2009/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
最新記事
カテゴリー
ブログについて
● 限定記事に関して
パスワードをお知らせできるのは
ある程度のやり取りがある方のみと
させていただいています
FC2ブログの方はブロとも申請、
その他の方はメールフォームにて
パスの問い合わせをお願いします
(パスは定期的に変更します)

● コメント、メールに関して
コメントは承認制にしています
内容によっては承認不可、削除の場合も
あるのでご了承ください
アフィリエイト系のブログからのコメントは
承認、返信致しませんのでご了承ください
メールでのお問い合わせについても
内容によってはお返事できない事もあります
ログ

09月 | 2009年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


リンク
ブログリスト

最新コメント
SOS

CATNAP

ピースハウス

多摩センター動物被害者の会

++Dear.こげんた++

日本にアニマルポリスを誕生させよう!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
まーくんは内服薬で苦労する
腎不全という診断をされてからまーくんは腎臓重視にしていて、
アムロジンもグリチロンもウルソもやめている。

直接薬を口に入れると、まーくんは高い確率で吐く。
ピルクラッシャーでこまかーく砕いて混ぜても味でバレる。
ご飯(ウェット)=不味いものと思われたら困るからね、今は。
今のところは毎日ネフ入りご飯を1缶(40g)食べてくれていて、
それはまーくんにしたら凄いことで、それを崩したくない。

たぶん、まーくんの場合は薬が合わなくて吐くのではなくて
無理やりされることがストレスで吐いてしまっているようだから
内服薬が駄目な子にする様々な手も使えない。
とにかくバレないように、いかに自然に口にしてもらうかだ。

でも、数日前から始まった例の鼻プシュ。
目つきもドヨーンとしてきたし、これ以上酷くなると
食べないことにつながってしまうから抗生剤を昨日の朝から
始めたけど、10分くらいして案の定吐いたー。
夜はなんとか吐かずにすみ、今朝はスープのパウチの味の濃さで
誤魔化してあげてみようと思い、ほんの少しのスープに混ぜてみた。
舌に感じるザラっとした感触でも気付かれてしまうし、
ピルクラッシャーで砕いた後はスプーンで念入りに粉状にする。
お皿にスープのみを少し入れて薬を入れたが薬臭い・・。
でも、鼻にきているまーくんは気付かず口にしてくれた。
昨夜は、ネフ入りご飯をあげても全く食べようとしなくて
食欲不振が始まった!!とすっごく焦ったんだけど
横に置いたことに気付いていなかった様子。
お皿に近づけたら、いつもより勢いはないものの完食。

今後はまーくんの寒さ対策を考えなくてはいけないわー。
夫部屋は寒い部屋なので、今は朝の寒い時間に1時間ほど
サンラメラをつけて部屋を暖めている。


日曜日にまーくんの約1ヶ月分の点滴を買いに行った。
次回は検査をしてもらおうと思う。

 まーくん病院代(かかりつけ医②)

■ 点滴薬(ソルラクト500ml×4) 3200円

■ シリンジ 4本 400円

■ 21G翼状針 30本 3000円

■ 18G針 4本 400円

■ 処方料 500円

計 7、870円


 
また数値が上がってきているかも・・
抗がん剤服用がちょうど1週間前。
日曜日の検査ではまだ数値上昇がなかったけど
今日びっちゃんの肌をみて「あれ・・赤いな・・」と感じた。
あえてそれは口にしなかったが、夫も帰宅して少しして
「また肌が赤くなってきてるな」って言っていた。
「だよね、赤いよね」と話していたんだけど、また数値上昇かもしれない。

抗がん剤の副作用の時のとは違う、多血本来の不調さが出ている。
あと最近気になるのは、前にも書いたかもしれないんだけど
認知症の子がするような行動をとること。
これは、認知症が出てきたというより、脳になんかしらの
影響が出てきているのかなという感じだ。

抗がん剤も辛い、でも多血も辛い、どうしようね。
抗がん剤は量がびっちゃんには多すぎたと思うし、
量を少なくし、回数も少なくし、それで多血自体を軽く出来れば
血栓ができる可能性も減らせていいのかなと思う。

昨日からちょっと多血の症状が出始めて、昨日も今日も
起きたときに寝床におしっこ。
今日は洋服までびっちょりで、シャンプータオルで拭いた後に
温めたタオルで拭いたけど、おしっこのニオイはとれず、
夜、夫に洗ってもらった。時間をかけることは出来ないし
ササっと洗って2人で一気に乾かした。

幸い、療法食以外は食べてくれるから助かる。
今日もウェットフードを数種類買ってきた。

昼間の写真。
びっちゃん、耳を立てて寝ている時はご機嫌の証。
携帯を持ってそっと近づいて撮影。
20091027 (1)

で・・起きちゃいました、おはよ。
びっちゃん、寝ぐせ凄いよ。
20091027.jpg

ふと、去年の今頃はどんなだったっけなーと思って写真を見てみた。
去年の10月24日の写真。目に力があるよー、表情もある
chibi20081024-4.jpg

chibi20081024-2_20091027223238.jpg

------

26日、27日のびっちゃん記録

■ 皮下輸液  
26日:100ml(上半身40ml、下半身60ml)
27日:60ml(中央部)

■ 点鼻 両日とも3回

■ 嘔吐 両日とも0回

■ うんち 26日 0回 / 27日 2回(1回は刺激で排便させた)

------

ごはん

26日 
モアソフト(ホース)50g ※ご支援していただいたフード
ウェットフード 90g

27日 
モアソフト(ホース)60g ※ご支援していただいたフード
ウェットフード 70g

------

26日:起床時に寝床に鼻血あり。
27日:昨夜から輸液の吸収が遅くなってきた。


 
ご飯のおまけ
hima20091026.jpg

最近はめっきりブログに出てこないひまっぺですが
たまに逆くしゃみや、僧帽弁閉鎖不全症の子特有の咳があるけれど
病院のお世話になることはなく過ごしています。
(お薬は毎日飲んでいるけどね)

先日、ひまちゃんご飯をネットで注文。
ボッシュのハイプレミアムスペシャルライトを食べているんだけど
毎回同じお店で買っている。

毎回、手書きのメッセージがついていて、とても嬉しい。
今は3千円以上で送料無料だったから1袋だけ買った。
5千円以上でおやつがおまけにつくと書いてあったんだけど
それ以下でもこれがついてきた。
20091026.jpg

