FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年03月09日 (月) | 編集 |
まーくん、腎サポスペシャルをポリポリ。
量はまだ全然足らないけど、嗜好性重視じゃなくてもいい位になったし
いつもならばあげないような成分のフードはそろそろ終わり。

やはり、気になるわ・・。
ゆうの時には散々気にしていたタンパク質、リン、ナトリウム。
それが今はタンパク質重視になってしまっていたんだけど、
今回違うフードを買って成分にギョっとして、シニア猫にこりゃイカンと
再認識し、誰も今は腎不全とはいわれてないものの、
また調べ始めたら、シニア用なのに、リンやナトリウムが高い物が多い!
これ以上突き止めようとすると深みにハマるし、今はそれを考えている時間は
ないから、そこで終了。パッケージに騙されるなということだな。
それ以前に、そこで働いていない限りは本当のところはわかんないよねと
思っているんだけどね。

先週の写真。
にゃんずのご飯が届きました。
箱はみんなで取り合いです(今は息吹の定位置になっている)
neko20090309.jpg

まーくんに買ったもの。
neko20090309-2.jpg

フェロビタだけ使ったけど、見事に無視された。
まーくんが口にしてくれるものは限られているし、
たいていのニャンコは好きそうな人間の食べ物とかもプイ。
昔からまーくんはそうだった。
いやしんぼも困るけど、こーいったタイプも病気になると困る。

------

うちに来た時にはショボ毛だったひま。
何がおこったのか、どんどんフサフサコートになっちゃって
ポメ飼いさんにも驚かれる。私も他のポメを見て驚く。
当のひまも熱くてたまらないようだ。

ひまが行っていたサロンが閉店してしまった為、
去年の6月以降伸ばしっぱなしで毛むくじゃらになってしまった。
知らないところに出すのは不安なので家でバリカン。
少しすいただけなのに、この毛量・・

ちょっと小さくなったよ。
hima20090307-3.jpg

1匹のワンコから2色の毛。
hima20090307-2.jpg

------

そして最後にびっちゃんのレントゲン。
コンピュータ管理になったからか、近所の病院でも貰えるようになった。
(プリント代はかかるけど安いもんです)

生きている時、そしていなくなってしまった時。
生きている時は単純に「こうなっているのか」と思って見る。
亡くなった後は・・違う目で見るようになるレントゲン写真。
残している形見や毛なんかと同じように宝物になる。

びっちゃんのは、ゆうやひまと比べてみたかった。

この辺りがびっちゃんの異常個所(クリックで拡大)
chibi20090308.jpg

去年10月、検査をした時の日記の一部です。

レントゲン検査では腰椎の変形がある事がわかりました。
「これは痛いはず」というくらいに骨と骨の間が狭まったり
変形してしまったりしています。
一箇所ではなく、真ん中あたりから下半身に向けて・・。
外からの力でこうなった可能性もあるらしく
チビ、飼育放棄だけではなく虐待もされていた??と
考えることも出来る結果でした。


私は素人だし、これを見たところで、明らかにここの骨はゆう達とは違う、
そんなことしかわかりません。ゆうもひまも、背骨と背骨の空間が均一だけど、
びっちゃんは違います。今歩けていても、ある日突然に歩けなくなる可能性は
けして低くはない確率であるのが事実なようです。

排泄のコントロールが出来ないとか、肛門嚢に指を入れられても
平気だとか、それは麻痺を意味するわけで・・。
何故歩けているのかが不思議だな、ホントに。

「チビちゃんの状態までいっていると効果は期待出来ないけれど」
という前置きありで今飲ませているのがノイロビタン。
神経機能を補助する為に回復する見込みがある病気の子に
使うらしいんだけど、びっちゃんはその対象にはならず。
だけど、副作用はないという事で、薬を嫌がらないのであれば
飲ませてみましょうかという事であげるようになりました。

薬についてはこんなふうに書いてあります。

ビタミンB1、B2、B6、B12を配合した複合ビタミン薬です。
これらのビタミンは体の神経の働きに深くかかわっています。
栄養補給で用いるほか、ビタミン不足で生じる神経痛や筋肉痛、
末梢神経炎(手足のしびれ)などに適応します。
腰痛や肩こりに処方されることもあります。

ビタミンB群は水溶性ビタミンなので、尿から容易に排泄されます。
強い作用があるとはいえませんが、副作用の心配はありません。


------

みんなの今の状態をひとりで把握する。
それが今は一匹じゃないし頭がごっちゃになる。
ひとつひとつをしっかり調べる事も出来なくて中途半端な気分になる。

なんじゃ。こりゃ。
私軽く壊れ気味。


コメント
この記事へのコメント
鍵コメさんへ
鍵コメさんのお宅にもシニアワンちゃんがいるんですねー。
やっぱり色々出てきますか・・。
若い時には考えていなかった症状が出てきますよね…。

見事にシニアばかりになった我が家では、
次はお前かー!みたいな毎日ですが、
はい、ふんばりますー(笑)

びっちゃんについては、保護主として最低なことをしようと
しているわけではないので、その点はご安心ください^^
2009/03/10(Tue) 22:52 | URL  | マホ@管理人 #yl2HcnkM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/10(Tue) 20:40 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。