FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2008年10月15日 (水) | 編集 |
昨日15時、チビのお迎えへ。
途中で連れてこられたチビ。。
私を見て「やった~♪」と喜んでくれたのが可愛かったー。
カートの中でも「ね~ね~」と言いたげに私を触ってました。

今回の血尿ですが、結論としては「膀胱炎」でした

結石がないかという心配がありましたがそれはありませんでした。
慢性膀胱炎になりかけているかもしれないということで
今回は薬を変えて少し長めの投薬をします。
(2週間後に再度尿検査をします)

私も、そして獣医さん(昨日も院長診察でした)も
腫瘍がないか・・というのも気になっていたのだけど
それもなく一安心です。

レントゲン検査では腰椎の変形がある事がわかりました。
「これは痛いはず」というくらいに骨と骨の間が狭まったり
変形してしまったりしています。
一箇所ではなく、真ん中あたりから下半身に向けて・・。
外からの力でこうなった可能性もあるらしく
チビ、飼育放棄だけではなく虐待もされていた??と
考えることも出来る結果でした。

痛みに関しては、個体差もあるので見た目で判断できません。
先生曰く、チビは我慢するタイプに見えるようです・・。
これから寒くなるし、膀胱炎の事もあるし、保温をどうするか考えなくては。

今回は血液検査で腎臓チェックもしました。
青葉区の病院でも若干高めだったBUN。
現在通院中の病院でも前回36、7でした(正常値は9、2~29、2)
それが今回は25、0と下がっていました。
いずれも空腹時の測定です。
CREは前回0、5で今回は0、4です(正常値は0、4~1、4)
その他、PCV、TP、WBCも正常値でした。

フードをシニア用にしたほうがいいと最初に指示されたので
最近はシニアプラスにしています。
それが良かったのかもしれないということでした。

別部屋にしている事に関しては、それがベストだと言われました。
チビは大勢の中にいると落ち着かなくてきっとストレスになるだろうと・・。
この点、ひっかかっていた部分なので、化学物質、ストレス云々を
重要視する院長に「それがいい」と言われた事で少し気は楽になりました。
でも、これをずっと続けるのは可哀想でしかなく、チビに合うお家にいけて
のーんびり暮らせるのがベストです。
一緒にいてもらえる時間があって、その上で先住犬がいないか
大人しいワンちゃんかであれば言うことなしです。
別部屋がベストというのは、あくまでも我が家での預かりと
いうことを前提でのことです。

幸い、大病が見つかることはありませんでしたが
今後も膀胱炎をおこす可能性はあるという事をふまえた上での
応募、お問い合わせを宜しくお願い致します。
暫くは記事中に募集についての案内は書きませんので
チビカテゴリーを少しさかのぼってご覧ください。
(チビの投稿末尾に書いてあります)

ちなみに、回復は早い子です。今回も食欲、元気もあります。


※ 処方
 ビクタス

前回のシンクルで何度か嘔吐をしてしまった為、変更。


コメント
この記事へのコメント
ishiminさんへ
ありがとうございます。

もう血尿も治まり、ご飯くれくれ~と元気いっぱいなチビです。
チビの過去、一緒にいる事で、多分こうだったのかなと思うことはあって
それがハッキリしたという感じですね。
でも今は人間を信用しようとしているわけだし
大事なのはこれからですよね。

シニアばかり、おまけに多頭ともなるとこんな事も
日常的なので^^;
精神的に参ってしまうことはあるけれど頑張ります~。
2008/10/17(Fri) 18:48 | URL  | マホ #-[ 編集]
めろんさんへ
ありがとうございます。

結果として、大きな病気はなかったのでよかったです。
腰椎のことを知ることができるキッカケにもなりましたし
今回の検査をして正解でした。

たまに見せる目からある程度感じ取ってはいましたが・・。
2008/10/17(Fri) 18:37 | URL  | マホ #-[ 編集]
チビ君、数値が安定してよかったです。
保護犬もそうですが、過去に思いを巡らせると、
本当になんというか、私達が想像もできないような
つらい思いをしていたのか、、と怒りが沸くこともありますがワンコもニャンコもみんな新しい環境に馴染もうと頑張ってくれてますよね。
動物達のそのけなげな姿勢がいつか本当の里親さんとのご縁に結びつくことを祈っています。
チビ君の検査結果、気になっていたので、改善に向かっているとのことでよかったです。
まほさん、ご無理していると思いますがどうぞ、本当にご自愛くださいね。
チビ君の幸せ、陰ながら祈ってます。
2008/10/17(Fri) 18:13 | URL  | ishimin #-[ 編集]
マホチビの検査結果
マホさん、チビちゃんお疲れ様でした。心配していましたが悪いところがなくて本当によかったです。でも過去に虐待があったこと言葉が出ませんでした。マホさん、くれぐれも体調をくずされませんように。
2008/10/16(Thu) 00:06 | URL  | めろん #-[ 編集]
ナッティさんへ
ナッティさんも大変な中、心配してくださりありがとうございます。

保護ワンニャンと暮らしていると色々考えさせられますね。
ひまも、長いものを凄く怖がります。
この子も何かされていたのかなーと思う事もしばしば。。
でも、2ワンとも健気です、私たちを信用しようとしてくれています。

チビ、絶対に幸せにしてあげたいです。。
2008/10/15(Wed) 21:23 | URL  | マホ #-[ 編集]
めりさんへ
ご心配おかけしました。

今回は初めてレントゲンを撮るというのもあって
かなりドキドキで、結果を聞きに行く時は倒れそうでした^^;
でも、大きな異常はなくて安心しました。

腰椎の変形、虐待かはハッキリわかりませんが
何かしらあったのにそのままだったのは事実です。
人間への不信感を怒りという形にする子ではありませんが
やはり信用していない目を向けることはあります。
今はそれを解くための時間ですね。
2008/10/15(Wed) 21:18 | URL  | マホ #-[ 編集]
ホッとしました。
マホさんチビちゃんお疲れ様でした。私も、ホッと安堵しました。が、新しい事実!に、言葉が出ませんでした。こんな小さな体の純粋なチビちゃんが虐待にまで…同じ人間として恥ずかしく情けない気持ちです。それでも、チビちゃんが人間を信じる瞳を失わずにすんだのは、愛を教えてくれたマホさんたちの家族に出会えたからですね。こんなチビちゃんになら絶対に素敵なご両親がお迎えに来てくださると信じています。祈っています。
2008/10/15(Wed) 20:16 | URL  | ナッティ #SFo5/nok[ 編集]
よかった
チビちゃん、マホさん
大変な心配でお疲れになったことでしょう。悪いことが無くて本当に良かった。心配していました。
チビちゃんへの過去の虐待があったこと、本当に苦労していたんですね。今度こと、本当に心からチビちゃんのことを愛してくれる優しいご両親に会えること切に願います。それでも優しい心のチビちゃんのことを思うと健気さに人として済まなさにごめんなさいと頭が下がります。
マホさんも今回のことでは、たくさん心配されましたね。チビちゃんのラッキーは、マホさんファミリーに出会えたことです。もっと幸せになること、優しい里親様に出会えること心から願います。
2008/10/15(Wed) 09:50 | URL  | めり #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可