2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
最新記事
カテゴリー
ブログについて
● 限定記事に関して
パスワードをお知らせできるのは
ある程度のやり取りがある方のみと
させていただいています
FC2ブログの方はブロとも申請、
その他の方はメールフォームにて
パスの問い合わせをお願いします
(パスは定期的に変更します)

● コメント、メールに関して
コメントは承認制にしています
内容によっては承認不可、削除の場合も
あるのでご了承ください
アフィリエイト系のブログからのコメントは
承認、返信致しませんのでご了承ください
メールでのお問い合わせについても
内容によってはお返事できない事もあります
ログ

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク
ブログリスト

最新コメント
SOS

CATNAP

ピースハウス

多摩センター動物被害者の会

++Dear.こげんた++

日本にアニマルポリスを誕生させよう!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
あれから1年
2年4ヶ月と長かったゆうの闘病生活。
その間に具合が悪い事は何度もあり入退院も繰り返していた。
それでも、喜んだり、自分で歩いたり、
調子が良い時はご飯もちゃんと食べてくれたし
最悪な状態というほどまではいってはいなかった。
そこから脱出して元気(に見える)ゆうに戻っていたから。

だけど、死を現実のものとして実感した去年の今頃。
「明日をむかえることは出来ないかも」と思ったこの日
ここからが本当の意味での最後の闘いだった。
感情がなくなって、輸液をする時に鳴く事もなくなって
ゆうだけど、ゆうじゃない違う子みたいになった

ほとんど毎日嘔吐があって、ここからは意識を失う事が
どんどん増えて、最期までの3ヶ月は辛かったと思う。
具合が悪いうえでの嘔吐はさらに体力を消耗する。
せめて嘔吐だけでも少なくなってほしいと思っていた。
吐かない日が凄く嬉しい日になるくらいに
嘔吐は恐ろしかったしゆうも辛そうだった。

ゆうが起き上がって歩きだす時は、トイレに行くか
吐くか、失神するかだったから、ゆうが起きるたびに
私も起きて急いでゆうのそばに行っていた。
私の中でも気が抜けない日々だったけど
だけど、、ゆうといれて幸せだったなー。
幸せではあったけど、あの時のゆうに「頑張れ」とは
思わなかったし、楽になれればいいなと思う気持ちもあった。
それほどに辛そうな毎日だったから…。


ちょうど1年前のゆう。
嫌いなサークルの中に入っている・・
yu20070510.jpg



今はゆうを想って泣くことはほとんどない。
「いい子だったね」とゆうの思い出話をする事が多い。
自分がへこんでいる時に思い出すとそりゃウルウルと
くるし、会いたいなーと思うけどね。
でも、普段の私の気持ちはこれだけ。

ゆうがあの苦しみから解放されてよかった。


 
Secret
(非公開コメント受付中)

GANBARUNEKOさんへ
ゆうの闘病記録で始めたブログだから犬飼いさんがほとんどの中で
猫飼いさんのがんばるたんがゆうの事を見てくれていた事を
今でも嬉しく思うよ~。出来れば会ってほしかったー。
ワンコとニャンコ、全く生活が違うものね。
今のひまとの生活もがんばるたんには不思議でしょ(笑)
まったく性格が違うもんねー。
(メールのがんばるたんが可愛かったから、がんばるたんにした・笑)


アンドレ・ラティナママさんへ
当時(病名を告知された時)の獣医さんには結構言葉で脅されていたので
今年もつか、春までもつか…そんな感じで最初は結構ビクビクでした。
でも、毎日全てを管理する生活になって、最後の2年4ヶ月はとても濃いもので
自分の中でも悔いはなく、ただ「寂しい」というだけですね。

アンドレ・ラティナママさんも不幸が続いた事があるんですね・・
お母様を亡くされたのは特に辛いですねv-406
動物は生きるスピードが違うから1日1日を大事に過ごすこと、
そして人は、健康が1番で、健康であればもうそれでいいって
私は考えなんです。
私自身もやはり常に再発という事が頭にあるので、生きていればいい
生きていて健康であれば何かに挑戦も出来るしって。
主人とも昨日、健康だとそれが普通になって色んな欲も出てきて
小さなことでブツブツ言ったりするよねって話をしていたんです。
健康であることが1番で、それだけでいいのに…と。
みんなが健康でいてくれること、それでもう充分。