ちょっとした一言でも手書きというのはいいですね。
私もお客様をは打ち合わせ時にしかなかなか会わないので
最終日には手書きで手紙を残すようにしています。
(お友達依頼の仕事はその後に会うので省略してしまっているけれど・・ごめんね)


 
抗がん剤を中止してどう変化があるか・・
確実に飲めた20日の抗がん剤。
たった1回の服用でPCVは58まで落ちた。
この薬が体内から完全に出るまでどれくらいかかるのかは
わからないけど、22日服用予定だったのは中止したし、
22日の検査で58だったPCVがどう変化しているかを
チェックする為に病院に行ってきた。
そしたらナント!今回のPCVは56、すげー。
まだ薬が体内にあって効いているのかな。
抗がん剤がどう効くかというのは、元がん患者の私でも
わかりません(私は抗がん剤をしていないし)

今までと同じく横になっている時間がほとんどだけど、
薬を飲んでいる時は顔をあげることもしなかったびっちゃんが
昨日からは横になりながら顔をあげてこっちを見ていたり、
キッチンに入ってきたり、ご飯を食べていると横にきたりするようになった。
歩けば転ぶし、立っていても身体はユラユラ揺れてバランスがとれないけど
確実に調子が戻ってきている。

携帯のカメラだから全然撮れない・・
びっちゃん、案外動きがあってブレてしまう。
とりあえず、立ち上がっているよという写真。
服をくるくるとめくりあげられているのは、輸液後だから(笑)
20091024-2035.jpg

22日以降は嘔吐もなくなった。
あの嘔吐はやはり抗がん剤の副作用だったんだと思う。

ただ、心雑音が酷くなってきているらしいので、
輸液は今日からは60mlでいいらしいです。
これは、黄疸がなくなればいつもどおりに瀉血した時だけに
なると思うし、今は毎日チクっとさせてもらっている。
びっちゃんは抵抗しないし(寝ちゃうし)楽ちん楽ちん。

 チビ病院代

■ 再診料 525円

■ 血液検査(CBC) 1575円

■ 抗生剤引き取り -693円

計 1、407円

※ 
鼻の症状が治まらないから抗生剤中止になった時に
残っている薬を次回持ってきてくださいといわれたので
持っていったら引き取りになり、今回の会計で薬代が引かれた。

累計 632、061円

何もなければ次回は週末に病院予定。

------

24日、25日のびっちゃん記録

■ 皮下輸液  24日:120ml / 25日:60ml

■ 点鼻 両日とも3回

■ 嘔吐 両日とも0回

■ うんち 24日 2回 / 25日 1回(刺激で排便させた)

------

ごはん

24日 
モアソフト(ホース)55g ※ご支援していただいたフード
ウェットフード 90g

25日 
モアソフト(ホース)50g ※ご支援していただいたフード
ウェットフード 65g

------

まだ寝床に鼻血あり。


 
むっちゃん健康診断
健康診断と言っても、9月に血液検査、尿検査、超音波検査はしているし、
今回は保険に入る為に必要な健康診断です。
若い子はいーっぱい選択肢があるペット保険。
年齢がいっている子が入れる保険は怪しいと正直思ってしまうけど
念のため入っておこうかなーと思って資料取り寄せ。
慢性疾患は年に2回までの請求しか出来ないし、1ヶ月以内に請求を
しなくてはいけないし、どうなんだろうなーと思ったりもするけれど、
まーくんのケースもあるし、入院になれば4~5万はポンといくわけで
(まーくんが夏に入院した時はそれくらいいった)
最悪の事態を考えての、本当の意味での保険。
保険料を払うほうが大きいかもとか、貯金をしていたほうがいいかもとか
そういったことを考えることがない申込み。掛金も安いしね。
審査に通るかって話もあるし、駄目なら仕方がない。
健康診断は、1ヶ月以内の結果が必要なので、今日また検査をしたのです。

今回、提出しなくてはいけない健康診断をして、いまさら気付いた事実。
かかりつけ病院は、血液検査の結果を手帳に記入してくれる。
これはこれで、個別管理でとても便利なんだけど・・・。
でも、結果表として紙で渡されるわけではないから、今回のように
提出となると、作成してもらうことになるんだよ。

びっちゃんの保護当時に行った病院では、病院名が書かれた用紙があって、
それに手書きで結果を書いて渡してくれた。
その他、うちの子たちが通った他の病院では全てプリントされた結果表。
でも、かかりつけ医にはどちらもないのだ。
だから、尿検査をしても「異常はありません」で終わり、詳細不明。
カルテには書いてあるけれど、結果がわからない。
私は手元に結果が欲しいほうだし、自分で検査項目の用紙を作って
今後、尿検査をした時はそれに書いてもらおう。

おつかれさま。
20091024-1534.jpg


 睦月病院代

■ 再診料 525円

■ 血液検査 1575円

■ 尿検査 1050円

■ 歯科処置(スケーリング) 525円

■ 文書料 2100円

計 5、775円

お口チェックもされて、歯石が奥歯についていたので
とってもらいました。むっちゃん、カリカリされていても抵抗なし!
片側が終わり、反対側の最後のほうで「いや~」という感じに
前足をむにょーんって出しただけ。
イブちゃんは絶対に歯の処置はしてもらえないなー(笑)
採血で大騒ぎだしね。むっちゃんは採血も楽勝ですから


 
息吹、3kg台になっていた
去年の秋、肝数値が高くなって黄疸が出てグッタリになった息吹。
皮下輸液に通い、内服をし、落ち着いてからは検査間隔もあき、
最後の検査は今年の3月末。季節の変わり目で体調も崩しやすく
換毛期も関係あるのか嘔吐も最近あるから検査に行ってきました。
息吹か睦月のどっちかのおしっこが黄色いのも気になるし
黄疸が出たことがある息吹をまず検査。

うちでは1番採血に苦労する息吹。
ご機嫌なうちに採血がすまないと怒り出して、
シャーシャーいうし、噛もうとする。
今日もやはり、怒りスイッチが入ってしまいました・・。

採血が終わって待合室に戻って数分。
今日は普段はあまり診てもらわない先生で、問診の前に採血、検査だった。
待合室で、「肝臓のチェックをします」と言ってたよなーと気付く。
受付でその点を確認してほしいと伝えたところ、やはりCBCと肝臓に関する
項目だけを検査中だったので、全ての項目を調べてもらいたいと
お願いをしました。せっかく血を採ったんだしねー。

