FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2008年12月19日 (金) | 編集 |
今日は担当の先生がお休みの日だから、電話は来ないだろうと思い
今電話をしてみました。電話だと、スーっと頭から抜けていく・・。

忘れないように記録だけ。
明日、詳しいことは担当の先生から聞きます。

結果としては、炎症性の腫瘤だということ。
腫瘍などである可能性は低い。

ただ、細胞の中に、なんとか球(聞き取れず)という若い細胞が
チラホラとあって、単純に「炎症性の腫瘤」と言ってしまう事は
出来ないということでした。炎症性の腫瘤には見られない細胞のようです。
経過観察が必要になってくるようです。

前に書いた炎症は腫瘍の始まりがまたひっかかるじゃないか!
先週より確実にこれ成長してるし・・・。
ま、明日ちゃんと話を聞いて、そして出来るだけのことをしましょう。

そこで、読者の皆さんにお願いがあります。
炎症性のもの、腫瘤にいいものなど、サプリ類でオススメの商品があったら
是非教えてください。ゆうの時からはまたこういったものも進んでいると思うし
ネットで見てもチンプンカンプンです。
使ってみてよかった、知り合いが使っていてよかったみたい、など
どんな情報でも結構です。ブログ拍手コメントからで結構ですので
どうか情報お願いします。長文になる場合はメールでお願いします。
とりあえず、無難に鮫軟骨でしょうか。
免疫系にいいものなども教えてくださると助かります。

よろしくお願いします。

〔追記〕

さっき、買い物の帰り道に、電話で話した先生が言っていたことを
思い出した。悪性になりうる可能性があるものに関しては
今の段階で切除したほうがいいかもしれないということだった。
どちらにしても明日聞くけれど、チビはその対象になるような
言い方ではあった。それは正論でしょう、獣医師としてね。
でも私は必ずしも開ければいいと思ってはいないし
チビはそれがキッカケで慢性腎不全になるかもしれないし
明日、獣医師としてのマニュアルととれる意見を言われなければいいな。
飼い主(チビの場合は保護主だけどね)の意見も尊重してくれて
それが獣医師にとっては首をかしげるようなことであっても
否定をしないでほしい。獣医師は「そんなの無意味」というふうに
決め付ける人も多いし、そこで対立したくない。

「獣医師としてではなく、先生が飼い主だったらどうしますか?」

こう聞いている友人が何人かいる。
私もそれをちょっと聞いてみようと思う。
 

サプリ情報ありがとうございます。
引き続き、どんな事でもいいので、情報お待ちしています。