まりにゃんさんへ
我が家は主人があまり家にいないのに3頭全て2人で
看送る事が出来ていて、その中でもゆうはもう覚悟の上で
そしてその日の昼間に「もうすぐその時がくる」とわかっていたんです。
だから、瞬間的には「楽になってくれて良かった」と思って
てきぱきと動く事が出来ました・・
1年半の間に3頭で、死後すぐにしたほうがいいことも
頭にありましたしね。それが終わってから「ゆうが動かない」と
涙ナミダ・・・。
看取れないのは凄く後悔が残るって聞きますね。
看取るのは凄く辛いけど、でも看取れることはお互いの為に
重要なのかなーと・・。「どうぶつたちへのレクイエム」の本の中に
「最期を看取りたくない」みたいなことを言って置いていかれた
ポメちゃんの話が載ってましたが信じられませんでした><


ゆうちゃん今頃何しているんだろうね~
この愛くるしい顔で走りまわってるのかな。
人と違うから、もう苦しかったことも
全部消えているんだろうね。
ゆうちゃんとマホさんのおかげで
犬のかわいらしさを見せてもらったよ♪


ゆうちゃんの闘病生活、随分長かったんですね。病気と闘っていたゆうちゃんはもちろん凄く辛かったでしょうが、それを見守っていたマホさんもとても辛かったでしょうね。
でも、なぜかそういう事って続きますよね。私も1年半の間に母と1頭と1匹を亡くしました。なかでも母の闘病はとても苦しく辛そうで少しでも長く一緒にいたいと思う半面、早く楽になって欲しいという気持ちでした。自分にとって大切な人や動物とのお別れは本当に本当に辛いですよね。でも悲しい別れがあったからこそ命の尊さを知り今、命がある事に感謝しこの子達との生活を日々大事にしていかなくてはと思います。


マホさんの優しさ、ゆうちゃんへの想い。。。
文字にあらわせきれないその気持ちが、痛いほどに伝わってきました。
後悔なく最期を看取れたことはとても辛いことかもしれないけれど、私はその部分で看取れなかったので、とてもうらやましいし、私には後悔するところ。
ゆうちゃんはマホさんに出会えて幸せだったし、マホさんもゆうちゃんに出会えて幸せだったんだな~って、心の底から思います。
ゆうちゃんの心はマホさんといっしょですものね。


うーちゃんママさんへ
同じ、同じです!
ゆうが意識を失うたびに「このまま逝けたら」と思っていて
でもそれで死に繋がることはなくて・・
だから息がもう止まるってわかった時には「これでゆうは楽になる」って思って
声をかけようとした旦那に「このまま静かに逝かせてあげて」って言いました。
でもやはり、次に来たのは「もう動かない」「もう会えない」でしたね。
荼毘にふすまでに1日半ほど時間があったので
何度もゆうの顔をみて、何度もナデナデしていました。
何で動かないんだろう…と思いながら・・。
1年半で3匹看送って、本当にいつこうなるかわからないと
実感もしたし、今の時間を大事にしないとって思いますね。
今回マリン君を預かったことでも色々考えることも出来たし
命の大切さ、そして身勝手な人間への憤り、、勉強になりますね。


「ゆうがあの苦しみから解放されてよかった」
私もマリが亡くなった時、そう思いました。息が止まった瞬間、「マリが楽になれた…」と思いました。一秒置かず次の瞬間、「もうマリに会えない」という思いでいっぱいになり、涙が止まりませんでした。
この子たちとのお別れは身を切られるように辛いです。一緒に生きているのに、違うスピードで私たちの横をどんどん先に行ってしまう違う生命体だと分かっているのに、それでも私たちが庇護している分、子供みたいな存在だから…。
命の長さは人も動物も誰も分かりませんね…。自分の明日だって分かりませんもの。みんな今日という日を精一杯謳歌できることが幸せですね。「大好きだよ」そのメッセージを伝えることができることが幸せ…と最近つくづく思います…。


ともこさんへ
恩師の奥様が亡くなられたんですね…。
病気、事故等、、命っていつまでという保障はないし
生きている今の時間を大事にしないといけないなーと思いますね。
失った身内の方の悲しみを思うと辛いです。
年齢を重ねるごとに他人事じゃなくなっています。
ご冥福をお祈りします。。

私はゆうには後悔がないけれど、北斗に関しては後悔いっぱいで
違う病院に行かなかった事を今でも後悔でやはり悔し涙です。
ゆうは病気が病気だったから楽になれてよかったと思えるけれど
北斗は生きていられた子かもしれないですからね。
その件で私は「不信感をもったらサッサと転院をする」という事を覚えました。


chocoさんへ
大好きって言ってくれてありがとう。
もうこの場所にゆうの近況を記すことはなくて、
それでもゆうを想ってくれる人がいるのはとても嬉しい。

戻ってくれるといいな~と思ってる。
あまあまホクちゃんも、睨みのあーちゃんも(笑

chocoさんは今本当に真っ只中にいるけれど
1分1秒を大切にね(大切にしているだろうけど^^;)
またメールするので待っててください~。


かずみさんへ
本当に同時期だったものねー。
ちびちゃんも色んな病気があって、それで苦しんだし
いなくなって寂しい気持ちよりも楽になってよかったと
いう気持ちのほうが勝っちゃうんですよね。
それは半年を越した事とか、色んなことがある上での
感情なんだけど。。「ゆう」って普通に言葉にまだ出るし
ゆうがいつもいた場所をみてキュンっとしたりも
するんだけど。だけどそれ以上に楽になれた事がよかった。


