FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2009年12月29日 (火) | 編集 |
26日(土曜)のステロイド投与後。
翌日はちょっとだけ食べた。
でも、前ほどの効果はもうない。
眼に力を感じたり、パッチリ眼を開けたり歩いたりはもうしない。

そして昨日は近所のかかりつけ医院が年内最後の日だったので
検査を兼ねて相談したいこともあり連れて行った。

体重はまた落ちて、6、20キロ。
20日は6、65キロだったし、体重減少は加速している。

PCVは65。
落ち着いているというよりも、血を造れという指令自体が
もう出ないところまでいっているのかもしれないということ。

もう、副作用がどうこうという状態ではなくなった。
とにかく楽にさせる為だけの段階に入った。
苦しまず、寝ているだけであれば輸液で水分補給をして
食べられるものを探すだけにしたい。
でも、薬の力を借りないと苦しい・・そんな状態。
多血に関してはチェックが必要だけど、今までのように
薬を使ったことで臓器に影響が出ているかをチェックする意味は
もうなくなった。わかったところで、どうしようもない。
これ以上のことは出来ない、そう言われた。
私自身もそれはわかっていることだから驚くこともなかった。

昨日、主治医からの指示は・・

・ステロイド系の点眼薬を点鼻する
・今まで100mlだった輸液も吸収具合をみて増量
・夜、苦しそうな時は安定剤を使用
・鼻の症状が酷く、出血もしているので抗生剤再開

昨日は、病院でも輸液(180ml)
抗生剤、止血剤、胃薬等も皮下投与。

血小板は6万くらいになってしまっていた。
通常は20~50万くらいあればいい数値。
10万を切ることもあったけど、今までで1番低い数値でした。
2万を切ると止血が難しくなるということです。

右目はほとんど反応がなく、左目で若干見えている様子。
ご飯の場所、お水の場所がわからない(目の前に持って行っても)のは
単純に見えていないというよりも、脳内で低酸素になっていて
ボーっとしてしまって場所がわからない・・そういった状態に近いようです。

とにかく、鼻の症状が酷くて(鼻水、鼻血)、そして苦しそうな声を出す。
寝ていても、ブシュブシュと音をたてて苦しそうだ。
とにかくマメにチェックをして鼻を拭く。

昨日は瀉血をしなかったけど、それでも帰宅して数時間後にまた下痢。
普段は下痢をしていないし、、ストレスもあるのかな。
今回は1回だけだったけど、また朱色っぽい下痢便だった。

全く動けなくなってしまったし、もうサークルの中で寝かせず
横で寝かせています。そのほうが私自身もササっとおむつ替えや
お水を飲ませたりも出来るしね。

まーくんと寝ていることが多い。
(まーくんがびっちゃんのそばに行く)
これは、昨日。買い物から帰ってきたら一緒に寝ていた。
chibi20091228.jpg


今日は、点滴処方をしてくれている病院のほうへ行ってきました。
・・というのも、昨日の朝1番で近所のかかりつけ医には
行ったんだけど、その後にみるみるまた調子を崩して
下痢もだし、食べなくもなったし、鼻は酷くなるしで、
内服は難しいなーという状態にまでなってしまったの。
内服の場合、吐かれてしまったら辛い思いをさせるだけだし
空腹状態で薬を飲ませるのも嫌だし・・・・・。

で、現状を報告し、注射での対処の許可を貰ったので
今日は点滴薬、ライン、針だけではなく、注射針も出してもらったの。

とりあえず5日分お願いした。
抗生剤と止血剤(止血剤は1日2回注射)
chibi20091229-2.jpg

今日からは1日2回輸液をするし、それに加えて注射もするけど、
通院のストレスがないだけで精神的に全然違うと思う。
獣医師に針をさされる時、飼い主にさされる時、顔つきが違うからね。

びっちゃん、病院に行くとブルブル震えて私がいるかのチェックが
激しいし、こうして家で輸液や注射をさせてもらえると助かる。
昨日も会計待ちの時に私はカートの背のほうに居たんだけど
ぐったりしているのにびっちゃんが上体をそらして後ろばかり見るの。
ものすごく上体を上げるから、てっきり発作をおこした?とか思ったんだけど
そうじゃなくて、私がいるかチェックされていた。
「大丈夫だよ、いるよ、おうちに帰るよ」って頭をナデナデしたら
またカートの中で横になった。で、私がまた後ろに行ったらグイーっと。
こりゃ不安感バリバリだって思って、また「大丈夫、置いていかない」って
伝えて、びっちゃんから見える位置にいたら、もう上体をおこすことはなく寝ちゃった。

