FC2ブログ
慢性腎不全&腫瘍の闘病をしていたゆうの記録をキッカケに始めました。現在は私+1ニャン+1ワンで生活中。私の関節リウマチの記録有り
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2009年03月28日 (土) | 編集 |
夫が帰宅後、びっちゃんとイブを連れて病院へ。

びっちゃんは薬(抗生剤)が今日で終わりなのでお尻チェック。
17日にリンパの検査をした時にお尻チェックを病院で
してもらって以来、家ではあえて絞らずにいた。
臭くもなかったし、どれだけ溜まるのか知りたかったから。

結果、全く分泌液は溜まっていなくて、今日で抗生剤終了。
ビタミンはあと2週間続ける為、それがなくなる前に病院に
行くという事になった。今週はシャンプーを出来なかったんだけど
皮膚のカサカサもなく、良い状態とはいえないけどけして悪くもない。
リンパはまたちょっと大きくなっているみたいだけど、
全体的には「落ち着いてきている」と思っていいようだ。
このままでいてくれれば、少し通院が減るかなー。

息吹は、先週あたりからくしゃみをしていて、昨日からは下痢も始まり
数日前に2日続けて嘔吐もしていたから今回病院へ。
下痢、嘔吐は病院に行くほどの状態ではなかったんだけど
くしゃみ(鼻水)は慢性化してしまうのが嫌で、自力で治まるか
少し様子をみていたけど駄目そうだったしも抗生剤に頼ることに。
肝臓の検査も、少したったらする事になっていたのに忘れていて・・
今日、先生から言われ、ついでに今日チェックをしてきた。
息吹の診察、久しぶりに院長診察だった。
そーいや、息吹はS先生じゃなかったわ。
まず、肝臓は若干高い項目もあったけど、薬が必要なほどではない。
ご飯を食べた後だったらこれくらいになりますよってくらいの数値。
そして、くしゃみや下痢、嘔吐の事を話し、この時期はどうしても
体調崩しやすいですよねと・・。
ひとまず一週間分の抗生剤(パセトシン)を処方してもらった。

------

 今日の先生

びっちゃん S先生
息吹     院長

 体重

びっちゃん 7、88キロ
息吹     4、50キロ

------

帰宅後の2匹

「病院嫌だったね」とお話しているかのようだけど・・
ic20090328.jpg

そんなわけはなく、バチっと叩かれびっちゃん逃げる
ic20090328-2.jpg

今度はひまとお話・・
hc20090328.jpg

そして、ソソクサと去っていく
ic20090328-3.jpg


関係ないが、すんげー吠えるワンコが病院に居た。
私、自分ちのワンがあんなだったら待合室にいれない・・。
猫は絶対にびびるし、耳があまり聞こえないびっちゃんですら
何だ?という感じで反応してたよ。
それが平気な飼い主さん、動物病院だから平気だと思うのかな。
会計の時、先生の声も聞こえないくらいでしたよ
でも、飼い主さんはとーっても呑気でした。
猫飼いさんや重病の子を連れてきている方がいたら
「うるせーんじゃ!!!」と言いたくなるくらいでしたよ。
動物病院だからと言って、全ての人がそれを許せるわけではなく、
他の人の事を考えるくらいの常識はもってほしいものです。


2009年03月07日 (土) | 編集 |
びっちゃんの薬は明日まであるんだけど、月曜日が雨だったら
連れて行く時に濡れてしまうし、今日夫と一緒に行って来た。
夫も一緒だし、急遽ひまたんも一緒に

chibihima20090307.jpg

2匹連れの時は私がびっちゃん、夫はひまたん担当。
びっちゃんはサクサクと歩いて、夫たちとの距離はグーンと広がる。

たまに後ろを気にするびっちゃん。
(後ろを歩いていた夫が撮影)

普通のびっちゃん
chibi20090307.jpg

ビュビューンと風がきて

耳が立った!!違う犬みたいだー
chibi20090307-2.jpg

びっちゃんは、月曜日以降、お尻が臭くなることがなかったし家ではお尻絞らず。
病院でも、まず絞って小指の先くらいの茶色のシミがついただけで、
その後、肛門嚢に直接指を入れたけど中はキレイだった。
ただ、肛門嚢の厚みがまだあるという事で内服薬は続行。

