FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2010年01月21日 (木) | 編集 |
昨日は出掛ける前に簡潔に書いてしまったので、追記等させていただきます。
投稿の最後への追記ではなく、文章中に追記、訂正をしてあります。



ひまちゃんの死後にいただいたコメントのみ返信させていただきました。
入院以前にいただいたコメントは非承認のまま、私だけで読ませていただきますね。
レス漏れがあるかもしれません・・
その場合は新記事に投稿していただけると助かります。

メールもいっぱいいただいていて、返信メールをしたいのですが、
メールだと色々考えてしまうので今はごめんなさい。
心配してくださって本当にありがとうございます。

私は泣きたい時に泣いて、でも、なるべく動くようにしています。
あまりのことで納得がいかない部分もあり、火曜日も水曜日も
病院に行って、詳しく入院中の状態なども聞いてきました。
(火曜は主治医、昨日は違う先生に聞きました)
そういったことを出来るパワーはあるので大丈夫です。

外にもなるべく出ようと思っています。
ご飯あまり食べたくない~というのはびっちゃんの時から
続いていますが、1食は必ず食べています。
それがお煎餅だけだったり・・といった思いきり偏食なとこはありますが。。
まーくんも、他のシニアっこ達もいるしね、気は抜けない。


hima20100113.jpg

これは、13日に載せようと思っていた写真です。
久しぶりに一緒に外に行ったの。
一緒に外は行きたがるけど、一緒にいたいだけで外は怖い。
この時も少し歩いて抱っこだったけど、一緒に空を見たんだよ。
お散歩コースだから、ワンコにいっぱい会うんだけど
小さいワンコにはあまり関心がない。
でも、大きいワンコに異常に反応をしてクンクンいっていた。
びっちゃんだと思った?違うよ~なんてひまに言っていたの。
お正月には珍しく外を歩いていた。
びっちゃんが亡くなった2日後のこと。
「私だって歩けるんだよ、ちゃんと見て」といっているように
私には思えていた。

ひまを思い出す瞬間。
分離不安ワンコだったから、私の姿が見えなくなると鳴いたり
悪さ(和室に乱入して猫のものを狙う&シーツ以外でのチー)を
したりする子だったし、他の部屋に行く時も、お風呂に入る時も、
気が抜けない約3年4ヶ月だった。
「またこんなところにしてる~」と「き・・きみはもう;;」な
毎日だったけど、あれはあれで苦笑もので、今となっては
悪いこといっぱいしてもいいからもっと一緒にいたかった。
怒るを通り越して苦笑でしかなかったしね。

リビングの向こうに行っても追いかけてくるひまがいない。
お風呂の扉のカチっという音がしても静か。
夕方、ご飯の1~2時間前からリビングをうろうろしだすひまがいない。
猫がうんちをしても、反応するひまがいない。
外出から帰ってきても静かな室内。
チャイムが鳴ってもギャンギャン鳴くひまがいない。
これ以外でも、色んな色んな瞬間にひまが頭をよぎる。

ゆうを闘病の末に亡くして、ぽっかりあいた私の心に
うまーく入ってくれたひま。
最近の読者さんは知らないと思いますが、ゆう亡きあと、
四十九日を過ぎるのを待っていただいて、一時預かりワンコとして
保護団体からうちに来たのがひまなのです。
病気が見つかったりもしたからそのままうちの子になったひま。
お産をいっぱいさせられてポイってされちゃったけど、
ひまの性格上、それはそれで受け入れていたと思う。
うちに来てからの3年4ヶ月のほうが面白くなかったかもしれない。
いつも楽しげなワンコだったしわからないけどね。

亡くなる前の日の夜、
酸素室にいるひまに「お水飲んでね」って指をさしたらちゃんと飲んでくれて、
私を見て喜んでくれたこと。これがちゃんと反応してくれた最後の姿。
翌日に行った時には苦しそうな呼吸で、こっちを目ではみるものの、
寄ってくる元気もなかったから・・。

ひまちゃん、苦しいくらいに大好きで、会いたいです。

びっちゃんにもあの後もお花をいただき、そして今回もひまに
お花を送っていただき、普段はお花を置かない我が家に
華やかな一角が出来ています。

ありがとうございます。
こんなに想っていただけて、飼い主としても幸せです。

びっちゃんのことがあったし、記録として残したいことも
今まで書けずにいました。ひまちゃんのことももっと書けばよかった。
ここ最近の写真を追々載せようと思います。