FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2010年01月25日 (月) | 編集 |
亡くなるほんの数日前にびっちゃんのACをお願いしていました。
そして、1回のACがすみ(亡くなる3時間ほど前)、コミュニケーターさんが
2回目をしようとした時にはびっちゃんは他界していました。
コミュニケーターさんには数日前から話を聞いていただいたり、
ヒーリングをしていただいたりもしていました。
そして、天使になったびっちゃんからのお手紙も受け取りました。

生前のびっちゃんとのお話の前に、コミュニケーターさんを通して
びっちゃんから届いた手紙を載せます。
今後、ACのこと、そして、ひまの写真(限定記事)も載せます。
ひまは眠りについた後の写真なので、限定記事を見れる方へも
あえてサムネイル表示にしておきます。
パス入力でご覧になる方(ブロともではない方)で見たくないかたは
その記事は読まないように注意してくださいね。

------------------------------------------------------

chibi20090513.jpg

ママ、こんにちは!チビだよ。
今僕がいる所はね、ゆりかごみたいな所なんだよ。
そして僕の周りは、温かいエネルギーが溢れているんだ。
その温かいエネルギーは、沢山の動物の“魂”なんだよ。
みんなが、僕を支えてくれている感じなんだ。
ここでしばらくは、ゆっくり休憩しているから、心配しないでね。

チビとして暮らしたすべての時間は、意味のあることなんだよ・・・
辛かったことも含めてね。・・・1つの旅の経験として、きっと役に立つんだ。
でも今はね、チビとしての幸せだったことだけを想い出して、居眠りしている感じかな。

僕が一番嬉しかったことは、家族ができたこと・・・
あの頃の僕には、叶わないと思っていたことだからさ。
僕は1人ぼっちになったけど、“ご飯が食べられて暮らせれば、これでいいかな?”って
考えていたんだ・・・季節を肌で感じる事も“犬らしいかな”ってね。
僕がいた所から、少し離れたお家に連れて来られた時は、ホントは少しびっくりしちゃった。
葵ちゃんも猫達も、みんな警戒していたからね。
でも、すぐに“ぐっすり眠れる場所”をもらって、ホッと力が抜けちゃった・・・。
ママの匂いもして、安心できる場所だったからね。
やっぱりお家は温かかった・・・。家族がいるって幸せだった・・・。
本当に嬉しかったなぁ~~。

それとさ、みんなが僕を“わかりにくい”って思っていたらしいけど、そうじゃないんだよ。
伝える相手がいない時間が長かったから・・・ただそれだけさ。
でも僕としては、ママに目一杯甘えたつもりだよ。
ご飯を待つ時間だって嬉しかった・・・。
初めての洋服だって、自慢だったんだ!
僕のシッポが、おしゃべりしていたでしょ?
みんなににらまれちゃう時だって、無関心よりずっといいと思っていたんだ。
でも今思えば、まさやは心配してくれていたんだよね。
ヤキモチ焼きの葵ちゃんだって同じだよね。
ブツブツ言っていた女の子達だって、心配してくれていたんだ。
もう少し長く一緒にいられたら、もっと違う僕を見せられたのに、これだけは残念だよ。
でもこのことは、次の楽しみなんだね・・・きっと・・・。

それとね、旅立つ前の僕は、ママが思うほど辛くはなかったんだ。
体は動かなかったけど、心はすごく満たされていたんだ。
そして旅立つ前、眠っている時に夢をみたんだ。
僕や葵ちゃん、猫たちみんなが小さな子供なんだよ。犬や猫のね。
みんな仲良しなのに、ケンカもしたりして、ワイワイしているんだ。
本当の兄弟みたいにね。
ケンカもしてみたかったなぁ~。ず~っとそんな相手もいなかったしね。
でも今の僕は、ケンカはしないけど、1人ぼっちじゃないからね。
だからママ、あんまり悲しまないでね・・・ぐっすり寝ないとダメだよ。

パパにも伝えてね。
パパと僕は男同士だから、あんまりベタベタはしなかったけど、
僕をとっても気にしてくれたよね。沢山助けてもらってありがとう!

