FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2006年02月23日 (木) | 編集 |
アニマルコミュニケーション、将也の結果です。

身体の調子、北斗はもういないのか、
先月病院であった事を将也自身が
どう思っているのかを聞いてもらいました。

将也とコミュニケーターさんとのやり取りの中の
青字はコミュニケーターさんの言葉です。

質:先月病院であった事について

怖かった。言いたくない。
うん、怖かったことを言いたくないよね
ボク、ホントに怖かったんだ。
誰も助けてくれないと思った(泣くイメージ)
どうしてあんなことをされたのかわからない。
どうして病院に行ったのかもわからない。
マホさまが将也くんのこと心配だったから
病院に行ったんだと思うよ

ボク、どこも悪くない。
うん、じゃあちゃんとマホさまに言っておくね。
将也くんは痛いところとかどこもないです、って

ホントにちゃんと言っておいてくれる?
うん、言っておくよ
もう病院には行きたくない。


将也くんは病院に行きたくない、と言ってますが
病院に行かないといけないこともあるかと思いますので
他の病院に行くかも、と伝えておきました。
その場合、将也くんがどうしてほしいのか?と聞きましたら
「ずっとぼくを抱っこしててほしい。離れないで。
くっついていると安心するから」と言っていました。


質・北斗について

もういない(真っ暗な感じ)
北斗くんはどこに行ったのかな?
さぁ、わからない。
北斗くんがいなくなってまだ寂しい?
そりゃ時々は寂しいよ。


話し始めたとき、将也くんはとっても元気がありませんでした。
「悲しいことがあった」って言って。
マホさまと将也くんにちょっと擦れ違いがあるみたいで
将也くんが甘えたいときにはマホさまがお忙しいみたいで
もちろん、マホさまが将也くんをほっているとは思えませんが
将也くんはとても寂しがっていたようです。
また、将也くんは病院でされたこともショックだったようですが、
「ぼくはママが大好きなのにママがどこかに行くかもしれないと
思って怖かったんだ。ママはずっと一緒にいてくれる?」と
言っていましたので「当然だよ、ずっと一緒だよ」と
伝えましたら、満足そうに喉を鳴らすイメージが伝わってきました。
違う病院でもマホさまが一緒にいたらきっとがんばって
くれると思います。

また、北斗くんに関してですが、北斗くんがいないことは
寂しいものの受け止めているように感じました。

ママには他に関心ごとがあるみたいと不安だったようです。
マホさまと一緒にいる、とわかってからは
「ママは暖かいんだ。一緒にいると幸せだよ」
と言っていました。
「ママと離れない?」と聞かれましたので「離れないよ」
と言いますと、胸のつかえが取れたような感じ…。
マホさまに「ぼくとずっと一緒にいてねと伝えてほしい」と
言われました。
マホさまからも「ずっと一緒だよ、不安なことは何もないよ」
などと言って安心させてあげると安心すると思います。


結果を聞いて

私が何処かに行ってしまうと不安いっぱいの将也。
これは、私が2004年に1ヶ月入院をして
家をあけた時の事を言ってるのかなと思う。
病気が病気だけに(癌)いつ再発して入院になるかも
しれないし、最悪家に帰ってこれなくなってしまう。

他に関心ごとがあるみたいと言っているのは
やっぱり今の状況ではゆうに1番手をかけてしまうし
手をかけないわけにはいかないし、この事かな。
でも将也は心配だしいっぱいスキンシップとってるのにな。
2度ACをお願いして思うのは、将也は本当に寂しがり。
1匹飼いで自分だけに愛情をもらいたい子なのかなと思う。
ゆうに手がかかってしまうのはしょうがないって事も
理解してもらうように話をしないといけないな。

病院でおこった事もやっぱり怖かったんだね。
うん、そりゃそうだと思うよ。
でも「ボクどこも悪くない」って…。
あんなにゲホゲホってするのに将也自身はわかってないのか
子供と一緒で病院に行きたくないからそう言ってるのか。
耳の血の固まりも大きくなっているし近いうち病院には
行かないといけないんだよ。
行かないといけない理由もちゃんと話してから連れて行きます。

北斗はやっぱりいないんだね。
私自身がもう北斗の存在(気配)を感じないから
もう家にはいないんだなとは思っていたの。
前回のACの時、北斗がいなくなった事の傷がまだまだ
癒えていなくてそれが心配だったんだけど
それは少しずつ癒えてきているみたいだね。
時々は寂しいみたいだけど…。


2005年11月06日 (日) | 編集 |
将也の元気のなさが気になったのでACをお願いしました。
結果はやっぱり…と感じるようなものでした。

将也とコミュニケーターさんとのやり取りの中の
青字はコミュニケーターさんの言葉です。


質・今の生活はどう?北斗がいなくなって寂しい?

