FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年03月18日 (日) | 編集 |
避妊手術4匹のつもりが、1匹はオスだった。
その1匹だけ全く人なれしていなくて、顔からメスと判断。
でも、これから手術という時に会計の窓口から中を見ていたら
「あれ?タマがついてるぞ」と…。
少しして獣医さんが出てきて「3匹はメスだけど1匹はオスだね。
女の子のような顔をしているけどねー」と。
ネットに入れた状態で麻酔はうってるからもう眠っている
状態だったし、そのままその子は去勢。
そして、デベソだったからその手術もついでにしてもらった。
(かなり大きいものだったらしく、とってしまったほうが
良いという事で)。飼い猫ではないし避妊でもそのまま帰宅。
それも麻酔が効いたまま帰宅です。帰りの車中かなりドキドキ。
その子たちが居ついている場所の人に、少しの間だけ
閉じ込めておくスペースを作ってもらい、猫たちをそこで
ネットから出して並べておいた。
しっかり麻酔がさめるのを確認したかったんだけど
その時点で家を出てから5時間ほど時間がたっていて
ひまはお留守番中だし帰るしかなくそこで私たちは帰宅。
今後の指導のみをしてその場をあとにした。

今回利用したのはある団体が実施しているもので
月に1度だけ手術をうける事ができるもの。
もちろん執刀するのは獣医さんだけど、流れ作業のように
次々に手術が行われていきます。
個人、団体など、色んな人が地域猫さんや保護犬猫さんの
手術に連れてきていて、値段も動物病院でやるのと比べて
半額ほどの値段。ある程度の規模の団体などは
協力病院があってきちんと動物病院で格安で出来るけど
やはり小さな団体や、ましてや私たちのような個人では
そういったわけにはいかず、こういった事を実施している
団体があるのは本当に助かる。
他の団体の人は駄目というのもないしね。
お礼に募金もしてくるつもりが麻酔で眠っている猫を
見たのと、手術をしているところまで見てしまったことで
てんぱって忘れてしまった…。

避妊手術をしたうちの1匹。
neko20070320.jpg


コメント
この記事へのコメント
ともこさんへ
猫への餌やり、何処にでもいますよね…。
以前住んでいた団地などには猫がワラワラといて
そして餌をあげている人もいっぱいいました。
とにかく増やさない事って大切なんですよね。
地域猫さんは誰かが餌をあげなくてもどんどん増えていくし…。
今回見つけたところは本当にたまたま見つけられただけで
こっちのほうでも、半額程度の料金で手術をしてくれる所は
あまり…というか、そこしか知りません(探せばあるかも)
地域犬猫対象だから流れ作業で凄かったですけどねー;
でも、増やさないようにしたい者にとってはとても助かります。

ともこさんが参加しているグループ、サイトもあるんですねー。
もし教えてもらえるものなら教えてください。
里親会もやっているんですか?
でも、確かに、これで決まったらと考えると気持ちは揺れますね。
2007/03/20(Tue) 23:01 | URL  | マホ #PB4WoXH2[ 編集]
避妊・去勢手術お疲れ様でした! やっぱり都会の方が、地域猫に理解があるといいますか、協力的ですね~。 田舎は本当にまだまだです(>_<) 個人的に猫にえさやりをして、増えて、近所トラブルに発展して、保健所に持ち込む・・・ってパターンが多いです。(結果的に不幸な命を増やすことになるのに・・・えさやりするなら手術してからにしろよって感じです。)  
プーですが、うちのグループのチラシやHPで一応里親募集載せてますが、こういったものではなかなか希望者現れないです。里親会に連れて行けば、即効でもらわれるとおもいますが、私的には葛藤があります^^;
2007/03/20(Tue) 22:47 | URL  | ともこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。