ステロイド。
第一週目、最初の3日間は1錠で4日目からは1/2錠。
第二週目、1/2錠
そして来週の月曜日からは1/4錠になる。

首のリンパの腫れは1、8ミリ。
最初より若干大きくなっている為、経過観察中。

そして、ひまたん。

歯石とり、イヤイヤです。
でも、麻酔をかける事は出来ないし、今回も頑張ってもらった。
夫と私、順番に押さえ、もしかしたら看護師さんのほうが
うまく押さえることが出来るかもと思って途中で変わってもらった。
(息吹の採血の時は看護師さんのほうがいいので)
でも、犬はやっぱり違うね。知らない人になったら余計暴れた(笑)

ひまたん暴れ中
hima20090307.jpg

すぐ飼い主に交代になって~、左の下奥歯以外はまぁまぁ取れた。
夜は夫に歯磨きをしてもらって・・最近はすこーしだけ歯磨きも
慣れてはきてるし、ガッチリつかないように気をつけなきゃね。

帰りのびっちゃん(加工で見づらくてすんません)
反対車線から夫が撮影。
ちなみに、ひまたんは私に抱かれてます。

パカランパカラン
chibihima20090307-3.jpg

びっちゃんだけアップ。
chibi20090307-4.jpg

しつこいけど・・ここまでの下半身(脚)の回復すごいや。
歩けるくらいに戻るか・・と言われたワンコだよー。
毎週病院通いだし、次から次へと色々おこるけど、
びっちゃんを見ていると勇気づけられる。
不思議な魅力いっぱいのびっちゃんだしね

------

 今日の先生

ひまたん  I 先生(指名です。いつもI先生にやってもらうので)
びっちゃん S先生

 びっちゃんの体重 7、85キロ

------

今日はひまたんも肛門腺を絞ってもらった。
去年6月のトリミングの時以来。
お尻臭くないし、気にもしていなかったけど…
いっぱい出た~~~~

ひまたんは診察料を合わせても1050円の支払い。
歯もキレイになって、お尻もキレイになって、安いもんだね。


2008年07月08日 (火) | 編集 |
masamutsu20080706.jpg


先月末に外注である検査をした将也。
その結果を土曜日に聞きに行き、その時の話の中で
診察も必要なこと、そして今がワクチンの接種タイミングである事。
定期検診も将也は前回から7ヶ月くらい、睦月は今月で1年になるから
睦月も同伴で動物病院に行って来た。

睦月13歳、将也は秋で15歳。
血液検査は毎回気になるところです。

将也は気になる心雑音があり、エコー、心電図検査もする事になり
結果、高齢ペルシャに多い「心筋症」でした。
まだ初期で薬は必要ないけれど、経過観察が必要。
走った後にゼーゼーするのは、これが原因かも…。
日常生活の中で、この呼吸がでたらちょっとマズイ。
外注でした検査でもある事実がわかったりで、
ストレスのない生活をさせたほうがいいということ。

血液検査は将也は腎臓はギリギリだけど正常値。
将也も睦月も全てが正常値というわけではないけれど
今何かをしなければいけないという数値ではない。
将也の心筋症の経過を2ヶ月に1度ペースで
チェックをしていく、そしてストレスをかけない生活をさせる。
今回の通院ではそんな感じかな。

睦月はお尻も絞ってもらいスッキリ。
睦月と息吹だけは溜まりやすい。。
長毛だから毛について臭いしたまらん。
破裂しないで液が出るだけ良いみたいだけど・・。

そして、実感したこと。
近所の病院の病院では声をかけての処置をしない件。
やっぱりこれは大事だよな~と。
かかりつけの病院の今度の主治医の先生は男の先生。
将也は近所の病院を本当に嫌がっていて
診察台に乗るなりシャーってするくらいだから
男の先生はどうかなーと思っていたの。
でも…まったく普通。シャーなんて全く言わなかった。
聴診器をあてる時も「ちょっとモシモシってさせてねー」って
言うから、将也はスリってしていたし、近所の病院で大暴れを
したのがあるから「将也はちょっと暴れるかもしれないです」と言って
カラーをつけて採血をする事になったんだけど、その時も
「ごめんねー、ちょっとだけつけさせてね」って声をかけてくれるから
将也は怒るどころかご機嫌。とーってもわかりやすいよ、まーくん。
元々が怒るタイプではないんだし、嫌だから怒ってたんだよね。
優しく声をかけてくれれば怖くないんだよね。