今の生活はそれなり。北斗がいなくなって寂しい。
(深い悲しみ。ボロボロ泣くイメージ)
でも北斗は側にいる。ボクのことが心配だから。
もう少しこのまま一緒にいたい。
(北斗君が)おねーさん変わってるね、って。
ママから聞いたとき信じられなかったけど
今はこういう人間もいるんだって信じられるよ。

将也くんにとって北斗くんはとても暖かい存在のようです。
その暖かい存在が将也くんの側にいる感じ。



質・ママにしてほしいことはある?

ママは少し考え事をしたりしてる。
(ボクがなぐさめてあげたいけどボクは自分のことで
手がいっぱいなのという感じ)

もちろんママのこと好き。優しいよ。一緒に寝たいな。
(マホさまの暖かさで悲しみを忘れたい)


質・パパにしてほしいことはある?

パパも優しい。
いつもボクにおみやげをくれる。ボクが喜びそうなもの。
いいパパだね
うん
(でもそのパパの気持ちに答えるように元気を出すには
少し遠いような感じがしました)



将也くんが悲しみの中にいるような感じだったので
励まそうと思ったのですが、なぐさめてくれようと
してるのはわかる。でもボクもう少し時間がかかるんだと
言われてしまいました。そこで北斗くんは生まれ変わったら
何になりたいのか聞いてくれる?と聞きましたら
子猫に生まれ変わりたいって。
茶色の短毛の女の子?が見えましたので

もうその女の子に生まれ変わるの?
また将也くんの側に来てくれるって?


わからない。でも来て欲しい。
そしたらまた一緒にいられる。
でも北斗が幸せだったらそれでいい。
ウン、ボク北斗の新しい出発を祝福してあげられるよ。

将也くんは賢いね、えらいね
だってボク、ママとパパの自慢のコだからね。


質・他の子たちの関係はどう?

(むっちゃんに関してはあまり話してくれない感じ。
少し苦手なのかな?)

気が強い。偉そうにしてる。


もこちーは小さな妹みたい。
(いたずらっこという感じ。少々手を焼いてる感じも…。)


もーちゃんは優しい。仲いいよ。
ボクがかばわないと、という気にさせる。
(毛づくろいなどし合っているイメージがながれてきました)


将也くんは「もっとママに甘えていい?」と言っていました。
うん、いいよ、ママもうれしいよ、と言いますと、
「うん」と、マホさまにくっついているイメージがありました

ママはボクを置いてどこにも行かないでね。と言っていました。


北斗君からもメッセージをあずかっております。
(将也くんから聞いたのです)

ママにまた会いたいな。
また家族になりたい?
ウン、またみんなと同じ家族になりたい。
暖かいとても幸せな家族だったよ。


結果を聞いて

将也にとっては北斗が全てだったのかなと思いました。
北斗がいなくなって元気がなくなったこと
そして私と旦那に前以上に甘えるようになったこと。
その姿は、ただ甘えたいというよりは
寂しくてそばにいたいという感じに見えたんです。
将也のそばになるべく居てあげるようにして
いっぱい話しかけていっぱい抱っこをしてあげているんだけど
でも私自身が誰かの存在や人からかけられる言葉で
悲しみがなくなるわけではないのと同じで
将也にもいっぱいの愛情よりも時間が必要なんだろうな。
でも、想像以上でしたよ、将也の気持ちは。
北斗のお骨の所に行きたがったり…寂しかったんだね。

私が考え事をしているって、見られてるなー;
でもね、なぐさめてくれなくてもいいし、無理に元気を
出す必要なんてないんだよと将也に伝えるつもり。

ボクを置いてどこにも行かないでねって…
家を出ないでって事かな、死なないでって事かな。
癌が再発していたら置いていっちゃうもんね。
そうならないで将也のそばにまだいられるといいね。

北斗は茶色い短毛の女の子に生まれ変わろうとしているのか。
実は旦那と、見た目はあーちゃん、性格は北斗で
生まれ変わってくれたら嬉しいのにねーなんて前から
言ってたんだ。その通りになって、そしてうちに来てほしいな。
あ、これは北斗だ!って何かピンとくるものがあればいいのにな。

他のチンチラたちとの関係。笑えました。

むっちゃん(睦月)は気が強くて偉そうです(笑)
飼い主には可愛い子だけど、猫の中では怖い存在で
偉そうにしているよねーってよく言ってるの。
将也もそう思ってたのね。

もこちー(息吹)は確かにいたずらっこ。
猫からは扱いづらい子なので、将也が手を焼いていると
いうのも納得。

もーちゃん(椛)とは1番うまくやっていると思う。
特別仲良くしているわけではないけれど
1番受け入れているのは椛。
睦月と息吹に比べると他の猫には優しい子。
椛は睦月と息吹に嫌われているから、
かばってあげないとって思っているのかもしれないね。

思いがけず北斗の気持ちも聞けたりして本当に嬉しかったな。


2005年10月13日 (木) | 編集 |
ゆうのACをお願いしました。

ゆうとコミュニケーターさんとのやり取りの中の
青字はコミュニケーターさんの言葉です。


私はゆうにどうしてあげればいい?どうする事が幸せ?

