FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年12月06日 (木) | 編集 |
昨日(5日)朝でいったん薬を中止。
将也の警戒心が強くなってきたこと、ストレスを感じていること
今の状態は薬を吸収できていない可能性が高いことが理由。

書きたい事は色々とあるんだけど、ひとまず病院は元に戻る事にした。
近所の病院で出される整腸剤が今まで他の子にも効いていたし
それに望みをかけていたけれど3週間近く飲んでも変化なし。
小腸性の下痢なので、栄養も吸収できていなければ
薬すら吸収できていないだろうと思う。

転院先で1からまた同じ事をしていくこともひっかかった。
今までこういった投薬、検査をしても駄目だったのなら
その先にもっと進みましょうというのを私は望んでいた。
今まで散々やってきた事、効かなかったと伝えた薬を
出されること。そして将也が異常に怖がること。
この病院にかかることは最終的に無理だと感じた。
将也にとっては自分に声をかけることもなく
撫でたりもせず、いきなりグイといじる人間は怖いだけだ。

昨日の夜からは自宅で皮下輸液(50ml)
輸液後の将也、ちょっとだけ目に力が!!
やっぱり輸液は自宅で少量だけどやっていこうと思う。

日曜日はかかりつけの病院で血液検査とエコー予定。
そこで結果が悪ければまた薬は始まるけれど、
それまでは嫌な薬は無し。

下痢は相変わらず続いたまま。
回数は1日1~4度(日によって違う)


コメント
この記事へのコメント
さんたさんへ
さんたさんのお家にもお腹が弱い子いたんですねー。
私は今まで、お腹に関しては検査らしい検査はしてなかったので(糞便検査くらい)
10月からの長期下痢で「原因があるのでは?」と思ったけれど
多分、生まれつき腸が弱い子なのかなという感じです。
リュウちゃん、もうすぐ19歳というところまで頑張ってくれたんですねー。
長毛猫でそこまで高齢な子って聞いた事がなかったです。
最期は苦しまず眠るように…だったんですね。

さんたさん、白血病と肥満細胞腫の子を抱えていて
病院通い大変でしょうね…
白血病の子はもう発症してしまっているんですか?
動物との暮らしは楽しいことばかりではないですよね。
でも、自分で出来る限界までは頑張ろうって思います。
さんたさんも体調崩さないように気をつけてくださいね。
私は見事に風邪ひきで現在も熱が下がりません~><
2007/12/12(Wed) 15:45 | URL  | マホ #-[ 編集]
マホサン こんばんは。将也くんの下痢心配ですね。うちの初代猫のリュウ(チンチラシルバー)も13歳頃から下痢が止まらなくなりました。もともと下痢しやすい子でしたね。私も色々病院を渡り歩き色々な検査をしましたが病名は分からず猫の下痢はくせになると直すのがむずかしいと言われました。薬も色々飲ませましたがすっきりとは治らず良くなったり悪くなったりしながらでも18歳(もうじき19歳)まで長生きしました。最後は老衰というか心臓麻痺みたいな感じで苦しまず逝きました。最後の日まで朝ごはんを食べ私をいってらっしゃいとお見送りしてくれて最後は母に看取られました。私も本当にリュウの下痢には心配し続けたのでマホサンの気持ちはとてもよくわかります。ただ下痢が続きながらも割と元気に長生きした子もいるのでご参考までにお知らせしました。今うちにも白血病の子と肥満細胞腫の子がいて闘病中です。2匹とも9月頃病気が発覚し病院通いです。病気の子がいると心配でおちおち外出もできませんね。私もできる限りのことはしてあげようと思っています。マホサンもお体御自愛下さいね。
2007/12/11(Tue) 01:36 | URL  | さんた #-[ 編集]
がんばるたんへ
先月19日に輸液したきりで、その後聞いたけど
とりあえず薬を…みたいに輸液の必要性がないように言われていたんだけど
元の病院にひとまず戻るし早速やったら…少しの時間だけど普通に見えるじゃん!って。
19日の検査では電解質は数値的には異常なかったからそういわれたのかもね。
でもそれからもう3週間くらいたってるしねー。

毎日の投薬がなくなって、警戒しなくなってきているのが今は嬉しい。
のんびり過ごしてほしいよ、ホントに。
がんばるたん、お手間かけてしまっているけど・・本当にありがとう。
2007/12/07(Fri) 17:59 | URL  | マホ #yl2HcnkM[ 編集]
バタバタしててメールに返信できてなくてごめんね。
輸液で少し元気がアップしたってことは
栄養・薬どころか水分も吸収できてなかったのかもね。
知り合いの手作り食食べてる猫さんで
塩気が多いものを食べると元気になるって子がいてね。
手作り食だとどうしてもみんな敏感に塩分を抑えようと
してしまうが故に必要なミネラル分を摂れてなかったって
ことなんだけど、将也君もそれに似ていたのかもね。
加えて下痢してたら余計だもんね。
輸液のほかに電解質を飲んでくれるなら少しでも飲ませるのも
手かも知れないね。

まだ問い合わせたメールの返事が来てないんだけど
きたら即行で連絡するからねー。
2007/12/07(Fri) 11:09 | URL  | Ganbaruneko #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。