FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2010年01月27日 (水) | 編集 |
誰を亡くしても、悲しみは同じ。
悲しくない子なんていない。

でも、びっちゃんのように、病気があって覚悟もしていて、
介護をしている中で「あと数日もつのかな・・」という気持ちが
私の中にあった子と、ひまのようにアッという間にいなくなった子は
うける衝撃が全く違う。

後悔・・・・・本当にそれだけだ。

数日の入院で帰れると思った。
現に、入院した日はそう言われた。

病院に行く前に、食欲もないのかをみる為か
夫が減塩のきびなごをあげようとした時に、ひまは食べようとした。
でも私は検査前には食べさせないようにさせているし、
その時点では入院というあたまもなかったくらいだし
「今は駄目」とひまからきびなごをとりあげた。

最後に食べさせてあげればよかった・・という後悔。
死なないといけない命だったのか、
助けることは出来なかったのかという後悔。

びっちゃんの介護中、ひまはいっぱいいっぱい我慢をしていた。
やきもちやきだったひま、これからがひまとの時間だった。
ドッグランに行こうか?とか、色々話していたのに。

たった2ヶ月ちょっとで悪化した心臓。
元々、この状態で症状が出ないのがすごいというくらいに
悪化はしていたんだけど、それがプツっと切れた。
どうして、なんで、あのタイミングの死だったのかわからない。
死のタイミングを動物は選ぶとは思う。
びっちゃんが私たちを呼んだように・・・。
でも、ある処置をしたあとに、みるみる悪化したひまは
そういった意味でのタイミングを決めていたと思えない。

自分が思っていた以上に、自分でも驚くほどに、
ひまの存在は私の中を大きくしめていて、日がたつにつれ
落ち着くのではなく、辛くなってきている。

松本くんにまた抱っこしてもらいたかったな。
hima20090614-3_20100127165641.jpg

もうこの笑顔を見れないのが心底辛い。
きっと、ほんの少しでも介護が出来ていたら違ったと思う。
覚悟をしなきゃいけない状況でも違ったと思う。

でも・・私の中では急変の死。
獣医師に何を言われようが、急変でしかない。

昨日はひまの夢をみた。
キッチンに行こうとしたらひまが見えて、
でも私はそれが死んでしまったひまだとわかっていて
「お願い、ひま消えないで。ちょっとだけ触らせて」って言いながら
ゆっくりゆっくり近づいていく夢・・。

今まで、こういった亡くなり方をした子がいなかっただけに、
想像もしていない死がこんなに辛いと思わなかった。
死を経験しているのに、今まで以上にきている。

コミュニケーターさんにも、そして友達にも言われているように
私は自分のペースでこれを乗り越えていく。
泣いてもいい、無理に元気になる必要はない。
そう言われるとほっとするし、救われる。

友達と電話をしたり、友達と会ったりもできる、
映画を観に行ったりもしている。
ニャンコたちのことだって出来ているし、ペットロスではないよ。
たまに、とてつもない寂しさにおそわれて号泣するだけ。

あーあ・・
ひまちゃん、私はキミをこんなに好きだったんだね。
大事だったし可愛かったけど、おかしくなりそうなくらいに
愛していたらしい。


コメント
この記事へのコメント
ぼっちママさんへ
こちらこそありがとう。
悲しいスタートだった1月もそろそろ終わります。
早く終われーって気分です。

ちょっと私マズイ?って状況だったんですが、
動いたり、食べたり、外に出たりというのは
積極的にしようと心がけています。

で、たまには泣いちゃえ!って感じです。
心配してくれてありがとう。
2010/01/28(Thu) 21:06 | URL  | マホ #-[ 編集]
ゆきさんへ
私も考えたことがあります。
何かドラマでもそんなシーンをみたことがあるなー。
こっちにも、そして相手にもある程度の力がないと
そういった想いって伝えられないのかな。
これが来たというサインねってわかったら幸せですよね。

そう、でも・・
実際にこの手で触れて、目でみて、話したいですね。
想像以上に大きな存在になりやがってーって悪態つきつつ
涙の私ですよ^^;

みんな、会いたい子や人がきっといるんでしょうね・・
それぞれに悲しい時間があると思うと切ないです。
2010/01/28(Thu) 21:03 | URL  | マホ #-[ 編集]
もん福ママさんへ
うん・・
びっちゃんがいなくなった途端に悪さ爆発になっていたの。
こんにゃろーってお腹撫でると「もっともっと」って催促していてね。
もっといっぱいいっぱいスキンシップとればよかった。

とりあえず・・バカか!って思うほどに泣いてますよ。
泣きながら家事しています。
みんなが心肺しないように、ちゃんと食べるようにもなりました。
2010/01/28(Thu) 20:58 | URL  | マホ #-[ 編集]
大丈夫ですか?
びっちゃんの事、ひまたんの事…。
毎日日記をチェックしていました。だけど…ここに書く勇気が出ませんでした。まほさん。とてもツライ時なのに、ブログの更新をしてくれてありがとう。
びっちゃんの頑張ってた日々を忘れません。ぼっちが亡くなってから、ひまたんの笑顔に何度助けられたかわかりません…
びっちゃんとひまたんのご冥福を心よりお祈りいたします。
まほさん。少しぐらいは何か食して下さいね。お身体ご自愛して下さいね。
2010/01/28(Thu) 06:32 | URL  | ぼっちママ #n3C3tgxw[ 編集]
亡くなった仔、(人でも)
大切な仔、人を失った時、人から
「あの仔(人)は幸せだったと思うよ!」
「天国でありがとうって言ってるよ!」
って、言われたりしますよね。
自分が死んだら、やっぱり自分も
みんなには「ありがとう」って言いたい。
「幸せだったよ~」って言いたい。
でもそれをどうしたら伝えることが出来る?
自分が死んだら、残してしまった家族・友人たちに
それをどうやって伝えたらいいのかな・・。
って考えることがあります。
映画のように、物を動かして伝えられたりできるかな?って、
毎年?ママの命日には二人の知ってる大きな木の下に
ママの魂は行くから待ち合わせしよう!
って、もし約束しても
ホントに魂はそこに行かれる?なんて、色々。
わたしも会いたい仔が、人がいます。。。
いつも思ってるしずっと愛してる。
魂は繋がってる?って思ってる。けど、
そんなんじゃない。。。
ただ会いたい・・・
横に来て欲しいし
お話したいし、触りたい・・・
声を聞きたいし聞いて欲しい・・・
マホさんと一緒です・・わたしも淋しいです。。
泣いちゃいましょう^ ^

2010/01/27(Wed) 22:36 | URL  | ゆき #-[ 編集]
びっちゃんの介護中、ひまちゃんは理解していて、ずっと傍で見守ってくれていたのですね。
ちっちゃい身体でおもいきり甘えたい気持ちを抑えて健気に傍にいたのでしょうね。
あまりに突然いってしまったひまちゃん、受け入れる事なんか出来ないですよね。
悲し過ぎて胸がつまります。
悲しい時はおもいきり泣いた方がいいです。
辛いんだもの泣きたいです。
今はびっちゃんと一緒に遊んでいるかな
もうどこも痛くないし苦しくないね
ひまちゃんの笑顔、忘れない
2010/01/27(Wed) 22:35 | URL  | もん福ママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可