FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年01月13日 (火) | 編集 |
chibi20090113.jpg


10日の午前中に行ったのが最後だから、丸3日たってのチェック。

肛門嚢、今回はだいぶいい感じで、透明の分泌液に
茶色いのが少し混ざった程度。
(デジカメがメモリいっぱいだったし写真は撮れず)
ただ、きちんと治しきらないといけないし、内服薬は続行。
次回は丸4日にしてみる、つまり土曜日の午前中受診予定。

今日も肛門のすぐそばまでウンチがきていて出してもらった。
普通なら出きってしまうウンチが最後まで出ない。
ウンチをしようとして出していないし(圧迫で出ているし)
残ってしまうのは仕方がないのかもしれないけど
今後はこれをどうするか、それも獣医さんと話していかないといけない。

今の段階では、便秘というわけではないし、家でやったほうが
いいというほどではないそうだ。
ただ、これが続けば、肛門嚢炎の再発にも繋がってしまうし
まずは、お腹のマッサージをするとか、動かして(歩かせて)
腸の動きを促進させるとか、そういった事でいいらしい。

今日のびっちゃんは下半身の神経麻痺が結構出ていて、
何度も後ろ足がベタってなって立てなくなった。
診察台の上でもいつものように立っていられず。

腫瘤はもうほとんどわからないくらいになった。
これはもう、悪性のものではなかったと思っていいみたい。
だけど、何か終われば次・・ですよ。
病院に着いた時、今日は今までで1番の抵抗だった。
自動ドアの前で「やだー!!」って動かず。

皮膚は、今回飲んでいるパセトシンはびっちゃんの皮膚には
効かないのか、改善はしない。
でも、目的は肛門嚢炎のほうだからね。
皮膚の時に飲んでいたビクタスは効いたけど
これは耐性菌がつきやすいし、獣医さんは長期間の服用は
させたくないということです。


今日の先生、S先生。

 体重 8、14キロ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。