたてば、また復活すると思うので・・。
お返事は出来ませんが、しっかり読ませていただいています。


 
チビ@入院6日目・・発熱
昨日の診察中の嘔吐があって点滴再開になってしまったし
また絶食なのかと思ったけど、昨夜も今朝も食べたらしい。
(今日は11時半過ぎに病院に行った)
そして、嘔吐はなく、ウンチも昨日の朝の形があるウンチを
最後に出ていないということだった。

入院時の高熱が下がった後、平熱が続く中で、
昨日の朝は平熱だったのに数時間後にはまた40℃を
超えたこともあり、今現在検温を頻繁にしてくれているようだ。
今日も、朝は平熱、しかし10時頃には40℃近くに発熱。

今日は超音波検査を再度してくれるようにお願いをしたから
その結果を明日聞きに行き、入院時との比較で異常がなければ
外注で多血症の検査をする事になった。
今、獣医師の中での疑惑というのは、腫瘍性のものとなっているから
それがないかのチェックということ(超音波)
全ての腫瘍性のものが超音波でわかるわけではないけれど
肥大している状態もどうなっているか、気になるところ。

下痢で汚れてしまうし、足先の毛を刈ってしまってくださいと
昨日お願いをしておいたんだけど、今日会ったらサッパリあんよ。

夫とは数日ぶり(入院した日以来)
びっちゃん、わかってますかー?
chibi20090711.jpg

静脈点滴が必要でなくなれば退院出来るかな。
そして、通院して経過観察や検査ということになるんだと思う。
こんな時、自宅で皮下点滴をさせてもらえればなーと思うわー。

昨日は凹凹・・だった私、今日は普通ですよ。
波が上下しつつも、向かい合わないとねー。
メールくれた方たち、ありがとう。
今、メールをなかなかする気分になれないので
お返事できなくてごめんなさい。
気持ちはしっかり届いてます。


 
チビ@入院5日目・・急変
昨日のように会えないという事がないように、
びっちゃんの様子をまず電話で確認をした。
そして、会いたいということも伝えた。

電話をしたのは9時すぎ。
その段階では朝1度嘔吐をしたけれど
ウンチは形があるのをしたし、ご飯も食べて、
平熱でしたという事だった。
ご飯を食べた時間、検温した時間は聞いていない。

そして、10時前頃に病院へ。
今日は主治医のS先生はお休みな為、
誰に話を聞くのだろうと思っていたら、
まずはU先生にびっちゃんは連れてこられた。
昨夜から点滴はやめているようで、留置針も脚から取った。
そして「院長が来るので少々お待ちください」と言われ待つ。

その時、びっちゃんの身体がやけに熱く感じて、
こんなに熱かったかなと思ったものの、平熱だったというし、
気のせい?と思ったりもした。

そして、院長が診察室へ。
手に持っていたカルテには薬が入っていて
「あれ?びっちゃん退院?」と予想外のことに驚いた。
そして、話の中で、点滴を昨夜からやめているから
この状態でどう変化があるか、内服をしながら
お家でゆっくりと休ませて、そしてまた検査ということを言われた。

そんな話をしている矢先、いきなり大量嘔吐。
看護師さん、他の先生がいっせいにやってきて処理。
そこで、身体が熱いことに院長も気付き、検温。
なんと、体温は40℃以上にあがっていた。
退院の話はなくなり、再び点滴を開始することになった。
そして、7日を最後に血液検査はしていなかったから
チェックをしてもらうことにし、採血。

ぐったり。
chibi20090710.jpg

そのまま15分くらい待ち・・結果が出た。
PCVはまた若干あがり、、でも、それ以上に申告な問題が判明。
炎症反応がおきているかを見る数値のCRPが上昇していたのだ。
この数値は入院をした日に測っていて、その時は0、2くらい。
(今、手帳が手元にないから正確には数字がわからず)
正常値が1なので、この時は炎症反応は数字上では出ていない。
その数値が今日は6を越していた・・。
何処かで炎症がおきているのは明らかで、触診でも腹部の腫れが
ハッキリと確認が出来るということで、やはり肝臓、脾臓に何かがあるか、
そしてリンパ腫の可能性というのも考えられるらしいし
骨髄に問題があるかもしれないということだった。