久々にこっちにコメントします。ゆうちゃんのこと、さかのぼって読ませてもらいました。涙がとまりません・・・うちの亡き子達とも重ねてしまいました。私はここまでしてあげれなかった・・・私の場合、悔し涙(後悔)の方が多いかもしれないです。 今日恩師の奥さんが亡くなりました。まだ若いのに・・・ 命って本当にはかないけれど、そのたった一つの命の存在は大きいですね。  (すみません、しめっぽくなりましたm(__)m)


ゆうちゃん
ゆうちゃん大好きです。
これしか言えなくてごめんね(涙涙涙)


きっとまたマホさんの所に戻ってきます。
その時は絶対抱っこさせてね。


去年の今頃ちびもBUNが140超になって、凄く辛そうに
していました。ゆうちゃんの具合はどうだろう・・と
いつもゆうちゃんに会いに、ちびと一緒にここにお邪魔
していました。あれから1年も経つのですね・・
思い出になるまでには、まだまだ時間がかかると思い
ますが、私もマホさんと同じで、ちびが「しんどい」の
から解放されてよかったと思っています。
今頃は元気に走り回ってくれていると思います。


管理人@マホ

マホ

おちび達がいきがい。

マイケルジャクソンが大好き。
2010年の命日はLAに
行きました。

嵐の相葉ちゃん好き、
金爆のキャンさんLOVE。

34歳で子宮体癌になり
子宮卵巣摘出。
以来、卵巣欠落症状と闘う。

統失、PD、鬱もち。

2011年に離婚し
4にゃんと暮らしていましたが、
3にゃん他界。
現在は1にゃん+1ワンと生活中。

2014年5月
関節リウマチ発病。
現在動けない毎日。

マホ家のチビっこたち

もみじ
椛@シェーデットシルバー
♀ 里子に貰う

結膜下腫瘤


亡くなった子たち

ゆう
ゆう@ヨーキー
14歳 ♀ ペットショップ出身
慢性腎不全、心臓弁膜症、腫瘍
認知症気味、膝蓋骨脱臼
2006.8.6 PM10:10永眠


・・・・・・・・・・・・
ひまたん
ひま@ポメラニアン
♀ 保護犬(センター処分犬)
心臓弁膜症
2010.1.18 PM12:30永眠


・・・・・・・・・・・・
チビ
チビ@テリアMIX
♂ 保護犬(飼育放棄犬)
多血症、心臓弁膜症
2010.1.1 PM8:05永眠


・・・・・・・・・・・・
あーちゃん
あーちゃん@日本猫
16歳 ♀ 雨上がりの路上で拾う
2005.8.15 PM8:50永眠


・・・・・・・・・・・・
ほくと
北斗@チンチラゴールデン
11歳 ♂ ペットショップで貰う
2005.4.16 PM8:50永眠



将也
将也@チンチラシルバー
17歳 ♂ ペットショップ出身
慢性腎不全、肥大型心筋症
2011.8.17 PM6:45永眠



・・・・・・・・・・・・
睦月
睦月@チンチラゴールデン
17歳 ♀ 里子に貰う
2012.6.26 PM11:45永眠


・・・・・・・・・・・・
息吹
息吹@チンチラゴールデン
16歳 ♀ 北斗と睦月の娘
慢性腎不全、子宮蓄膿症(捻転あり)
2013.3.16 PM5:15永眠


・・・・・・・・・・・・
ミント
ミント@セキセイインコ
オパーリンブルーの♂
2001年11月24日購入
2008.4.20 AM4:40永眠


バナナ
バナナ@オカメインコ
パールパイドの♀
2002年11月1日生まれ
2010.1.4 PM永眠

幸せをつかんだ子たち
メイ
メイ(現@にぃにょ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
テン
テン(現@のわ)
センター引取り猫(CATNAP)
2007年8月~2008年6月預かり
里親様・横浜市のF様。
・・・・・・・・・・・・
レモン
レモン

2011年1月、里子に行く
里親様・横浜市のU様。
・・・・・・・・・・・・