FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2008年07月21日 (月) | 編集 |
ゴホンヅノオオカブトに続き、やってきましたよ


お店でニジイロクワガタの幼虫と菌糸瓶を買ったんだけど
家に帰って来て、よく見たら菌糸瓶が変 

で、瓶を見たら・・

オオクワガタ、ヒラタクワガタ専用だとさ。

こんなに荒い・・入れては見たものの、こりゃ無理だ。
nizi20080715-4.jpg

ちなみに、この時買ったのはこの幼虫。♂っぽいらしいですぞ。
nizi20080719-2.jpg

ちっこいくせにいっちょまえに威嚇。
nizi20080721-3.jpg

まー、違う菌糸瓶に入れても仕方がないし、結局その日にネットで
注文しましたよ。。。

ニジイロ君には元の場所に戻ってもらってね。
nizi20080721-5.jpg


注文した品は、休日をはさんで2日後には到着。
nizi20080721.jpg

菌糸瓶(右の小さめサイズ)とニジイロ幼虫がセットで売っていたから
ついつい、こっちもポチ。
nizi20080721-6.jpg

こっちの方がちっこい。
nizi20080721-7.jpg

お店で買ったのはニジイロ1号、ネットで買ったのはニジイロ2号。
うまく成虫になれるでしょうか~


2号は小さい瓶、1号は大きい瓶に入ってます。
nizi20080721-8.jpg


そして・・幼虫話はまだ続く。

今年は、私が大好きで、毎年捜しもとめていた幼虫が手に入ったのだー!



2008年06月18日 (水) | 編集 |
我が家の新生物です~。
kabuto20080616.jpg


何でしょう?と書く前に、タイトルに書いちゃってるけど(笑)
数年ぶりにやってきましたよ。

幼虫触りたい!成虫になる過程が見たい!!!


数年前、私の中で大ブームの年がありましたねー。


以下、サムネイル表示。OKな人だけクリックを(笑)
というか、サムネイルでも、思いきり見えますよ。
幼虫NGな人はここでサヨナラしたほうがいいです

まず、大ブームがきた年の写真。
過去ログに載ってると思うけど…。


あ、これはサムネイルじゃなくても写ってないや。
でもサイズが大きいからサムネイルで。
菌糸瓶交換中、邪魔をする将也(猫って・・・新聞紙には目ざといわ)
you20080605.jpg



さすがに大きかったヘラクレスリッキーの幼虫。
買った時は爪くらいのちっこい奴だったんだけどね~。
こんなん平気で触る私にドン引きでしょ(笑)
いちいちゆうに見せてるしね。
you020080605-2.jpg


で、今回のゴホンヅノオオカブト。
最初はアンタエウス(クワガタ)にしようと思ったんだけど
よーく考えたら、この年にアンタエウス育ててるのよね。
だから、当時憧れていたゴホンヅノにした。

ちっさ!(ヘラクレスが大きいのだけど)
kabuto20080616-3.jpg


おまけに、幼虫にピント合わず。
kabuto20080616-4.jpg


動くんだもん、指を挟もうとするんだもん~。

ケースにIN。どんどん潜っていくよ。
kabuto20080616-5.jpg


さぁ、うまく成虫になってくれるでしょうか。

小バエ除けシートを被せてオシマイ。
kabuto20080616-2.jpg


2008年04月20日 (日) | 編集 |
今朝、4時40分、ミントは私の手の中で天国に羽ばたいていきました。


昨夜の夕方から止まり木から降りて糞切り網の上にいる事が増えてきた。
いつもならカゴに手を入れると戦闘態勢になるミント。
でも昨日はもうそれもなく、夜はお尻についた糞を取る事も簡単に出来た。

もう朝を迎えられないかもしれないと感じた。
朝になって温室のカーテンを開けたら息をひきとっていたというのは
どうしても嫌だったから、通院用のキャリーにミントを移して
ブランケットでキャリーをくるんで少しだけ中が見える状態にして
私の横に置いた。夜中に何度も起きて中をチェック。

そして4時頃に起きた時に、それまでキャリーの止まり木にいたミントが
下でうずくまっていたから、キャリーから出して私の横に寝かせた。
それから約40分、たまにモゾモゾと動く以外はもう目を閉じて
ただジッとしていたミント。最期は羽をパタパタと開いて
呼吸が止まりました。私の手の中で天国にのぼっていきました。

病鳥さんの看護というほどの事をする間もなくミントは逝った。
もう少ししんどそうになったら水槽に移動しないといけないなと
思ったけど、それをする間もなかった。
強制給餌をする必要もなかったし、きっとこの1週間は
辛かったと思うけど、でも、たぶん最期は苦しまずに逝ったと思う。