レントゲン、超音波もまたやってもらって6日の時と比べてもらうし
今できる事は全てする。あー!!でも、しんどいぜ。
よわっちい私がチラっと顔を出しそうになった(泣きそうになった)
なんとなく、対処療法をしながら、残りの時間をお家で家族と過ごす・・と
いう事になるんだなーととれる言葉でした。

そのまま仕事に行き、そして帰りにまた面会に行った。
院長に、診察時間外(12~16時の間)でもいいので、
なるべく顔を見せに来てあげてくださいと言われたし遠慮なく。

でも、びっちゃん。
私と会うとやっぱり興奮してしまうようで(見た目には変わらないのに)
次第に口をあけてハーハーと始まってしまうの。
ケージの中ではそういった事はないようだし、びっちゃんなりの
嬉しさがそこに出ているみたいだ。
あまり長く一緒にいて興奮してまた具合が悪くなっても困るし
2回目の面会は15分ほど。
この時は、熱は38℃台まで下がっていました。

chibi20090710-3.jpg


そうそう!!
そして、今日知ったこと。
今している処置の事をS先生は「点滴だけ」と言っていたから
私は「何で注射とかしないんだろう」と疑問に思っていた。
昨日の話の中でも処置の話をしているのに何も言ってなかったしね。
でも今日「抗生剤や吐き気を抑える注射もしていますし・・」と
院長が言っていて「え?点滴だけじゃないんですか?」と言っちゃったよ。
もー、お願いだから教えてくれ、S先生!!
それともう1つ、肝細胞の検査についても、麻酔無しで出来るという事だった。
だって、びっちゃん前にも脾臓のニードルバイオプシーしてるじゃん!
私も今頃気付くなよって話だけど、それとは別のものと考えていた。
でもそれをやったのはS先生なはずだし・・S先生は何か違う検査の事を
言ってるのか意味不明。もうわからんことばかり。

で、びっちゃんが首輪をしていないことにも昨日気付き、
今日、びっちゃんの首輪が何処にあるかU先生に聞いた。
そして、あれにはお守り(イフ)が付いているから、
もし邪魔にならなくて可能であれば、びっちゃんのケージの扉に
首輪をつけてもらえないか聞いてみたら可能だというのでお願いをした。
昨日、びっちゃん関係で知り合ったお友達がお守りも送ってくれたので
それも持って行ってたからそれもつけて先生に渡したよ。
●●さん、どうもありがとう、お守り、びっちゃんと一緒にいます。

chibi20090710-2.jpg

明日も仕事前にまずは病院に行ってきます。
今日は結局6時間の外出になってしまい・・・・・
にゃんずにも「うにゃー  」とか言われちまった。

正直もうかなり私きてます・・凹凹凹・・・・・。
感覚がちょっと違うんだなー、びっちゃんに対しては。
自分で保護から医療措置までやったからなのかな。
よくわからん。
何でこんなに良い子を・・と思うからかな、なんだろうね。


 
チビ@入院4日目
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
チビ@入院3日目
今日は休診日。
当直の先生は、ひまの歯石取りをお願いする先生でした。

何処の病院でも獣医さんが数名いるとそうなのかもしれないけれど
獣医さんによって言うことが変わってくるので混乱したりします。
まぁ、主治医の先生がトータルで診て判断した事が
1番正論ととれるのかもしれないけれど、その主治医の先生ですら
「え?この間と言ってること違うけど?」と思うのでわかりません。

びっちゃんが脱水と言われたのはPCVの数値が高かったからで、
今は脱水状態を戻すための処置で24時間点滴なのですが、
当直だった先生には「脱水だけが原因であがるわけではないんですよね。
血が造られすぎている時にもこの数値はあがります。
ただ、チビちゃんの場合は他の項目が正常値なので判断が難しいですね・・」
と言われました。

24時間点滴を続けているのに、PCVの低下が遅すぎるようです。
本来、24時間点滴をしていて、単純に脱水であれば
もっと数値がグンと下がってもいいようです。

帰り道に頭をよぎったこと。
あーちゃんはPCVがもの凄く低く、新しい血液が
造られなくなる病気でした。
キレイなピンク色だった肉球も貧血で真っ白になっていました。
その逆・・・数値が高い場合の多血症の可能性は??
他の数値に異常がないから脱水という診断だったのだろうけど
多血症で一致する症状がびっちゃんにはあって、気になる・・。
うーん、でも3月に検査をした時は高くなかったしなーとか
私が考えても出ない結果をうだうだ考えています。
ただ、これは気になるので明日聞いてきます。

