FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2008年12月20日 (土) | 編集 |
今日は私の通院帰りに動物病院に連れて行こうと思い
びっちゃん同伴での移動でした。
(車なので、私がクリニックにいる時は旦那と車でお留守番)

そして、帰りにそのまま動物病院へ。
今回はボイスレコーダーで録音するつもりでした。
というのも、診察台の上にいるびっちゃんを押さえてないといけないし
メモをする余裕がないのです。
でも、予想外にすぐ呼ばれ、ボイスレコーダーの用意が出来ず
押さえているからメモも出来ずでした。

昨日書いたことと重複する部分がありますが、
今日聞いたことを覚えている限り書きます。

担当の先生が言うには、炎症性の腫瘤とはハッキリは言えないとのこと。
炎症性の腫瘤とは、何かがキッカケでばい菌などが入り出来た腫瘤のこと。
わかりやすく言えば、おできやにきび、そういったものと考えればいいようです。
ただ、びっちゃんの場合は、そこに「リンパ芽球」というものが混じっていたので
良性のものとは言えない、要観察という回答が戻ってきたようです。
このリンパ芽球も、数が多いわけではないので、炎症がおこった事によって
一時的に出た可能性もあり、定期的にニードルバイオプシーをして
チェックという事になりそうです。

腫瘤から採取した細胞には血液も若干混じるため、血液中に
異常な細胞が出ていないかをみる為に今日は血液検査もしましたが
血液中には異常はなかったようです。

長く続いている皮膚のこと。
これとの関連性がある可能性を聞いてみたところ、全くないとは
言えないということだったので、皮膚の検査もしっかりしてもらう事にしました。
今まで何度かそういった話をしたものの、よくなっているし大丈夫ですよと
いう返事だったんだけど、治ってもすぐにまた炎症はおこるし・・・。
「大丈夫だから!」と内心思われてもいいかーって思って
皮膚の状態も検査をしたうえでわかっておきたいと話をしました。

そして今日は、毛を抜いて1週間培養する検査だけやってきました。
これでカビがいるかどうかハッキリわかるようです。
ただ、カビがいた場合、1日の薬代が700~800円になるようで
金銭面でかなり負担があるのであえて薦めなかったらしいです。
でもそれはシャンプーでもある程度の効き目はあるので
どんな状態かを把握するという意味でしておくのも悪くないと
いうことだったので、検査をお願いしました。
次回もう1回年内に行くのでその時にニキビダニの検査をしてきます。
(お金がなかったので、今日はそこまでにしておきました・笑)


 今日の結果

ニードルバイオプシー 
前回と変化なし

血液検査 
異常なし

リンパ 
腫れはなし

腫瘤の大きさ 
1、1センチ(前回と同じ)
ただ、赤み、厚みは以前より増している。

 結果待ちの検査

真菌培養検査
(一週間後に結果を聞きに行きます)


今日は肛門腺も絞ってもらいました。
2~3日前からお尻を私のほうに向けた時にプーンと
あの特有のにおいがしてくる事が何回かあって・・。
絞ってもらったら案の定たんまり溜まっていました。
これからは定期的に絞ってもらいます。
うまく出せない子、溜まりやすい子っているんでしょうねー。

びっちゃん、今日も大人しく検査されてました。
採血も、ニードルバイオプシーも、肛門絞りも抵抗なし。
そんな楽ちんびっちゃんね、お家では少しだけイヤイヤするのよ(笑)
可愛いイヤイヤなんだけどね~、びっちゃんが心を許している証拠だと
私は勝手に思っています。

そして、サプリ情報もいっぱいありがとうございました。
いただいた情報を参考にして考えたいと思っています。
ご連絡くださった方々には近日中にお返事をさせていただきますね。
本当にありがとうございました。