結果は、トータルで考えれば、年相応。
17項目の検査をし、正常値をオーバーしたのは以下6項目。

TP  8、2 
(正常値は今わからず。でも高めらしい)

ALP 186 
(正常値は165まで)

GPT 77 
(正常値は50まで)

ALB 3、9
(正常値は3、3まで)

TCHO 324 
(正常値は176まで)

Ca 12、4 
(正常値は11、9まで)

少し高いな・・くらいだけど、コレステロールはめちゃくちゃ高い。
去年の11月22日の検査では211だった。
体重がこの7ヶ月間で結構落ちていて、その点と関係があるのかな。

今後は、月1くらいで体重測定をしつつ、他の検査もしていくことになった。
体重は3月28日には4、50kgだったのが今日は3、82kg。
イブちゃん、子宮蓄膿症で摘出手術をしてからぐんぐん体重が増えてたし
3kg台になったのは何年かぶり。

脱水気味だと思うし、皮下輸液で水分補給をするといいと言っていて
息吹は家での輸液は厳しいだろうし(絶対に怒りそう)
お願いしますと言ったんだけど、しないで終わったよ(笑)
違う話をしていたし、たぶん忘れてしまったんだと思う。
注射(薬)は必要なく、補液だけと言っていたし、明日してみるかなー。
今日は夫はもう寝ているし無理だ。
我が家では、チンチラ女組はみんな自宅輸液は難しそう。
普段は甘ったれでも、ブラッシングや爪きりでも怒るしさ。
甘ったれといえば、診察室での息吹。
すんごい撫でられて、診察台の上でゴロゴロ転がってご機嫌だった。
「先生、それ撫ですぎ」って思うくらいに触られていて、
でも、それでご機嫌になっている息吹も可笑しかった。

今日は胃の薬だけ処方してもらった。
嘔吐をしている時だけ使えばいいということ。


 イブ病院代

■ 再診料 525円

■ 血液検査 8400円

■ 内服薬5日分(ガスター・プリンペラン10包) 1315円

計 10、240円


年内中には椛も検査をしなくてはいけない(もう1年していないよ・・)
ひまちゃんの心臓の検査も年内か年明け。
びっちゃんとまーくんの事にばかり神経がいっているけど
シニアばかりの我が家は、本当はみんなをしっかりみないといけない。


 
歩けないの・・
保護後、半麻痺状態で我が家に来てからも歩くのは困難だったけど
リハビリを続けることでヨロヨロしながらも歩いて、たまに走ったりも
するくらいになったびっちゃん。
でも、多血になってからはどんどん筋力が低下して、
今はほとんど歩けない。

下半身は細く、筋肉がまったくないような脚になってしまった。
介助しつつ少し歩かせたり、マッサージをしたりしているけど
筋力低下には追いつけず、この数日は1~2歩歩いて転んでしまう。
今日、リビングに出している時に私が手をはなせない状態のなか、
びっちゃんが起き出し、歩いて転んでを繰り返して進んでいた。
転び方が危ない転び方ではないから今日はすぐに駆けつけなかったんだけど
何をしに行っているのかと思ったら、トイレシーツに行っておしっこをしていた。

びっちゃん、あんたそんな身体で、歩けないのにエライよ。
ちゃんとシーツにしっかりしていたよ。
健気すぎて泣ける。
こんなびっちゃんだから、寝床でおしっこをしちゃうときは
自分でも嫌だろうし、本当に辛いときなんだよね。

絶対にしないと決めていた抗がん剤。
私は抗がん剤のような薬ということで使用することにした。
抗がん剤というカテゴリーに入るほどのものではないと思った。
この薬を使って、びっちゃんを悪くしたのか、今現在は多血が
軽減されていてその部分では楽なのか、それはわからない。
薬を使う前から食欲は落ちていたし、何処かに支障が
出ているのかもしれないし、考えても結果は出ない。
だけど、目の前で見ていると考えてしまう。
モンモンモンモン・・・

今日のびっちゃん

■ 皮下輸液:110ml

■ 点鼻 3回

■ 嘔吐 0回

■ うんち 1回

-----

ごはん

モアソフト(ホース)62g ※ご支援していただいたフード

ウェットフード 95g

-----

寝床にまだ鼻血はつくけれど、どんどん薄い色になっている。


 
抗がん剤、一時中止
かかりつけ病院での診察。
待ち時間、診察時間、検査待ち時間を含め、2時間半。
びっちゃん、今日は5時間近くの外出になってしまった。

最近、病院でよく会う、この地区のボランティア団体の代表の方がいる。
いろんな子を見ているのもあって、やはり詳しい。
以前会ったときに、口の中の癌のネコちゃんを連れて来ていたけど
その子は亡くなってしまったということだった・・。
癌という流れで抗がん剤の話になった。
抗がん剤に関しても考え方は人それぞれ。
実際にそれで治る子もいるし、副作用が少ない子もいるだろう。
だけど、中には「しなきゃよかった」と思う人もいる。
苦しめるだけになってしまった、余計に酷くなってしまったという例。
その方がそういったことが多かったようで、以来、抗がん剤は
使わないというスタンスでやっているらしい。
私もびっちゃんの副作用はもう見たくないし、やめよう!そう思った。

でも・・・・。
びっちゃん、たぶん1回目は吸収されていないから、一昨日だけ
ちゃんと吸収されたと思うんだけど、数値が下がっていたの。
67~69が多く、ここ最近は74の時もあったPCV。
それがナント今回は58。
そのうえ、今までなかなか吸収されなかった輸液も1晩で吸収されていたし
脚の浮腫みもなくなって、熱も低体温が続いていたのが平熱になって、
薬を飲んだことによるプラス面があった。

でも、薬の影響かは不明だけど、マイナス面も発覚。
採血をしてすぐに呼ばれ、どうやら黄疸があるということで
臓器に影響が出ているか、検査をしたほうがいいと思うということ。
どの項目を調べてみるかの確認でした。
とりあえず、影響が出ると考えられる肝臓、そして炎症反応、
黄疸の数値を調べてもらうことにした。
そこでまた待合室で20分ほど待ち・・・。

結果は、肝臓には影響は出ていなかった。
元々高いALPは709あったけど、8月の検査でも801。
(正常値は254までだけど元々びっちゃんはALPが高い)
GPT、GOT、ALBは正常範囲内。
そして、炎症反応は3、10(正常値は1、0未満)で高め。
ただ、この数値(CRP)は以前に7近くになったこともある。
黄疸も1、2(正常値は0、1~0、5)で、正常値を超えていたけれど
異常に高いわけではないから、家でゆっくりさせて、毎日120mlの
皮下輸液をしてくださいということでした。
検査結果次第では入院になっていたところだけど、とりあえずは
自宅での輸液で様子見。何かまたおかしいところがあったら
すぐに電話をしてくださいということでした。

