FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2010年01月06日 (水) | 編集 |
プレドニンを飲ませても食欲はほとんど戻らず翌日に少し食べるだけ。
強い薬を飲ませて少し食べさせる意味はもうないと感じた。
もうここまできたらびっちゃんを辛くさせる事になる、
もうやめよう、自然に任せようと思った。

ただ、鼻の症状は酷かったし、注射と輸液は亡くなる日の朝までしていた。
止血剤を注射しても止まらない、鼻血、下血。

悪性腫瘍の可能性は言われていたし、そのせいなのか、
もしくは血小板がもっと低くなっていて止血出来ないのかはわからない。
鼻血で汚れて、下痢をすれば血の色で…これはきつかった。
処理をしながら「びっちゃんを苦しめるなよ」と口にしていた。

亡くなる前日からは何も口にしなかったけど血の色の粘液まじりの下痢便は出た。
そして、あのびっちゃんが何度も声を出した。
私がそばに居ると少し安心なようで、横に寝かせて身体をさすっていた。
「びっちゃん、もう頑張らなくていいよ」私はそう言った。

眠ることも出来ていないし、1日の午前中に安定剤を使った。
同じように最期の闘いをしている子を楽にさせるために
安定剤を使っているケースが多いと知り、効く子はそれで
眠れるようになるというのも知って、いつかうちも使うのかなと感じていた。
これはもう本当の最終手段だった。でもそれも効き目はなかったかな。。
1回分しか買ってなかったから1日に数回分と痛み止めを買いに行ったけど
それを使うことなく、その日の夜に旅立っていった。

最期の瞬間。
あの日、私は眠れない日が続いたのもあって2時間くらい寝た。
その時、夫はキッチンで料理をしていた。

20時頃、何も音はしていないし、起こされてもいないのに目が覚めた。
私の頭のすぐ上で夫がびっちゃんの下痢の処理をしていた。
「また出ちゃった?」そんな会話を夫とした。
それくらいの会話をしちゃうほど、びっちゃんはいつもどおりだった。
いつもどおりというのは、いつもどおりにグッタリという意味だけど
今すぐどうこうとは思わない状態だった。

でも・・私のほうを見ていたびっちゃんがいきなり口をパクパクし始めた。
「ねー、びっちゃんおかしくない?変な呼吸してるよ」と言って
たった2~3分でびっちゃんは永遠の眠りについた。
夫と二人でびっちゃんの最期を見届けた。
頑張ったね…それしか言葉は出なかった。

あとから夫に聞いた。
キッチンにいたのに、びっちゃんが下痢したって気付いたの?と。
夫いわく、呼ばれた気がしてそばに行ったら、びっちゃんが下痢をしていたらしい。
鳴いてもいないし、物音がしたわけでもなかったと言っていた。
私が自然に起きたのと同じだ。
びっちゃんは、私たちに知らせてくれたんだと思う。
最後のサヨナラをちゃんとしたかったんだと思う。

その日は私の横で寝かせた。
息を引き取っても血は出つづけた。
結局、お寺に着いても血は出ていて、最後までびっちゃんは血で汚れた。
何度も何度も拭いて、綺麗なびっちゃんで送り出したかったけど
拭いても追いつかなかったよ…。

最後の日の朝、1日ぶりの濃いおしっこをシーツに連れて行ったらしてくれた。
支えられながら自分の脚で必死に立っておしっこをしたびっちゃん。

びっちゃん、本当に頑張ったね。
いつまでもびっちゃんは私にとって大事な大事なワンコだよ。



コメント
この記事へのコメント
さっこさんへ
すんごく感情がわかりづらい子だったけど、
私たちを必要としてくれたとわかる一瞬でした。
でも不思議と、その瞬間(心臓がとまった瞬間)の顔は覚えていません。
そこだけびっちゃんに消された感じです。

びっちゃんを好きと言ってくれてありがとう。
もっともっと病気以外のことも載せられたら良かったけど
びっちゃんは介護をしてもらう為にうちに来た子だから・・。
うん、今はそう思う。
2010/01/07(Thu) 18:29 | URL  | マホ #yl2HcnkM[ 編集]
鍵コメさんへ
またしばらくお別れなんですねー><
次に来た時にはいろんなことを書いているかも・・
ぜひまた来てくださいね。

保護関係のこととかも、またメールでもください。
メール返信めちゃくちゃ遅いですが^^;

びっちゃんに会いにきてくれてありがとー。
2010/01/07(Thu) 18:26 | URL  | マホ #-[ 編集]
うーちゃんママさんへ
はい、呼んでくれたことにすごーく嬉しく思っています。
あまり感情を出さなかったびっちゃん。
最後もそっといってしまったらもっと悲しかったと思います。