びっちゃんの様子。
体温は平熱を保てているようですが、検温のたびに
下痢便が出てしまうようです。その他の排便の時も下痢。
そして、今朝また嘔吐を1回したということでした。
ただ、ケージを開けると出ようとしたりする元気はあるようです。
びっちゃんは目やにがガチっと固まってしまう子なので
2~3日に1度は取らないと凄いことになってしまいます。
今日会ったらデカイ固まりになっていて、でも急いで外出した私は
ティッシュを持って行くのを忘れてしまっていて・・
先生に言って取ってもらいました。
目やにを取られるときは抵抗するびっちゃん、
家で私が取るときよりも激しく抵抗していました。
ちょっとだけその激しい抵抗ぶりが嬉しかった私です。

「どなたですか?」な感じのびっちゃん。
びっちゃんの寡黙ぶり、先生も「いつもこんな感じですか?」と
言ってましたよ。病院でも寡黙な男です。
chibi20090708.jpg

「待ってたよ~。ひーん」ってタイプのびっちゃんではないけれど
だけど、会うと最初だけジタバタしてます。
今日は私のニオイをガーっと嗅いでましたよ。

ご飯だけが生きがいなびっちゃんが、日曜日の夜を最後に
それきり食べていません(絶食中)
いつから食事を開始するのだろう・・・・。それも聞いてこよう。
下痢をしているから駄目なのかなー。

主治医の先生が午前中しかいないので、明日からは面会後に
そのまま仕事に行く事になる。
分離不安ワンコのひまっぺは最近私が留守にすることで
ちょっとストレスを感じてきているし、体調を崩さないか心配なところ。
6日間だけの仕事だし、面会時間を入れても5時間くらいの
お留守番だし、ひまっぺもガンバレ。


 
医療費明細
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
チビ@入院2日目
現在までの状況を聞きに病院に行ってきました。

昨日の夕方には40℃近くあった熱も今日は平熱に戻りました。
ただ、昨日はあの後に2度血液検査(一般血液検査)を
して状態をみたようですが、今日の0時の検査でも
まだ脱水状態は続いていたようで、点滴もかなりの量を
入れているようです。

下痢も何度かし、昨夜は1度嘔吐もあったということです。
でも、今日は自力で起き上がったり、お水も自分で
飲んでいるようです。

昨日はこんな状態でした。
ひととおりの検査をし、入院が決まった後に、
帰りに会いに行った時の写真です。
(昨日は載せることが出来ませんでした)
chibi20090707-2.jpg

昨日はこの後に超音波検査もしています。
超音波でも内臓の肥大は確認されたらしく、
腫瘍の可能性なども考えられるようですが、
今はまず脱水状態を元に戻すことが先決という事です。

その後、肝細胞の細胞診をするか、もっと突っ込んだ検査を
していくか・・でもこれは、びっちゃんの回復、そしてその後の
状態をみて決めるということでした。
今日はリンパ腫に関しては何も言われず、私も聞きませんでした。
余命云々の話は今は聞く必要は感じなかったので・・。

何故、脱水症状がおこったか・・これが今後の課題です。
ただ、前に書いたように、心臓の薬がどうしてもびっちゃんに
あっていると思えなかったので(飲水量が異常に増えたので)
それも今日伝えてきました。そして、ひとまず心臓の薬に
関しては、中止して様子をみる事になりました。

その後、診察室にびっちゃんを連れて来てもらい面会。
寡黙な男なびっちゃんですからね、喜ぶとかはないけれど
先生曰く、私を見たときに顔が変わったそうです。
(病院にいる時より生気があると言われました)

すぐに座っちゃうんだけど、でも立ててるでしょ。
chibi20090707.jpg

ここで先生は「裏にいるので声をかけてください」と言って
私とびっちゃんだけにしてくれたんだけど、
診察室3つのうちの1つをふさいじゃっている状態だし
他の患者さんにも迷惑だなーと思って数分で面会は終了。
でも、いっぱい抱っこして、おでことおでこをくっつけて
「早くお家に帰ろうね、待ってるからね」と言ってきました。