2007年07月20日 (金) | 編集 |
休日ではなく平日に私だけで行くほうが楽だから
近所の動物病院に健康診断をしに連れて行った。
自転車で2匹は連れて行けないからまずは睦月。

睦月は最近ちょっと体重が減って、自宅のベビースケールで
量ると2、6kg。ここ最近はずっと2、8kgだったから
腎不全や糖尿病が心配だった。
でも、B動物病院の手帳でチェックしたら、
前回B動物病院に行った時(睦月は2年前)は
体重が2、5kg前後だった。元に戻ったってだけか?

今日の病院での体重測定では2、56kg。
でも触診して痩せすぎではないということ。
ただ、食べるのであれば、もう少し増えてもいいそうだ。
もこちーは手術後に異常に体重増加しているのに
母は全く太らないのね・・。

血液検査の結果はいつもと同じく血糖値が高いけど
でも、糖尿病と診断するまでの数値ではなく、
猫は興奮したりすることで高くなる事があるし
今の段階ではそういった理由だと考えていいみたい。
心配していたBUNとCREは全く正常範囲内。

ただ、目にちょっと異常が見つかり、今日から点眼です。
でもこれは老齢猫には仕方がないことです。

睦月はワクチン接種から1年を超してしまっていたから
検査結果も悪くなかったし本日ワクチン接種。

そして、睦月を家に連れて帰り、今度は椛を連れ再び病院へ。

椛は健康診断のみ。
椛も同じく、いつも数値が高めの肝臓の値が今回も高かった。
でも投薬が必要なほどではなく、このままでよいという事。
今回コレステロールも正常範囲を超してしまったんだけど
これは肝臓との関連があるのかもしれない。

今日、病院で言われて思ったんだけど、猫は歯石が
つきにくいのかなー。うちの猫たち、キレイなのよね。
院長に「内臓もだけど、歯も年齢にしたら良い状態ですね。
歯磨きしっかりしてるんですか?」と言われて・・。
「あ~、全くしてないです(笑)」と答えたんだけど
本当にキレイなのよね、歯。何で犬はすぐに歯石がつくんだろ。

2匹の健康診断、3時間近くかかりましたが無事終了~。
椛は怖い思いをして不安なのか甘え鳴きがスゴイ。
椛は鳴くというより、鳴き叫ぶという感じなのでウルサイの。
今も私の腕のところにいて絡んできているよー。

お疲れ、ムツモミ

 検査結果はサイトにアップしています。
2007年01月28日 (日) | 編集 |
つい先日マイクロチップについて書きましたが、今日5頭全員連れて
行って来ました。連れて行ったのはCATNAPかかりつけの病院のうちの
1つのN動物病院です。CATNAPでは保護犬猫全てにマイクロチップを
装着することになったので、会のかかりつけの病院であれば
「マイクロチップは取り扱っていません」とか「必要はない」と
言われる事はないし、全てこちらでお願いしました。
行ったことはない病院ではあったけど、話に聞いたりはしていたので
その辺でもちょっと安心な面もあったので。

5頭いっぺんになので診察時間外にやっていただけるとの事で
13時前に到着するように家を出発。
ニャーニャー声を聞きながら高速道路を使ってビュ~ン
行きはすいていたから45分ほどで到着。

体重を量り、早速チップ埋め込みの為の準備。
これは病院や、チップの種類によって違うのかもしれないけど
N動物病院では局部麻酔を打ってからのチップ埋め込みでした。

1番目@椛
家でキャリーに入れられた途端にスゴイ震えだった椛。
涙ダラダラで涙の粒が垂れてました
我が家で1番の内弁慶猫は外(病院)が怖くてしょうがないです。
麻酔もチップ埋め込みも暴れることなく終了。
maikuro20070128.jpg


