FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2009年08月18日 (火) | 編集 |
まーくんはまだ入院中。

心筋症のこともあるので、量は少なめの静脈点滴だけど、
だから下がらないというよりも、腎臓の限界と考えたほうがいいらしい。
そして、静脈点滴をしているから仕方がないけれど、貧血もすすんだ。
昨日14だったPCVは今日は9・・。
腎不全、もしくは貧血の猫飼いさんには恐ろしい数値だろうな。
貧血はすすんだけど、腎臓自体の変化はほとんど無し。
メモする余裕すら私にはなく、覚えている限りでは、
BUNが122、4から116くらいに下がり、
CREが6、2から5、6だったかな。
主治医の先生も、もう少し下がると思っていたようです。

静脈点滴はもう少し続けてみることにしました。
そして貧血に関しては、輸血をしていないかを聞いたところ
そこの病院では犬の輸血はしているけれど猫はしていないそうです。
だからと言って、このままにしておくことも出来ないので
エリスロポエチン(造血ホルモン)の投与にかけてみる事にした。
かかりつけ医ではまずは3~4回投与し、その段階で検査をするそうです。
こうした方がいいというのがエリスロポエチン投与に関しては
あると思うけど、かかりつけ医にはそこのやり方があるし
今はとにかくそこにかけてみるということしか出来ない。

年齢のこと、腎臓の状態、数値の下がりが悪いことも含め、
通院での処置をしていくかという話もでた。
ここの病院でそう言われるのは、今までの経験上、
入院をしても回復をしない時が多いのです。
なるべく家で一緒に過ごして、そして家で看取ってあげたほうが
いいという意味でしょうね。

とりあえず、まーくん今はグッタリではなくご飯も食べているようなので
ちょっとだけ静脈点滴にかける。
週末になっても変化がなければ退院させて自宅で過ごさせます。

入院は現段階では続けるけれど、今より食欲が落ちたり
グッタリするようになったらすぐに電話をしてくださいと言ってあります。
そうなったらすぐに家に連れて帰ります。

16歳を迎えるのは難しいのかな。。

最後に・・
腎性貧血に関して、いい商品(鉄剤など)があったら是非教えてください。
鍵コメ、メールフォームなどでもいいので、宜しくお願いします。
とにかく、貧血状態を何とかしてあげたいと思っています。


2009年08月18日 (火) | 編集 |
びっちゃん、1日の入院ですみました。

(チビのカテゴリだけを読んでいる方もいるかもしれないので、
昨日の記事はこちらからお読みください)

びっちゃんは多血による腎機能障害だったのもあり、
1日の静脈点滴で数値が下がった為、夕方退院してきました。

ただ、これからもこういった事はおこってくると思うし、
皮下輸液での吸収がなかなか出来なくなってきているので
可能な限りはこうして対処療法で静脈点滴をしていくのだと思う。

今回のことで、心疾患からくる多血の可能性は低いこと、
そして、大学病院に行った時に出来なかった(次回する事になっていた)
低酸素症の検査もしたらしく、それに関しては異常なしだったそうです。
という事は、あとはもう、骨髄の検査をするとか、麻酔をかけてCTを
撮るとか、そういった検査になってくるので、もうここから先を追及するのは
やめておこうと考えています。抗がん剤も手術も出来ないし、残る可能性を
追求したところで意味がないと思います。


 検査結果

PCV

8/17→72  8/18→65

BUN(正常値4、8~31、4) 

8/17→35、9  8/18→22、3

CRE(正常値0、2~1、6) 

8/17→3、4  8/18→0、6

夕方ギリギリまで点滴をしていたので、カートの中で1回おしっこ、
帰宅直後におしっこ、その後も2度おしっこ。
3時間半の間に大量のおしっこをいっぱいしています。

今後はまた今までのペースでの通院です。

chibi20090818.jpg