そしてね、僕はお家にも行っているよ・・・魂は自由だからね。
みんながいる部屋に行くことが多いかな。
ご飯を作るママの足元にも行ってるよ・・・大好きな場所だからね。
「布団をかければいいのに」って言ったのも、もちろん僕さ。
ママはね、みんなの事が心配でちゃんと寝ないから、「気をつけてね」っていう意味だよ。
本当に心配なんだからさ。パパだって、すっごく心配しているんだよ。
ママは“何でおじさん?”って思ったみたいだけど、
“おばさん”じゃ変でしょ?僕は男だからね。
それに僕は、ママの前におじさんにも親切にしてもらったからね。
だから“おじさん”になっちゃたんだ。へへへッ!!
今度行った時は、前みたいにママと一緒に、日向ぼっこがしたいな。

僕は、ママの温もりをぜったいに忘れないよ・・・僕の宝物だからね。
僕の最期のタメ息はね、「また逢おうね、ありがとう!」
って言ったつもりなんだよ。
もう一度言うね・・・ママ、またいつか逢おうね!
そして、いっぱいありがとう!


2010年1月16日  チビより


コメント
この記事へのコメント
たまみさんへ
動物とお話できたらいいですよね。
中途半端なものをもっている私、コミュニケーターさんにも
お話が出来るようになると言われるけど・・これは無理です^^;

ひまもそうだったけど、きっと悲しい思いはあるはず。
でも許しちゃうんですよね。
自分もそうなりたいなと思います・・・。
でもね、最後のお家で幸せでも、忘れられない何かがある。
それは保護犬と暮らしているとよくみえていました。

ひまと一緒に私の悪口でもなんでも言っててーって思います(笑)
寝相悪いよねとか^m^
2010/01/27(Wed) 21:13 | URL  | マホ #-[ 編集]
エディ母さんへ
ビルワンコ時代は、確かに季節をじかに感じる場所でした。
それも悪くないかなーなんて思っていたんですね。

もし、びっちゃんが他の子を攻撃する子だったらうちに居れなかった。
ひまや猫たちが受け入れてくれなかったらそれも無理だった。
でも、自然に受け入れてくれて、みんなに感謝です。

ひまと一緒に遊んでくれているといいなーと思っています。
2010/01/27(Wed) 21:08 | URL  | マホ #-[ 編集]
たーたんさんへ
向かいあった時間はけして長くはなかったけど、
感情も出さない子だったけど、心の奥で繋がっていたかな、
私の気持ちをわかってくれていたかなと思います。

キッチンにいると、ついあちこちキョロキョロしてしまいますよー。
実際、歩ける時はキッチンにくるのがすきな子でしたしね。
ACのことも載せるので是非読んでくださいね。
2010/01/27(Wed) 21:05 | URL  | マホ #-[ 編集]
リリーさんへ
泣けるし、でも笑えるしな手紙でしょう。
びっちゃんには、もっと一緒の生活、家庭犬としての生活を
おくらせてあげたかったけど、これも運命なんですよね。
最後の最後、お家の子として生きるためにうちに来た子。
あの可愛いキャラワンコの姿が見れないのは悲しいけど
悔いはないので嬉しい手紙ですね、これは^^
2010/01/27(Wed) 21:02 | URL  | マホ #-[ 編集]
もん福ママさんへ
うちの子になってよかったって思ってもらえるのは1番ですね。
私の想いも通じていたかなーと。
おじさんの正体もわかってよかったです^^

私は普通に生活をおくっています。
でも、心の中はいつもモヤモヤってしているかも・・。
まだまだほんの少ししかたっていないですしね。
すこーしずつ、自然に消化させていきます。
2010/01/27(Wed) 20:59 | URL  | マホ #-[ 編集]
がんばるたんへ
具合がけして良くはない状態でうちに来たけど、
病気になるまでは明るい子だったのよ。
それがお家の中でも出せる状態ならよかったと思うけど、
きっとビルワンコだからこそあの性格だったのかなとも思うの。
お家は安心しきっちゃう場所というかね。
シュナでびっちゃんに似ている子をみると
心の中で「びち・・」と呼んでみる(笑)
ちびじゃなく、びちね。
2010/01/27(Wed) 20:54 | URL  | マホ #-[ 編集]
ピイチさんへ
とってもチビっぽいお手紙です^^
あれ以来、おじさん出てきてくれないんだよねー。
ひまちゃんと遊んでいてくれるといいんだけど。