明日は休診日だけど、面会OKという事なので行ってきます。
明日の朝にもう1度血液検査で脱水状態を診るということなので
その結果も気になるところです。

気になっていたおしっこの事。
家では自分の部屋ではしないし、病院ではどうなのだろうと
思っていたんだけど、カテーテルをする必要もなく
自分で出しているようです。点滴をしているし、出るよね。。
ただ、座位でしているのか、寝たままかは聞き忘れました。

そして、もう少し遅かったら命に関わっていたそうです。
普段は留守にしない我が家でおこった留守中の出来事。
それも、突然の急変・・・コワイです。

びっちゃん、もう寝てるかな。
自分の部屋が大好きなびっちゃんだし、
早く自分の部屋で寝れるようになるといいな。

------

コメント&メール、みんなどうもありがとうです。
びっちゃんをみんな応援してくれてるよということも
今日ちゃんとびっちゃんに話してきました。
私自身も励まされてます、本当にありがとうございます。


 
チビ@入院までの経緯
 記事について。
現在、私がまだ混乱しているので以前と重複した事を
書いてしまったらすいません。今、思ったまま書きます。

------

毎日私の朝は6時半前後に始まります。
携帯で時刻を見て、飛び起きるのも毎日のこと。
みんなに「おはよー」って言って、そのままびっちゃんの部屋に行き
びっちゃんをリビングに連れてきておしっこをさせます。
おしっこの後にはご飯とわかっているびっちゃんも、
おしっこをするとすぐに部屋に戻ります。

我が家に来て数ヶ月、初めてそれがない朝を迎えました。
布団の中で「チビいないんだ・・」と思いながらも、
何故か「おしっこさせなきゃ」と思っている私もいて、
いつもどおりにバっと起きて部屋に向かっていました。
でもそこは、かすかにびっちゃんのニオイがする部屋があるだけでした。

昨夜は何度も起きては何ともいえない気持ちになりました。
これは、ゆうが余命宣告をされた時と同じ気持ちです。
具合が悪い子がいる、治らない病気の子がいる・・
それを知った時とは全く違う、追い詰められた気持ちです。
いつまでもクヨクヨな私ではないので、受け止めれば大丈夫ですよ。
ゆうの時もたまに落ちたりしながらも、しっかりと事実を受け取っていましたから。
心配してくださった方々、コメントやメール、とても嬉しかったです。
本当にありがとうございます。文字でしか伝えられなくてすいません。

次に、びっちゃんの事を書きます。
これは確か書いていると思うんですが、このところびっちゃんは
お散歩を楽しめなくなっていました。足の筋力も関係はありますが
心雑音が酷くなっている為、しんどいのだと思います。
無理な運動はしなくてもいいということで、今はほとんどお散歩は
していません。

一昨日、びっちゃん、ひま、モミの3頭を病院に連れて行きました。
びっちゃんは、以前心臓の薬の投稿をした時に吐いてしまいました。
その時に主治医のS先生から「嘔吐や下痢、ふらつきなどがあったら
違う薬にします」と言われていたので、びっちゃんの薬はひまに
まわしてしまいました。違う薬になると思っていたからです。
その後の話はこちらです

この5日間は薬を飲んで嘔吐をする事もなかったし、あの時は
たまたまだったのかなーと思い、その話を含め、診察の為に
日曜日に病院に行きました。その時のびっちゃんはいつものびっちゃんでした。

ch20090705.jpg

その日の夜もご飯はいつもどおりに食べました。
ただ、夜9時頃でしょうか・・私は寝てしまっていたので曖昧ですが
びっちゃんが初めて下痢をしました。
最初は形があるウンチ、でも途中から下痢というパターンです。
こういった事はひまも、そして猫もたまにあるし、下痢といっても
「チビが下痢なんて珍しいな・・」と思うくらいでした。
(夫が、下痢だと声に出していたので、その時点で下痢をしたとは
気付いていました。ただ、薬を飲んでしまっていたので起きることが
出来ませんでした)
そして翌朝(昨日)、びっちゃんを起しに行くと、サークルの中のシーツの
上に下痢ウンチ・・・。すぐにそれを検査の為に容器に移しました。
でも、下痢をした以外で変化は何もありませんでした。
自分でおしっこもして「ご飯ちょうだいー」とはしゃいで・・。