歯からきているのか、くしゃみをして鼻水が出ることもあり、
11日から抗生剤を飲んでいたけれど治まらないので中止。
鼻の症状(鼻血も出たし)が酷いし、今日から点鼻薬に変更。
それで炎症を抑えることが出来れば、血も止まるだろうということで
止血剤はなし。何もなければ週明けにまた検査です。

抗がん剤に関しては、もうやめたいと伝えました。
主治医も、ここまでの副作用が出るのであれば、チビちゃんが
楽になるという目的からズレるし、そのほうがいいと言っていました。
でも、その後の検査結果がよかったこともあるし、
身体症状の改善(浮腫みがなくなったこと、吸収がよくなったこと)も
あるので、いま中止とは考えず、とりあえず薬抜きの為に1週間は
やめて、そこでまた考えてみようということになりました。
ただ、もし再開する場合、量は減らして、毎日の服用も
避けたいという気持ちは伝えました。
薬を再開するかどうかは、今後の生活の中でのびっちゃんを見て
夫とも相談して決めたいと思う。
今、多血が少し和らいでいるけれど、それでもだるいならば
それは多血からくるものではないかもしれないし。

とにかく、びっちゃんのケースは珍しく、
大学病院の先生とも「これだけの検査をして多血になっている
原因が見つからないのは初めてだ」という話をしているようです。


 チビ病院代

■ 再診料 525円

■ 血液検査(CBC、電解質、肝臓、ビリルビン) 5250円

■ 血液検査(CRP) 1575円

■ 外用薬(点鼻薬) 630円

計 7、980円

累計 630、654円


今日のびっちゃん

■ 皮下輸液:120ml

■ 嘔吐 0回

■ うんち 0回

-----

ごはん

モアソフト(ホース)46g ※ご支援していただいたフード

ウェットフード 64g

-----

朝起きたらサークル内に鼻血。
口の粘膜も赤くなっている(両方とも左側)。
2~3歩歩いて倒れこみ、起き上がれなくなる。
朝は横になったままおしっこをしてしまう。
夕方以降、おしっこするよの合図あり。

chibi20091022-2.jpg

chibi20091022.jpg


 
理想と現実
朝起きたら、びっちゃんのサークルの中のあちこちに血が・・・。
今日は夫が講習会で有給をとっていたので急いで起こしてチェック。
鼻からの出血でした。口の中を見てみたら、悪いほう(左側)の歯茎も
真っ赤になっていた。

今日は、夫の講習会が午後だった為、午前中にまず点滴を処方して
もらっている病院のほうへびっちゃんを連れて行った。
そこでは、首のリンパが気になったようで、検査をしてみようかというところまで
話がいったんだけど、その後の話の中で、下手にいじることは出来ないと言われた。
というのも、びっちゃんは東大にも行ったし、今でも主治医と東大の先生は
連絡をとりあっている。そうして処置をしている中で、違う処置をすることも
出来ないし、大学病院という太いパイプをもっているのはいいことだし
しっかり主治医の先生と今後について話をしたほうがいいと言われた。

私がいまいち信頼しきっていないこと、もやもやとしていること。
だけど、それでも通っているのは私。
嫌ならば、通える範囲で違う病院に行くことも出来るけど
行ける病院もない。だけど、それも私の都合なんだよ。
今までしたびっちゃんのデータをかかりつけ医はいっぱい持っている。
それを無駄にしたくないし、それは現実的にしないほうがいい。
こういったことに直面したとき、飼い主はどうすることがいいかの
判断に鈍ったりすると思う。これでいいのか、どうすればいいのか。
いま私はその渦中、ホントに真っ只中にいて、混乱中。
でも、点滴処方をしてくれているほうの主治医と話すことで
私も冷静に考えないといけないなと思えた。
点滴を処方することも、びっちゃんはそういった事情もあるし
そこで診てもらっているわけではないからNGだそうだ。
「○○さんが一生懸命なのがわかるので処方をしているけれど
大学病院、かかりつけの病院とのトラブルにもなりかねないし
本来は駄目なんですよ」と小声で言われた。
うん、そうだよね・・・かかりつけ病院は知っているし、
実際問題としてトラブルにはならないけれど、病院としては
駄目なのは当然だと思う。

かかりつけ病院が自宅輸液OKならどんなにいいかって思ってしまう。
私が行ける範囲では6つの動物病院があるんだけど、
そのうち2つが自宅輸液NG。その1つが、かかりつけ病院;
ちなみに、もう1つはうちが10年以上通っていた病院。
(ここは、病院での皮下輸液もしないから自宅でなんて考えもしないかも)
飼い主都合だってわかってるさー。でも、自宅でさせてくれたら
動くのもしんどいびっちゃんもストレスが軽減されるし、
うちも金銭面で助かる。飼い主都合だって思うけど、自宅でさせてほしいと
思うのは、正直な気持ち。
びっちゃんは頻繁に輸液が必要な状態になってしまったし
なくなったらまた頼んではみる。
主治医の先生は日曜日で退職で、引き継ぎの先生がOKをしてくれるか
それはわからない。駄目なら駄目で、またその点をどうクリアするかを
考えるつもりでいる。

自宅で輸液が必要になって、かかりつけ病院がNGで転院をした人を
今までいっぱい見てきた。実際にうちもそうした。
だけど、びっちゃんはそれが出来ないからね・・・・。
大学病院とは繋がっていたほうがいいようだから転院はしないと決めた。

驚いたことに、1時間半近くも、主治医の先生と話をしていた。
ほとんど先生が話していて、それを聞いていただけだけど;
そのまま、かかりつけ病院へ。
夫は講習会に行かないといけない為、私とびっちゃんを病院前でおろして
家に帰ってもらった。

本日2度目の診察、かかりつけ病院での記録に続きます。
(長くなるのでわけます)


 チビ病院代

■ 診察料 1050円

計 1050円

累計 622、674円


 
嘔吐
今回は夜中の嘔吐がなく、ちょっと安心したんだけど、
丸1日後の今日の13時半に嘔吐。
そして夕方、おしっこをして、うんちをして、その次に嘔吐。
フードがそのまま・・というものではなかったから
昨日飲ませた薬は吸収はされたと思う。

