FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年03月05日 (土) | 編集 |
ゆうを違う病院に連れて行った。

ここ最近この事で悩んでいて頭がいっぱいいっぱいだった。
何故転院を考えたか・・
先生が数人いて、担当医制ではないから毎回先生が違う。
先生によっては聞きづらい先生もいて、知りたい事を
聞けなくてモヤモヤしてしまう。
検査をした時に「説明不足」と感じる事もある。

今回行った病院は友達も行っているし
親友もこっちに住んでいた時に行っていた。
評判は悪くない。
説明を丁寧にしてくれると評判。
ただ「高いけど・・」とは言われた。


サイトに載せている検査結果をプリントして持って行き
それを一応見てもらった。
一度全部調べてみましょうって事になり
そのままゆうを預けて私たちは1度帰宅。


午後3時になり再度来院。
待合室で待っている時・・
少ししたらゆうの鳴き声が聞こえてきた。
普段鳴かないから鳴き方が下手ですぐにわかるの。
最初は鳴いてなかったし、私たちがいるのがわかったのかも。
入院した時に出す声だった(会えたのが嬉しい時の声)

少しして院長先生に呼ばれて診察室へ。
血液検査、超音波検査、レントゲン検査の結果を聞く。
火曜日の検査で下がったBUNはもう100近くに上がっていた。
クレアチニンは1、3。病院が使っている機械によって
正常値の範囲は変わるし、今度の病院は前と違う。
クレアチニンは、前は1、8までが正常値だったけど
今度は1、6まで。
でも、BUNに比べてクレアチニンは低めだし
もしかしたら腫瘍の影響や他からの影響で腎機能に
影響が出ているかもしれないと言われた。
心臓も肥大気味で弁の閉まりが悪く血流も悪くなっているから
まずはその処置をして数値の変化を見る事になった。
今日から心臓の薬と肝臓の薬を飲ませることに。
腫瘍は5cmほどのカタマリがお腹の右側にあり
それが他の内臓を圧迫している。
たまにする嘔吐は腎臓や肝臓の影響からというよりは
腫瘍に圧迫されている事でおこっている可能性が高いと。
腫瘍に関してはやはりレントゲンやエコーでは
どこから発生しているかはわからないと言われた。
あとはお腹に針を刺して細胞を採取して検査に出すか
開腹をして腫瘍を取り除くか・・。
腫瘍を取り除いても化学療法(抗がん剤)は必要に
なるだろうという事・・。
もちろんどちらも大きなリスクがある。
前医では、細胞を採取する事でがん細胞が
活発になってしまう可能性が高いと言われ
抗がん剤も高齢で小さな体の犬には
無理があると言われていたの。
確かに、抗がん剤で苦しませる事はもうしたくはないかな。

手術をしたとしても、それは危険な手術にはなる。
そこで命を落とす可能性も大きい。

手術をしないままでも、腫瘍が他の臓器を圧迫していずれ死に至る。
その前に腎不全で亡くなるかもしれない。

よく考えて、今のままでやっていくのがいいのかなと思う。
腫瘍に関してはもうこのままにしようと・・・。


以前、友人の家の猫が癌の手術をしたんだけど
開けたら中は酷い状態だった事があったの。
その時、開けて細胞を刺激した事によって
状態が悪くなり、アッという間に亡くなってしまったの。
ゆうの場合もそうなる可能性が高いから・・。

残り少ない時間、家で遊んで食べて寝て・・
腎不全だけならばまた違うけど・・
今でさえ病院が恐怖で恐怖でしょうがないのに
これ以上はもう・・ね。

今の時点ではまだ転院は決めかねている。
でも暫くはこっちの病院に通ってみることにした


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。