これは今朝の写真。
chibi20091229.jpg

昨夜は全く身動きせず寝ていたし、朝起きておむつチェックをしたら
おしっこが出ていたのに気持ち悪がって声を出すこともなかった。
カピカピの鼻を濡れたティッシュで拭いてもされるがまま、
寝ぐせだらけになる顔周辺をブラシでとかしても嫌がらない。
あまりの抵抗のなさと、おむつ替えのときの力のなさに一瞬だけへこむ。
でも・・・・一瞬ね。いつまでも「どうしよう・・」とは思わないから。
これだけ向き合っているからね、へこんでたらびっちゃんに申し訳ない。

後悔しないようにしっかり介護するよ。

今日もまーくんはそばに居てくれたし。
chibi20091229-3.jpg

今年もあと2日だ。
その時がこない限りは今日が今年最後の更新になると思います。
この1年、たくさんの応援をしていただきありがとうございました。
みんなで新年を迎えられたという報告が次回できればいいなと思います。


それでは・・よいお年を。

みんな、ありがとう



コメント
この記事へのコメント
びっちゃん。
いかがでしょうか??

どうかみんな揃って、穏やかな年越しの時間を
持てていますように。
2009/12/31(Thu) 20:01 | URL  | たーたん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/31(Thu) 17:29 |   |  #[ 編集]
まさやは、びっちゃんが心配なんだね
ついていてあげたいって気持ちなんだよね
自分だって調子が良い訳じゃないんだろうけど…思いやりに打たれました…介護生活大変だけど
悔いのないように…ね

体だけは壊さないように
あと一日、今年は乗り切ってほしいね
良いお年をお迎え下さい
2009/12/30(Wed) 23:31 | URL  | あけ #-[ 編集]
マホさんお手製の素敵なカレンダーが、明日でいよいよ最後ですね。
今年はびっちゃんの看護に明け暮れたマホさん、本当にお疲れさまでした。そして有難うございました。

どうかびっちゃんの痛みが出来るだけ少なく、穏やかに新しい年を迎える事が出来ますように・・・・・
繊細なマホさんのお体も、とても心配です。
くれぐれも健康にご留意されてくださいね。
よいお年を迎えられますように、心から祈念しています。来年もよろしくね。

2009/12/30(Wed) 23:28 | URL  | エディ母 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/30(Wed) 20:18 |   |  #[ 編集]
びっちゃん、ママが傍にいないと不安なのですね。
大丈夫、びっちゃんのママはいつも傍にいるし、優しいまーくんも傍にいるよ。
家族皆もね。
やっぱりお家が一番!!
汽笛…私も川崎にいた時は、海側だったので元旦0時に聞いてました。
なんとも胸に染みるあの音は今でも忘れません。
その時びっちゃんも川崎で聞いていたのかもしれませんね。
家族皆で汽笛待ち遠しいですね。
びっちゃんにとって、マホさんと家族にとって、穏やかに新年を迎えられますように。
良いお年を。
2009/12/30(Wed) 16:02 | URL  | もん福ママ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/30(Wed) 15:23 |   |  #[ 編集]
まーくんは優しいですね。
びっちゃんに特別な想い、絆を感じるのでしょうね。
びっちゃんも、それを感じるのでしょう。

苦しくないように、穏やかに過ごせますように、と祈ります。
2009/12/30(Wed) 13:18 | URL  | リリー #kawHLU1w[ 編集]
びっちゃんとまーくんの写真みているといつまでもこうやってそばにいられるといいなーって思います。
マホさんのことがとっても大好きで甘えているんだなーってつくずく思います。本当にマホさんのそばにいるのが一番安心なんですね。
もっともっと甘える時間がありますように。
あともう少しでお正月ですね。かならずお正月を一緒にに迎えることができますように。願っています。
マホさん、びっちゃん、マホさん家族みんな良いお年を迎えてくださいね。
2009/12/30(Wed) 01:18 | URL  | たまみ #C8yQT4kE[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/30(Wed) 01:06 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可