心は満たされていたようでよかったです。
2010/01/27(Wed) 20:50 | URL  | マホ #-[ 編集]
動物ってなんでこんなに優しい心を持ってるんだろうって、びっちゃんの手紙を読んですごく感じました。マホさん一家にとても大事にされて、寂しく辛かった気持ちが遠退いて、とても幸せな気持ちでいられたんだなあって思います。
裏切った元飼い主の事は恨んでないんだろうな。動物ってなんて心が綺麗なんだろう…。人間も見習わなきゃいけないですね。
私も動物と話ができたらいいなあっていつも思います。
びっちゃん、天国でも沢山のお友達がいて寂しくないんですね。良かった。ひまちゃんとも一緒にいるといいですね。
びっちゃんからの手紙を読んで、心が安らいだ感じがします。
2010/01/27(Wed) 01:55 | URL  | たまみ #C8yQT4kE[ 編集]
びっちゃんへ
びっちゃんからのお手紙、涙・涙で何度も読み返したよ。
可哀相に、初めはビルわんこでもいいって諦めていたのね!?
でも優しいマホ家の家族になれて、兄弟達と一緒に暮らせたのは、びっちゃんが素直ないいこだったから、神様がご褒美を下さってのだと思うよ。
ママやパパに甘える事ができて、体の辛さより心が幸せだった事を、伝えてくれて有難う。
これからは、びっちゃんの後を追ってそちら行ったヒマたんと仲良く、ママとパパ・兄弟達を見守ってあげてね。

マホさん、びっちゃんやヒマたんが悲しまない様に、そしてあとのシニアたちの為にも元気を出して下さいね。
本当にこれまで、いろいろと有難うございました。



2010/01/26(Tue) 17:47 | URL  | エディ母 #-[ 編集]
チビちゃんー。
だめだ、涙が止まらない・・・・・。

そう、幸せだたんだよね。
マホさんと同じように一緒にいた時間は宝物だったんだね。

なんて素直な子なんでしょう。
聡明な子なんでしょう。
またいつかママと幸せな時間を過ごすときまでゆっくり休んでね。

ステキな言葉をありがとう。
2010/01/26(Tue) 11:43 | URL  | たーたん #-[ 編集]
びっちゃんからの手紙、
内容をお知らせ下さって、ありがとうございます。
温かく可愛いお手紙に、読んでいるうちに微笑んでいました。
この写真も良いですね。びっちゃん、可愛いです。
でも、びっちゃんのこの姿がもう無いのは、とても辛いです…。
あっ、でもでも、びっちゃんは旅立つ前も今も幸せなのですから、
私がグズグズ言ってちゃ、いけませんね。

2010/01/26(Tue) 10:31 | URL  | リリー #kawHLU1w[ 編集]
チビちゃん、やっぱりマホさんの家の子になって、とっても幸せだったのですね。
チビちゃんと一緒に過ごした日々はパパママ家族にとって絶対に忘れる事はない大切な時間だったと思います。
マホさんにとっては、我が子達が次々とお空にいってしまって、どこにその想いを置いていいのか判らない事が多いと思います。
でもびっちゃんも来てるって…。
皆、きっとそこにいるんじゃないかな。
マホさん、辛いですが、今日より明日はちょっとでも元気を取り戻していますように。
2010/01/25(Mon) 23:50 | URL  | もん福ママ #-[ 編集]
泣き笑いしちゃったよ。
チビちゃんとのお話のタイミング、絶妙なタイミングだったんだね。
チビちゃんの想いがギュッとこの手紙に詰ってるね。
この手紙を読むとチビちゃんの事をもっと知ることが出来るような
長い時間居て欲しかったって思っちゃうけど、でもこれはチビちゃんの時間なんだもんね。
それにはまた意味があって、そして次の愉しみにもなっているのかも知れないね。
おばさんじゃ変でしょ?って言うチビちゃんだから
きっと飛び切りユーモラスで面白いコなんだろうね。
またきっといつの日か、また来たよ~♪
って言って一緒に暮らせるんじゃないかなって気がするよ。
改めてチビちゃん、ありがとね。今はゆっくり休んでね!
2010/01/25(Mon) 18:51 | URL  | Ganbaruneko #-[ 編集]
Namida
ただただ泣いてしまいました。
よかったね!チビちゃん!

そしてよかったですね、マホさん。
2010/01/25(Mon) 17:01 | URL  | ピイチ #ZXGM7tGI[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可