FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2009年08月19日 (水) | 編集 |
今日は動物病院の休診日。
休診日でも継続治療の子、面会の方は
予約をして来院するので、朝電話をして午後2時に行って来た。

数値のわりには食べたりスリスリしたりもしていると昨日聞き、
私は静脈点滴での腎機能数値が下がることに望みをかけた。
でも、それによって貧血がすすむこと、どちらをとればいいかが
判断出来ずにいた。

エリスロポエチンが効いてくれれば・・
1日じゃ駄目だったけど、もう少しすれば少し下がるかも。

そんな、ほんの少しの希望に昨日はかけていたけれど、
今日まーくんに会い、無駄な希望をもつのはやめようと思った。
諦めたわけではない、だけど現実と向き合うということも
大事だと今までワンニャンを亡くしてそう感じている。

当直の先生に聞いた。
「先生は動物と暮らしていますか?」と。
当直の先生は猫と暮らしていた。
「先生のお家の猫ちゃんが将也と同じような状態だったら
どうしますか?この状態から回復すると思いますか?」と聞いた。
獣医師としての意見、飼い主としての意見を聞きたかった。

先生はこう言ったよ。
「どうするかはそれぞれでしょうけど、私は家で看取りたいし
離れているのは心配なので家に連れて帰ります」

あ~、まーくんはもう、看取るという言葉が出る状態なんだよね。
通院でも十分です、もう少し入院で頑張れますという状態ではない。
いつどうなってもおかしくないしそばにいたいと先生は言った。
その言葉が、迷っていた私の背中をドンと押した。

もう、そばにいよう、一緒にいよう。
治療よりも一緒にいる時間をもとう。

明日からは通院で皮下輸液とエリスロポエチンの投与をします。
エリスロポエチンは土曜日までの予定と今日言っていたので
そこで血検。かかりつけ医では耐性が出来てしまうということで
5日間までの投与という話だった。

まーくん、たった2日の入院でいっそう痩せてしまった。
帰宅後は、まーくんが大好きな場所、キッチンのマットの上に
寝かせている(入院中に洗濯をしておいてよかった)
動きがない、うずくまっている。

びっちゃんの事も含め、更新は重要なことだけになるかもしれません。


2009年08月19日 (水) | 編集 |
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請