今は元々の明るかったびっちゃんでいてくれているはず。
軽い身体、歩ける脚、見える眼、聞こえる耳になって。
絶対に次は最初から幸せになってほしいです。
2010/01/07(Thu) 18:24 | URL  | マホ #yl2HcnkM[ 編集]
強い絆で結ばれているんですね。
びっちゃんの思いが届いたんだ。

私にとっても、びっちゃんは特別な存在です。
そしてマホさんも尊敬できる大切な方です。
本当にありがとうございます。私もいつかきっと行動に移せるような精神力をつけたいと思います。
2010/01/07(Thu) 16:53 | URL  | さっこ #XFIXbVXs[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/07(Thu) 14:23 |   |  #[ 編集]
「もうそろそろ行くね
なんだかとっても眠いの
いっぱい、いっぱいありがと
だ~~いすき」
そういっているような気がします

きっと、びっちゃんの天使が
マホさんとご主人さまのところに呼びに行ってくれたのですね
「びっちゃんが呼んでるよー」って

びっちゃんには何人もの天使が天国までお伴してくれたことと思います♪ だって、こんなにいい子ですもの

読みながら涙がいっぱい溢れてきました
2010/01/07(Thu) 11:51 | URL  | うーちゃんママ #pMWxl0co[ 編集]
エディ母さんへ
びっちゃんは、きっとお家っこで最後を迎えたかったんだと思います。。
父曰く、「今思えば・・」と思うところもあったようですし、
でも一緒に暮らしているわけでもなく、びっちゃんの異変には気付けない。
ビルワンコのときから病魔は巣食っていて「もうケアしてほしい」と
いう気持ちが、私に届いたのかなーって勝手に思っています。
問い合わせがありながらもうちの子になったのもそういった運命だったのかも。

うちにはまだ闘病ニャンもいるし、ひまちゃんもここに今書けないだけで問題ありだし、
私はきっと介護をする人間なんですよ~。
すこーし休息して自分の時間を楽しんで、また頑張ります。

長い間応援していただいてありがとうございました。
2010/01/07(Thu) 09:56 | URL  | マホ #yl2HcnkM[ 編集]
たまみさんへ
最後の最後まで、男らしいびっちゃんでした。
そして、ちゃんと見ていてねって気持ちもあったびっちゃん。
もっと早く保護してあげればよかったって思うけど、
あの時保護しようと決めたのは家庭犬で最後を生きたいと
びっちゃんが思ったからだと思うんだ・・。
元気だった時の動画なども載せるのでまた会いにきてね。

追伸・メールありがとう。近々返信します。
2010/01/07(Thu) 09:49 | URL  | マホ #yl2HcnkM[ 編集]
リリーさんへ
しっかりと2人を呼んでくれたびっちゃんに感謝です。
すごいなー、びっちゃんパワー。

この病気で半年近くも頑張ったびっちゃんは
やっぱり最後まで不死身のびっちゃんでした^^
2010/01/07(Thu) 09:46 | URL  | マホ #yl2HcnkM[ 編集]
びっちゃん・忘れないよぅ~
小さい体で最後まで、一生懸命頑張ったびっちゃん。
本当に偉かったね!!
ビルわんこから家庭犬になってすぐに発病したけれど、マホさんの愛情をいっぱい受けて旅立ったのも、みんな神様の思し召しだと思います。
最後は一人ぼっちじゃなく、マホさんとご主人に見守られて・・・・幸せなわんこだったと思いますよ!

マホさん、筆舌に尽くし難いこれまでの介護、本当に有難うございました。そしてご苦労さまでした。

これからはマホさんご自身のお体を労わることが、何よりも先決だと思います。あとに続くシニアたちの為にもね。
びっちゃんのご冥福を、心からお祈りいたします。
2010/01/07(Thu) 09:39 | URL  | エディ母 #-[ 編集]
びっちゃん、すごく頑張ったんですね。胸がいっぱいになりました。
最期にマホさんご夫婦にお別れを伝えたんですね。
こんなに大切に、たくさんの愛情をくれてありがとうっていったのかな・・・。たくさんの思いを精一杯伝えたんでしょうね。
私もびっちゃんのことは忘れません。
またびっちゃんに会いたいです。
2010/01/07(Thu) 00:12 | URL  | たまみ #C8yQT4kE[ 編集]
びっちゃんは、お二人にサヨナラをしたかったんですね。
そして、ちゃんとしたのですね。

本当に頑張って生き切ったのですね。

びっちゃん、びっちゃん…。
2010/01/06(Wed) 21:00 | URL  | リリー #kawHLU1w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可