2番目@ひまたん
椛を待合室に戻した時に目が合ったからひまたんが次。
感情を出すようになってきているから最近は病院でもすぐに鳴く。
うちに来た頃は何をされようが平気だったんだけど、やっぱり
だんだんと病院嫌いにはなってきています。
今日は麻酔時にキャンと鳴いて先生を驚かせていた。
チップ埋め込みはあっけなく終了。
maikuro20070128-2.jpg


3番目@睦月
嫌がって暴れそうな子は最後がいいという事で(他の子がそれで
興奮してしまう為)次は睦月にした。
睦月も椛同様全く抵抗せずに終了。
maikuro20070128-3.jpg


4番目@将也
暴れそうなのは将也と息吹。
でもどちらかといえば将也のほうがまだいいだろうと思い
4番目は将也にした。ちょっとだけウニウニ動いていたけれど
それでも猫にしては楽なほうだったらしい。
maikuro20070128-4.jpg


5番目@息吹
へへへ、写真はありません~。
というのも、案の定抵抗してしまい、助手の方だけで息吹を
補ていするのは無理そうだったので私も補ていにまわり
写真は撮れませんでした。ギャーギャー暴れるわけではないけれど
やっぱりうちでは1番暴れん坊でした。

その後、AIPOの書類に必要事項を書いてもらい
飼い主の欄には私が住所などを書く作業。
5頭なので、てんやわんやという感じの作業でした
maikuro20070128-5.jpg


郵便局で登録料(1頭1000円)を振り込み、
上記書類に受領証を貼り付けて日本獣医師会に送付します。
maikuro20070128-6.jpg


ひまたんは近々避妊予定だから、書類には「避妊済み」に
丸をしてもらったので、避妊手術後に登録をするつもりです。
猫たちの分だけ先にやるので明日早速振り込みをしてきます。

獣医さんに聞き忘れたことが1つ…
チップのメーカーと商品名を聞き忘れた

あ~、でも、やらなきゃと思っていた事が1つ終了して
気持ちが楽になったなー。ひまも猫たちも3時間ほどの外出と
コワイ思いで疲れ気味だけど、具合が悪くなったりとかはない。

あとは2月に予定の1番心配な避妊手術&歯の処置です。
ひまたんはとにかく疲れやすい子なので、術後の回復はきっと遅い。
私が犬猫でいえば避妊手術と同じような手術をしているだけに
あの辛さをこの小さい生き物に?と考えてしまうから余計にコワイ。
だけど必要なことだと思っているし余計な感情は入れないように
しておこう。。

ここを見る事はまずないけれど、N動物病院様、
5頭いっぺんにというお手間をかけてすいませんでした。
快くお引き受けくださってありがとうございました。


2006年07月30日 (日) | 編集 |
ゆうの薬が29日(土)で終わるから「日曜日に買いに行く時に
猫たちの定期健診をしよう」と前から考えていた。
予定では1年前にしたきりの椛。
睦月は11月、息吹は12月、将也は先月に検査をしているし
睦月と息吹は秋頃でいいかなと思っていたんだけど
息吹が子宮蓄膿症の手術をした後に凄く太っているし
それが気になっていたから息吹も連れて行く事にした。

案の定!GPTがめちゃ高!!
うちの猫たち、去年あたりから肝臓の数値がオーバー
するようにはなってはいた。年齢的なものなのか
何か原因があるのか…。でも、他の数値と比べてみて
今すぐ精密検査などが必要というほどではないと
言われていた。つまり、定期的に検査をして様子を
見ましょうってやつ。
でもね~、今回の息吹はちょっとマズイ。
何か思い当たるふしはないかを聞かれた。
毒性があるものを口にする、例えば、香水をつけた
私を舐めたりしていないかとかね。
でも私は化粧は一切しないし香水もつけない。
タバコも吸わない。部屋に芳香剤だっておかない。
そういった事で思い当たるふしはないんだよなー。
部屋に何か問題(化学物質等の)がある?とかも
一瞬考えたんだけど、ゆうは肝臓は正常値内だし
あーちゃんだって平気だった。
つまり、チンチラだけが肝臓の数値が高め。。