うちは一戸建てではないから庭に埋めることも出来ないし
鳥たちが亡くなった時にどうするかと以前から旦那と話をしていた。
まだその頃は現実味がなくて、ハッキリした応えは出なかったけど
犬猫は火葬をしてお骨を家に置いているんだから
鳥も同じようにしようと今回のミントの件で決まった。

今は小さな骨壷に入って、北斗、あーちゃん、ゆうの隣にいます。
失った喪失感は、先に失った子たちと変わりありません。
ミントだから特になのかな…。

とにかく辛くて悲しいです

気にしてくれていた方たちにメールをしようと思ったんですが
返事をする事が出来ないかもしれないのでここで報告です・・。
ちゃんと伝えないでごめんなさい。

笑い声を覚えて、私と旦那が話をしていると「ワハハハ」と
笑うミントはもういません。
ミントのコピーのレモンが「ミント!」ってお話してます…。


お墓参りに行く時にいつも仏花を買うお花屋さんで
朝、お花を買って行きました。鳥の火葬をする時の花と伝えたら
鳥のイメージで華やかな色にしてくれて、そしておまけで
お花をいっぱいにしてくれました。

ちょっとの間、ガーっと落ち込みます。
でも、また復活して戻ってきます。


(クリックで拡大します)
min20080420.jpg


 パス制にしていたミントの記録はパスを外します。


2008年04月17日 (木) | 編集 |
押入れの奥から鳥の本を引っ張り出したり
精巣腫瘍闘病をしていたインコさんの飼い主さんの
ブログを見つけては読んだりしている。

本当に進行が早いんだな…

ミントも、先週の土曜日は「膨らんでるよね?」くらいだった。
でも今はハッキリと膨らんでいるのがわかる。

でもまだエサ(薬入り)は食べている。
お腹が重いようで動きが鈍くなっているし、もう少ししたら
水槽での生活にさせたほうがいいかもしれない。
エサ入れ、水入れも浅い物に変えないといけないな。

治らない病気だけど、最後まで諦めない。


今日のミント。
こうして見ると病気の鳥には見えません。
min20080417.jpg



昨日の動画。
お腹が腫れているのがよくわかります。
臓器が圧迫されているから糞も出しづらいようで
お尻を振って排便しています。


この動画はエサを入れた直後なので動いていますが
  それ以外はほとんど動きがありません・・。


2008年04月14日 (月) | 編集 |
ミントの検査結果は、精巣腫瘍でした。
精巣腫瘍だろうとは覚悟はしていました。
5歳以上のオスに多い病気で、外科手術では失敗が多く
ホルモン療法等で延命しかない病気です。
その延命も、数日~数ヶ月単位。
進行がとにかく早いといわれています。

その上、ミントの場合はもう既に末期でした。

本来、精巣腫瘍になった場合に飼い主が気付くいくつかの異変。
それがミントは全く出なくて、最後の最後、腫瘍の肥大化と
腹水でお腹が膨れたことによって気付いたという結果でした。

発情過多になる事でオスなのにメス化することでおこる病気。
でもミントは発情行動をあまりしないし、良くないといわれる飼い主の溺愛。
これもないから(触られるのを嫌いな鳥なので・・)
まさかミントが・・というのが正直な気持ち。

メスは発情するとカルシウムを蓄えるために、レントゲンを撮ると
骨が真っ白に写るらしく、まさにミントはその状態になっていて
「精巣腫瘍かもしれない」ではなく、ハッキリと「精巣腫瘍です」との診断。
精巣も2センチになっていて他の臓器を圧迫していました。

一般的に外科手術はしないという精巣腫瘍。
しかし、私が鳥たちを連れて行っている鳥の専門病院では
超音波メスを使う事で成功例がかなりあるらしい。
ただ、ミントの場合はかなり進んでいる状態だから
手術によるリスクが高いらしく、手術中に亡くなる可能性も
高いということで、このまま家でホルモン療法で延命する道を選んだ。
今月もつかな・・・それくらいに進んでいます。

病気を隠すって言っても・・・・
何で、メス化している症状が出なかったのよ~;;
ろう膜は真っ青だし、いつもどおりのミント。
いくつか見た精巣腫瘍の子の闘病の記録。
その中で見た初期症状、いっさいミントにはなかった・・。

