FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2013年08月23日 (金) | 編集 |
宿命。

私はなんらかの形で犬猫を看取ると思っていた。
勝手だけど、私の所にそういった子がくると思う。

息吹他界から5ヶ月ちょっと。

モミの変化は感じていて
異常に多飲多尿になったと思った。

6月30日の検査でBUNが高めで、きたなと感じた。

そして、約2ヶ月後の今日検査に行った。

BUNはあまり気にしないけど
今回はCREが正常値ギリギリまで上がり
初期の慢性腎不全と診断された。
治すことは出来ない。

すこしでも進行を遅らせる為に今日からフォルテコール服薬。

まだ、愉液が必要な状態ではないけど脱水は始まっている。

最後…元夫と育てた最後の子。

ブログ停止したけれど、モミも記録していこうと思う。

やはり、夫婦として生活をしていた子は思い入れがあるので。

15歳7ヶ月。
16歳まで頑張るよ。

それにしても、いくら、ご飯に気をつけていても、なるんだな。

今日からは食べる量も、全てノートに記録します。

慢性腎不全で始まって、慢性腎不全で終わりか。

今日は尿検査もしたし、リンも検査したけれど
よくない結果でした。

また闘病生活の始まりです。

最後まで記録させてください。
ひっそり、そして、緩く再開です。

20130823180103536.jpg

狭い部屋だけど昨夜、モミが見当たらず・・
浴室をのぞいたら、洗って干してあったベッドに寝ていました。


2013年08月06日 (火) | 編集 |
ブログをつけることによって、色んなことがあったなと振り返る。
でもブログをやめることが、以前の幸せいっぱいで、わんにゃんの事を
しっかりみていた自分ではなくなったからというのも事実。

実は、元夫と家庭内別居の時から日々のことを記録していました。
別居して数ヶ月は、私がいない間に来ていたりしたんだよなーとか
義父母のこと、義兄夫婦のことで大変な時期を頑張ったのに
なんだよ!とか思うこともあり・・、しまいには、もう誰か住んでるし。
嫌でもバスに乗っていると見えるのよね。
もういいんだけどー、ちょっとイラっとはくる。

まだ籍は入っていた時。

別居から1年近くたっても元夫を待っていた将也に
部屋のものを全部出したあと、掃除後に部屋を見せたんだ。
それまで玄関で待っていたり、元夫部屋に行きたがっても
あえて見せなかったから。。

何もない、きっと元夫の匂いも消えた部屋を見た将也は
不思議そうに部屋をウロウロして私を見た。

「いないの、もう。帰ってこないんだよ」

夫を好きだった猫はそのまま何もいわず、
部屋も振り返らず リビングに戻って行った。

私はその将也の後姿を見つめるしか出来なかった。

猫たち・・と呼んでいたあの頃。
今はモミ。さみしいな。

モミのことは看取りたい。ちゃんと・・。

貯金も底をついてくる。
ブログは休止。
ただ、記録の為に、病気のことだけは残したい。
椛に何かあったら記録はするかな。

息吹他界後・・椛が息吹のように鳴くようになったり
色んなところを舐めるようになった。
全く同じ行動で気になる。

小麦はまだ1歳半だし、元気いっぱいです。
たまに「ひまー」とつい言ってしまうのは申し訳ない。

最後に・・

あーちゃん
8-7②

マホ家の最初の子になったあーちゃん。
野良猫の赤ちゃんで雨上がりの路上で拾った子。
生後一ケ月ちょっとだったのかな、その頃から凶暴だった。
でも、私の布団にだけは入ってくる子だった。
最期、あーちゃんは、てんかん発作で亡くなった。
あの日、元夫部屋で鳥たちの放鳥をしていて、
それが終わって元夫部屋に戻す時に、リビングの扉で
あーちゃんはガラスごしにこっちを見ていて一鳴きした。
その直後に発作を起こして・・・そのまま息を戻すことはなかった。
放鳥前、「終わったらきびなご食べようね」と言っていた。
あんな別れ方になるなら、きびなご食べさせてあげたかったよ・・。
チンチラたちとはいっさい仲よくしなかったけど、
ゆうには優しくしてくれたね、ありがとう。

将也。
20070216.jpg

余命宣告よりも、いっぱいいっぱい頑張って生きてくれました。
それは、元夫の愛情、将也が元夫を大好きだったからです。
いなくなって、ポツンとしていることが多くなっていたこと、
そんな姿を見るのはとても悲しかったけれど、ママなりに
最期までできるだけのことはしたと思っているし
ママに抱かれたまま、必死にこっちを見て、鳴いて息をひきとったこと
あの姿は忘れません。椛に優しくしてくれてありがとう。