もっと私を見て欲しい。
私のことをみて、ほめてもらったときが幸せ。
(目が見えにくいのかな?)
それがちょっとかなしい。ママをもっとよく見たい。
ママはやさしい。もちろん好き。
いつも私をかばってくれる。

ママはゆうちゃんのこと大好きだって
私のことを好きだというのはわかっていても
改めてそう聞くととてもうれしい。

【それを聞いて】

目はもうかなり見づらいはずで、暗闇では物にぶつかったり
遠くからではこっちの様子は見えていません。
だから私の事もちゃんとは見えていないと思う。

ゆうの事をかばうというのはトイレ以外でおしっこを
してしまった時に、旦那は「あ~、またー」と言うんだけど
(けして怒るわけではないんだけど)
それに対して「もうわからないんだし足だって悪いんだから
仕方ないよ。おしっこするだけいいんだから」って私が
言うからかな。

大好きっていう言葉
そういえばゆうに向かっては言ってないかも。
可愛いねーとか大丈夫?という言葉はゆう自身に
よくかけるんだけどね。
早速ゆう自身にその言葉をかけました。
「ゆう大好きだよ」って大喜びでした。


病院以外で出掛けられないことについてどう思っている?

ちょっとつまらない。そりゃもちろん散歩したい。
でも私は体が悪いから(とちょっと後ろ向きな感じ)
少しでもお外のニオイをかぎたい。
抱っこして散歩してほしい
(と目をキラキラさせて、おシッポ振って喜ぶイメージ)

【それを聞いて】

最近、前足もおかしくて歩くのもやっとの状態。
マンションの周りをちょっと歩かせるっていうのもお休み中。
でも外のニオイを嗅がせる為に抱っこしてお散歩に行こうと思います。

何故病院がイヤなの?処置?先生?病院?
(外出が病院だけというついでに病院の事を聞いてもらいました)

病院自体がもうイヤ。
先生にあちこち触られて調べられるから。
処置してもあまり変わらない。
いつも病院ばかり。寿命は寿命。

転院してイヤがったということですが「また病院なの!」と
いう感じもあったようです。
寿命は寿命と言っていましたがこれも病院がイヤで
言ったような感じです。
マホ様はゆうちゃんに少しでも一緒にいたくて
病院もがんばってほしいって思ってるんだよと言いますと
病院でがんばったら褒めてほしい。
あと、抱っこのお散歩もしてほしい。
他に楽しいことがほしいと言っていました。
病院は入院してひとりぼっちになるという怖さもあるようです。
入院したらとてもさびしくて心細いから
ママのにおいが付いてるいつもの布(暖かい素材のもの?)か
ママの服を一緒に持たせてほしい。
あと、入院中に無視されるのはガマンできない。
いつも(看護婦さんや先生に)声をかけてほしい。

【それを聞いて】

病院が終わった帰り道はゆうを抱きながら
「頑張ったねー」って話しかけてはいるんだけど
もっと言ってほしいのかな。
ゆうは話しかけてもらうのがとにかく大好きだし
これからはもっといっぱい褒めようと思う。

3月に転院した後は入院をしていないけど
病院が全然平気だったゆうが病院嫌いになった原因は
入院だったっていうのがわかっているし
入院していた時は寂しかったんだなと思いました。
獣医さんにも、入院中のゆうの寂しがり方が凄いと
いうのは聞いていたし・・
構ってほしいというのが凄く強く出ていたそうなので
「入院中に無視されるのは我慢出来ない」という言葉には
ナルホドと思いちょっと笑ってしまいました。
今思うと、必要のなかった入院だったと思うし
(クレアチニンが高い時や全く食餌をしなかった時は別として)
可哀想な思いをさせたと思う。
今後入院が必要になった時は私の服を入れておいてもらおうと思う。


体の状態はどうかな。何処か苦しいところや痛いところはある?

(下腹部が悪いのかな?)
ちょっとチクチクする。喉が少し痛い。

【それを聞いて】

腫瘍があるのが下腹部だしそれがチクチクするのかな。
喉が痛い・・最近咳をしている事があるしそれだろうか・・。


ゆうちゃんは私と話せるのはうれしい。
こんな風に話すのは悪くないといって話してくれました。
ママと一緒にいられたら幸せだからあまり心配しないで。
(時々、マホ様がとっても心配するのかな?)
ホント、一緒にいられたらとても幸せだからと言っていました。
あと、ホニャララはしないほうがいいと言っていたのですが、
それって何か心当たりはありますか?
暗い感じのもので…それって何?って聞いても答えてくれず…。
心当たりがなかったらいいのですが。

【これを聞いて】
ホニャララ・・わかります。
精神状態が最悪な時に、いつもの倍量の安定剤を
飲んでフラフラになってしまうことだと思う。
心配かけてごめんね(駄目飼い主だね)