だけど・・・辛そうだー。
吐く時も、今までの嘔吐とは違うの。
ケポっと出るのではなく、奥から吐き出す感じ。

明日、主治医に言おうと思う。
こんなに早く副作用が出ないと言われるかもしれない。
だけど、今までないから平気、弱い薬だから平気というのはない。
主治医は「弱い抗がん剤」というこの薬。
抗がん剤の中ではそうなのかもしれない。
でも、国立がんセンターのサイトの中にこう書かれていた。

このお薬の有効成分である白い粉末は、慎重な取り扱いが必要なため、
カプセルに詰めて安全に取り扱えるようにしてあります。
ですから、くれぐれもカプセルをかんだり砕いたりすることはおやめ下さい。


大きいし、びっちゃん丸呑みはしていないと思うよ?
噛んだりして口の中に粉が付いたらどうなるの?
半量にして毎日服用に変更する場合は粉で出されて
それをフードにそのまま混ぜることになるけど、大丈夫なのかな。

いま、夫と話をしているのは、治す意味でしているわけではないのに、
ここまでの副作用は可哀相だということ。
副作用も少なく、造血を抑えることで楽になるし
試す価値はあると思いますと言われ決断した。
どんどん多血は進んでいるし、このままだと衰弱して死んでしまうと
言われて、造血を抑えたいと思った。
どういったやり取りがあったにしても決断したのは私たち。

だけど、今の苦しみを続けるのはもういいやっていう気持ち。
多血である以上苦しいのは変わらないとは思う。
でも、薬を初めてからガクっと体力も食欲も落ちたし、
びっちゃんには合わなかった・・そう思う。
明日、また病院に行って、主治医と話す。
そして、嘔吐をかなり大量にしているし血液検査もしてもらおう。
もしこれで、PCVに変化があったらそこでまた悩むんだろうなー。
60くらいに下がっていたりしたらね。
「薬はやめたい」はあくまでも今の気持ち。

副作用が軽減する可能性があるかなど、明日またちゃんと話す。
まだ質問がある段階で終わらせられることがありませんように。

最近はデジカメで撮った写真をパソコンに落としてサイズ変更して・・と
いうことをする余裕もないので、携帯で撮った写真を使っています。
暫くはそうなると思うので見づらい写真も多いと思いますが、
今、必死に闘っているびっちゃんを見てほしいので載せます。

------

ここで寝たくてここにいるのではなく、倒れこんでそのまま寝ています。
サークルにかけているタオルシーツはびっちゃんの寝る場所用。
2枚あって交互に使っているんだけど、最近は毎日洗濯です。
chibi20091021.jpg

chibi20091021 (1)


今日のびっちゃん

■ 皮下輸液:120ml

■ 嘔吐 2回

■ うんち 3回

-----

ごはん

モアソフト(ホース)45g ※ご支援していただいたフード

ウェットフード 50g

-----

身体に力が入らず、倒れこんでしまうことが多い
数分前にも、私のマットレスの上で寝ていたびっちゃんが
突然立ち上がり、その場でクルクルとまわってバタンと凄い勢いで
倒れてしまった。焦った・・・・


 
抗がん剤(2回目)
今は動くのも怠そうだし出来るだけ無意味な通院はしたくない。
電話で話せる事であればそうしてほしい。

昨日の電話で来るように言われて、出来れば動かしたくないとも言った。
行けば2時間はかかるし、そのストレスを今は与えたくないことも。
でも、行かなきゃ駄目か…という空気だったし行った。
8時50分くらいに来てもらえばすぐに診れると思うと言われたけど
その時間でも結局2時間かかった…

待合室はいっぱいで入れず、外で待つ。
chibi20091020 (1)

体重が落ちていないかチェック
抗がん剤1回目の日に変な歩き方をしていたからチェック


びっちゃんを連れてくるように言われたのはこの2つ。
もちろん、薬に関しての話もあるけれど、それは私だけ行っても済むこと。
体重も家で量れるけど、歩き方のチェック(何処かに麻痺が出ていないかなど)は
素人じゃわからない。この点は私も気になっていたし、何処かに血栓が
出来ている可能性も含め、連れていくのが妥当だろうと思った。

でも・・体重はかって、検温して、電話で話した後にも2度嘔吐したと伝えて
薬をどうするか話して終わった。びっちゃん連れてくる意味ありました?
おまけに「じゃあ、今日はこれで」とカルテをパタン。怒りフツフツ・・

家に帰宅しても怒りが治まらずに電話をした。
歩き方のチェックは必要なかったのか?ということ。
そしたら、どうやら脚を触って血圧の低下だろうと思ったから
チェックをしなかったんだって・・。それって私に言うことじゃないの??
何回か書いているけど、獣医師だけがわかっていればいいことじゃなくて、
飼い主もわかっていなきゃいけないことでしょ。

ちなみに抗がん剤。
嘔吐が薬の影響かわからないけど、半量にして毎日の内服に
するかという話にもなった。週単位で考えれば体内に入る量は同じだ。
でも、半量でもしんどかったら毎日しんどいのかもしれない。
とりあえず、もう1回1カプセルであげてみるということになって
今日は13時に飲ませている。現時点では嘔吐なし。

薬を飲ませて少したつと「ん・・・んー・・・」と声を出す。
chibi20091020 (2)

病院に行く途中。
カートを見て立ち止まって満面の笑みになった女性。

その視線の先はこれです↓
chibi20091020.jpg

 チビ病院代


■ 再診料 525円

計 525円

累計 621、624円


今日のびっちゃん

■ 皮下輸液:60ml

■ 嘔吐0回

■ うんち1回

-----

ごはん

モアソフト(ホース)34g ※ご支援していただいたフード

ウェットフード 60gくらい


 
腎不全診断から2ヶ月経過
腎不全と診断されてから嘔吐がなかったまーくん。
元々吐きやすい子で、診断前は嘔吐が多かった。
何故かこの2ヶ月落ち着いていたんだけど、立て続けに2度嘔吐。

ちょっとふっくら丸みが出た背中が、心なしかまた細くなっている。

masa20091020.jpg

高いところにジャンプする上下運動が出来るときはまだマシ。
それだけで「すごいねー」って思う。

あと数日もつか・・くらいな状態から2ヶ月。
まーくん、来月は16歳の誕生日ですよ。


 
抗がん剤スタート(1回目)
先週一週間のびっちゃんは、食欲がある日もあればない日もあり。
食欲があると言っても、食べる量は目にみえて減っている。
日曜日に120ml、火曜日、木曜日に60ml自宅で皮下輸液。

