FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年01月08日 (木) | 編集 |
今日は処置後の写真(肛門嚢の中身)も載せています。
NGな方もいると思うので「続きを読む」で見れるようにしています。


1日開けての診察。
お尻が臭うこともなかったし、腫れてきた様子もなく昨日が終わった。
止血剤が効いたのか、寝床についていた血のような痕跡も少ししかない。
(今朝は全くなかった)

今日、獣医さんに言われたこと。
びっちゃんは、いつもウンチがすぐそばまできているらしい。
でも、病院に行く前はウンチをさせるようにしている。
と言うのも、今までも書いているけれど、力を入れることで
出てしまうし、待合室や診察室で便が出てしまうのを避けるため。
今日も病院に行く10分ほど前からリビングに連れてきた。
いつものように、はしゃいで歩きまわりウンチをした。
かなり大きなのをしたし、出きったと思ったんだけど・・
すぐそこまできている便が残っているようだ。

腰から下の神経が麻痺気味であること。
そうした事から便をきちんと出せずにいるのかもしれないと言われた。
でもそれが正しいだろう、歩きながら出ちゃったり、力を入れた瞬間に
出ちゃったり、圧迫されることで出てしまうことがほとんどだから・・。

今回の肛門嚢炎、便がうまく出せない事もあって、
そうした中で普通なら出せる分泌物も出せなくて、
そこで細菌感染をおこしてしまったのかもしれないと。。

あくまでも可能性であり、獣医さんの意見。
入院をキッカケに麻痺が残ったり、排泄困難になったりというのは
今始まったことではないし、今頃?と私は思ったりもするけれど
平気な時は平気、でも抵抗力が落ちていれば、今こうなっても
おかしくはないんだと思う。

ただ、何故こうなるのか、どうすれば防げるか。
それを知りたいと思うけど、それを突き止めるのは無理なんだろうな。
私が出来るのは今まで通り清潔な中での暮らしをさせて
ストレスが少ない生活をさせて、マメに様子をチェックするしかない。

chibi20090108.jpg

診察室の中からガラス越しにこっちを見ているワンコ(笑)
うまくハマってる。
wan20090108.jpg


今日の先生、S先生。
今度の週末はS先生はいないらしく他の獣医さんに
伝言をして処置をしてもらうということ。
誰じゃー!!(獣医さんが変わるのちょっとイヤ)

 体重 8、25キロ

以下「続きを読む」に続きます。




今日の肛門嚢(右)の中。
左は溜まっていないようです。
(クリックで拡大します)

chibi20090108-2.jpg

5日は、モロに血と膿!!
6日は膿が減ったけど血が多く、
そして今日は分泌液に近い色のもの。

だけど、2日でここまで溜まるのはまだおかしく、
次回は10日か11日に通院予定。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。