とにかく、今日から全員ウルソを飲ませることにした。
椛は去年の検査の時より若干高いくらいだし
(と言っても正常値と比べるとかなり高いけど)
息吹だけ1ヶ月後に再検査。その時に数値がもっと高く
なっていたりしたら超音波検査もする予定。

肝臓病の子用の療法食のサンプルを貰ってきたから
夜はそれをみんなにあげたら初めての味だからか
みんなペロリと食べていた。

肝臓って症状が出てきてから気付くケースが多いらしいけど
今のとこ何も症状はなし。食欲も元気もあるし。
定期健診って大事だよなーとつくづく感じる。

笑えたのは病院での息吹。
車の中でも待合室でもず~っと鳴いていたんだけど
診察室ではいつもの息吹で。
ご機嫌になってモミモミするわ、採血中もゴロゴロいうわ
そのうち診察台にゴロンと横になって空中モミモミ。
くつろぎすぎですってば
うちのチンチラたち、いつも獣医さんに好評(笑)
椛はビビリだからされるがままのお人形さん状態でした。



チンチラたちの肝臓の事の記録を見やすくするために
カテゴリ増やしました。


2006年02月11日 (土) | 編集 |
椛と息吹をワクチンに連れて行った。
猫風邪といわれる「猫ウイルス性鼻気管炎」
「猫カリシウイルス感染症」は出来るだけ感染予防を
しておきたいからワクチンは打っておかないと不安。
完全室内飼いの猫は打ってない子も結構いるみたいだけど
うちは北斗の事もあったしねー。
あれも多分、猫風邪→鼻炎→副鼻腔炎という経過を
辿った可能性が高いらしいから…。
小さな頃に猫風邪をひいたはずと病院で言われたけど
それは記憶には全然残ってはいないんだけどね。

さて、今日。
息吹の体重増加の事やお腹の膨らみの事を先生に話した。
触診した感じでは脂肪だろうということで
もし腹水が溜まったりしたら食欲や元気が
なくなりますと言われたの。
確かに、本を見てもそう書いてある。
その時は「そうか」って聞いていたんだけど
でも考えてみたら、子宮蓄膿症ってわかったその日も
手術当日の朝も、普通にご飯を食べて
高い所にも平気でのぼって、他の猫たちとも遊んでって
してた猫だったんだー。痛みとかに鈍いんだったよ。
術後もすぐにご飯を食べるような猫なんだよ!

病院、獣医さんによって診断や治療方法もいろいろ。
手術をした時の息吹の腹水。
その時の病院では腹水や膿を検査に出してはいないと
思うんだけど(その後何も聞いてないので)
今の病院では、それをしないと何でそうなったかという
正確な診断が出来ないと言っていた。そう…だよな。

ibu0211.jpg

 『ビョウインはつかれるよー』


momi0211.jpg

 『コワクてナミダがでたよ…』


2005年07月02日 (土) | 編集 |
他の猫の白血球もチェック中。
何か関連性があるのかどうかを判断する為。
前の病院では白血球を調べていないから
あーちゃんもいつから低いのか、それがわからないから
なかなか難しい。

今日はまだチェックをしていなかった睦月と息吹を
連れて行った。旦那がお休みの日だったから車でビュ~ンっと。
やっぱり車で通院は楽だね~。

息吹も睦月も大人しく採血されていたから良かった。
で、結果は2匹とも異常なし。
生化学の方は2匹とも2月にチェックをしているししなかった。


2005年02月13日 (日) | 編集 |
普段からマメに検査をしなきゃと思ってはいる。
思ってはいるんだけど、病院に行くとなると
病気になっている子たちが中心になってしまうから
なかなか連れて行けない。
7匹いると金銭面の事でもいろいろね。

睦月と息吹は検査をしていないし気になっていて
やっと今日血液検査に連れて行った。

血液検査、そしてワクチンを打つついでに
FeLVとFIVの検査もした(結果は2匹とも陰性)

椛とあーちゃんに比べれば2匹ともちょっとは
嫌がっていたけど大暴れする事もなく採血が出来た。

血液検査の結果も息吹は全て正常値。
睦月は血糖値が若干高め。
(正常値145までの所、睦月は156あった)