昨日は家をあける用事があった為、9時前に病院に着くように行き、
便の検査、そして皮下輸液をしてもらいました。
この時点では立ってもいて、熱も平熱だったので、
整腸剤を処方してもらい、時間がある明日連れてきますという事で
帰宅しました。

おしっこを自力でしないので、昨日は朝6時、病院に行く直前の8時半、
そして午後2時過ぎに1度おしっこをさせる為に帰宅しています。
この時もいつものようにリビングでおしっこをしています。
お腹を休ませる為に今日はご飯をあげないでくださいと言われたので
ご飯を欲しがる行動をとったりもするくらいでした。
2度下痢をした以外はいつものびっちゃんでした・・。

そして、用事が終わり17時頃に帰宅。
まずびっちゃんの部屋を開けると、グランドマンボウではなく
床の上にいるびっちゃんが目にとまりました。
暑くなってきて床で寝ることが最近1~2度あったので
その瞬間は「暑かったのかな」と思ったものの、
よーく見たらおしっこを漏らしています・・・。
「びっちゃん!」と揺らしてみたら、力が全く入っていない。
すぐに病院に電話をして状況を伝え、そのまま病院に行きました。

状態が状態なので、順番待ちをする事もなく、すぐに奥に連れて行って
くれました。その後の経緯は昨日携帯から書いたとおりです。

血液検査では大きな異常はないものの、脱水症状をおこしていました。
それを聞いて一瞬「熱中症?」と思ってしまったんですが
びっちゃんの部屋は日が入らないので今の時期は暑くはなりません。
先生も、もっと暑くなって日当たりがいい部屋でならば考えられるけど
他の数値を見ても、内臓に異常があるという可能性が高いということで
暑さでどうこうはないという事でした(内臓疾患は血液検査だけでは
わからないものもあります)
実際、昨日のびっちゃん部屋は適温でした。
そして、朝は平熱だった体温が、夕方連れて行った時には40℃近くまで
あがっていました。お腹もパンパンに張ってしまっていました。
とても帰れる状態ではなく、検査もまだ必要だったのでそのまま入院。

レントゲンの結果もその時に聞いたんですが、肝臓と脾臓が肥大していて
そして消化器官(と言ったか忘れました・・)も肥大していました。
「それが肥大するということは消化器官型のリンパ腫の可能性も
あるという事ですか?」と私が先に聞き、かえってきた答えが
「可能性として高いと思います」という事でした。

びっちゃんは今まで色んな事を乗り越えてきました。
でもそれは、色んな事がおきるということがまずおかしい事で、
免疫力が落ちているのは事実なのです。
今回、消化器官のリンパ腫の疑いを言われたときには
冷静を装いつつも、心臓バクバクでした。

検査もいくつかは終わっているでしょう。
夜中に緊急の電話がくることもありませんでした。

今日もこれからシャワーを浴びて、10時前には病院に行ってきます。

コメントの承認、お返事、メールのお返事は少しお待ちください。
はじめましての方も、みんな本当にありがとう。
私も気持ちを切り替えて頑張ります!
でも、弱音を吐いたりもすると思います。
それはサラっと読み流してね。


[追記]
コメントの承認、お返事のみさせていただきました。
メールのお返事はもう少しお待ちください。
(7日、17:30)


 
チビ入院しました
携帯から簡単にお知らせします。

我が家の正式な家族になったびっちゃん。
夕方17時前に帰宅したら倒れていて入院になりました。

14時過ぎにおしっこをさせに帰宅した時は
特別変わったところはなく、おしっこをさせてから
私は役所に用足しに再び出掛けました。
帰宅後にびっちゃんにまずおしっこをさせようとして
部屋を開けたら…倒れていました。

そのまま即病院へ。
今は酸素を吸いながら点滴をしています。
血液検査では脱水があるものの他は正常です。
レントゲンの結果では『消化器官型のリンパ腫』の可能性もあるようです。
経験者、そして身近にいた方はわかると思いますが余命が短い病気です。
仮にそうだった場合は抗がん剤しか治療法はありません。
弱いびっちゃんに私は抗がん剤をするつもりはありません。

