FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2006年01月24日 (火) | 編集 |
フォルテコールを買いに動物病院に行って来た。
その時にゆうの今後を相談。
まず、自宅での輸液に関しては延期。
食欲もあって水も飲んで、嘔吐下痢も酷くしていないし
具合が悪そうにしているわけではない。
そして、数値もBUNが高い以外は安定しているし
まだいいって事になった。
嘔吐や下痢を酷くするようになったり、数値の上昇が
見られた時には間隔をあけてやっていく事になると思う。

血液検査も、ゆうの状態に何も変化がないのであれば
頻繁に血を抜く必要はないと言われた。
ほぼ毎回同じような数値だし、数値がちょっと悪くなる時は
必ず嘔吐や下痢が続いたり、食欲も落ちたりしている。
そういった体調の変化があれば別だけど、ないのであれば
ストレスになるだけだし頻繁にしなくていいということ。
過剰な検査、過剰な投薬は避けたいし、気分的に楽だわ。

腫瘍の事はあえて突っ込んだ話をしていないけど
このまま手術をしないでいきます。
D病院は、B病院でマイナス点と思っていた部分は
全てクリアしているしこのまま通おうと思っている。
ただ思うのは、変わらないで済めば1番って事だなー。
それは獣医師側もきっと同じじゃないかな。
慢性疾患を抱えて通院していた動物が転院してきた場合
それまでやってきた事、それまでの経過、いくら飼い主が
それを話した所で、細かいことまでは話しきれない。
最初に通っていた病院の時は入院して輸液をしていた事
嘔吐下痢が酷い時もあった事、認知症っぽい症状が
出てきた事…まー、そんな所だ。
悪い時がありながらもゆうが安定しているというのもあるし
あとは先生のやり方なんだろうけど、自分のやり方を
押し付ける先生ではないようだ。

B病院に転院した時は、A病院でやっていた事は最初から
全て無視という状態で、B病院のやり方でスタートしたから
私も特に何も感じなかったんだけど、D病院はそうじゃないし
もしかして困ってるんじゃないかなーと感じる。

転院しないで済めばそれが1番だし今まで「??」と思う事が
あったとしてもそれは目をつぶっていた部分がある。
院長が動物にもう少し優しく接してくれたら
B病院に通っていたと思う。
D病院、やっぱり歩きで行けないのはゆうの場合は
キツイなと感じる。薬を買いに行くのは自転車で私だけ行けるし
検査だけなら旦那の休みの日に行ける。
でも、急に何かあった場合はどうしようかなと思う。
その時はその時…、なんとでもなるだろうけど。

D病院は先生1人、看護士さん1人のような気がする。
A病院もB病院も獣医師は5人以上、看護士5人以上いたし
D病院はすごーく静かな雰囲気。
これはこれで、夜はどうなるんだろう?と不安もある。