FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
2011年02月17日 (木) | 編集 |
アースが我が家を去って3週間近く。
まだ3週間・・アースがいた1ヶ月はあっという間だったのにな。

この3週間、人間関係でも悲しいことを乗り越えないといけなかったり
夫との調停もあったし、いつものごとく人前で笑顔ではいつつ心はズタボロでした。
調停前に、いつもの占い(算命学、手相)に行ったら「今は貴方の気持ちが一部の相手には
伝わらない時期だから耐えて。でも、わかってくれる人も貴方にはいっぱいついているから
その人たちに知恵を借りるという意味で相談はして。1人で抱え込まないで」と言われました。

アースはmさんのお家に行って、とってもワンコらしいワンコになっています。
mさん曰く、里親さん探しは「どんな方でも」というタイプの子では
やはりないらしいです。新たに病気も見つかってしまい、mさんがケアして
くださっています。mさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
動物のことはしっかり最後までやり遂げるがモットーの私がmさんに今回は
頼るという形になってしまいましたが、mさんはいつも優しく、丁寧にケアしてくださって
アースの報告もしてくれます。この場を借りて、本当にありがとうございます。

2011020719440000.jpg

2011020720130000.jpg

そして、にゃんずたちもすっかり落ち着いた元の日々になっています。
壊れたと思っていたベビースケール・・
「あれ?もしかして電池切れ?」と思って電池を換えたら案の定電池切れでした。
1、65キロまで落ちた睦月の体重は1、85まで戻り、
元気があるかないかの判断にしている指噛みも健在です。
元気がないときは噛まないか、軽くあま噛み程度だけど今日は思い切り
ガブガブやってましたから(カメラ機能の悪いほうの携帯で撮ったので荒い画像・・)

mutsu20110217.jpg

モミは2、6キロ、マサは変わらず2、3キロ。
ただ、ちょっと心配なのは、うちでは唯一重い4キロ以上あった息吹。
あれ?最近軽いなと思っていたんだけど、体重が2、6キロになっていました。
元気も食欲も、しつこいよーってくらいの甘えっぷりも今までのまま。
でも、体重減少は気になるし、明日は約束があって無理だけど
明後日の朝一番で病院に行ってきます。


2011年02月06日 (日) | 編集 |
別居から立ち直れず迎えたおちびアース。
ひとりでいつも塞ぎこんでいた気持ちが少し上昇しました。

でも、アースが男のコわんこにしてもやんちゃだったので
猫とあまりにうまくいかず、先を考えて悩むことが増えました。
今までの3わんこがすんなり猫とうまくいったり
(ひまとチビは関心すら示さなかったし)
ゆうも仔犬からきたけど、当時いたあーちゃんにたまに絡んだくらい。
男のコと女のコの違い、性格もあるよね。
まして、いま私はひとりだから正直なめられてしまう。
アースは家族が多いお家に向いてるな…ワンちゃんがいるお家がいいな、
猫がいるお家は駄目だな…頭の中でぐるぐる悩みまくっていました。

年末に友人からきた突然のメールで私は里親さんを真剣に
探さないといけないと感じるようになり、そこでまた悩み・・
でも、知らない人のお家に行って大変なことになったら
全く意味はないし、保護関係の知り合いの方に相談をしました。

そして、里子行きの話は決まっていたのだけど、
事情があり流れてしまいました。

話が流れたその日、アースを1日よーく見て、
フリー時間には猫たちをみて・・本当にダメだと感じました。
一番遊びたい盛りのアース。
そりゃケージにいるなんて嫌だよね。
外に出れば、同じ大きさの猫たちに「遊ぼう~」って行くよね。

でも猫はそれがストレス。
アースを出している時間は猫を上にあげても降りてきてしまい
そして襲われる・・の繰り返し。
アースは自分の尻尾を噛んでぐるぐるぐるぐるという行動を始めるし
私も「寂しい」という気持ちはまず封印して、犬と猫、お互いが幸せになる事を
考えないといけないと考えることにしました。

そんな時、私と里親希望さんの間に入ってくれていた方が「今はマホさんと
猫ちゃんたちがよくなることが重要。アース君はうちでよければいつでも
預かりますよ」と言ってくださって、いっぱいいっぱいだった私は
お願いをすることにしました。
成長期であるアースが手に負えない子になったら困るというのが恐怖でした。

形は預かりですが、いい方がいたら里子にいきます。
ただ、里親さん探し、慎重にするつもりです。
(前の方も熱心でとてもいい方たちでした)

アースがいなくなって猫たちが喜んだのは1日だけ。
私だけが「1日ここにいたらおかしくなる!」と思ってディズニー行ってます。
交通費の千円ちょっとで一日いれるし、気分を紛らわすにはいいところです。
と言っても、最近はミニオーメインで、合間にフィルハーを見に行くくらいだけどね。
ひたすら・・待ちです。たまに思い出してウルウルしたり、帰宅後は家がシーンと
していたりでまだまだ辛いけどね。
でも、ディズニー行きは外出をするリハビリにはなっています。

本来は外に出るのも結構厳しいのが現状。
でも、気持ちは出たい。ただ、精神面や身体にでる症状が邪魔をするだけ。
家にいる時はひたすら寝逃げしないと辛くて薬飲んで無理無理寝ています。
家にいるのキライ・・・でも外出もキツイ。先が見えません。

にゃんずたちがいる間は頑張る。そんな気持ちで日々過ごしています。

アースが我が家を去って明日で一週間。
アース、ワンちゃんたちと一緒で、家族も増えて嬉しいね。
でも、母は悲しいしまだアースがいた痕跡を見ては涙です・・。

2011020109550000.jpg