北斗。
4-6②

ママストーカーと言われるほどママにベッタリだった北斗。
でも、うちでは1番若い11歳でいきなり他界してしまったね。
看取るということが初めてだったママは、とてもとても悲しかったし
しばらくは家にいるのが辛かった。
なんで、もっと早くに病院を変えなかったか、とても後悔した。
いつでも一緒。そして誰にでも優しかった北斗は今でも愛してる。
ありがとうね。

睦月。
7-30_201308040449056e6.jpg

フッラフラになりながらも、すっごく最期まで頑張ってくれたね。
とっても静かに他界しちゃって、唯一、看取れなかった睦月。
いつものように、立てずに寝ていると思ってみてみたら・・息がなかった。
絶対にみんなをしっかり看取りたくてみていたのに、一瞬の間だった。
悲しかったけれど、睦月はタイミングをみていたんだなと思います。
息吹を産む時は苦しい思いをしてしまったね。
もう息吹もいないけど、ありがとうね。
人間との距離感が好きでした。

息吹。
2-22-3

まんまるだった息吹、最期は半分の大きさになってしまって
にゃおにゃお鳴いたり、不安定な気持ちになっていたけれど
北斗の血をついだ息吹は睦月の気の強い性格ももちつつ
北斗の甘えん坊の血も引き継いでママっこでした。
引っ越しをして、一ケ月もしないうちに他界。
今でもママは寂しいです。可愛かったね、ありがとうね。

ゆう。
8-14⑤

このブログを始めるキッカケになったゆう。
とってもとってもいい子でした。
ただ・・・ママは、早く転院しなかったことに後悔しています。
ここでは駄目だと転院をして、必死に生きてくれたね。
ゆうへは、私は後悔することばかり。
医療費で何百万もかかっても、まだ生きていてほしかった。
ゆうも元夫がが大好きだったね。ゆうに出会えてよかった。

ひまたん。
8-24.jpg

保護団体からきたひまたん。
人懐っこかったけど、なかなかごはんを食べてくれなくて
だんだん体調も崩して入院。
ひまたんはね、私にも元夫にも特別だったと思う。
入院中、私と友達が面会に行った時に私たちの前で
息をひきとった。唯一、眠ってるようにしか見えないくらいに
安らかな死に顔だった。パパはね、ひまたんが他界した時
初めて泣いたんだよ。ひまたんのケアをマメにしてくれたパパ。
忘れないであげてね。

ちび。
12-23 (3)

飼育放棄犬だったチビ。置いていったバカ親子ふざけるな。
父が仕事場でごはんをあげてはいたけれど、毛はもしゃもしゃ。
元夫はとても効力的だったので、美容院、病院・・
とにかく休日のたびに動いてくれた。感謝しています。
愛情を知らずに育ったちび。でも、だんだんと小さく喜びを
出してくれるようになった。最後の何ヶ月は難病で大学病院に
行っても原因がわからず、亡くなる前は朝起きると吐瀉物や
下痢で、そこから私の1日は始まったけれど苦痛じゃなかったな。
最期に、声も出してないのに、パパとママに最期の瞬間を
教えてくれてありがとう。

9-9.jpg

5-27⑤

この子たちの面倒を一緒に見たのは元夫で、
この子たちからしたらパパとママだったので、あえてそう書いています。

パパと暮らしたのはモミだけになったね。
寝起きには「にゃーん」って鳴いて、起きたよーって
教えてくれていたことをパパは覚えているかね。

1日でも多く一緒にいてね。
20130728152809646.jpg

20130728152809120.jpg

長い間、このブログを読んでいただきありがとうございました。
けしてタメになるブログではありませんでしたが、
ここを通じてお友達が出来たり、情報交換が出来たりしてよかったです。
私はネット離れをしていきますが、メールフォームは残していくので
いつでもメールくださいね。

では・・・さようなら

 元夫へ

18歳から41歳までおちびたちのことをいっぱいありがとう。
とても頼りになる人でした。
病気の私とこんなに居てくれてありがとう。
ずっとずっと一緒に居たかった。
貴方も限界だったと思うけど、あいつを私は一生許さない。
義父母も大好きでした。義母を看取れなかった残念です。
認知症になって、最後まで覚えてくれていたのが
私だったのはとても嬉しいです。
いっぱい楽しい思い出をありがとう。
休日のたびに色んなところに連れて行ってくれて感謝しています。
心にもない事を言ってしまう元妻だったけれど、
最初で最後、本気で愛した人でした。


皆さんのワンちゃんやネコちゃん、トリさん・・・
全ての家族が仲良く暮らしていけますように。

マホより。

2006年8月6日 PM10:10 ゆう永眠。
2013年8月6日 PM18:05 ブログ休止