単純にする検査だけではなく、かなり細かい検査が必要なようです。
今もびっちゃんは闘っています。

お願いします。
心の片隅でもいいのでびっちゃんの回復、
そして、リンパ腫ではないことを祈ってくださると嬉しいです。

暗くなるのが遅い今の季節は辛いです。
病院でも、そして帰り道でも必死に涙をこらえていました。
マンションに着いた途端に我慢は出来ませんでした。

詳しくはパソコンからまた更新します。
変化があれば携帯から更新もします。


 
猫ちぐら
我が家の固定電話はいつも消音で留守電になっています。
そんな我が家にこのところ決まった番号からの着信が・・。
いつもなら無視をするところだけど、かけなおしてみました。

そしたら、まだ預かりっこニャン達がいた時にテレビ(ポチたま)で
見た猫ちぐらを作っているところからでした。
おばあちゃん達がひとつひとつ手作業で作っているため、
納品まで1年半~2年かかるということだったけど、注文してたの。

やっと順番がきたようです。
サイズをどうするかなどを聞かれ、うちの猫は多分使わないとか、
部屋も広くないし大きなものは置けないなどと話をして
向こうの方にサイズを決めてもらいました。

そして昨日、遂に届きました。
ワラのとってもいい香りがします。
うちの猫らは多分使わなくて置物になりそうだけどそれでも十分だ。
いつか入っているのを見て喜ぶことも出来るよ。

masamomi20090701.jpg

数分だけまーくんが入ってたよ(笑)
masa20090701.jpg

ちなみにこれは、大サイズ。
ちょっと難あり(網目がどうこう・・でも全く気にならない)
ということで、1万円(送料込み)にしてくれました。

今はリビングに置いています~。

 猫ちぐらの会


 
医療費明細
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
管理人@マホ

マホ

おちび達がいきがい。

マイケルジャクソンが大好き。
2010年の命日はLAに
行きました。

嵐の相葉ちゃん好き、
金爆のキャンさんLOVE。

34歳で子宮体癌になり
子宮卵巣摘出。
以来、卵巣欠落症状と闘う。

統失、PD、鬱もち。

2011年に離婚し
4にゃんと暮らしていましたが、
3にゃん他界。
現在は1にゃん+1ワンと生活中。

2014年5月
関節リウマチ発病。
現在動けない毎日。

マホ家のチビっこたち

もみじ
椛@シェーデットシルバー
♀ 里子に貰う

結膜下腫瘤


亡くなった子たち

ゆう
ゆう@ヨーキー
14歳 ♀ ペットショップ出身
慢性腎不全、心臓弁膜症、腫瘍
認知症気味、膝蓋骨脱臼
2006.8.6 PM10:10永眠


・・・・・・・・・・・・
ひまたん
ひま@ポメラニアン
♀ 保護犬(センター処分犬)
心臓弁膜症
2010.1.18 PM12:30永眠


・・・・・・・・・・・・
チビ
チビ@テリアMIX
♂ 保護犬(飼育放棄犬)
多血症、心臓弁膜症
2010.1.1 PM8:05永眠


・・・・・・・・・・・・
あーちゃん
あーちゃん@日本猫
16歳 ♀ 雨上がりの路上で拾う
2005.8.15 PM8:50永眠


・・・・・・・・・・・・
ほくと
北斗@チンチラゴールデン
11歳 ♂ ペットショップで貰う
2005.4.16 PM8:50永眠



将也
将也@チンチラシルバー
17歳 ♂ ペットショップ出身
慢性腎不全、肥大型心筋症
2011.8.17 PM6:45永眠



・・・・・・・・・・・・
睦月
睦月@チンチラゴールデン
17歳 ♀ 里子に貰う
2012.6.26 PM11:45永眠


・・・・・・・・・・・・
息吹
息吹@チンチラゴールデン
16歳 ♀ 北斗と睦月の娘
慢性腎不全、子宮蓄膿症(捻転あり)
2013.3.16 PM5:15永眠


・・・・・・・・・・・・
ミント
ミント@セキセイインコ
オパーリンブルーの♂
2001年11月24日購入
2008.4.20 AM4:40永眠


バナナ
バナナ@オカメインコ
パールパイドの♀
2002年11月1日生まれ
2010.1.4 PM永眠

幸せをつかんだ子たち
メイ
メイ(現@にぃにょ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
テン
テン(現@のわ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
レモン
レモン

2011年1月、里子に行く
里親様・横浜市のU様。
・・・・・・・・・・・・