そして、先週土曜日(17日)に通院。
今回はPCV67で瀉血は無し。
ただ、今回はまたカリウムが上昇。

今まで瀉血はなくても皮下点滴は病院で当たり前のように
していたけれど、今回は主治医も何も言わずに診察終了だったから
家で120ml輸液した。輸液をするとやはり調子は良さそうだ。
目にみえる元気というのではないけれど、目つきが変わる。

で・・始まりました、抗がん剤(経口)
凄く大きなカプセルでびっくり。
カプセルのままあげられない場合は、粉にはけして触らないように、
そして、他の子が絶対に口にしないように気をつけなくてはいけません。

c20091019.jpg

かなり大きなカプセルなので美味しいご飯に混ぜて飲ませた。
写真ではわかりづらいけど、びっちゃんだったら数口で食べられる量。

chibi20091019.jpg

なかなか口に入らなかったけど、無事にゴクン。
嘔吐や下痢、元気消失などの症状があったら報告してくださいと
言われていたし、1番は嘔吐をして薬を出してしまうことが嫌だった。
苦しい思いをしただけで薬は出ちゃうなんて最悪・・。

昨日は薬を飲ませた1時間後(14時半)から施設と仕事に
行かなくていけなくて帰宅したのは18時半。
お留守番4時間、帰宅して嘔吐物はなくホッとしたけど、
その後に変なウンチをしていた。
びっちゃんのウンチは体格なりの大きさで、ひまよりは太い。
でも、猫のウンチのような小さくて細いウンチを細々としていた。
若干、元気もないよなーとも思ったけど、ゆっくり効くタイプの薬だと
主治医からは聞いてはいるし、気のせいかなと思ったり・・。
夜、21時すぎにまた小さなウンチを4~5個して、そのまま寝た。
昨日は私も23時前には寝てしまったんだけど、夜中3時前に
目が覚めて、びっちゃんを見たらサークル内に変な物体!!
今まで見たことがないくらいの大きさの嘔吐物でした・・。

今日、主治医に電話で報告をしたところ、たぶん一緒に薬も
出てしまっているかもしれないということでした。
昨夜はほとんど食べていないし、出た量から考えても、消化していないと思う。
とりあえず、明日また抗がん剤内服の日なので、服用前に診察です。
状態によっては量を減らすことになるかもしれないようです。


17日、待ち時間が長く、ずっと外に居たので携帯で撮影。
chibi20091019-3.jpg

chibi20091019-4.jpg

この日もお留守番時間が長かったのでひまも一緒に病院へ。
夫とすこーしだけお散歩していました。
未だに外では歩けないひまちゃん・・・・
hima20091019.jpg

hima20091019-2.jpg

今日は、深夜過ぎの大量嘔吐を含め、現時点で3回嘔吐。
先週は嘔吐はなかったし、薬の影響かな・・。
強い薬ではなくても、反応には個体差はあるし。。

寝ているか、起きていても下をずっと向いていて辛そう。
こんな姿は昨日まではなかった。
あくまでも造血を防いでびっちゃん自身が楽になる為に始めた薬。
でも、この薬で辛いんだなと思ったらすぐにやめる。


 チビ病院代

■ 再診料 525円

■ 血液検査(CBC、電解質、腎) 3675円

■ 内服薬7日分(整腸剤14包) 1617円

■ 内服薬3回分(抗がん剤3カプセル) 6300円

計 12、117円

累計 621、099円


今日のびっちゃん

■ 皮下輸液:60ml

■ 嘔吐3回

■ うんち2~3回

-----

ごはん

モアソフト(ホース)70g ※ご支援していただいたフード

ウェットフード 40g


 
びっちゃん、ここ数日のこと
お久しぶりです。
びっちゃんの事もあったけど、私がガクーンときていて、
元々の人間不信に拍車もかかって、更新できませんでした。
でも、時間がたてばたつほど忘れてしまうのでここで記録をしておきます。

 8日(木曜日)
朝方にサークル内でウンチ。
今まで、ウンチをしても、出し切れずに残ってしまっていたし
大量ウンチを夜中や、目を離したすきにサークル内でしてしまい焦る。
リビングに出している時は、おしっこをするが、ウンチはあまりしない。
夕方に嘔吐もあり。
この日から、ボッシュ(ひまたんご飯)をふやかしてあげる。


 9日(金曜日)
夕方、30分ほどサークルの中に入れてうたた寝をした私。
鼻につく臭いで目が覚めた!!
びっちゃん、サークルの中も、びっちゃんの足も全部ウンチまみれ。
拭いてどうにかなるレベルではなく、そのままお風呂場へ。
普通のワンコとは違い、倒れないように抱えることも必要で、
転ばせないように必死。
ご飯はボッシュ。まーまー食べてはくれる。


 10日(土曜日)
食欲減退や、やわらかうんちが続いていたけれど、
病院の休診日、私が午前に用事がある日、主治医の休診日が続き
やっと土曜日に病院へ。
PCVはまた74に上昇。腎臓の数値は落ち着いてはいるが、
今回はカリウムが上昇。
2度の瀉血が必要なこと、カリウムの上昇なども考えると
静脈点滴をすることが1番だということもあり、
1度は「じゃあ、1日だけ入院で・・」とは言ったのが・・・。
主治医が瀉血をする用意をしに行っている間に、
ふたりきりになったびっちゃんの様子が変わった。
「いる?置いてくの?」というような感じで、私がいるか
何度も何度も顔をあげてチェックをする。

ここにいるから大丈夫よ。
chibi20091011.jpg

あまりこういった行動がないだけに、身体は辛いかもしれないけど、
今日は連れて帰っちゃおって思って主治医に「チビがいつもよりも
不安そうなので連れて帰ります」と伝え入院はやめた。
主治医から見ても「今日はやけに不安そうですよね」と
言われるような状態だった。

この日は、ご支援で以前いただいた缶詰をあげた。
びっちゃんペロっと食べました。
美味しいご飯はやっぱりいいね。


 11日(日曜日)
瀉血、検査をしにこの日も病院へ。
PCVは昨日の74から67へ。
カリウムは瀉血で下がるものではないということだったけど
昨日の6、2から5、1に下がっていた(正常値は5、0まで)
この数値であれば入院はしなくてもいいということで通院ですんだ。
皮下輸液をするということになったけど、出来るだけ医療費を
削らなければこの先、いつか終わりがきてしまう。
週1の通院、最近は検査項目も増えて1回の医療費も多くなっているし
嫌な顔をされると覚悟で「輸液は自宅でします」と言った。
聞くのではなく、断言。だって・・・家で出来るんだもん。