ミントは最初の鳥で、1番可愛くて生意気で…。
早すぎるよ・・・。まだ7歳になる前だよ…。
もっともっと一緒にいれると思ってたよ。

悲しいし寂しいです。


2008年04月12日 (土) | 編集 |
一昨日の夜、ミントの異常に気付いた。

放鳥が終わって、カゴに戻したミントがエサを食べていた時に
お腹のラインに沿って赤くなっているのにまず気付き
よーく見るとお腹(下腹部)が少し膨らんでいた。
そして昨日、カゴ越しに羽毛を掻き分けてみてみたら
ポッコリした何かがある・・・っぽい。腫瘍なのかな・・。
オスのセキセイインコは精巣腫瘍になる子が多いと
本やネットで見たけれど、今の段階では何かわからない。

ひとまず、鳥の専門病院に電話をし、無理無理予約を入れてもらった。
鳥はやっぱり専門病院じゃないとわからないことが多いし
すぐに近くの病院へということは出来ない。

以前、ハムスターを病院に連れて行った時のこと。
猫飼いの友人に「ハムスターにそこまでするの?」と
言われたことがある。きっと「鳥にそこまでするの?」と
思う人もいるかもしれない。
鳥好きな鳥飼いさんにはごく自然なことだと思う。
でも、犬猫飼いさんの中にはごく少数であれそう思う人もいる。
犬猫に対してだってそう思う人もいるように。

でも、自分がこの子を家族にした以上、出来る範囲ギリギリまではする。
どこまでも最大限の事をするという事ではない。
限度はあるし、それによって小さなミントが苦痛をあじわうだけで
完治しないのであれば、穏やかに過ごさせることを優先する。

パッと見はわからないし、普通にエサも食べていて元気はある。
でも、鳥って犬猫以上に病気を隠して、いきなり落鳥・・
それが多いのがわかっているからコワイ。

とにかく、明日病院に行ってきます。


2008年02月07日 (木) | 編集 |
昨日タマが脱皮した。

脱皮している時は真剣にずーっと見てしまう。
カワイイ。

(クリックで拡大します)
tama20080206.jpg


2007年11月08日 (木) | 編集 |
放鳥タイム。
セキセイはちっこい、ちんまり。

(クリックで拡大します)
mi20071108.jpg


le20071108.jpg


レモちん、自分のカゴに戻ってください。
mile20071108.jpg



ナナちんは換羽中でボッサボサになっている。
元のキレイなナナちんに戻るんだろうか…。

今日は温室の大掃除。
部屋が汚くならないのはいいけれど、温室内は
1ヶ月に1~2度は大掃除をしないとかなり汚れる。
水飛ばすし、ナナちんは糞も外に出ちゃうし
エサのカラはガラスにこびりつくしね。
温室の下の受け皿は2日に1度掃除をするけれど
ガラス拭きは月に1~2度の大掃除の時しかしないし
もうかなり汚れていたー。
おまけに、外したガラスが倒れてきて焦った。
今はすっきりキレイな温室。
明日は温室のカーテンを洗おう。


2006年10月12日 (木) | 編集 |
我が家のトリたち。
ここ最近、2日に1度ペースの放鳥になってしまっている。
昼間に放鳥をしてもカゴから出て寝ちゃうから意味がないし
放鳥は夕方か夜。でも最近は旦那の勤務時間が長くて
夜中出勤の日ばかりで帰宅後は早々に寝るから
放鳥は旦那が帰宅する前、夕方にしている。

だけど、この時間帯にトリたちと部屋にこもるのが難しい。
トリたちだけで遊ばせておくのはコワイから
約2時間私も部屋にこもることになるからねー。

でも、トリたちにとっては何より楽しい時間だからね。
夕方すべきことを早めにやって時間を作るようにしている。

ミンレモは一緒に放鳥。(出るとまず塩土を食べる)
tori20061012.jpg


放鳥待ちのナナ。
nana20061012.jpg


レモンはいつもご機嫌さ。
私の指に延々と話しかける(笑)
lemo20061012.jpg


2006年09月14日 (木) | 編集 |
うちの金魚2匹が尾腐れ病になってしまった。
1匹は胸ビレまでなくなっちゃったからちゃんと泳げないの。
短くなった尾ビレ(これも1枚しかない)で必死に泳いでいる。

今は定期的に換水をして、そして薬を入れている。
すぐにフィルターを動かすと水が浄化してしまうから
半日はこのまま薬浴をさせる。

kin20060914.jpg


昔は熱帯魚(120cm水槽+90cm水槽+45cm水槽)を
飼っていて、あの当時は魚の事も結構わかっていたのに
今は全く知識抜けたよ…。尾腐れで焦ってるもん。
泳げないからか、お腹を出してプカプカ浮いてたりするし
フィルダーの吸い込み口にくっついちゃってたりも
しょっちゅうで、毎日「死んじゃうかな…」と思うんだけど
夕方には元気にエサくれくれって催促している。
なかなか生命力がある金魚だ。