FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2009年07月17日 (金) | 編集 |
まーくんは水容器の前で横になり、たまに水を飲もうとして
水容器を覗き込み、でもそのまま又横になる。
そんな行動を何度かしていた。

3ヶ月後には16歳になるまーくん。
腎不全、糖尿病??それらを疑いつつ朝一番で病院へ。
受付でまーくんの状態を話し、女の先生を希望という事と
血液検査もお願いしますと伝えたところ、
ひまの歯石とりの時にいつもお願いするI先生が診てくれた。

体重・・2、76kg 軽すぎ・・。
昨日からの様子を話し、採血。
そして20分ほどで結果が出た。

「肝臓ですね」とすぐに言われ、椅子に座り結果を見ると
凄い高数値だった。高数値だったからという事で
ビリルビンも測定したところ、これまた高数値。
そして白血球も高い。

以前、息吹が高くなった時もかなり驚く数値だったけど
将也はそれを遥かに上回っていた。

 息吹の時(去年の11月)

ALP(正常値 ~165) 
559

GPT(正常値11~50)
491

GOT(正常値8~30) 
338

ビリルビン(正常値0、1~0、4)
1、1

これでびっくりしていたのに将也は・・

ALP(正常値 ~165) 
142 これは正常値内

GPT(正常値11~50)
939

GOT(正常値8~30) 
689

ビリルビン(正常値0、1~0、4)
3、5

WBC(白血球)
37400
将也は通常6000~8000くらい。

そんなわけで、暫く通院が必要な状態でした。
1番は入院して静脈点滴がいいらしいけど、
皮下点滴&注射に1日1回通い(今日は2回行った)
そして火曜日に血液検査でチェックをして、
下がってなかったり、逆にもっと上がっていたりすれば
入院を考えると先生に話をした。
黄疸がかなり出ているのが気になるところだけど
これは、下がりやすいものでもあるということで、
とりあえず毎日の通院。

------

 9時過ぎ

■ 体重 2、76kg

■ 皮下輸液 
フィジオ(酢酸リンゲル液)120ml

■ 注射(皮下投与)
ビクシリン-ペニシリン系抗生物質製剤
ファモチジン-消化性潰瘍用剤
ネオミノファーゲンシー-肝・循環機能改善剤
タチオン-肝臓障害用薬
メロキシカム-解熱鎮痛消炎剤


 18時半過ぎ

■ 体重 2、90kg(輸液をしたからその重さが加わっている)

■ 皮下輸液 
フィジオ(酢酸リンゲル液)120ml

■ 注射(皮下投与)
セファメジン-セフェム系の抗生物質
ファモチジン-消化性潰瘍用剤
ネオミノファーゲンシー-肝・循環機能改善剤
タチオン-肝臓障害用薬

■ 水分・ご飯

自力では摂らず

■ 嘔吐

22時半現在無し

------

私はもうここのとこ毎日行ってるし、まーくんも毎日の通院が
これで暫く始まるし、仕事かよ!!というくらいに毎日通うことになる。
シニアばかりとの暮らしはこんなもんです。

昨日はグッタリだったまーくん。
今日の21時過ぎには、ご飯くれくれワンニャンの輪に
入っていました(あげたけど食べなかった)
ついでに言えば、キミたち(まーくん以外)食べたじゃん!なのですが。。

inuneko20090717.jpg

そして・・後ろにはびっちゃんがいたりもします。
多血症の検査結果はまだ聞いていないけど(日曜日に聞きに行く予定)
ヨロヨロしながらもここまで動けるようになっています。
病気は別として、びっちゃんは頑張って生きています。