ただ、かかりつけ病院での点滴処方は無理なので、
心臓かかりつけ医に電話をして処方をお願いした。
通院時と同じく、2箇所に分けて輸液。
びっちゃん、病院での処置で最近嫌がるようになっていたから
びっちゃんにしては心許せる飼い主相手でも抵抗するかなと思ったけど
ずっと横になって、針をさしても無反応でした。
寡黙なびっちゃん、わかってくれてるのかな。

びっちゃんの今後ですが、主治医と話し、そして夫とも相談し、
以前に書いた薬を試してみることにしました。
今のびっちゃんは、このままでは、衰弱して死ぬのを待つだけと
いう状態らしく・・・。ただ、その薬を使ったとしても治りはしません。
でも、びっちゃんは楽になるかもしれない、そこにかけての投薬です。
1錠2000~3000円するというのが踏み切れなかった1つの原因。
だけど、「もし飲ませていればもっと一緒にいれたかも」という後悔はしたくない。
飲ませることでキツイかもしれない、でも、副作用がもし酷かったら
投薬中止にしてもいいかを確認したうえで、そこにかけてみることにしました。
びっちゃんにはそれしかもう手はないので・・・。

今まで、腎のう胞が原因の多血かと思っていたんだけど、
昨日、主治医から「動物でそういった報告が今までない」と言われました。
腎のう胞がある子は結構いると思います。
だからと言って、多血になっている子はあくまでも聞く限りはいないとか・・。
そういったこともあり、大学病院でも「珍しいケース」と言っているようです。

そして、このところずっと低体温が続いているびっちゃん。
早速防寒対策で洋服着用開始しました。

また走りたいね。。
chibi20091011-2.jpg

勤務医は辞めてしまうから寂しいと先日書いたけど・・
ナント、心臓かかりつけ医の主治医も今月25日で辞めてしまうようだ。
私の中では心臓はこの獣医さんを信用しているし、現に他の獣医さんでは
見つけられない疾患を早期に発見したのもこの獣医さん。
大好きだった○内先生に続き、主治医が変わる・・・。
びっちゃんは、最後の最後はゆうと同じくここでお世話になると思う。
でも、今の段階では、かかりつけ医と大学病院の事があるから
あくまでもそっちの病院はセカンドオピニオン的になっている。
今の状態では、他の先生への引継ぎはないと思うから、
25日までに行って、最終的にはこちらでお世話になることや
引継ぎをお願いしたい旨を伝えてこようと思う。

 ちょっとお知らせ
今までびっちゃんの医療費は限定記事にしていましたが
他の方のブログ(と言っても、私、お友達ブログしか見ないんですが)で
普通に医療費の記録をしているし、次回からは限定記事ではなく
公開記事にしたいと思います。びっちゃん以外の子の医療費も
サイト休止中なので、ここで記録をしていくつもりです。
(カテゴリ分けはせず、記事の中に記録していきます)


 
医療費明細
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
やわらかうんちと異常行動
夜中、何度もびっちゃんが起きて落ち着いてくれなかった。
いつもは熟睡しているのに、暗闇で目が合う。
そして、2時頃グズグズとぐずりだし、サークル内をウロウロ。
で・・うんち。下痢に近いやわらかうんち。

あれ?と思ってサークルのところに行った時には
シーツもびっちゃんの足も凄いことになっていたけど、
うんちの体勢で踏ん張っていたからそのまま待った。
もう出ないかなというタイミングでサークルの中を掃除し、
びっちゃんの足を拭いた。
だが、その後もびっちゃんは数分~数十分動きまわる。
その動きかたが異常で、私は「脳神経にきた??」と思った。
立たせると転ぶ、歩こうとするけどよろめく。
でもサークルの中ではよろけながらも凄いスピードで動く。
ぐるぐるぐるぐる・・・・
寝床に横になってくれたのを見届けてから私も布団に戻った。

朝、息をしているか見るのが怖かった。
大丈夫だった・・・けど、目に力を感じない。
夜中以降うんちはしていないけど、朝ごはんには整腸剤を入れた。

たった35gの療法食、それすら残すびっちゃん。
(30分ほどして残りは食べたけど)
多血になる前は1回55gだったけど、そんな量では足らず
まだ?もう終わり?って感じだったのに・・。

今は寝てくれているから安心・・


 
くしゃみ
いつからだろう、、くしゃみをする事があるびっちゃん。
くしゅんというカワイイくしゃみではなく、頭を左右にブルンブルンと振って
激しいくしゃみをする。脚が短いびっちゃんはそのたびに顔を床にぶつけてしまう。

先週の通院時(結局、入院することになったが)に、くしゃみをするという話もした。
首のリンパのときと同じく「歯からきてるかも・・」ということ。
繋がっているし、その可能性は確かにゼロではないだろう。
その時「ちょっとやってみましょうか」という話になりスケーリングをしてもらった。
でも、顔周りや口を触られるのは嫌なびっちゃんは激しく抵抗。
で・・・歯茎から流血。

駄目ですね、もういいですと、そこでやめてもらいました。

そのままびっちゃんは入院になったわけだけど、退院後に1度ドライフードを
あげてみたけれど、半分近く食べてやめてしまった。
「もしかして硬いのが駄目?」と思ってふやかしたらペロっと食べた。

でも・・今日になって気付いた。
顎の辺りを打ちつけちゃうことで痛いのか、それとも歯周病とかか、
もしかして鼻の中に腫瘍がある?とか・・・いろいろ浮かぶ。
天気が悪い日にくしゃみが多いから気圧と関係あるかもしれないけど。
今週は土曜日に通院予定だから、その時にちゃんと診てもらおう。

びっちゃん、前よりも顔周りを触られるのを嫌がるようになった。
今日はバリカンで顔の毛を刈ったんだけど、
整えている間もブルブル震えていた。
(家で顔周りを触って震えたのは今日が初めて)
精神面で限界がきているのを感じる。
だからと言って、この状態のびっちゃんの通院間隔をあけるのは
確実に死を早くすることになってしまうと思うし、悩むところ。
とりあえず、レスキュー(レメディ)でも使ってみようかな。。
毎週病院なんてそりゃ嫌だよね・・

