FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
2012年09月30日 (日) | 編集 |
朝いちばんで息吹の様子を聞く。
ごはん(k/d)は食べているようで、おしっこも順調。
明日の朝、血液検査で今後の予定をたてる。

今まで、点滴処方をしてくださっていた病院にも電話をし、
息吹の今の状態を話す。
主治医の先生は、けしてよくはない数値であること、
今後は自宅でも輸液が必要と言われた。

当然だが、自宅輸液は医療行為にあたる。
今はそれをさせてくれる病院も多いと思うけれど
近所のかかりつけ医はNG。
処方してくれている病院のほうの主治医は、
自宅での輸液が必要であるということを
書面、もしくは、電話で伝えてくれれば
処方をしてくれるということで、
明日、近所のかかりつけ医にその旨をお願いする。

睦月他界から3ヶ月、また自宅での輸液が始まる。


2012年09月29日 (土) | 編集 |
睦月が他界した直後に体調を崩し、慢性腎不全の診断をうけた息吹。
毎日くすりを飲んでいるけれど、抱っこをした時に軽い。
長毛種だから見た目にはわからないのだけど・・・。
今月は血液検査をしようと決めていたんだけど
私のほうでもバタバタあり、今週は一泊で父の通院に付き合い、
私自身がメンタルも肉体的にもボロボロです。

そして、今日、息吹の検査結果は、手帳が病院にあるから
正式にはわからないけれど、BUNが116超、
CREが6近くありました。

お母さんの睦月がいなくなって、関連性はわからないけれど
しつこい息吹じゃなくなっていたんだよね・・・

とにかく、近所のかかりつけ医で入院して静脈点滴。
月曜日に血液検査をしてもらって、結果次第で
点滴を処方してくれている病院に連れて行きます。
どちらにしても、自宅に戻れば自宅輸液は必要なので。
近所のかかりつけ医が処方してくれればいいんだけどなー。
来週タクシーで神奈川区まで行ってきます。

もこちーは難産だった子だし、甘えん坊さんだし
母はかなり動揺しています。

睦月に続いて、母の元から去らないでください。
母は本当に壊れちゃいます。

ご飯をちゃんとしたのをあげていれば病気にならないと
いう人もいるけれど、私は気を付けているし、
これは個々の問題ですよ。

ibu20120712-2.jpg


2012年09月04日 (火) | 編集 |
ほごけんという本を探したが見つからず書店で取り寄せを頼んだ。

そう・・ほごけん・・
私はほごけんと暮らし、ほごねこの預かりをしていた。
今、私はそれらに協力できないでいる。

ほごけんと暮らしたい・・。
びっちゃんとひまが2010年に相次いで他界し、その後もずっとそう思っていた。
でも、夫がいない無職の私を里親として適任と思ってくれるはずがない。
現実に、何度も断られた。

久しぶりに「どうぶつたちへのレクイエム」を見た。
この本は、買うまでに何度も断念し、ある日、勢いで買った。

命をなんだと思っているの??ふざけるな!!と思った。
この本に載っている子たちはもうこの世にいない。

なのに、私は、アースを結果として、手放すという、
いくら理由があれど、許せられないことをした。
アース・・ごめん。。
携帯にはアースの動画がいくつかあって、毎月何度か見ている。

そして、今は小麦と暮らしている。
この子は、ペットショップでがんがん価格が下がった子。
処分されちゃうかも・・という気持ちが勝ってしまい我が家の子になった。

幸い、猫たちともうまくいくし、手がかからない子だけど、
「チー(小麦)は幸せ?」といつも思う。

ダメ犬グー 11年108日の物語も久しぶりに読んだ。

北斗、あーちゃん、将也、睦月。
ゆう、ひまたん、びっちゃん。

うちの子として暮らしてくれてありがとう。

そして、息吹、椛、小麦。

ダメママだけど、私はキミたちをとても愛している。

masa20120904.jpg

まーくん、キミは大のパパっこだったね。
パパの分も、私はまーくんをめいっぱい愛せていたかな。
きっと・・・きっと、パパは心の中ではまーくんを
思い出してくれている時があると思うよ。


2012年09月03日 (月) | 編集 |
今日でちょうど2ヶ月です。
今日は薬を買っただけだけど、次回は検査をする予定。

息吹は毛がモコモコだし気づきづらいんだけど・・
今日体重を量ったら、2、80kgだった。
2ヶ月前は3、60kg。
いくらなんでも減りすぎじゃない????

息吹は体重の変化が激しい子ではあって
去年の3月には2、60kgになったことがあった。
でも、その後に3kg台後半近くまで戻った。

最近は睦月に似て見えることが多くて、
冷静を装いつつ、内心では、睦月のあの闘病を思い出してしまう。

睦月は大きな存在だったなと思うんだけど、
今でも何気に「むっちゃん。・・・あ・・」みたいなことがある。
あんなにフラフラだったのに頑張ったもんなぁ。

他界した子はみんなこのマンションに越してから。
そう遠くないうちにここを出てしまうけど、ちゃんと新しいところに
みんな来るんだよ。

で・・最近は、猫たちの行動範囲を広げているんだけど、
夜中は椛は廊下で寝ている。
なのに、朝方になると、不安になるのか鳴きまくる。
「もーちゃ~~~ん」と呼ぶと、リビングの私に気付いて、
「さみしかったー、不安だったー」的な感じ。

睦月がいなくなった事は、2にゃんにとって、かなり影響がある。

息吹、どんどん老いてるしさ・・不安だ。