FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年07月11日 (月) | 編集 |
今後は家で看ることになって夕方退院させました。
土曜日はご飯も食べて、元気もあったようだけど
日曜日は嘔吐下痢があったということです。


金曜日の夜から今日(日曜日)までの静脈点滴。
丸2日はない処置の中で、BUNは133、0から107、6
CREは7、7から5、2、カリウムは2、4から3、0になりました。

 正常値
BUN 13、1~29、5
CRE 0、9~2、1
K   3、4~4、6

ちなみに、余命宣告をうけた15歳の夏。
その時でBUNは122、4 CREは6、2 カリウムが2、5でした。

5チンチラのうち、亡くなった北斗と将也だけが男の子。
北斗と比べても将也のほうが身体が大きかったんだけど
体重は1、92キロになってしまいました。
(8日の入院時は1、80キロ)

倒れたり、ソファーにのぼろうとして落ちる可能性が高いので
今日からケージ暮らしです。アースのケージが役にたちました。
何があってもいいように私の布団の横にケージを置きました。

masa20110711.jpg

ご飯は量を量って3種類置いています。

masa20110711-3.jpg

今まで介護をしてきた子と同じように、毎日食べた量や排泄の回数を記録します。

元夫や亡き子と暮らしたマンションが嫌で外に出ていたけれど、
これからは買い物に出るくらいの生活になるかな。

masa20110711-2.jpg

尽くす事に生きがいというものを感じる私。
その中でも、動物の介護をすることには
ものすごくやる気がでる。
うちの子では、ゆう、そしてびっちゃんが介護としては
けして楽ではなかった。でも、頑張ろうという気持ちで
いつもの私ではなくなっていた。

可愛いだけじゃない。
年をとれば病気にだってなる。
私はフードや生活環境にも気をつけているけど
介護することが多い。
(2ワンは保護犬だったし、なっておかしくないけど)

点滴無理、検温無理・・そんな人たちだっていると思う。
正直なところ、私はひとりでどこまでやっていけるかと思う。
でも、1年半近く将也の皮下輸液もしているし
いつものパワーでやっていけると思っている。

今後の予定。
11日からは毎日60ml輸液
翌週からは2日に1度100ml輸液
23日18時に再検査です。

--------------

7月10日、帰宅後の将也

おしっこ 1回
便 1回
心拍数 60秒/170
体温 37、8

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。