限定記事にするつもりでしたが、書こうと思っていたことを抑え、
公開記事にすることにしました。


 
医療費明細
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


 
退院してきたよ
今回も1日入院で済み、金曜日の夜に退院してきました。

2日続けての瀉血でPCVは74から64へ。
でも、多血である以上はこれはまた上がる数値。
今回主治医休診の日の退院だったのでO先生だったのだけど
O先生は一度退職をして、最近病院に戻ってきた先生。
O先生も話しやすい元気な先生なんだけど、
「この数値はすぐにまた上がってしまうと思うんですけどね(苦笑」
と言っていました。そうですよね~

びっちゃんのことでは1つ書きたいことがあるんだけど
これは後日限定記事にて書こうと思います。
今回の食欲不振、もちろんPCVがこれだけ高ければ
食欲もなくなるかもしれないけど、もう1つ、こっちに原因が
あったかも・・ということがあるのです。

とりあえず、退院してはきましたが・・・
やはり今回も脚の浮腫みが凄いです。
前回は脇のところに溜まってしまっていたけれど、
今回は脚自体がパンパン。

chibi20091004.jpg

左右比べて太さが違うのがわかるでしょうか。
触ると右脚全体がポヨンポヨンでした。

今回も頑張ったね。
chibi20091004-2.jpg


 
ドロドロ血・・・・・
寝たきりだろうが、自分でちゃんと歩けなかろうが・・
食欲だけはあったびっちゃん。
でも今週は催促が少なくなって、残すことも増えてきて、
今朝は半分残した・・。

1時間後に残りを食べ始め、その後おしっこをさせたら
自分で歩いてマットレスの上へ。

chibi20091001.jpg

お水を飲む量が尋常じゃなくて、それも気になっていた。
先週の土曜日から、数値に変化があるのかもしれない。
主治医は午前診察だけで金曜日はお休み。
明後日は私の通院が午前中にあるから連れて行けないし
今日、11時前に家を出て病院に行ってきた。

怖いね・・ブルブルです。。
chibi20091001-2.jpg

chibi20091001-3.jpg

結果は・・この病気と向き合った約3ヶ月で1番高い数値。
PCVが74もありました。
1度の瀉血ですむ数値ではないということ、
静脈点滴もしたほうがいいということで、入院です。
今の状態は、いくらお水を飲むより、皮下輸液で補液をするより、
静脈点滴をするのが1番効果があるということ。

びっちゃん、バイバイのとき、情けない顔で抱かれていました。
食欲もりもりのびっちゃんになって帰ってきてください・・。

今日は、主治医に言われたことの確認の為に東大へ電話。
こちらではわからないので聞いてみてくださいと言われたんだけど、
東大の担当医からは「S先生にお話してあるんですけど」と言われ
またまた「??」。ある薬を使ってみるか・・という話なんだけど、
東大の先生の話では、それを使ってみるように言ってあるような話。
そこまでの話はされていないしチンプンカンプン。
主治医には、もう1度東大のほうへ行ってもらうことになると言われ、
薬の取り寄せ不可ということだったんだけど、東大からは
「こちらに来なくても、S先生のほうで取り寄せをしてもらってください」と
言われ、話がうまく伝わっていないんだなーと思い
「S先生に確認してみます」と言って電話を切った。

その薬というのは、経口抗腫瘍薬。
弱い抗がん剤と思えばいいようです。
人間の赤血球増加症でも使用されているようだし
通常の抗がん剤投与は無理でも、これをもし期間を決めて
投薬してみる事が出来るのであれば考えてみたいなと思う。
ただ、検索してみると、腎臓疾患があるひと(動物用ではないので)には
禁忌なようだ。腎臓もモニターする必要があるびっちゃんに
使えるのかというのもあるし、次回主治医と話す時に取り寄せの事を含め
聞いてみようと思う。


 
管理人@マホ

マホ

おちび達がいきがい。

マイケルジャクソンが大好き。
2010年の命日はLAに
行きました。

嵐の相葉ちゃん好き、
金爆のキャンさんLOVE。

34歳で子宮体癌になり
子宮卵巣摘出。
以来、卵巣欠落症状と闘う。

統失、PD、鬱もち。

2011年に離婚し
4にゃんと暮らしていましたが、
3にゃん他界。
現在は1にゃん+1ワンと生活中。

2014年5月
関節リウマチ発病。
現在動けない毎日。

マホ家のチビっこたち

もみじ
椛@シェーデットシルバー
♀ 里子に貰う

結膜下腫瘤


亡くなった子たち

ゆう
ゆう@ヨーキー
14歳 ♀ ペットショップ出身
慢性腎不全、心臓弁膜症、腫瘍
認知症気味、膝蓋骨脱臼
2006.8.6 PM10:10永眠


・・・・・・・・・・・・
ひまたん
ひま@ポメラニアン
♀ 保護犬(センター処分犬)
心臓弁膜症
2010.1.18 PM12:30永眠


・・・・・・・・・・・・
チビ
チビ@テリアMIX
♂ 保護犬(飼育放棄犬)
多血症、心臓弁膜症
2010.1.1 PM8:05永眠


・・・・・・・・・・・・
あーちゃん
あーちゃん@日本猫
16歳 ♀ 雨上がりの路上で拾う
2005.8.15 PM8:50永眠


・・・・・・・・・・・・
ほくと
北斗@チンチラゴールデン
11歳 ♂ ペットショップで貰う
2005.4.16 PM8:50永眠



将也
将也@チンチラシルバー
17歳 ♂ ペットショップ出身
慢性腎不全、肥大型心筋症
2011.8.17 PM6:45永眠



・・・・・・・・・・・・
睦月
睦月@チンチラゴールデン
17歳 ♀ 里子に貰う
2012.6.26 PM11:45永眠


・・・・・・・・・・・・
息吹
息吹@チンチラゴールデン
16歳 ♀ 北斗と睦月の娘
慢性腎不全、子宮蓄膿症(捻転あり)
2013.3.16 PM5:15永眠


・・・・・・・・・・・・
ミント
ミント@セキセイインコ
オパーリンブルーの♂
2001年11月24日購入
2008.4.20 AM4:40永眠


バナナ
バナナ@オカメインコ
パールパイドの♀
2002年11月1日生まれ
2010.1.4 PM永眠

幸せをつかんだ子たち
メイ
メイ(現@にぃにょ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
テン
テン(現@のわ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
レモン
レモン

2011年1月、里子に行く
里親様・横浜市のU様。
・・・・・・・・・・・・