FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2009年03月03日 (火) | 編集 |
数日前、廊下でご機嫌なびっちゃん
chibi20090303-2.jpg

今日はびっちゃんの通院。

先週一週間、家でみている限りは落ち着いていた。
金曜日頃からお尻が臭くなってきたけど、
夫にしぼってもらって、出たのは茶色い分泌液だったし
今までの流れではそうなったら投薬終了だったから
抗生剤、ステロイドはもう終了かなと勝手に思ってしまった。
でも、今日行ったら、まだ投薬は続くようで・・。

ステロイドを飲ませているし、肝臓への影響が怖いから
今日は血液検査もしてきた。
肝臓のチェックは11月25日以来、そして腎臓も10月14日以降
チェックをしていないし、ついでに検査することにした。

結果、ALPが高くて、その数字だけを見て「げっ・・」と思った。
基準値が47~254のところ、893あったのだ。
元々500前後で高めではあるんだけど、1000近いし
頭の中ですぐに整理が出来ず・・。
上がった可能性を先生に聞いてみたところ、
首のリンパの腫れの影響や皮膚の炎症も考えられるし、
シニアで元々高いというのもある。
色んな事でALPの数値は上昇するから、
何が原因とも言えないけれど、他の数値は基準値内だから、
肝臓の病気があるとも言えないということだった。
ステロイドでの上昇の可能性も聞いてみたけれど、
ごく少量だし、これはまずないと思うと言われた。
でも獣医さんはたいていそう言うしわからないやー。
この量だったら影響はないと言っても、過剰に反応する子もいると思うしね。
という事で、ステロイドの内服が終わって少したったら肝臓は再チェック。

ただ、ALPの数値に関して、保護時に医療措置をした病院の先生から
年齢からくるものだろうと言われていたのを帰宅してから思い出した。
まぁ、今回はそれを考えても高めだけど、闘病中の今はここだけを
考えても仕方がないし、今は頭から消えてます。

また一週間後にびっちゃん病院。
ステロイドは早く終わらせたいなー。

ちなみに腎臓。
BUNは26、8(基準値は9、2~29、2)
CREは0、6(基準値は0、4~1、4)でした。


 今日からのおくすり

(朝)
パセトシン(抗生剤)
アドナ(止血剤)
プレドニン(ステロイド)
ウルソ(利胆薬) ←家にあるやつを使用

(夜)
パセトシン(抗生剤)
アドナ(止血剤)
ノイロビタン(ビタミンB複合剤)
ウルソ(利胆薬) ←家にあるやつを使用

------

今日の先生 S先生

 体重 7、95kg


■□■□■□

記事投稿は3日だけど、記事内容は2日(月曜日)です。
びっちゃん、昨日はおしっこ回数が初の6回。
ステロイドを飲ませるとやっぱり尿の量が増えるわ。